チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Mapo Garden マポ・ガーデン 

Filed under 韓国料理

 

韓国人も病みつきになる「噂の焼肉」なのだ。
こちらはコチジャン・ブルコギ。こちらはコチジャン・ブルコギ。
ナイトバザールの裏側、
ポンピンタワー・ホテル前にある韓国料理レストラン。
本国人の間でも「ここの焼肉はウマイ!」と噂のお店だ。
キャベツと一緒にブルコギをどうぞ!キャベツと一緒にブルコギをどうぞ!

店名のマポとはソウルを流れる漢江北岸にある地区で、
昔は中国からの交易船が立ち寄ったところそうだ。

オーナー&調理人のリーさんは約20年間、
韓国料理を作ってきたベテラン・シェフ。
シェフのリーさんシェフのリーさん
ときどき旅行で訪れていたチェンマイが大好きになり、
銀行マンだったご主人のユーンさんを説得して
夫婦揃ってチェンマイに移住、
知り合いのタイ在住の友人とあちこちの市内候補地を100箇所以上も探し回り、
昨年4月、この場所に念願のレストランをオープンした。
1_20140326021512607.jpgご主人のユーンさん

オーナー夫妻が強調する店の方針は「清潔第一」、
そして食材、とくに肉のクオリティに徹底的にこだわること。
もちろん、料理人の腕前は評判通り、店内サービスも行き届いている。
真剣な表情で料理に取り組む。 真剣な表情で料理に取り組む。

普段は朗らかな笑顔を絶やさないリーさんだが、
いったん料理に取り掛かるとキリリとしたプロフェッショナルな仕事人の表情になる。
鮮やかな包丁さばきで肉、野菜を切り分け、
各種調味料(韓国味噌、コチジャン、ショウガ、韓国梅干、ゴマ油、刻みネギ、甘味料など)で
手際よく味付けしていく。
MSG類は一切使わず、自然の旨味を最大限に生かすようにしている。
サイドディッシュもひと味違う。サイドディッシュもひと味違う。
ハサミで切っていく。ハサミで切っていく。

 日本人に人気のメニューは、
漬け込み豚肉カルビ、プルコギ(ピリ辛のコチジャン味もあり)、
石焼ビビンバ、イカどんぶり、韓国風蒸し餃子など。
韓国風蒸し餃子を召し上がれ。  韓国風蒸し餃子を召し上がれ。
本誌持参の方には、チヂミ(小)をサービス! (B)     


チリ・ビレッジ情報
【営業時間】10:00~22:00(日曜 17:00~22:00)無休
【電話】08-0032-7370、08-2895-3492、
08-3863-7117(日本語OK)
【誌面地図】G-5




 



このページのトップへ