チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

オイスター・バー Oyster Bar(255号)

Filed under 洋食レストラン

 

フレッシュな殻付き生ガキ三昧はいかが?
まさに垂涎の生ガキなのだ!まさに垂涎の生ガキなのだ!

 最近では、ことらでも生ガキを食べられる店が何箇所かあるが、
話題のプロムナーダ・リゾートモール内のリンピン・スーパーマーケットに
チェンマイ初のオイスター専門店ができたと聞いて、興味津々で出かけてみた。
 各国から取り寄せた殻付きカキが並んでいる。DSCN7631各国から取り寄せた殻付きカキが並んでいる。

 スーパーマーケット右手のレストランLe Bistro(洋食・タイ料理)の奥の一角が
オイスター&シー=フード・バーになっている。
 氷を敷いたガラスケースの中には、殻付きの生ガキが各種並んでいる。
フランス、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、アイルランドなどから直輸入した
11~12種類の生ガキが選り取り見取り。

 殻付きのカキを温度5°C、斜度45度の状態でちゃんと保存管理すると
「生きたまま」の新鮮そのものカキが楽しめるという。
殻付きカキは生きている。殻付きカキは生きている。


 生食にこだわる西洋のオイスター・バーではカキは殻付きが常識だ。
カウンターで好みのカキを注文すると、その場で店員さんが殻を割ってくれる。
その場で殻を割ってくれる。

 タイ風と西洋風のタレも付いてくるが、ここはレモンだけ絞って食べるのがいちばん。
 あとは殻の中に残った水をスーッと啜って喉に流し込めば、もう幸せ気分満点! 
 クリーミーなものから塩っぽいものまであるから、食べ比べてみよう。
 種類や時季にもよるが、1個80~190B前後と実にリーズナブルなお値段だ。

 生ガキ以外の他の貝類、エビなどのシーフード料理は洗練された味付けで日本人好み。
ハーブ味スパゲティ付きエビのペストソース 590Bハーブ味スパゲティ付きエビのペストソース 590B
ムール貝の白ワイン・ソース 180Bムール貝の白ワイン・ソース 180B
マテ貝のペスト・ソース 180Bマテ貝のペスト・ソース 180B

 ワインは、白、ロゼ、スパークリングなど甘くないものがカキとの相性がよいとか。
 スーパー奥のワインバーからの注文、お持ち帰りもOKだ。
 木曜日は生ガキ20%割引とお得! (B)

オイスター・バー情報
【営業時間】8:00~20:30(無休)
【電話】0-5314-2722
【誌面地図】I-7(リンピンスーパー・プロムナーダ)




 



このページのトップへ