FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Tha homemade ター・ホームメイド(391)

Filed under

 

DSC09178.jpgTシャツは500B~


草木染の青と黒が描く色と模様

ピン川にほど近いターペー通りにある
茶色い壁の商館に入った小さな洋服店を紹介しよう。
DSC09176.jpg

藍と黒檀で染めたコットンや大麻など、
自然素材のナチュラルな洋服が並んでいる。
特に目を引くのがバティックだ。
バティックとは蝋で布に柄を描いて染める技法で、
染残った蝋の部分が模様になる。
DSC09238.jpg
のびのびと描かれた線は、
藍と黒檀で染めてあり、
植物のエネルギーを表現しているかのよう。
DSC09214.jpgかっこいいパンツ700B
着こなし方では、
若い人から年配の方まで幅広い層にかっこよく着てもらえそうだ。
とても手の込んだものなのに、
1着1000B未満という良心的な価格だ。
DSC09202.jpg
女性オーナーのターさんは、
美大で学んでいた頃から、
家業であるバティックの仕事を手伝っていたという。
店に並ぶバティックの衣料品は
全てターさんのご両親の手描きの作品で、
染色はターさんが担っている。
2~5回染重ねる作業は、暑い日はなかなかの重労働なのだとか。
最近はターさんがデザインした絵を
父親が蝋で描くというコラボレーションもしているそうで、
スマイルマークやペイズリーなどのポップな絵柄がちらほら。
DSC09228.jpg

とにかく、店に並ぶ服やカバン、スカーフからは、
仲良しのターさんご家族のあたたかい雰囲気も伝わってくる。
青い小物もいろいろ気になる
DSC09212.jpgターさんの刺繍のコースター220B
 
洋服以外に、帆布の肩掛けカバンも大人気。
砂のように小さな石を繋いだブレスレットもターさんの手作りだ。
また、ターさんが店番をしながら刺している刺繍のコースターは、
柄がとてもユニーク! 
どれも藍や黒檀の色を意識したデザインなので、
トータルでコーディネートが楽しめそうだ。    (S)


Tha home made ター・ホームメイド情報
【営業時間】10:00~16:45(日曜定休、日曜歩行者天国に移動)
【電話】09-3 305-8211
【誌面地図】G-5





 



このページのトップへ

ネーン・ムー・オップ・オーン เหน่งหมูอบโอ่ง(398)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

焦げ目がついたら、向きを変える。
こんがりカリカリ三枚肉焼き豚の秘密


夕方、チェンマイ市民の台所、
ムアンマイ市場前の通りをブラブラしていたら、
4つの大きな甕(カメ)を並べた面白そうな屋台を見つけた。
常連のお客さんがたくさん。

「何を作っているのかな?」と甕の中を覗くと、
豚の三枚肉の塊が何本もぶら下がっている。
絶妙な具合にこんがり焼けて、見るからに旨そうだ。
ヌックさんは父親の仕事を毎日手伝う。ヌックさんは父親の仕事を毎日手伝う。

屋台のご主人、ネーンさんがこの焼き豚を作り始めてからもう十年ほどになる。
以前は空港近く、ハーンドン地区のワルン市場で売っていたが、
1年前からこの場所に移ってきた。
タイ料理メニューに欠かせないムー・クロープ(カリカリ豚肉)は、
普通は茹でてから油で揚げて作るが、
ここでは甕の底に炭火を置き、
蓋を閉めて蒸し焼きにしている。
タンドリー・チキンの豚肉版といったところか。
鶏肉も焼いている。予備写真
甕の縁に針金をかけて下味を付けた生の豚肉を吊るし、
ときどき裏返してじっくり2時間ほどかけて焼いていくと、
表面はカリカリだが、中の脂身は不思議と柔らかくジューシーな焼き豚ができる。
外はカリカリ、中はジューシーなのだ。外はカリカリ、中はジューシーなのだ。

お値段は1本で200バーツ程度。
100g=45バーツで量り売りもしてくれる。
豚肉だけでなく、数は少ないが鶏の丸焼き(1羽120~130バーツ)も作っている。
サクサクと音をたてて切っていく。

常連のお客さんが多く、業務用にまとめて大量に購入する人もいる。
毎日、平均して40kgぐらい売れるというから、その人気の程がわかる。
できるなら、まだ熱々のところをいただきたい。
もう最高のビールのツマミになるはずだ。     (B)   
このコンガリ感がたまりません!

ネーン・ムー・オップ・オーン情報
【営業時間】16:00~20:00
【誌面地図】G-3







 



このページのトップへ

コム・チョコレートハウス Khom Chocolate House(389)

Filed under カフェ

 

タイ産のチョコレート・ドリンクを味わう
Mexican HotSpicy 80B 手作りクッキー 10B

旧市街にあるチョコレート・ドリンクの専門店。
店を1人で切り盛りしているジューンさんは、
建築デザインの仕事をしながら、
大好きなチョコレートについて独学で学び、
1年かけてオリジナルレシピを準備した努力家だ。
オーナーのジューンさんオーナーのジューンさん

せっかくなのでタイ産チョコレートを味わってみよう。
まずは「タイ・シングル・オリジン」をお試しあれ。
自家製のプリン 50B自家製のプリン 50B


通常のチョコレートは様々な産地のチョコレートをブレンドして味を安定させるのだが、
シングル・オリジンは1つの産地のみを使用。
タイでは主に南部で生産され、
最近はチェンマイでも少しづつ収穫できるようになってきている。
ナッツからカカオバターまで。

取材した時には残念ながら
チェンマイ産チョコレートは品切れで、
変わりに南部のプラチュアップキーリーカン産を
ジューンさんお勧めの「Sipping Chocolate」で飲んでみた。
タイ産のチョコレートを味わうなら Sipping Chocolate 75Bタイ産のチョコレートを味わうなら Sipping Chocolate 75Bタイ産のチョコレートを味わうなら Sipping Chocolate 75B
ミルクを加えない濃厚な口当たりで、
トッピングされたカカオニッブスは
カリッと噛むとほんのりフルーティーな香りが口に広がり、
幸せな気分に包まれる。
ちなみにチョコレートに含まれるカカオポリフェノールには
血圧を下げるという嬉しい作用もあるのだとか。
ダーク、ミルク、ホワイトのセット。3SHOTS 90Bダーク、ミルク、ホワイトのセット。3SHOTS 90B

シングルオリジン以外のメニューには
ベルギー産チョコレートを使用している。
ダーク、ミルク、ホワイトの3種類を試せる欲張りな「3Shot」は飲み比べができて楽しい。
肌寒い日ならスパイスを効かせたメキシカンホット&スパイシーが温まる。
また、チョコレートからココアバターを抜いた
ココアベースのドリンクはタイ人女性に人気なのだとか。
テーブル席は3つと小さいので、
ゆっくり味わうなら平日の午前中がおすすめだ。         (S)
バンコクからわざわざ訪れるお客さんも


マイカップを持っていったら5Bオフ。
コム・チョコレートハウス Khom Chocolate House情報

【営業時間】10:30~18:00(水曜定休)
【連絡先】FB Khom Chocolate House - ขม ช็อกโกแลตเฮาส์  08-6924-4131



https://goo.gl/maps/Cc6oH8dGr8ynFJTh8


 



このページのトップへ

ルンガルン Run Ga Run(386)

Filed under

 

優しい気分になれる天然素材の服はいかが
1_20190510174920746.jpg
今回紹介するお店は
旧市街の南側、ウアラーイ通りの中ほど
ムーンサーン寺の牛の祠の向かい側にある、
草木染の優しい風合いの服屋さんだ。
きれいな色のバック
藍染めや北部タイで育つ
様々な植物で染められた生地は
コットンや大麻、リネンなどナチュラルな素材ばかり。
特に、商品の半分以上を占めるのが、
手つむぎのコットンの糸を使った手織りの布。
これらの布で仕立てた洋服には、
花や植物などの刺繍が施してあり、
1ヶ月にわずか10着しか出来ない手の込んだものだ。
花の帽子。モデルはオーナーのルンさん花の帽子。モデルはオーナーのルンさん
このブランドを立ち上げたのはルンさんという30代の女性。
バンコクでデザインを学び、
卒業後は10年以上バンコクで働いた後、
故郷であるチェンマイのメーアイ郡に伝わる草木染や
手織りの布を活かしたもの作りをすることを決心したという。
今では、北部タイの5つのグループ総勢50人と一緒に生産をしている。
農薬を使わない農業やハーブに囲まれた食をはじめ、
衣食住すべて自然にあるもので賄える村の環境は
なによりも価値があるのだとルンさんは語る。
子供たちが作る小物もかわいいアクセントに
ナチュラルな雰囲気のディスプレイ
お子さん用の帽子


花の刺繍で埋め尽くされたキュートな帽子は意外と年配の方に人気があり、
若い人にはシンプルな無地のシャツが人気だとか。
幅広い層が着られるので、親子での買い物も楽しいだろう。
ハーブティー横
森で採れるハチミツは藍染めの袋付き森で採れるハチミツは藍染めの袋付き

小さなカフェコーナーもあり、
種類豊富なハーブティーなどを飲んで、
じっくり選ぶのもいいかもしれない。
しかし、シャツはほとんどが1点ものだし、
帽子も1デザインにつき3つまでしか作らないので、
気に入ったらお早めに。          (S)     

ルンガルン Run Ga Run情報
【営業時間】9:00~18:00(日曜休)、バーン・カーンワット10:00~18:00(月曜休)
【電話】08-1422-2139, https://www.facebook.com/rungarunstore/
【誌面地図】D-5






 



このページのトップへ

ヤガソー iagazzo (383)

Filed under 雑貨

 

チェンマイのストリートな気分をファッションに
DSC09443.jpg

 個性的なショップが点在するムーンムアン通りソーイ6に
カジュアルな服や雑貨を扱う個性的なショップがオープン。
店yoko

メンズはゆったりしたTシャツやパーカーなどストリート系ファッションがメインで、
曼荼羅のような美しい模様をシルクスクリーンでプリントしてある。
これらをデザインしているのは、ストリート・アーティストでもあるバルセロナ出身のヤーゴーさん。
どこかアジアの雰囲気が漂う彼のデザインは幅広い層に人気がある。
曼荼羅のような模様が綺麗なパーカー

そしてこのブランドのもう1つの柱となるのが、
タイ人デザイナーのオーイさんがプロデュースする女性向けの服や雑貨だ。
手刺繍のブラウス。500B程度~手刺繍のブラウス。500B程度~

ビンテージファッションが好きという彼女の服は、
セカンドハンドのブラウスやスカートに手刺繍をたっぷり差し込んだ手の込んだもの。
図柄はすべて彼女が直接生地に描くため、
完全な1点ものだ。素材はレーヨンやシルクが中心だから、
軽くてさらっとした肌触りで暑い季節にも重宝しそう。
ポップでカラフルな花やユニークなアニマル柄の刺繍は、
楽しさに溢れている。
450B~と驚くほど手頃なお値段も嬉しい。
気に入ったら試着してみよう。
ユニークな雑貨いろいろ
ナチュラル素材のシューズも素敵
ki-horuda-.jpg
その他、手作りのキーホルダーや猫のブックマーク、
小さなオカリナ・ペンダント、ビーズのバッチなど、
キュートなオリジナル雑貨が並ぶ。
また、オーイさんの友人による麻の糸で編んだカバンやポーチ、
スリッポンやシューズ、陶器など、ここだけでしか手に入らない雑貨も多種揃っている。
チェンマイのストリートアート作品も紹介チェンマイのストリートアート作品も紹介
旧市街の路地の中、チェンマイのストリートな気分満載のお店で
お気に入りを見つけてみてはいかが。(S)

ヤガソー iagazzo情報
【営業時間】10:00~19:00(無休)
【電話】06-1231-0186(英語、スペイン語)






 



このページのトップへ

Have-A-Hug Fusion Farm ハブアハグ・フュージョン・ファーム(381)

Filed under カフェ

 

手作りカップで愉しむセラミック工房のあるカフェ
image3.jpg

メージョー大学の近くにセラミック工房とカフェ&レストランが一緒になったユニークなお店がある。
10年前、陶芸家のプーさんが自宅にセラミック工房を作り、
庭に置くオブジェや陶人形、コーヒーカップなどを制作していたという。
セラミック工房も自由に見学できるセラミック工房も自由に見学できる
広い敷地と小さな田んぼが隣接した居心地の良い場所を活かして、
カフェとレストランをしたいという友人が集まり、
お店は少しずつ拡大していったのだそう。
image1.jpg

カフェメニューではココナッツの風味たっぷりのケーキ・マプラーオが人気。
ホットコーヒーを注文すると、
ソーサーに小鳥があしらわれた可愛いオリジナルのカップ&ソーサーでサーブされる。
素朴なたたずまいが気に入ったら、奥の工房で買うこともできる。
ココナッツケーキと紅茶
DSC06979.jpg
レストランメニューはスパゲティーやカオパット(焼き飯)など、
気軽に食べられる一皿ものがメイン。
スパゲティー・パットキーマオ・タレー
辛いのが好きな人はスパゲティー・パットキーマオ・タレーがお勧め。
シーフードを生コショウやタイ・ハーブで炒めたパンチの効いたスパゲティーだ。
その他、ステーキやピザなどの洋食も人気。
オーナーのプーさんオーナーのプーさん

幼児教育に関心の高いプーさん。
カフェの裏にある小さな田んぼは親子で田植え体験ができるようにと守り続けているのだとか。
また、親子で参加できる陶芸ワークショップも開催しているそうなので、
興味のある人は問い合わせてみて。
ユニークな陶人形

Have-A-Hug Fusion Farm แฮฟอะฮัก ฟิวชั่นฟาร์ม情報
【営業時間】9:00~18:00(不定休)
【電話】06-1615-8828
【fb】Have A Hug Fusion Farm Chiang Mai




 



このページのトップへ

Obchoei Original Homemade オブチューイ・オリジナル・ホームメイド(378)

Filed under カフェ

 

バナナ・チョコレートチップ・ブレッド(75B) (1)バナナ・チョコレートチップ・ブレッド(75B)

手作りのケーキと天然酵母のパン

いろいろな手作りアーティストが集まるコミュニティー・スペース、
「バーン・カーン・ワット」に、新しくベーカリー&カフェがオープンした。
IMG_4217.jpg

オーナーはルーイ県出身のオリーブさんとターさんで、
ルーイ県で手作りのアイスクリームを売っていたという。
1年前からはバーン・カーン・ワットの日曜マーケットに屋台を出していて、
つい最近敷地内に店をかまえた。
オリーブさん(右) とパートナーのターさん (1)オリーブさん(右) とパートナーのターさん

「友達や親せきの家で食べるようなケーキやパンを出したい」というオリーブさんは、
ホームメイドにこだわり、着色料や香料を使わず、
1つ1つ丁寧に手作りしている。
そのため、パンはパイナップルの天然酵母で発酵させ、
なんと手でこねているとか! 
大量生産ではなく、家庭で出すように、
自分が作れるだけの量を提供したいというが、
日替わりでクロワッサンやシナモンロール、ケーキ、ブラウニーなどが6、7種類は並ぶ。
天然酵母のクロワッサン(40B) (2)天然酵母のクロワッサン(40B)

タイの素材を使ったベーカリーが中心で、
旬によって果物は変わるが、
定番人気なのが、バナナをキャラメルとからめた「バナナ・キャラメルケーキ」と「キャロットケーキ」。
バナナの甘味とキャラメルの香りの組み合わせが絶妙だ。
また、天然酵母を使った「バナナ・チョコレートチップ・ブレッド」はしっとりしていて、
バナナの自然の甘味が際立っている。
どれも一口食べれば、オリーブさんの愛情と真心を感じるだろう。
バナナ・キャラメルケーキ(55B)バナナ・キャラメルケーキ(55B)
予備(ローズマリー全粒粉クッキー(130B)ローズマリー全粒粉クッキー(130B)
Obchoei Original Homemade オブチューイ・オリジナル・ホームメイド情報
【営業時間】10:00~18:00(月曜休み)
【電話】08-0323-2577
【FB】G-2Obchoei Original Homemade





 



このページのトップへ

Early Owls アーリー・アウルズ(376)

Filed under カフェ

 

都会のオアシスにあるカフェ
That Watermelon Cake 150B (1)That Watermelon Cake 150B


 ラーチャパット大学界隈は賑やかだが、
その一角に市内とは思えない静かな場所がある。
木々が生い茂り、なんと小川まで流れているところだ。
IMG_3054.jpg

そこについ最近、カフェがオープンした。
木造家屋を改装した心地よい店で、寛ぎながら食事やお茶をすることができる。
オーナーは高校時代から友人というジューンさんとジーンさんだ。
ジーンさん(左)とジューンさんジーンさん(左)とジューンさん

 メニューは洋食、ケーキ、コーヒーなど。
健康と環境にやさしくをモットーに、素材にはなるべく安全なものを使うようにしている。
例えば、ハルーミ・チーズサラダは、
メージョーのファームで手作りされるチーズと、
ジーンさんのお父さんのオーガニックファームでとれた野菜を使用。
弾力のあるチーズとシャキシャキした新鮮なサラダ菜にバルサミコ酢がかけてあり、
さっぱり、でもボリュームたっぷりの一品になっている。
ハルーミ・チーズ・サラダ 240B (1)ハルーミ・チーズ・サラダ 240B

パニーニのパンは友人が焼くお手製のもの。
外はパリッと中はもっちりしていて、具をはさむのにぴったりだ。
具は、ビーフ、ツナ、スモークハム、ビーガンの4種類から選べる。
ツナがたっぷり入ったBrainy Panini 150B

また、早起きの人は、ブレックファースト・メニューを楽しむこともできる(11:00まで)。
ベーコンや卵、チーズが入ったブリトーやヨーグルトボール、
バナナ・パンケーキ&エッグベネディクトなどがあり、
朝からしっかり食べたい人におすすめだ。

店はエコフレンドリーのため、
使い捨てのものは極力使わず、
持ち帰り用にはリサイクルできるプラスチックや紙のコップ、
容器を用意(+10B)している。
持ち帰る場合は、マイボトル、マイタッパーを持っていこう。(O)
クリームブリュレ風味のコーヒー、Happy Owls 90Bクリームブリュレ風味のコーヒー、Happy Owls 90B


Early Owls アーリー・アウルズ情報
【営業時間】8:00~17:00(水曜定休)※無休から定休日が水曜日になりました。
【電話】09-5224-6590
【誌面地図】G-2 www.facebook.com/earlyowls






 



このページのトップへ

ムアック Muak(374)

Filed under 未分類

 

チェンマイの街歩きが楽しくなる帽子
096097Nimmanhaemin Muak_

雨季が明け、抜けるような青空が心地よいチェンマイだが、
涼しくても紫外線は想像以上に強く、
帽子はおでかけ時の必須アイテムだ。
そんなチェンマイで自分に似合う帽子を見つけたい人にお勧めなのが、
ニマーンヘーミン通りのソイ1やワンニマーンにある帽子の専門店「ムアック」。
096097Nimmanhaemin Muak_1

店内には女性用と男性用、そして子供用まで、いろんな種類の帽子が並んでいる。
やわらかな質感の帽子が多く、型崩れを気にせずにたたんでバックに入れられるのでとっても便利。
特に、ナチュラルな風合いと上品さ、
紙素材ならでは通気性の良さを兼ね備えた「ペーパーブレード・ハット」と呼ばれる帽子が人気だ。
096097Nimmanhaemin Muak_3

試しにかぶってみていると、
「手でくしゅっと形を崩すとかわいいですよ」と教えてくれたのが、
デザイナー兼オーナーの浅野恵美さん。
ご主人の諭史さんと一緒に、チェンマイに根を下ろし帽子作りに取り組んで7年になるそうだ。
096097Nimmanhaemin Muak_4

 帽子以外にも、リゾート感があってリラックスできそうな洋服や籠バッグも要チェック。
その他、手織りの布のバッグなど、
織物もできる縫製スタッフのスキルを生かしたという独自のもの作りも目が離せない。
096097Nimmanhaemin Muak_6 (2)1
バンコクではすでに伊勢丹やパラゴンを始め、
7店舗を展開中で、高島屋店も11月10日より新たにオープンする。
バンコクのおしゃれっ子にも大人気で、
チェンマイに旅行で訪れた際にも、わざわざ店を訪れるファンも多いのだとか。
お洒落なのはもちろん、心地よく長く使える帽子だから、
チェンマイでも日本でも、場所を選ばず活躍してくれそうだ。(S)


ムアック Muak情報
【営業時間】one nimman店9:00~22:00、Soi1店11:00~19:00(無休)
【電話】08-0851-4521
【誌面地図】L-2




 



このページのトップへ

カノムタイ・ナーイヌアット ขนมไทยนายหนวด(373)

Filed under 未分類

 

たくさんの中から選ぶのも楽しい

毎日できたて! タイの若者が作る伝統菓子

チェンマイ大学美術館から空軍基地へ繋がる旧道に、
一見カフェかと見紛うようなおしゃれなタイ菓子のお店がオープンした。
アネークさんとソイさんアネークさん(左)とソイさん

幼い頃からタイ菓子店を営む両親を手伝って育ったというアネークさんは、
毎朝4時に起き、お菓子作りの準備を始める。
最初の行程はココナッツミルクの買い出しだ。
この鮮度がお菓子のキモになるため、その日に使う分を毎日仕入れに行く。
仕上がりを細かくチェック仕上がりを細かくチェック
店の奥にはご両親から受け継いだという大きなオーブンが鎮座する工房があり、
ここで手を休めることなくお菓子が作られる。
鍋のココナッツミルクがクリームになる瞬間を見逃さないよう混ぜ続け、
モーケンの焼け具合を細かくチェックし、
約15種類のお菓子が店頭に並び切るのは10時ごろ。
ガラスケースに素朴で華やかなお菓子がズラリと並ぶ。
素朴で可愛いお菓子がいっぱい素朴で可愛いお菓子がいっぱい
お客さんのピークは朝7~8時ごろで、
出勤途中の女性を中心にいろんな人が
その日のおやつや朝食用にと買いにくる。
店頭を預かるのはパートナーのソイさん。
順次出来上がるお菓子を手際よく切り分けてその場で詰めてくれる。
一番手前がカノム・ピアックプーン一番手前がカノム・ピアックプーン
特に売れ筋なのはカノム・ピアックプーン。
真っ黒な色はココナッツの殻の繊維を焼いた炭の色。
もっちりした食感と炭の香りの珍しい伝統菓子だ。
焼きたて熱々のカノム・モーケン焼きたて熱々のカノム・モーケン

 「タイのお菓子はひたすら甘い」というイメージをお持ちの方も多いかもしれないが、
ココナッツシュガーをはじめ、
豆や芋の甘みはとてもまろやか。
自然の恵みたっぷりの体に優しいおやつともいえる。
タイの若者が作るお菓子は1パック20~35B。
見た目も可愛らしく、ちょっとした手土産にもちょうどいいかもしれない。  (Y)  

カノムタイ・ナーイヌアット情報
【営業時間】7:00〜19:00(第2・4月曜日休み)
【電話】09-0673-4810
【誌面地図】B-2 FB: kanomnainuad https://binged.it/2yy3vWx









 



このページのトップへ