チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

TTCM(Center of Thai traditional and Complementray Medicine (236号)

Filed under スパ・マッサージ

 

医師による診断。タイ語・英語。 築100年のチークの屋敷を活かした建物

 西洋医療とタイ伝統医療、中国伝統医療が連携した画期的なクリニックが旧市街にある。チェンマイ大学薬学部が運営し、大学病院の医師が診断してくれるので信頼できると評判になっている。
 まずは受付で血圧を計り、症状を伝える。英語も通じるが日本語で伝えたい人は通訳を同伴して診断を受ける方がいいだろう。初診の人は身分証明書を見せ、診察券を作る。そこで、西洋式、タイ式、中国式から、希望の医療を選んでもいいし、まずは西洋医療の先生に診てもらい適切な医療を薦めてもらうことも可能だ。

ハーブボールで体の芯までほっかほか。 月水金の午後は無料で僧侶の治療を行うため、その時間帯は女性患者は鍼の治療が受けられない。

 タイ式では、主にマッサージとハーブボールによる治療が行われる。ここのマッサージはスアンドーク病院の医師らが研究した型を取り入れたメディカル・マッサージだ。マッサージ師は「セン(エネルギーライン)」にそってゆっくりと手を動かしつつ、しっかり圧力を加えて血流を促す。治療用マッサージなので問題のある箇所は特に慎重に、かつ念入りにマッサージしてくれる。後半は蒸したハーブボールを使ったマッサージで、体の隅々までほかほかと温まる。途中、医師も来て痛みのある箇所を確認してくれる。「トークセン」という小槌を使った北タイの伝統マッサージもあるので、興味のある人は希望してみよう。また、マッサージの後にハーブサウナに入って、さらに血行をよくすることも可能だ。
 中国医療では鍼の治療を受けたり、漢方薬の処方をしてもらったりできる。築100年のまるでブティックホテルのような建物で、通いたくなるクリニックだ。(S)

TTCM情報
【営業時間】8:00~20:00(無休)
【電話】0-5394-9899
【地図】誌面地図D-4 
【住所】55 SamlarnRd,Phrasing
【値段】●西洋医療診察料250B
●タイ伝統医療マッサージ(ハーブボール込み)1.5時間400B/ハーブサウナ250B (20分前に予約)
●中国伝統医療 鍼350B。※お得な6回パッケージも。


 

(“TTCM(Center of Thai traditional and Complementray Medicine (236号)”の要約です。)

このページのトップへ

| ホーム |