FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Ama Vegan Kitchen アマー・ヴィーガン・キッチン

Filed under ベジタリアン

 

ハーブ・サラダ・ライス 95B
粋なヴィーガン料理に女性らしい優しさがある

この頃、チェンマイの街中のあちこちで
ヴィーガンのレストランをよく見かける。
ヴィーガンは完全で厳格なベジタリアン料理。
肉はもちろん、乳製品、卵、ハチミツなど
動物由来の食材は一切使わない。
とくに欧米人の間で熱心な愛好者が急増している。
豆腐炒め野菜添え 80B豆腐炒め野菜添え 80B

スーパーハイウェイ沿いのモダンなコンドミニアム、
Trams Square内にあるこのレストラン(アマーとは年配の女性の意味)は、
意識の高い欧米人の間で静かな評判になっている。
優しさが滲み出るトムおばさん優しさが滲み出るトムおばさん
ここのオーナーで料理人のヌンナパットさん(トムおばさん)は、
バンコクで健康食のケータリング、
さらにランパーンでオーガニック農業などを手がけた後、
チェンマイにやってきて2年ほど前にこのお店を開いた。
長ナスのトマトソース炒め 80B 予備写真長ナスのトマトソース炒め 80B

トムおばさんは瞑想を続けていた30代の中頃に
身体が一切肉を受け付けなくなり、
自然に菜食オンリーになった。
カボチャ・ディップのキュウリ 80Bカボチャ・ディップのキュウリ 80B

以来、ずっと健康そのもので、
まったく医者にかからない体質になったそうだ。
ヘルシーでクオリティの高いヴィーガン料理を
他の人たちにも食べてもらいたい……
そんな気持ちから始めたのがこのお店。
マッサマン・カレー 95B(ご飯は別)マッサマン・カレー 95B(ご飯は別)

ハーブなどの野菜はすべてオーガニック、
調味料や油も素材を吟味、厳選したものだ。
ニンニクや長ネギなどは刺激が強く、
瞑想の集中を妨げるので避ける。
もちろん化学調味料は使わずに、
キノコや大豆の粉で味の旨みを出している。
ハーブ・サラダ・ロールズ 80Bハーブ・サラダ・ロールズ 80B

かつて料理屋をやっていた母親から受け継いだ、
「大人の味」がする本当の家庭料理を提供するように心がけているという。
ていねいに美味しく作られたどの料理からも、
トムおばさんの優しい人柄が自然に伝わってくる。(B)     
ハーブ・サラダ・ライス 95Bハーブ・サラダ・ライス 95B
       


Ama Vegan Kitchen情報
【営業時間】9:00~20:00 基本的に無休(不定休)
【電話】08-1417-8882
【誌面地図】G-1


 


 



このページのトップへ

マンチース・カフェ MUNCHiES café(349)

Filed under カフェ

 

森の中の素敵なカフェ

木漏れ日にコーヒーの香りが漂うカフェ&ビラ

チェンマイ大学メーヒア農業学部キャンパスの裏側に、
木々の生い茂る静かなエリアにビラ&カフェがオープン。
小さな門をくぐると、ガラス張りのお洒落なカフェがまず目に入る。
この辺りの道は自転車愛好家のルートになっているため、
朝はサイクリングスーツ姿のお客さん達が立ち寄って
朝のコーヒーを味わっている。

お洒落なカフェスペース
中に入ると大きな窓から、広々とした庭の緑が目に入る。
これからの季節は外の木陰の席も気持ち良さそうだ。
デーツのケーキのキャラメルソースがけは秋の気分デーツのケーキのキャラメルソースがけは秋の気分
アイスラテ、アイスカプチーノ 各70Bアイスラテ、アイスカプチーノ 各70B
コーヒーはドーイサケットとメーホーンソーンで収穫される豆をブレンド。
ラテはたっぷりサイズで、シナモンロールやケーキ、
サンドイッチなど、ホームメイドベーカリーと良く合う。
緑いっぱいの敷地のプライベートな空間
まるで森のような敷地内には、カフェの他に5棟のビラが立っている。
一軒一軒が程よく離れているので、プライベートな空間はしっかり保たれている。
オーナーのテーンさんによれば、
お客さんにゆっくり寛いで欲しいからと、
7日以上の方のみのロングステイ向けになっている(1ヶ月借りると30%オフ)。
広々した間取りで寛げる
どの部屋の窓からも庭の木々を見渡すことができ、
自然の中でのんびりとリラックスできること間違いなし。
市内から少し離れているので、車やバイクなど足がある方が便利だが、
近所には農業キャンパスやドイカム寺、ラーチャプルック国立公園、
ナイトサファリなど、ちょっとそこまでのお散歩コースは選り取り見取りだ。
新築のキッチン付ビラが1日1100~1300B。新築のキッチン付ビラが1日1100~1300B。

すぐ近くのメーヒア市場で食材を買って、
室内のキッチンで料理を楽しむのもいいだろう。
とにかく自然の中でリラックスしたいという人にはぴったりカフェ&ビラだ。 (S)


マンチース・カフェ MUNCHiES café情報
【営業時間】9:00~18:00(日・月休み)
【電話】08-1764-3446、【連絡先】fb Munchies café
【場所】https://goo.gl/maps/8xdwshvhzxk





 



このページのトップへ

AZTIQUE (220号)

Filed under 雑貨

 

木の葉をイメージしたピアス 小花のブーケのピアスjpg
 真鍮に18金やシルバーがコーティングされたアスティックのアクセサリーは、いつもの装いにキラリと品のよいアクセントをプラスしてくれる。
 デザインは国内のジュエリーデザインコンテストで幾度も受賞しているオラワン・ソーイトーンさんによるもの。彼女のコンセプトは「自然」。シーズンごとに「蝶」や「木」などをテーマに、ネックレスやピアス、ブレスレット、リングなどを展開している。金属質の輝きなのに、優しくフェミニンな印象なのは、自然のディテールをモチーフにしたデザインだからこそ。値段設定も親切なので、気に入ったらトータルで揃えることも可能だ。

花のネックレスは人気商品 ユニークな髪飾り

 西洋人やタイ人に一番人気があるのは、「花」のシリーズ。中でも小花のブーケを幾重にも重ねたようなボリューム感のあるネックレスは、胸のあいたドレスワンピなど、ロマンチックな装いにぴったり。幸せなひと時を引き立ててくれるデザインで、シンプルなウェディングドレスにも似合う。そして、日本人に人気があるのは、「草の花」シリーズ。枝別れした細い線と先の丸い球とが草の花を現わした、シンプルで繊細な動きのあるデザインだ。日本の春や秋頃の装いにもあうし、北タイの伝統的な衣装にもあい、いろんな場面で活躍してくれそうだ。また、蝶の羽根が連なったようなネックレスも、幅広い世代に人気だとか。
 今なら、5000B以上お買い上げのお客様には、10%オフのサービスがある。日本語の話せるスタッフもいるので、安心して選ぼう。(S)

アスティック情報
【営業時間】10:00~20:00 日曜日は12:00~22:00
【電話】08-3637-8311
【場所】誌面地図 F-4(ラーチャダムヌ-ン・ビルディング2階)


 

(“AZTIQUE (220号)”の要約です。)

このページのトップへ

Thom Artisan Coffee

Filed under カフェ

 

自然いっぱいのカフェ 持ち帰り用のカフェ・ラテ(50B)
 おいしいコーヒーを探求し続けているタワッチャイ・ソーパナスック(通称トム)さんの淹れるコーヒーは人を魅了し続けている。2006年に移動式バンで本格的コーヒーを売り始め(本誌73号掲載)、その後リンピン・スーパー(Nim City)にカフェを設け、つい最近、「古い家の博物館」に3号店をオープンした。
 どの店も圧倒的な人気を集めているが、その秘訣はトムさんの気さくな人柄にもあるが、「職人のコーヒー」と店名につくように、豆や焙煎、淹れ方にこだわっていること。特にカフェラテやアイスモカなど店で使うコーヒー豆は「ピーベリー」と厳選している。一般のコーヒー豆(平豆)は対になっているが、ピーベリーは丸く1個だけで木になる。太陽が均一にあたり、味も香りも凝縮されるという。普通の豆の10%しか採れないが、店ではその豆を贅沢に使って香り良いコーヒーを淹れている。

手作りスコーン(65B)とFlat White(50B)a ケメックスで淹れるコーヒー。(4、5杯分 150B)
 そしてこの3号店のカフェでのみ味わえるのが、ゆっくり淹れるサイフォン・コーヒーとケメックスのコーヒー。豆はチェンマイ産のドライプロセス(通常は「水洗式」)したものを使用し、豆本来の味を楽しめる。酸味のあるフルーティーな味が好きな人にオススメだ。ちなみにケメックスとは、ドイツの化学者が考案したフラスコのような容器で、それにお湯を注ぎながらゆっくりコーヒーを淹れていくもの。渋味や脂肪分を適度に取り除くので洗礼された味になる。
 週末には手作りジャム&生クリームのスコーンがあるので、コーヒーと一緒に楽しみたい。(O)

トム・アーティザン・コーヒー情報
【営業時間】8:00~17:00(無休)
【電話】08-4041-5985
【場所】誌面地図 C-2(古い家の博物館内。運河沿い。チェンマイ大学アートセンター裏)


 

(“Thom Artisan Coffee”の要約です。)

このページのトップへ

ブアバーン

Filed under 雑貨

 

女性用シャツ 店
 自然あふれるチェンマイの空気がカジュアルな洋服になった……ブアバーンの洋服はそんな形容詞が似合う。ターペー通り、ターペー門近くにショップを出して10年になる。ナチュラルな風合いとアジアテイストが特徴だ。 デザインは日本人のデザイナーが手がけているそうで、日本でもおしゃれに着れる服ばかり。お客さんもほとんどが日本人だとか。
 たとえば、女性のブラウスはコットンや麻の生成りの布やガーゼ素材の布地などが使われ、肌触り抜群。形はふわっと包み込んでくれるようなチュニックや、タイの民族衣装に似た前合わせのデザインなど、全体的にエスニックなテイストを感じさせる。

象 暖簾
 パンツはタイパンツや少数民族のモン族のズボンのような、お尻周りがゆったりした個性的なデザインが多い。それらは藍染などの落ち着いた色の生地が用いられているので、なんともおしゃれ。風通しも良く、チェンマイでも日本でも、これからの季節大活躍しそうだ。
 種類豊富なTシャツは、藍染に手描きのろうけつ染めでボーダー模様や水玉模様が入っていたり、蓮や金魚、モン族の暮らしなどの模様が刺繍されていたりと、手作り感満点。男性ものも、長袖のシャツやTシャツなど、若者から年配の方まで幅広い年齢層に似合う飽きのこないものが多い。
最近の新作は藍染ののれん。手描きの龍や鯉、蓮の花など力作がそろっている。その他、手頃なマフラーやバック、帽子などの小物類も充実している。(S)

ブアバーン情報
【場所】誌面地図F-4
【営業時間】10:00-19:00(日曜休)
【電話】0-5320-6205


 

(“ブアバーン”の要約です。)

このページのトップへ

| ホーム |