チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Mama‘s Kitchin(296)

Filed under インド料理

 

素敵なホテルでパキスタンの家庭料理を

オーナーのニナさんと息子さんオーナーのニナさんと息子さん

 マヒドン通りにあるパームスプリングスという住宅地に入ってすぐ右手に
小さなリゾートホテル「Thamna Hotel」がある。
そこで出されるインド料理が本格的で、しかも安いという評判を聞き行ってみた。
素敵なホテルの中にある素敵なホテルの中にある

 料理を作っているニナさんは、パキスタン人の男性と結婚し、
旦那さんの故郷で20年近くお義母さんと共にパキスタン料理を作ってきた。
お義母さんが亡くなった後、その味を受け継いだニナさんは、タイに戻ってレストランをオープン。
ニナさんによると、パキスタン料理はインド料理とそっくりで、やや濃いめの味付けなのだそうだ。
油をたっぷり使う料理だが、チェンマイの人の好みに合わせて油は少なめにしているとのこと。
Bhinde masala 90BBhinde masala 90B
日本人にお勧めのメニューは、オクラのカレー炒め「Bhindi masala」。家庭的なお惣菜だ。
チキンカレーは文句なしに美味しいが、
ぜひ味わって欲しいのは14日間熟成させたビーフを使ったビーフ・カレー。
Beef Korma 160BBeef Korma 160B
カレーといってもいろいろ種類があるが、迷ったら特製ヨーグルト入りのビーフカレー「Beef Korma」を。
食べる前にライムを絞り、スパイスやミントが爽やかでさっぱりとした味。
そして自慢のビーフはほろほろと崩れる柔らかさだ。
手作りのヤギのチーズ入りPalak Paneer 120B手作りのヤギのチーズ入りPalak Paneer 120B
カレーも好きな人は、ギー(バターオイル)たっぷりのヤギのチーズ入り「Palak Paneer」を。
ホウレン草を12時間煮込んで作った緑色のカレーで、満足度は満点。
これらのカレーは、ヨーグルトで発酵させた自家製ナンや黄色いサフランライスと一緒にどうぞ。
手作りヨーグルト手作りヨーグルト
ヨーグルトで発酵させるナンヨーグルトで発酵させるナン

最後は甘みを引き出したこだわりコーヒーで締めくくって。(S)
甘みのあるコーヒー
Mama‘s Kitchin情報
【営業時間】12:00~16:00、17:30~20:00(月曜休み)
【電話】08-8253-5568
【誌面地図】Eー4(パームスプリングスに入るときは身分証明書を預ける)



  

 



このページのトップへ

| ホーム |