チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

local café  ローカル・カフェ

Filed under カフェ

 

地元と世界が出会う場所
外観 (横写真)

ニマーンヘーミンのThink Parkにいろいろな店ができているが、
その中でも一際目立っているのが見上げるほど大きな招き猫。
後ろには天井が高い広々としたカフェが立っている。

オーナーはタイの人気コメディアン、アーティスト、俳優、ウドム・テーパーニットさん。
彼が手がけるアイスクリーム屋i-berryも有名だが、
新しく5月にオープンしたこのカフェでも、
ウドムさんの奇抜なアイデアを目と舌で楽しめる。

 コンセプトは、地元の食材を使うこと。
それに欧米や日本などのスタイルを取り入れたメニューがここでは味わえる。

例えば、「ローカル・ライス・スタイル」。
ローカル・ライス・スタイル 125B(横写真)ローカル・ライス・スタイル 125B

これはランパーン県名産のカオテーン(おこし)の上に
アイスクリームをのせたおやつ。
ソフトクリームはタイの紅茶とバニラ、ミックスから選べる。
手でパリッとカオテーンを割り、アイスクリームをのせて食べるのがポイントだ。

日本のカボチャケーキをアレンジした「かぼちゃアーモンドケーキ」は
ふわふわのスポンジにカボチャクリームが入った一品。
かぼちゃアーモンドケーキ 90B (横写真)かぼちゃアーモンドケーキ 90B
タイ人に人気のスイカのケーキ 90Bタイ人に人気のスイカのケーキ 90B

他にも小豆や抹茶、果物を使ったスイーツがあるが、
レモンタイムやカモミールなど7種類のハーブが入った「ハーブティー」と飲むと爽やかだ。
フレッシュ・ハーブティー 125B (横写真)フレッシュ・ハーブティー 125B
アイスキューブ入り飲み物 85Bアイスキューブ入り飲み物 85B

 また、ミャンマー風カレーのゲーンハンレーをトンカツと合わせたもの、
フィッシュ&チップス(北部唐辛子ディップ3種)、
北部ソーセージ、サイウアの天ぷらなど、北部のフュージョン料理も味わえる。
フィッシュ&チップス 3ディップ 125Bフィッシュ&チップス 3ディップ 125B

盛り付けやお皿、家具などもセンスが光っているので、そちらも楽しみながら寛ぎたい。(O)

local café  ローカル・カフェ情報
【営業時間】10:30~22:00
【電話】0-5321-5250
【誌面地図】K-2




 



このページのトップへ