チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Godam 古淡

Filed under 韓国料理

 

ハズレなしの韓国の味で満腹になる。
エビのチリソース(S) 330Bエビのチリソース(S) 330B
チャーンクラーン通りからピン川に沿ってハーンドン方面へと向かい、
マヒドン通りの下をくぐってしばらく行った右手にあるのがこの韓国料理店。
以前にも本欄でとり上げたことがあるが、
場所も店の雰囲気も変わり、メニューもさらに充実したので改めてご紹介したい。
揚げ魚の甘酢あんかけ(S) 290B揚げ魚の甘酢あんかけ(S) 290B

オーナーのジャンさんは、
約十年前、ランプーンの工業団地企業勤務のために来タイ。
5年ほど前、奥さんのキムさん(笑顔が素敵!)に任せるかたちで
チャーンクラーン通り沿いに最初の店を開いたが、
一昨年末に店も駐車場ももっと広いこの場所に移ってきた。
Godamという店名は韓国の「伝統的な味」という意味。
まだあまり知られていない
韓国の「ほんとうの味」を世界に広めたいという
オーナー夫妻の気持ちが込められている。
海鮮チヂミ 220B海鮮チヂミ 220B

韓国料理というとすぐ焼肉を連想してしまうが、
韓国には他にも美味しい家庭料理がたくさんある。
この店では、中国から伝わって韓国の家庭料理となったメニューが評判だ。
小ぶりの薄皮餃子 120B 小ぶりの薄皮餃子 120B 
小ぶりの薄皮水餃子は普通の餃子より日本人好みかも? 
イカやエビが入って、タマネギをたっぷり載せた
海鮮チャジャンミョン(韓国風ジャージャー麺)は韓国の国民食。
海鮮チャジャンミョン(S) 160B 海鮮チャジャンミョン(S) 160B
一度食べたら、癖になりそうな美味しさだ。
冷麺 200B冷麺 200B
さっぱり冷麺、エビチリ、海鮮チヂミ、甘酢あんかけ……とどれを注文してもハズレがない。
MSGを使ってないので、毎日食べても飽きないヘルシーな味だ。
清潔な店内は常連の韓国人やタイ人でいつも賑わう。
35名収容のパーティ会場、7名用個室もあり。
韓国人がチェンマイでいちばん美味しいというお店だ。   (B)

古淡情報
【営業時間】11:00~15:30、17:00~22:00(無休)
【電話】0-5328-2016、08-7189-1272
【誌面地図】B-7、www.facebook.com/TheGodam




 



このページのトップへ

Mapo Garden マポ・ガーデン 

Filed under 韓国料理

 

韓国人も病みつきになる「噂の焼肉」なのだ。
こちらはコチジャン・ブルコギ。こちらはコチジャン・ブルコギ。
ナイトバザールの裏側、
ポンピンタワー・ホテル前にある韓国料理レストラン。
本国人の間でも「ここの焼肉はウマイ!」と噂のお店だ。
キャベツと一緒にブルコギをどうぞ!キャベツと一緒にブルコギをどうぞ!

店名のマポとはソウルを流れる漢江北岸にある地区で、
昔は中国からの交易船が立ち寄ったところそうだ。

オーナー&調理人のリーさんは約20年間、
韓国料理を作ってきたベテラン・シェフ。
シェフのリーさんシェフのリーさん
ときどき旅行で訪れていたチェンマイが大好きになり、
銀行マンだったご主人のユーンさんを説得して
夫婦揃ってチェンマイに移住、
知り合いのタイ在住の友人とあちこちの市内候補地を100箇所以上も探し回り、
昨年4月、この場所に念願のレストランをオープンした。
1_20140326021512607.jpgご主人のユーンさん

オーナー夫妻が強調する店の方針は「清潔第一」、
そして食材、とくに肉のクオリティに徹底的にこだわること。
もちろん、料理人の腕前は評判通り、店内サービスも行き届いている。
真剣な表情で料理に取り組む。 真剣な表情で料理に取り組む。

普段は朗らかな笑顔を絶やさないリーさんだが、
いったん料理に取り掛かるとキリリとしたプロフェッショナルな仕事人の表情になる。
鮮やかな包丁さばきで肉、野菜を切り分け、
各種調味料(韓国味噌、コチジャン、ショウガ、韓国梅干、ゴマ油、刻みネギ、甘味料など)で
手際よく味付けしていく。
MSG類は一切使わず、自然の旨味を最大限に生かすようにしている。
サイドディッシュもひと味違う。サイドディッシュもひと味違う。
ハサミで切っていく。ハサミで切っていく。

 日本人に人気のメニューは、
漬け込み豚肉カルビ、プルコギ(ピリ辛のコチジャン味もあり)、
石焼ビビンバ、イカどんぶり、韓国風蒸し餃子など。
韓国風蒸し餃子を召し上がれ。  韓国風蒸し餃子を召し上がれ。
本誌持参の方には、チヂミ(小)をサービス! (B)     


チリ・ビレッジ情報
【営業時間】10:00~22:00(日曜 17:00~22:00)無休
【電話】08-0032-7370、08-2895-3492、
08-3863-7117(日本語OK)
【誌面地図】G-5




 



このページのトップへ

| ホーム |