FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

シウィ・カフェ SheweCafe (383)

Filed under カフェ

 

IMG_8401.jpg
似顔絵コーヒーと手作りサンドイッチ

 ナワラット橋から駅へ行く途中に白いコロニアルのホテル、
シウィワナーリゾートがあるが、その横に併設されているのがこのカフェ。
レンガと木を基調とした心地良い店だ。
予備  オープンサンド(スクランブルエッグ、ベーコン、トマト、パルメザンチーズ 95B)オープンサンド(スクランブルエッグ、ベーコン、トマト、パルメザンチーズ 95B)
クラブサンドイッチ(120B)オープンサンド(スクランブルエッグ、ベーコン、トマト、パルメザンチーズ 95B)

 おすすめメニューは、手作りの全粒粉パンを使ったサンドイッチやオープンサンド。
サンドイッチはチキンやポークなどあり、
なかでもクラブサンドイッチはベーコン、トマト、レタス、目玉焼き、オニオンが入っていて食べ応えあり。
一口では口に入らない大きさなうえ、2人で食べられるボリュームだ。
サラダもついて120バーツ、ドリンクセットにすればホットドリンクで139バーツ、
アイスで149バーツとお得。
ベーコンやチーズサンドイッチ、アボカドや卵などのオープンサンドだと
95バーツで、ドリンクセットは119バーツから。
パッタイ・トムヤム(150B)パッタイ・トムヤム(150B)
タイ料理の人気メニューは、トムヤム味のパッタイ。
ほどよい甘味、酸味、辛味が麺にからみあい、後を引く。
また、豪華にパイナップルの中に炒飯が入ったカオパット・サパロットもタイらしい一品だ。
パイナップルの酸味とカレー風味のごはんがからみあってエキゾチック。
無料のドリンクがついてくる(12:00~15:00)。
タイ・アイスティー(65B)タイ・アイスティー(65B)
IMG_8509.jpg>

 ドリンクメニューは、コーヒーやイタリアンソーダ、スムージーなど。
ホットのカプチーノやカフェラテ、モカ、チョコを注文すると、
バリスタのミヤオさんがミルクの上に似顔絵を描いてくれる(混んでいる時間以外)。
猫や花なんていう要望にも応じてくれるのでリクエストしてみよう。
きっと笑顔になれるはず。(O)
ミヤオさんが絵を描いてくれる。ミヤオさんが絵を描いてくれる。


シウィ・カフェ情報
【営業時間】7:00~17:00 (無休)
【電話】0-5324-0020


※200B以上でオートミールクッキーのプレゼント。





 



このページのトップへ

すず SUZU Cafe(382)

Filed under カフェ

 

マンゴー氷マンゴーかき氷  129B  


宮古島の器で味わうかき氷でひと時の涼を

ニマーンヘーミン通りのソーイ15。
「かき氷」と書かれた日本語の幟が強い日差しを跳ね返すようにはためいている。
こちらは「すず」という名前の小さなカフェで、
街歩きの合間にひと時涼をとるのにぴったりのお店だ。
桜ドリンク (1)サクラ・ソーダ 69B 
カフェメニューの中で、流行に敏感な女子大生やおしゃれ好きの若い観光客に人気なのが、
「サクラ・ラテ」や「サクラ・ソーダ」という日本でも流行っている桜餅味のドリンク。
ソーダにはなんと小さな綿菓子がトッピングされている。
綿菓子はそのまま食べてもいいし、ジュースに溶かして飲んでもいいとか。
ほうじ茶ラテ (2)ほうじ茶ラテ 89B
大人向けには、本場日本の茶葉を使った抹茶ラテやほうじ茶ラテがほっとする。
タコライス (1)温泉卵をトッピングしたタコライス 159B 
和食のお食事メニューもいろいろあるが、
中でも気になるのはチェンマイでは珍しいタコライス。
タコライスとはメキシコ料理の「タコス」をご飯と一緒に食べる沖縄の料理で、
あったかい日本米の上にスパイシーなサルサソースであえた
ひき肉や野菜、チーズがのっている。
さらに温泉卵がトッピングされていて、
卵からとろりと流れだす黄身を絡めると美味。
親子丼
その他のおすすめは、親子丼や生姜焼き丼。
宮古島の陶芸工房で手作りされているという味わい深い器に盛られていて、
日本人の美意識がくすぐられる一皿だ。
マンゴー氷

また、高台の陶器に盛られたかき氷は、
口の中ですっと解ける柔らかな氷が売り。
旬のマンゴーたっぷりのマンゴー味は食べたいが、
日本の抹茶を使用した抹茶味も捨てがたい。
いずれにしても、チェンマイの厳しい暑さに、ひと時、日本の涼しさを提供してくれるはず。  (S)
DSC07937.jpgドリンクメニュー担当のナンさん
SUZU Cafe情報
【営業時間】8:30~21:00(無休)
【電話】08-3680-5593
【誌面地図】L-1
【FB】https://www.facebook.com/suzudrinks/





 



このページのトップへ

キャラメロー・アートカフェ Caramellow Art Cafe (381)

Filed under カフェ

 

創作料理&スイーツの店
外のスペース
なるべく地元の食材を使い最高のものを提供したいという思いで
この店をオープンしたオーナーのフォンさんは、
高校生写真コンテスト「天河」で優秀賞を受賞した経歴を持つ。
オーナーのフォンさんオーナーのフォンさん

明るい店内にはアーティストの作品が飾られ、
外のスペースは木々が生い茂る心地良い空間になっている。
店内

店ではスイーツ、料理、ドリンクを楽しめるが、
中でもおすすめなのがスイーツ。
欧米とタイで活躍するタイ人シェフ&パティシエのペニーさんが監修していて、
どれも丁寧に作られている。
ベリーやマカデミアナッツのニューヨークスタイル・チーズケーキや
チェンマイ産チョコレートを使ったケーキはとても濃厚。
チェンマイ・チョコレートケーキ(140B)とマシュマロ・カプチーノ(95B)チェンマイ・チョコレートケーキ(140B)とマシュマロ・カプチーノ(95B)

サクサクしたクロワッサン生地の上にメレンゲがのっているクラフィンは、
中にマンゴーやタイ紅茶のクリームがたっぷり入った満足のいく一品だ。
クラフィン(マンゴー/タイ紅茶(65B)クラフィン(マンゴー/タイ紅茶(65B)
また、ペニーさんが生み出した黒米粉のクロワッサンは
バターが練りまれた美しい層でできていて、
パリパリっとした軽やかな食感がたまらない。
ハムとチーズをはさめば、ランチやブランチにぴったりだ。
ナムプリック・オンのラザニア(220B)とハム&チーズ・クロワッサン(85B)ナムプリック・オンのラザニア(220B)とハム&チーズ・クロワッサン(85B)ナムプリック・オンのラザニア(220B)と
ハム&チーズ・クロワッサン(85B

料理は洋食のほか、手作りチェンマイソーセージ(サイウア)のサラダや
ミャンマー風カレー(ゲーンハンレー)とパスタを合わせたもの、
トマト&豚挽き肉のディップ(ナムプリック・オン)をラザニアにしたものなど、
洋食と北部料理のフュージョン料理も豊富。
北部料理が意外とパスタやチーズに合うので驚く。
リガトーニ「ハンレー」(260B)リガトーニ「ハンレー」(260B)
ブランチに最適なクロックマダム(235B)ブランチに最適なクロックマダム(235B)
創作コーヒーや手作りフルーツシロップ入りのソーダ、香り良いアールグレーなどと一緒にどうぞ。
アイス・ダイビング・アールグレー(95B)とマルベリー(桑の実)・キューカンバー・ソーダ(80B)アイス・ダイビング・アールグレー(95B)とマルベリー(桑の実)・キューカンバー・ソーダ(80B)

キャラメロー・アートカフェ Caramellow Art Cafe情報
【営業時間】9:00~19:00(無休)
【電話】06-1269-0222







 



このページのトップへ

Have-A-Hug Fusion Farm ハブアハグ・フュージョン・ファーム(381)

Filed under カフェ

 

手作りカップで愉しむセラミック工房のあるカフェ
image3.jpg

メージョー大学の近くにセラミック工房とカフェ&レストランが一緒になったユニークなお店がある。
10年前、陶芸家のプーさんが自宅にセラミック工房を作り、
庭に置くオブジェや陶人形、コーヒーカップなどを制作していたという。
セラミック工房も自由に見学できるセラミック工房も自由に見学できる
広い敷地と小さな田んぼが隣接した居心地の良い場所を活かして、
カフェとレストランをしたいという友人が集まり、
お店は少しずつ拡大していったのだそう。
image1.jpg

カフェメニューではココナッツの風味たっぷりのケーキ・マプラーオが人気。
ホットコーヒーを注文すると、
ソーサーに小鳥があしらわれた可愛いオリジナルのカップ&ソーサーでサーブされる。
素朴なたたずまいが気に入ったら、奥の工房で買うこともできる。
ココナッツケーキと紅茶
DSC06979.jpg
レストランメニューはスパゲティーやカオパット(焼き飯)など、
気軽に食べられる一皿ものがメイン。
スパゲティー・パットキーマオ・タレー
辛いのが好きな人はスパゲティー・パットキーマオ・タレーがお勧め。
シーフードを生コショウやタイ・ハーブで炒めたパンチの効いたスパゲティーだ。
その他、ステーキやピザなどの洋食も人気。
オーナーのプーさんオーナーのプーさん

幼児教育に関心の高いプーさん。
カフェの裏にある小さな田んぼは親子で田植え体験ができるようにと守り続けているのだとか。
また、親子で参加できる陶芸ワークショップも開催しているそうなので、
興味のある人は問い合わせてみて。
ユニークな陶人形

Have-A-Hug Fusion Farm แฮฟอะฮัก ฟิวชั่นฟาร์ม情報
【営業時間】9:00~18:00(不定休)
【電話】06-1615-8828
【fb】Have A Hug Fusion Farm Chiang Mai




 



このページのトップへ

Obchoei Original Homemade オブチューイ・オリジナル・ホームメイド(378)

Filed under カフェ

 

バナナ・チョコレートチップ・ブレッド(75B) (1)バナナ・チョコレートチップ・ブレッド(75B)

手作りのケーキと天然酵母のパン

いろいろな手作りアーティストが集まるコミュニティー・スペース、
「バーン・カーン・ワット」に、新しくベーカリー&カフェがオープンした。
IMG_4217.jpg

オーナーはルーイ県出身のオリーブさんとターさんで、
ルーイ県で手作りのアイスクリームを売っていたという。
1年前からはバーン・カーン・ワットの日曜マーケットに屋台を出していて、
つい最近敷地内に店をかまえた。
オリーブさん(右) とパートナーのターさん (1)オリーブさん(右) とパートナーのターさん

「友達や親せきの家で食べるようなケーキやパンを出したい」というオリーブさんは、
ホームメイドにこだわり、着色料や香料を使わず、
1つ1つ丁寧に手作りしている。
そのため、パンはパイナップルの天然酵母で発酵させ、
なんと手でこねているとか! 
大量生産ではなく、家庭で出すように、
自分が作れるだけの量を提供したいというが、
日替わりでクロワッサンやシナモンロール、ケーキ、ブラウニーなどが6、7種類は並ぶ。
天然酵母のクロワッサン(40B) (2)天然酵母のクロワッサン(40B)

タイの素材を使ったベーカリーが中心で、
旬によって果物は変わるが、
定番人気なのが、バナナをキャラメルとからめた「バナナ・キャラメルケーキ」と「キャロットケーキ」。
バナナの甘味とキャラメルの香りの組み合わせが絶妙だ。
また、天然酵母を使った「バナナ・チョコレートチップ・ブレッド」はしっとりしていて、
バナナの自然の甘味が際立っている。
どれも一口食べれば、オリーブさんの愛情と真心を感じるだろう。
バナナ・キャラメルケーキ(55B)バナナ・キャラメルケーキ(55B)
予備(ローズマリー全粒粉クッキー(130B)ローズマリー全粒粉クッキー(130B)
Obchoei Original Homemade オブチューイ・オリジナル・ホームメイド情報
【営業時間】10:00~18:00(月曜休み)
【電話】08-0323-2577
【FB】G-2Obchoei Original Homemade





 



このページのトップへ

マホガニー・カフェ Mahogany Café(377)

Filed under カフェ

 

ガジュマルの木陰でのんびりティータイム
パンケーキ

 ラーマ9世公園の向かい側、
チョータナー通りに面した場所にモーニングやランチ、
お茶を楽しめる気持ちの良いカフェがオープンした。
1_20181224131523ed9.jpg
DSC02412.jpg

敷地に昔から生えているガジュマルなどの大木をいかしたレイアウトで、
木陰で寛ぐことができる。
今の季節は人工的に作られた滝の側もゆったりした庭の席も人気だ。
DSC02335.jpg

野菜やご飯など、食材はオーガニックにこだわり、
プラスチックのゴミを出さない取り組みもしているとか。
オーナー自ら仕入れるチェンマイ産のおいしいコーヒーにぴったり合うのが、
バナナをサンドしたパンケーキ。
しっとり系で、おしゃべりに夢中になってちょっと冷めてしまっても美味しく食べられる。
チキン・サテ yobi

ランチなら、スパゲティーやハンバーガーもあるし、
タイテイストのフュージョン料理も多種揃っている。
せっかくだからタイ料理を、という人におススメのメインディッシュは、
「ガイサテ・クルン・トア」。
「サテ」は東アジアで広く食べられているカレー味の串焼きの肉料理のことだが
ここのチキン・サテはどーんとハーフサイズ。
カレースパイスに漬け込んだチキンはふっくらとグリルされ、コ
クのあるピーナッツ味の甘辛いソースと
さっぱりとしたディル入りのヨーグルトソースを絡めていただく。
ピクルスもちょうど良いアクセントになっている。
ヤムソムオーyobi2
他にもほぐしたザボンの実とロース・ココナッツファイン、
コブミカンの葉などと合えたサラダ「ヤム・ソムオー」も美味。
ぷりぷりのエビがトッピングされて、
ザボンの瑞々しさと酸味、
タイ料理ならではの辛味を楽しめる。
気軽に食べたい人には、
ハーブのドリンクがついたランチセットならどれでも169B。
かりっと揚げた豆腐のガパオライスなんて美味しそうだ。   (S)
オーガニック・コールドプレス・ジュースアメリカン・オンア・アイス
オーガニック・コールドプレス・ジュース(左)、 アメリカン・オンア・アイス(右)

※期間限定(30日頃まで)のクリスマスセット799B(2人分)あり。
ローストチキン、白ワイン、パン、サラダ、パンナコッタ。要予約。
マホガニー・カフェ Mahogany Café情報
【営業時間】9:00~18:00(無休)
【電話】06-2665-6266【fb】https://www.facebook.com/MahoganyCafe/




 



このページのトップへ

MA-CHILL COFFEE マーシウ・コーヒー(376)

Filed under カフェ

 

コーヒー好きを飽きさせない! 進化するカフェ
デザート感覚のマロッキーノ 80Bデザート感覚のマロッキーノ 80B。全てのメニューにコーヒー豆の説明カードが添えられている。

コーヒーの生産が盛んな北部タイ。
産地ごとにコーヒーの味を飲み比べてみたい、
という人にお勧めなのがこちらのカフェだ。
高い天井から鉄のオブジェが下がる

奥に細長いこじんまりとした店内は、
鉄や木の廃材を利用したインテリアが配置され、
控えめな照明とあいまって落ち着いた雰囲気を醸し出している。
オーナーのグッガイさん(左)アートさんご夫妻(tate)オーナーのグッガイさん(左)アートさんご夫妻。コーヒーの質問に丁寧に答えてくれる。

コーヒー豆はメーホーンソーン県やチェンラーイ県、ペチャブーン県産を使用。
カウンターに産地ごとの豆の風味を説明するカードが並び、
それを手がかりに選ぶこともできる。
迷ったら、店のオリジナルブレンドを。
飲み比べたいコールドブリュー100B

12時間以上かけて水出ししたコールドブリューは苦味が少なく、
豆独自の香りが際立つので、
しっかりと豆の風味を味わいたい人には特におすすめ。
高級なエスプレッソマシーンで淹れてくれる
ラテやカプチーノなどの定番ももちろん美味。
4種類を飲み比べThai Fight!180B

一度にいろいろ飲み比べたい人は、
エスプレッソとコールドブリュー、ドリップ、ミルクの
4種類のコーヒーメニューがセットになった「タイ・ファイト」が絶対お得。
コーヒー好きの友人とシェアしても楽しそう。
エスプレッソとオレンジソーダが爽やか。オレンジ・メトロ80Bエスプレッソとオレンジソーダが爽やか。オレンジ・メトロ80
また、嗜好を凝らしたメニューも試したい。
デザート感覚の飲み物で人気なのが、
ホットならチョコとへーゼルナッツのクリームを塗ったカップにエスプレッソコーヒーを注いだマロッキーノ。
アイスなら、巣蜜がトッピングされたハニーコーム。
また、暑い日はエスプレッソをソーダとフルーツジュースで割ったオレンジ・メトロや
プラム&ピーチエスプレッソ・トニックでリフレッシュ。
お腹が減っていたら、メンチカツサンドやケーキが並ぶショーケースもチェックしよう。    (S)
メンチカツサンド 2ヶ50B
外観縦

MA-CHILL COFFEE マーシウ・コーヒー情報
【営業時間】8:00~16:00(月曜休み)
【電話】08-6615-7689
【誌面地図】E-5






 



このページのトップへ

Early Owls アーリー・アウルズ(376)

Filed under カフェ

 

都会のオアシスにあるカフェ
That Watermelon Cake 150B (1)That Watermelon Cake 150B


 ラーチャパット大学界隈は賑やかだが、
その一角に市内とは思えない静かな場所がある。
木々が生い茂り、なんと小川まで流れているところだ。
IMG_3054.jpg

そこについ最近、カフェがオープンした。
木造家屋を改装した心地よい店で、寛ぎながら食事やお茶をすることができる。
オーナーは高校時代から友人というジューンさんとジーンさんだ。
ジーンさん(左)とジューンさんジーンさん(左)とジューンさん

 メニューは洋食、ケーキ、コーヒーなど。
健康と環境にやさしくをモットーに、素材にはなるべく安全なものを使うようにしている。
例えば、ハルーミ・チーズサラダは、
メージョーのファームで手作りされるチーズと、
ジーンさんのお父さんのオーガニックファームでとれた野菜を使用。
弾力のあるチーズとシャキシャキした新鮮なサラダ菜にバルサミコ酢がかけてあり、
さっぱり、でもボリュームたっぷりの一品になっている。
ハルーミ・チーズ・サラダ 240B (1)ハルーミ・チーズ・サラダ 240B

パニーニのパンは友人が焼くお手製のもの。
外はパリッと中はもっちりしていて、具をはさむのにぴったりだ。
具は、ビーフ、ツナ、スモークハム、ビーガンの4種類から選べる。
ツナがたっぷり入ったBrainy Panini 150B

また、早起きの人は、ブレックファースト・メニューを楽しむこともできる(11:00まで)。
ベーコンや卵、チーズが入ったブリトーやヨーグルトボール、
バナナ・パンケーキ&エッグベネディクトなどがあり、
朝からしっかり食べたい人におすすめだ。

店はエコフレンドリーのため、
使い捨てのものは極力使わず、
持ち帰り用にはリサイクルできるプラスチックや紙のコップ、
容器を用意(+10B)している。
持ち帰る場合は、マイボトル、マイタッパーを持っていこう。(O)
クリームブリュレ風味のコーヒー、Happy Owls 90Bクリームブリュレ風味のコーヒー、Happy Owls 90B


Early Owls アーリー・アウルズ情報
【営業時間】8:00~17:00(水曜定休)※無休から定休日が水曜日になりました。
【電話】09-5224-6590
【誌面地図】G-2 www.facebook.com/earlyowls






 



このページのトップへ

ploy studio café プロイ・スタジオ・カフェ(372)

Filed under カフェ

 

プロイオリジナル・ティーラテ85Bプロイオリジナル・ティーラテ85B


タイスイーツテイストのクレープでお茶はいかが
ナワラット橋の側、チェンマイーランプーン通りに面した便利な場所に、
こだわりのお茶を出すお洒落な喫茶店がある。
お茶の葉はバングラディッシュから輸入する品質の良いセイロンティを使用。
お茶のセット(クッキー付き)129B (1)お茶のセット(クッキー付き)129B

オーナーのプロイさんによれば、
お茶を淹れるときの温度が味を大きく左右するそうで、
お湯の温度管理には特に気をつけているとのこと。
ココナッツカスタード&ミルクアイス+フォイトーン・クレープ  155B  (2)ココナッツカスタード&ミルクアイス+フォイトーン・クレープ  155B
お茶と楽しめる何か甘いものが欲しくなったら、プロイさんが焼くお洒落な薄いクレープがお勧め。
ココナッツ風味のカスタードに北海道ミルクを使用した手作りアイスクリーム、
さらにその上からタイの伝統菓子のフォイトーン(アヒルの卵を使ったタイの鶏卵素麺)をトッピングした、
タイ風味のクレープが以外と紅茶に合う。
他にほうれん草やチーズ入りの甘くないクレープは、軽いランチにもぴったりだ。

 冷たいスイーツが良ければ、オリジナルのシャーベットを。
熟した黄色いマンゴー味は文句なく美味しいが、
タイの味覚を味わうなら、
青マンゴーとナンプラー・ワーン(甘辛いナンプラー味のソース)シャーベットという、
タイならではのメニューを。さっぱりしていて、意外とおいしい。
熟したマンゴーと青いマンゴーにナンプラーソースをかけたシャーベット。セットで65Byko  熟したマンゴーと青いマンゴーにナンプラーソースをかけたシャーベット。各65B。

その他、台湾スタイルの甘いトーストや香ばしいスコーンも人気。
台湾式トースト49B (1)台湾式トースト49B

その他、プロイさんがデザインを手がけるファッションブランドChoo chu Studio の
トラッドなシャツが並ぶショップや小さなフォトスタジオも併設していて、
いろんな才能に溢れるプロイさんの世界が広がっている。
お茶の時間に訪れてみて。           (S)
ショップとフォトスタジオ (2)

ploy studio café プロイ・スタジオ・カフェ情報
【営業時間】10:30~19:00(水曜定休)
【電話】09-2416 -5464
【地図】https://goo.gl/maps/beYFCombYWz





 



このページのトップへ

L’Opera ロペラ(367)

Filed under カフェ

 

ベーシック・ブレックファースト 80B (2)ベーシック・ブレックファースト 80B

フランスの職人が焼くパンとケーキの店

チェンマイで本格的なパンを食べようと思うと店が限られてしまうが、
フランスのパンを食べたかったらこの店へ行ってみよう。
バターやチョコレートなど、
フランスから輸入した食材と地元の素材をいかしたパンやタルトを味わえる。
右からシェフ、奥さん、アシスタント右からシェフ、奥さん、アシスタント

オーナーはフランス人のクリストファーさんと奥さんのピアンさん。
クリストファーさんは14歳でこの業界に入り、
40年以上パンを焼き続けている。
アメリカやドミニカ、マレーシア、
ベトナム、サムイ島、パタヤなどで働き、
2014年12月にチェンマイに店をオープンした。
キッシュ 60B~キッシュ 60B~

 店は欧米人のお客さんがほとんどで、
「ボンジュール」なんてフランス語が飛び交っている。
ガラスケースやバスケットの中には、
バターをたっぷり使ったクロワッサンやブリオッシュ、
パリッと焼き上げたハード系のパンなどがずらりと並んでいる。
フランスの店にありそうなメレンゲ菓子やボリュームたっぷりのキッシュ、
フルーツタルトなどもあり、見ているだけでワクワクしてくる。
店

店内で食べるなら、好きなケーキやパンを選んでもいいが、
クロワッサン&コーヒーセット、
パンに卵をのせたエッグベネディクト、
パンケーキ、フレンチトーストといったブレックファースト・メニュー(1日中)やサンドイッチがおすすめ。
アップル・クランブル 80Bアップル・クランブル 80B

 家で食べる時は、オーブントースターで軽く温めると、
外はかりっと中はふわっとしてセトレボ~ン。(とてもおいしい)。
いろいろなパンが揃うのが朝の10時頃なので、
その頃目指して行ってみて。(O)
ラスティック・ブレッド 35Bラスティック・ブレッド 35B

L’Opera ロペラ情報
【営業時間】7:00-20:00(タイ正月)
【電話】 08-7455-7645
【地図】  マップ(Picola Romaとぐでんぐでんの間)




 



このページのトップへ