チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

カーオトム・アユタヤー(265号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

中華っぽい夕食を気軽に楽しみたいなら…

「タイ料理は辛い!」と決めつけてはいけない。
タイ料理だって、中華料理の影響を受けた辛くないメニューもたくさんある。
今回は、そんな中華っぽいタイ料理が美味しい良心的大衆食堂をご紹介しよう。

ムアンマイ市場裏手、ラタナコーシン通り沿いにあるこのお店のご主人プンさんは、
大ベテランの腕利き料理人。
かつてはナイトバザールの食堂街アヌサーン市場でレストランを10年間ほど経営、
自らパックブン(空芯菜)を炒めながら
空中高く投げ上げて鍋で受け止めるパフォーマンスを披露して人気を博したが、
その後のタイ経済危機の影響でターニン市場近くに店を移転、
さらに2012年にこの場所で新たに店をオープンした。

強火で空芯菜を炒める。強火で空芯菜を炒める。

店名通りお粥に合う食材もいろいろあるし、
普通の辛いタイ料理も揃っているが、
ここはやっぱり中華風メニューを選んで注文してみよう。
プラームック・パット・カイケム 90Bプラームック・パット・カイケム 90B


プラークラポン・パット・クンチャーイ 90Bプラークラポン・パット・クンチャーイ 90B

 勢いよく炎が上がるほどの強火でさっと素早く炒めるプンさんの調理テクニックはさすが名人芸、
見ているだけでも気持ちがいい。
どの料理も日本人好みの比較的控えめな味付けで、
タイ料理が苦手な人でも抵抗なく食べられる。
トゥン・マラ 45Bトゥン・マラ 45B

タウフー・ソンクルアン 65Bタウフー・ソンクルアン 65B

クン・オップ・ウンセン 120Bクン・オップ・ウンセン 120B
「食材のクオリティを吟味、量は少なめに、美味しい料理を安くお客さんに提供すること」
それがこのお店の基本方針だという。

愛嬌たっぷりの娘さんのディーンさんは、
父親のアドバイスもあって高校入学時に日本語学習をスタート、
現在はパヤップ大学日本語学科で勉強中だ。
 夜の10時頃まではお店を手伝っていることが多いから、
タイ語ができない人でも安心して夕食を楽しめるはずだ。 
プンさんと娘さんのディーンさんプンさんと娘さんのディーンさん

                           (B)

カーオトム・アユタヤー情報
【営業時間】18:00~深夜3:00(無休)
【電話】08-3946-5855(日本語)
【誌面地図】H-3





 



このページのトップへ