チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

DITPショールーム(253号)

Filed under 雑貨

 

北タイのお土産探しはまずここで。
OTOP製品の部屋OTOP製品の部屋

 観光の街チェンマイには工芸関係に代表される名産品がたくさんある。
ガイドブック片手にそれらを売っている有名店を探すのも楽しいが、
自分で見て回るだけでは限界があるし、時間も足りない……
 そんなときは、まずここに立ち寄ってみたらどうだろう。
 

 シンハラート通りに面したこの場所には以前、
DEP(タイ国政府商務省輸出振興局)のショールームがあり、
OTOP(一村一品運動)製品を中心に展示していた。
 約2年前に閉館したままになっていたが、
この8月に新たにDITP(タイ国政府商務省国際貿易振興局)の展示室としてオープンした。


 道路側から入って2つ目の大きな建物の中を覗いてみると、
予想以上に立派できれいなショールームでビックリ!
 広々としたスペースにチェンマイ県をはじめ
タイ北部17県のDITP加盟業者130社以上の製品が陳列してある(登録料・場所代とも無料)。
展示スペースは広々している。展示スペースは広々している。

 ファッション関係、ホームデコレーション、セラミック、健康食品などが並んでいて、
さながらチェンマイ名産品の見本市のようだ。
木と銀の組み合わせが面白い。木と銀の組み合わせが面白い。

 例えば、セラドンだけでも代表的な有名店の品物を見比べることができる。
あちこち行かなくても好みのタイプがわかるというわけだ。
セラドンも数店が出品セラドンも数店が出品

それぞれの商品の前にはパンフレットや名刺が置いてあるから、
気に入った店や業者にはその場でコンタクトすればよい。
パンフレットや名刺が置いてある。パンフレットや名刺が置いてある。

細かい模様の漆製品細かい模様の漆製品

 右手奥はOTOP製品だけを集めたスペース。
ここでは輸出向けを意識した3つ星以上のクオリティの高いものを厳選している。
きっとお気に入りの品物が手っ取り早くみつかるはずだ。 (B)      


DITPショールーム情報
【営業時間】8:30~16:30 (土・日曜、祝日休み)
【電話】0-5321-6350~1 E-mail:depcm@ditp.go.th
www.ditp.go.th(言語を日本語選択)
【誌面地図】E-3



 



このページのトップへ