FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Obchoei Original Homemade オブチューイ・オリジナル・ホームメイド(378)

Filed under カフェ

 

バナナ・チョコレートチップ・ブレッド(75B) (1)バナナ・チョコレートチップ・ブレッド(75B)

手作りのケーキと天然酵母のパン

いろいろな手作りアーティストが集まるコミュニティー・スペース、
「バーン・カーン・ワット」に、新しくベーカリー&カフェがオープンした。
IMG_4217.jpg

オーナーはルーイ県出身のオリーブさんとターさんで、
ルーイ県で手作りのアイスクリームを売っていたという。
1年前からはバーン・カーン・ワットの日曜マーケットに屋台を出していて、
つい最近敷地内に店をかまえた。
オリーブさん(右) とパートナーのターさん (1)オリーブさん(右) とパートナーのターさん

「友達や親せきの家で食べるようなケーキやパンを出したい」というオリーブさんは、
ホームメイドにこだわり、着色料や香料を使わず、
1つ1つ丁寧に手作りしている。
そのため、パンはパイナップルの天然酵母で発酵させ、
なんと手でこねているとか! 
大量生産ではなく、家庭で出すように、
自分が作れるだけの量を提供したいというが、
日替わりでクロワッサンやシナモンロール、ケーキ、ブラウニーなどが6、7種類は並ぶ。
天然酵母のクロワッサン(40B) (2)天然酵母のクロワッサン(40B)

タイの素材を使ったベーカリーが中心で、
旬によって果物は変わるが、
定番人気なのが、バナナをキャラメルとからめた「バナナ・キャラメルケーキ」と「キャロットケーキ」。
バナナの甘味とキャラメルの香りの組み合わせが絶妙だ。
また、天然酵母を使った「バナナ・チョコレートチップ・ブレッド」はしっとりしていて、
バナナの自然の甘味が際立っている。
どれも一口食べれば、オリーブさんの愛情と真心を感じるだろう。
バナナ・キャラメルケーキ(55B)バナナ・キャラメルケーキ(55B)
予備(ローズマリー全粒粉クッキー(130B)ローズマリー全粒粉クッキー(130B)
Obchoei Original Homemade オブチューイ・オリジナル・ホームメイド情報
【営業時間】10:00~18:00(月曜休み)
【電話】08-0323-2577
【FB】G-2Obchoei Original Homemade





 



このページのトップへ

マホガニー・カフェ Mahogany Café(377)

Filed under カフェ

 

ガジュマルの木陰でのんびりティータイム
パンケーキ

 ラーマ9世公園の向かい側、
チョータナー通りに面した場所にモーニングやランチ、
お茶を楽しめる気持ちの良いカフェがオープンした。
1_20181224131523ed9.jpg
DSC02412.jpg

敷地に昔から生えているガジュマルなどの大木をいかしたレイアウトで、
木陰で寛ぐことができる。
今の季節は人工的に作られた滝の側もゆったりした庭の席も人気だ。
DSC02335.jpg

野菜やご飯など、食材はオーガニックにこだわり、
プラスチックのゴミを出さない取り組みもしているとか。
オーナー自ら仕入れるチェンマイ産のおいしいコーヒーにぴったり合うのが、
バナナをサンドしたパンケーキ。
しっとり系で、おしゃべりに夢中になってちょっと冷めてしまっても美味しく食べられる。
チキン・サテ yobi

ランチなら、スパゲティーやハンバーガーもあるし、
タイテイストのフュージョン料理も多種揃っている。
せっかくだからタイ料理を、という人におススメのメインディッシュは、
「ガイサテ・クルン・トア」。
「サテ」は東アジアで広く食べられているカレー味の串焼きの肉料理のことだが
ここのチキン・サテはどーんとハーフサイズ。
カレースパイスに漬け込んだチキンはふっくらとグリルされ、コ
クのあるピーナッツ味の甘辛いソースと
さっぱりとしたディル入りのヨーグルトソースを絡めていただく。
ピクルスもちょうど良いアクセントになっている。
ヤムソムオーyobi2
他にもほぐしたザボンの実とロース・ココナッツファイン、
コブミカンの葉などと合えたサラダ「ヤム・ソムオー」も美味。
ぷりぷりのエビがトッピングされて、
ザボンの瑞々しさと酸味、
タイ料理ならではの辛味を楽しめる。
気軽に食べたい人には、
ハーブのドリンクがついたランチセットならどれでも169B。
かりっと揚げた豆腐のガパオライスなんて美味しそうだ。   (S)
オーガニック・コールドプレス・ジュースアメリカン・オンア・アイス
オーガニック・コールドプレス・ジュース(左)、 アメリカン・オンア・アイス(右)

※期間限定(30日頃まで)のクリスマスセット799B(2人分)あり。
ローストチキン、白ワイン、パン、サラダ、パンナコッタ。要予約。
マホガニー・カフェ Mahogany Café情報
【営業時間】9:00~18:00(無休)
【電話】06-2665-6266【fb】https://www.facebook.com/MahoganyCafe/




 



このページのトップへ

MA-CHILL COFFEE マーシウ・コーヒー(376)

Filed under カフェ

 

コーヒー好きを飽きさせない! 進化するカフェ
デザート感覚のマロッキーノ 80Bデザート感覚のマロッキーノ 80B。全てのメニューにコーヒー豆の説明カードが添えられている。

コーヒーの生産が盛んな北部タイ。
産地ごとにコーヒーの味を飲み比べてみたい、
という人にお勧めなのがこちらのカフェだ。
高い天井から鉄のオブジェが下がる

奥に細長いこじんまりとした店内は、
鉄や木の廃材を利用したインテリアが配置され、
控えめな照明とあいまって落ち着いた雰囲気を醸し出している。
オーナーのグッガイさん(左)アートさんご夫妻(tate)オーナーのグッガイさん(左)アートさんご夫妻。コーヒーの質問に丁寧に答えてくれる。

コーヒー豆はメーホーンソーン県やチェンラーイ県、ペチャブーン県産を使用。
カウンターに産地ごとの豆の風味を説明するカードが並び、
それを手がかりに選ぶこともできる。
迷ったら、店のオリジナルブレンドを。
飲み比べたいコールドブリュー100B

12時間以上かけて水出ししたコールドブリューは苦味が少なく、
豆独自の香りが際立つので、
しっかりと豆の風味を味わいたい人には特におすすめ。
高級なエスプレッソマシーンで淹れてくれる
ラテやカプチーノなどの定番ももちろん美味。
4種類を飲み比べThai Fight!180B

一度にいろいろ飲み比べたい人は、
エスプレッソとコールドブリュー、ドリップ、ミルクの
4種類のコーヒーメニューがセットになった「タイ・ファイト」が絶対お得。
コーヒー好きの友人とシェアしても楽しそう。
エスプレッソとオレンジソーダが爽やか。オレンジ・メトロ80Bエスプレッソとオレンジソーダが爽やか。オレンジ・メトロ80
また、嗜好を凝らしたメニューも試したい。
デザート感覚の飲み物で人気なのが、
ホットならチョコとへーゼルナッツのクリームを塗ったカップにエスプレッソコーヒーを注いだマロッキーノ。
アイスなら、巣蜜がトッピングされたハニーコーム。
また、暑い日はエスプレッソをソーダとフルーツジュースで割ったオレンジ・メトロや
プラム&ピーチエスプレッソ・トニックでリフレッシュ。
お腹が減っていたら、メンチカツサンドやケーキが並ぶショーケースもチェックしよう。    (S)
メンチカツサンド 2ヶ50B
外観縦

MA-CHILL COFFEE マーシウ・コーヒー情報
【営業時間】8:00~16:00(月曜休み)
【電話】08-6615-7689
【誌面地図】E-5






 



このページのトップへ

Early Owls アーリー・アウルズ(376)

Filed under カフェ

 

都会のオアシスにあるカフェ
That Watermelon Cake 150B (1)That Watermelon Cake 150B


 ラーチャパット大学界隈は賑やかだが、
その一角に市内とは思えない静かな場所がある。
木々が生い茂り、なんと小川まで流れているところだ。
IMG_3054.jpg

そこについ最近、カフェがオープンした。
木造家屋を改装した心地よい店で、寛ぎながら食事やお茶をすることができる。
オーナーは高校時代から友人というジューンさんとジーンさんだ。
ジーンさん(左)とジューンさんジーンさん(左)とジューンさん

 メニューは洋食、ケーキ、コーヒーなど。
健康と環境にやさしくをモットーに、素材にはなるべく安全なものを使うようにしている。
例えば、ハルーミ・チーズサラダは、
メージョーのファームで手作りされるチーズと、
ジーンさんのお父さんのオーガニックファームでとれた野菜を使用。
弾力のあるチーズとシャキシャキした新鮮なサラダ菜にバルサミコ酢がかけてあり、
さっぱり、でもボリュームたっぷりの一品になっている。
ハルーミ・チーズ・サラダ 240B (1)ハルーミ・チーズ・サラダ 240B

パニーニのパンは友人が焼くお手製のもの。
外はパリッと中はもっちりしていて、具をはさむのにぴったりだ。
具は、ビーフ、ツナ、スモークハム、ビーガンの4種類から選べる。
ツナがたっぷり入ったBrainy Panini 150B

また、早起きの人は、ブレックファースト・メニューを楽しむこともできる(11:00まで)。
ベーコンや卵、チーズが入ったブリトーやヨーグルトボール、
バナナ・パンケーキ&エッグベネディクトなどがあり、
朝からしっかり食べたい人におすすめだ。

店はエコフレンドリーのため、
使い捨てのものは極力使わず、
持ち帰り用にはリサイクルできるプラスチックや紙のコップ、
容器を用意(+10B)している。
持ち帰る場合は、マイボトル、マイタッパーを持っていこう。(O)
クリームブリュレ風味のコーヒー、Happy Owls 90Bクリームブリュレ風味のコーヒー、Happy Owls 90B


Early Owls アーリー・アウルズ情報
【営業時間】8:00~17:00(水曜定休)※無休から定休日が水曜日になりました。
【電話】09-5224-6590
【誌面地図】G-2 www.facebook.com/earlyowls






 



このページのトップへ

ploy studio café プロイ・スタジオ・カフェ(372)

Filed under カフェ

 

プロイオリジナル・ティーラテ85Bプロイオリジナル・ティーラテ85B


タイスイーツテイストのクレープでお茶はいかが
ナワラット橋の側、チェンマイーランプーン通りに面した便利な場所に、
こだわりのお茶を出すお洒落な喫茶店がある。
お茶の葉はバングラディッシュから輸入する品質の良いセイロンティを使用。
お茶のセット(クッキー付き)129B (1)お茶のセット(クッキー付き)129B

オーナーのプロイさんによれば、
お茶を淹れるときの温度が味を大きく左右するそうで、
お湯の温度管理には特に気をつけているとのこと。
ココナッツカスタード&ミルクアイス+フォイトーン・クレープ  155B  (2)ココナッツカスタード&ミルクアイス+フォイトーン・クレープ  155B
お茶と楽しめる何か甘いものが欲しくなったら、プロイさんが焼くお洒落な薄いクレープがお勧め。
ココナッツ風味のカスタードに北海道ミルクを使用した手作りアイスクリーム、
さらにその上からタイの伝統菓子のフォイトーン(アヒルの卵を使ったタイの鶏卵素麺)をトッピングした、
タイ風味のクレープが以外と紅茶に合う。
他にほうれん草やチーズ入りの甘くないクレープは、軽いランチにもぴったりだ。

 冷たいスイーツが良ければ、オリジナルのシャーベットを。
熟した黄色いマンゴー味は文句なく美味しいが、
タイの味覚を味わうなら、
青マンゴーとナンプラー・ワーン(甘辛いナンプラー味のソース)シャーベットという、
タイならではのメニューを。さっぱりしていて、意外とおいしい。
熟したマンゴーと青いマンゴーにナンプラーソースをかけたシャーベット。セットで65Byko  熟したマンゴーと青いマンゴーにナンプラーソースをかけたシャーベット。各65B。

その他、台湾スタイルの甘いトーストや香ばしいスコーンも人気。
台湾式トースト49B (1)台湾式トースト49B

その他、プロイさんがデザインを手がけるファッションブランドChoo chu Studio の
トラッドなシャツが並ぶショップや小さなフォトスタジオも併設していて、
いろんな才能に溢れるプロイさんの世界が広がっている。
お茶の時間に訪れてみて。           (S)
ショップとフォトスタジオ (2)

ploy studio café プロイ・スタジオ・カフェ情報
【営業時間】10:30~19:00(水曜定休)
【電話】09-2416 -5464
【地図】https://goo.gl/maps/beYFCombYWz





 



このページのトップへ

L’Opera ロペラ(367)

Filed under カフェ

 

ベーシック・ブレックファースト 80B (2)ベーシック・ブレックファースト 80B

フランスの職人が焼くパンとケーキの店

チェンマイで本格的なパンを食べようと思うと店が限られてしまうが、
フランスのパンを食べたかったらこの店へ行ってみよう。
バターやチョコレートなど、
フランスから輸入した食材と地元の素材をいかしたパンやタルトを味わえる。
右からシェフ、奥さん、アシスタント右からシェフ、奥さん、アシスタント

オーナーはフランス人のクリストファーさんと奥さんのピアンさん。
クリストファーさんは14歳でこの業界に入り、
40年以上パンを焼き続けている。
アメリカやドミニカ、マレーシア、
ベトナム、サムイ島、パタヤなどで働き、
2014年12月にチェンマイに店をオープンした。
キッシュ 60B~キッシュ 60B~

 店は欧米人のお客さんがほとんどで、
「ボンジュール」なんてフランス語が飛び交っている。
ガラスケースやバスケットの中には、
バターをたっぷり使ったクロワッサンやブリオッシュ、
パリッと焼き上げたハード系のパンなどがずらりと並んでいる。
フランスの店にありそうなメレンゲ菓子やボリュームたっぷりのキッシュ、
フルーツタルトなどもあり、見ているだけでワクワクしてくる。
店

店内で食べるなら、好きなケーキやパンを選んでもいいが、
クロワッサン&コーヒーセット、
パンに卵をのせたエッグベネディクト、
パンケーキ、フレンチトーストといったブレックファースト・メニュー(1日中)やサンドイッチがおすすめ。
アップル・クランブル 80Bアップル・クランブル 80B

 家で食べる時は、オーブントースターで軽く温めると、
外はかりっと中はふわっとしてセトレボ~ン。(とてもおいしい)。
いろいろなパンが揃うのが朝の10時頃なので、
その頃目指して行ってみて。(O)
ラスティック・ブレッド 35Bラスティック・ブレッド 35B

L’Opera ロペラ情報
【営業時間】7:00-20:00(タイ正月)
【電話】 08-7455-7645
【地図】  マップ(Picola Romaとぐでんぐでんの間)




 



このページのトップへ

Gateway Coffee Roasters ゲートウェイ・コーヒー・ロースターズ(365)

Filed under カフェ

 

器も素敵なラテ
コーヒーの香りとターぺー通りの喧騒を味わう。
ターペー通りの古びた建物がセンスあるカフェに生まれ変わった。
オーナーのひとりでバリスタのティーさんは、
旧市街ムーンムアン通りに、わずか3席だけのこだわりカフェ「Graph」や、
カフェご飯も充実した居心地の良い「Graph+table」など、こだわりのカフェを市内に5店舗も展開している。
DSC01636.jpg

DSC05424.jpg
店はもともとは楽器屋だった建物の2階で、
入り口は小路を入った右手にある。
階段を上りきるとコーヒー豆のストックが積み上げられ、期待がふくらむ。
おしゃれなお客さんが集まります。
さらにドアを開けて入ると、
シンプルなテーブルとアンティークの椅子がゆったりとした配置で並んでいる。

街の音や風を感じつつ、
美味しいコーヒーを味わうのがこのカフェの醍醐味。
エアコンはないので、暑い日はコーヒー豆の美味しさを余すことなく堪能できる冷たい水出しコーヒーが◎。
焙煎豆も買えます。
豆は北タイで採れる質の良いものを、
店の奥にある焙煎機で自家焙煎している。
オシャレなパッケージに入った豆の購入もできる。
爽やかな梅の酸味が意外と合う Triple sec

季節限定のドリンクメニューはユニークで、
例えば、エスプレッソのアイスキューブにレモンと自家製梅シロップ、
黒砂糖、これに自分で炭酸水を加えながら飲む「Triple sec」は、
街歩きの疲れを癒してくれる一杯だ。 
アップルタルト

日替わりスイーツは、カウンターの横のショーケースから選ぼう。
薄くスライスしたリンゴがまるでバラの花のようなアップルタルトは、
写真好きの若者に大人気。
日が落ちる頃、
通りを行きかう人や車を見下ろすベランダの席で
旅人気分を味わうのもお奨めだ。   (S)

Gateway Coffee Roasters情報
【営業時間】9:00~18:00(無休)
【電話】08-3680-5593 【連絡先】FB:Gateway Coffee Roasters
【誌面地図】F-4
 https://goo.gl/maps/J4oMbJKCV392 



 



このページのトップへ

ヨーコチャン・ヨーグルト Yokojung Yogurt(364)

Filed under カフェ

 

お持ち帰りもできます

お好みのヨーグルトがきっと見つかる

フエイゲーオ通りのナコンピンコンドミニアム横の道から
サンティタムエリアに入っていくと、
カオソーイや北部料理の名店が並ぶ場所がある。
そこに1年ほど前にオープンしたのがヨーグルト専門店「Yokojung Yogurt」だ。
「みんなが幸せになれるお店にしたい」とビウさん
オーナーのビウさんはカメラマンでグラフィックデザイナー。
ある日、仕事の取材のため出かけた市場でひっそりと売られている
美味しい手作りヨーグルトに出会った。
これはぜひプロデュースしてたくさんの人と分かち合いたいとブランドロゴを作り、
パッケージを作り、日曜歩行者天国にて自ら売ること2年。
とうとうヨーグルト作りの修行を始めるまでに。
とことん調べ、習い、腕を上げ、ヨーグルト専門店をオープンするに至った。
大きなフルーツサラダ89B大きなフルーツサラダ89B

店名の由来を尋ねると、
「ヨーコとヨーグルト(タイ語ではヨーグーと発音する)って似てるでしょ」とニヤリ。
お客さんの為に心を込めて作る日本料理人に感銘を受け、
「ヨーグルト+日本+親しみやすさ」のイメージから名付けたとのことだ。
一番人気のマンゴーヨーグルト・シェイク 49B一番人気のマンゴーヨーグルト・シェイク 49B
ここのヨーグルトは口当たりがとても滑らかで、さっぱりとしている。
甘さは3段階に分かれており、フルーツジャムの入ったものもある。
Sサイズ15バーツからとお手軽価格なので、
毎日の健康習慣にするのにちょうどいいかも。
カーオソーイ・メーサイのすぐ横カーオソーイ・メーサイのすぐ横
また、味も栄養分も凝縮されたちょっと高級なヨーグルト、グリーク(ギリシャ)ヨーグルトもあり、
こちらは2種類の甘さから選ぶことができる。
店内では旬の果物をふんだんに使ったヨーグルトシェイクや
フルーツサラダなどたくさんのヘルシーなメニューを楽しむことができ、
通りすがりの旅行者や近所の若者たちで毎日賑わっている。(Y)

ヨーコチャン・ヨーグルト情報
【営業時間】11:00~18:00(日曜休み)
【電話】08-9631-9060  https://www.facebook.com/Yokojung Yogurt/
【誌面地図】E-2




 



このページのトップへ

Artistic Lab アーティスティク・ラボ(363)

Filed under カフェ

 

IMG_3170.jpg

お茶と香りを愉しむカフェ

 スーパーハイウエイのカーオソーイ・ラムドゥアンの横にできた
サービスアパートThe KANNAS内のショップエリアに
新しいタイプのカフェがオープン。
香水担当のピンさん香水担当のピンさん

オーナーは服飾デザイナーでもあるミンさんと
化粧品科学を学んだピンさんの若き女性ふたり。
香水を中心としたオリジナルのコスメや、
タイハーブをブレンドしたお茶を販売するお店のコンセプトは、「アートと科学」。
白を基調としたミニマルな内装の店に入ると、
試験管などが並んでいてなんだか実験室のような不思議な雰囲気が・・・。
オリジナルブレンドのお茶は6種 小ポット40Bオリジナルブレンドのお茶は6種 小ポット40B

そんなカフェのオリジナルブレンドティーはウーロン茶と
貴重なコーヒーの花をブレンドした「ナコンピン」など、
全部で7種類。
気に入った茶葉をお土産にしても。
ミルクを入れると色が変わる。その日が占えます

また、色占いのチャートと共に提供される「フォーチュン・ドリンク」は、
自分で試験管にドリンクを調合し、
その色の変化でその日を占うというもので若者に大人気。
一緒に自家製のココナツパイや意外な美味しさのカオニャオマムアンのパイをどうぞ。
オリジナルのフレグランス

ショップのお薦めは女性用の香水「モーニングレイ」と男女兼用の「ソウル」。
他にもいろんな香りがあり、好みの香りを探す時間も楽しい。
ピンさん自ら生姜の花から抽出した精油など
天然のアロマオイルも気になる。
どれも4ヶ月から1年かけて熟成させた香りなのだとか。
オリジナルの香水作りやその香りでボディーソープなどを手作りする
ワークショップも随時開催されているので、
気軽に問い合わせてみて。
見た目もお洒落なタイの「ヤーモン」
他に、虫刺さされや頭痛など何にでも効く万能バーム(35B)は、
シンプルなアルミパッケージ入りで
乾燥させたジャスミンのつぼみがひとつ入れてあるのが乙女心をくすぐる。
ルームフレグランスを染み込ませて。
暮らしにちょっと香りを取り入れたい方は、
セラミック製の象のマスコットに
ルームフレグランスを数滴垂らしてみてはいかが。 (S)

Artistic Lab アーティスティク・ラボ情報
【営業時間】9:00 ~ 19:30 (水曜定休)
【電話】0-5321-8097
【誌面地図】G-1【HP】https://www.facebook.com/ArtisticLab.official/





 



このページのトップへ

ハリネズミ カフェ Harinezumi cafe(361)

Filed under カフェ

 

harinezumi 1人懐っこいカイトゥンくん

人に慣れたハリネズミの針は柔らかい

チェンマイにはゾウからトラ、ヘビ、ウサギまで
動物と触れ合える様々なスポットあるが、
今回ご紹介するのはハリネズミと触れ合える、
その名も「ハリネズミカフェ」だ。
harinezumi 3
harinezumi 5ハリネズミグッズも充実

このお店はシードンチャイ通りに面するカフェ激戦区にあり、
通りからはガラスケースの中でハリネズミ達が
のんびり遊んだり眠ったりしている姿が見える。
harinezumi 4目の前にハリネズミのショーケースが。


オーナーは日本の方で、
バンコクで飼育されたハリネズミを名古屋とチェンマイで取り扱っているそうだ。
 
店内にはハリネズミとハムスターがいて、
彼らと遊ぶも良し、ただ愛でるも良し、
買って連れ帰っても良しだという。
harinezumi 7ふわふわワッフル(129B)

遊びたい場合は飲み物付きで1人149バーツから。
(人数が増えるほどお得になる)
注文を済ませると、
分厚い手袋と一緒にハリネズミくんがお店の奥からお出ましだ。
そう、外から眺められるショーケースのハリネズミくんと、
一緒に遊べるハリネズミくんは分けられていて、
遊べるのは人に慣れるよう育てられた人懐っこい子たちなのだ。
harinezumi い1時間に1度餌やりのチャンス!
一緒に出てくる手袋は
ハリネズミに触れるのがちょっと怖いという人向けに用意されたもの。
というのも、人に慣れたハリネズミの針はなんと柔らかいのだ。
触れると手に沿ってやんわりと針がしなる。
harinezumi 6
店長のユーさん曰く、
「ハリネズミは大事に育ててあげると、
身を守る必要が無いと学び、
針が柔かくなってきます。
ただ、寂しがり屋なので毎日可愛がってあげないといけません」とのこと。
harinezumi 2

現在、販売用のハリネズミは飼育中で、
販売再開までしばらくかかるそう。
それまではお店でお世話の練習をしてみるのも良いかも。(Y)
harinezumi あ

ハリネズミ カフェ情報
【営業時間】9:00〜21:00(無休)
【電話】084-174-4898 
【誌面地図】E-5 https://goo.gl/maps/Z2MKtsTuK7R2
【FB】Harinezumi cafe






 



このページのトップへ