チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ジャパン・ビレッジ Japan Village(352)

Filed under 和食

 

カツ丼がウマイ! 飲み物付 ●●B カツ丼がウマイ! 飲み物付
オシャレな「日本」を食べて飲んで、お得な気分!
 ニマーンヘーミン通りのソーイ15を入っていくと
右手に洒落た門構えのモダンな建物が見えてくる。
昨年の暮れにオープンしたこのユニークなスペースは、
普通のお店とはちょっと様子が違っている。
夜はとびきりオシャレな雰囲気に。夜はとびきりオシャレな雰囲気に。
ここは、これからタイに進出しようという日本企業のサポートをする
テストマーケティングのためのスポット。
一般的に、いきなりタイで商品を販売したり、
店舗をオープンするのはリスクが高い。
そこで、まずはこの場所で実際に試して顧客の反応を見てから、
その後の事業展開を決めるという画期的なアイデアだ。
受付スタッフの応対も日本的です。受付スタッフの応対も日本的です。
具体的には、日本商材のアンテナショップのV-BOX(アンケートに答えると70%割引)、
飲食関係のV-BISTRO 、美容関係のV-BEAUTY(332号で紹介)、
社交場のV-VAR(話題のミクソロジーバー)の4つのカテゴリーがある。
その中で在住日本人が注目したいのは、やっぱりV-BISTROだろう。
牛サーロインたたきセット(2人用) 799B牛サーロインたたきセット(2人用) 799B
和風醤油つけ麺  和風醤油つけ麺
つけ麺の「はな」、丼ものの「器」、
抹茶菓子の「利休」、大福の「大福屋」の4店が入っている。
どのメニューも日本人がしっかりチェックした日本レベルの味覚が楽しめる。
とくにランチタイム(11:00~14:00)はつけ麺、丼もの、大福セット、
抹茶ティラミスなどが99Bと大サービス! 
抹茶ティラミス 抹茶ティラミス 
イチゴ大福もあるよ。イチゴ大福もあるよ。
また、期間限定メニューとして、
3種類のソースで野菜を巻いて食べる牛サーロインたたきセット(799B)、
黒豚しゃぶセット(699B)もプロモーション中だ。
なお、本誌10ページのチケットを提示すれば20%割引だから、ちょっとお得すぎるかも? (B)  
アンケートに答えれば1箱15B!アンケートに答えれば1箱15B!
ジャパン・ビレッジ情報
【営業時間】】V-BISTRO11:00~24:00
V-BOX   11:00~21:00(月曜休み)
【誌面地図】ニマーン地図L-5 https://goo.gl/maps/eC88ccXaL212
FB: japanvillage2015


      



 



このページのトップへ

スイート・トリーツ Sweet Treats

Filed under カフェ

 

sweet treats4
一杯ずつお湯を沸かす「急がなくていい」コーヒー。

 チャーンプアック門からお堀の内側を東へ5分ほど歩いたところに静かに佇む
「スイート・トリーツ」は、高床式の民家の床下空間に作られた、隠れ家のようなカフェだ。
sweet treat omake
 天井が高く開放感のある多くのチェンマイのカフェとは対照的に、
低い天井に小さな造りのこの部屋はまるで秘密基地のよう。
 イラストレーターとしても活躍するオーナーのバードさんは
「子どもと一緒にいることのできる仕事をしたい」と、
床下の空間を改築してこのカフェを立ち上げたのだそうだ。
sweet treats 1 2

小さなお子様でも楽しめるような絵本やおもちゃもたくさん置かれている。
sweet treats 6

 質の良いバターや無漂白のきび砂糖など、
その時々で手に入る安心な素材で作られる
ほど良い甘さのケーキはお子様でも安心して食べることができる。
sweet treats 5

また、一杯ずつお湯を沸かして淹れるハンドドリップのコーヒーには
「急がずゆっくり行こう」というバードさんのメッセージが込められている。
少し酸味のあるすっきりした味わいの一杯だ。
sweet treats 2
 バードさん一番のおすすめメニューはゼリーコーヒー(70バーツ)。
コーヒーゼリーの上に新鮮な牛乳が注がれており、
ストローでかき混ぜてから飲むと
ツルツルと柔らかい食感がコーヒーの香りとともに喉を流れていく。
sweet treats 3

 また、裏には日当たりの良い庭が広がっている。
ここも「子どもたちが安心して遊べるように」と造られた空間だ。
児童公園のような遊具は、資材を運び入れこの庭で組み立てられたのだそう。
ゆっくりとコーヒーを飲んだ後は、
日の当たる庭でのんびり過ごしてみてはいかが?
スイート・トリーツ情報
【営業時間】10:30〜18:00(月曜休み)
【電話】083-206-7712
【誌面地図】F−3






 



このページのトップへ

バーン・タックトー Bantaktor 350

Filed under 雑貨

 

どのこもかわいくて迷います

手作りの温もりのある人形を選びたい

3人の王様像広場の近くに、
なんとも可愛らしい人形のお店
「バーン・タックトー(バーンは編む、タックトーは編む)」がある。
PA244870.jpg

日本では編みぐるみという毛糸で編んだ人形が人気だが、
こちらの人形はタイ産のコットンの糸で編まれている。
大きな頭に大きな目の人形は、タックちゃん、トーちゃん、モゾ君の3種類。
小さめに使う

そして、それぞれの人形に服と帽子、鞄、靴を選べるところがとても楽しい。
カラフルな服はフリルいっぱいのドレスあり、ニットとジーンズありと、
いろんな種類があって迷ってしまうほど。
帽子、鞄、服、靴、全部で580B帽子、鞄、服、靴、全部で580B

これらの人形は、パヤオ県のチェンカム郡出身のオーナーのオイさんで、
地元の農村の女性グループに発注をしている。
人形作りに携わる女性は、約50名。
それぞれが農作業の合間に作ったものを買い取るというシステムで、
村人にとって大切な副収入になっているのだそう。
こんなに大きな人形もこんなに大きな人形も
人形以外にも、鍵編みのブックカバーがついたノートやコースター、
がま口のお財布やバック、キーホルダー、帽子など、
つい欲しくなる雑貨もいろいろある。
ブックカバー 180B,250B
編みぐるみのキーホルダーも 180B~

どれも、一目一目、丁寧に編まれていて、
側にあるだけでほっと温もりを感じるデザインだ。
また、ゆったりサイズで着心地の良さそうなコットンの服や、
陶器の急須と湯のみのセットなど、大人向けのハンドメイドの商品もある。
ゆったり着れる服や編んで作ったバックも
小さな娘さんや姪っ子、お孫さんにプレゼントを探している人にも、
自分のためのお気に入りを探している人にもお勧めだ。             (S)

バーン・タックトー情報
【営業時間】9:30~18:00(基本的に無休)
【連絡先】FB BantaktorCiangkum
【誌面地図】H-4





 



このページのトップへ

Thai Tribal Crafts Fair Trade タイ・トライバル・クラフツ・フェアトレード(348)

Filed under 未分類

 

P9214525.jpg

機織体験で豊かな時間を

イギリス大使館近くのバムルンラート通り沿いに、
カラフルなハンモックがぶら下がったお店がある。
そこは北タイ各地の山岳民族の支援を目的とした、
ハンディークラフトを販売するショップで、
モン、カレン、ラフ、リス、ヤオ、アカ、ラワの7民族の手工芸品が並んでいる。
IMG_8028.jpgP9214554.jpg


238号でも一度紹介しているが、
最近新たに山岳民族の座織りの織物教室を開催しているというので行ってみた。
P9214515.jpg
教室は、ちょっと古びたなかなか渋い佇まいの建物の3階。
教えてくれる先生はラワ族の女性のトゥイさんだ。
ワンツーマンで、必要なら通訳(英語、日本語)も頼める。
カレンやラワ族の伝統的な座織りスタイルは、床に座って脚を伸ばし、
腰帯で経糸を張りながら織っていく。
穏やかな雰囲気の中、ひたすら機織の動作に向き合うのは、とても贅沢な時間。
P9214547.jpg
定員は1人から3人まで。家族3人で体験する人もいる。
織れる長さは人によってまちまちだが、織れた分は持って帰ることができる。
3時間じゃ足りないという人は、午前、午後の6時間コースも選べる。
あるオーストラリアからのお客さんは、すっかり気に入ってしまって、
座織りセットを一式購入して、帰国後も織り続けているのだとか。
この織機の良いところは、壁から外してくるくるっと巻けば小さくまとまるところ。
どこにでも持っていくことができて便利だ。
P9214520.jpgこんな柄織りは上級者
 「機織の体験を通して、森に住む人々の文化や、
手で作ることの大切さを知ってもらえたら嬉しいです」とは、
日系アメリカ人のボランティア、ジョイスさん。
12月までは彼女が滞在しているので、
言葉に不安のある人も気楽にチャレンジできるよい機会。ぜひお試しあれ。  (S)

タイ・トライバル・クラフツ・フェアトレード情報
【営業時間】9:00~17:00(日曜休み)。機織教室は火・木9:00~12:00、13:00~16:00(要予約。火・木以外の曜日を希望の方は相談可。予約の時に、草木染の糸か科学染料の糸かを指定できる)
【予約・連絡先】 experience@ttcrafts.co.th、電話0-5324-1043
【値段】3時間1人1200B、午前午後の6時間なら1人2200B
【誌面地図】H-4 https://goo.gl/maps/FJ4mN33PZrB2







 



このページのトップへ

Rada Room ラダールーム

Filed under

 

エリシルクで自分だけの機織り体験を!
風合いのよい糸で織り上げる
自然布の魅力に溢れたチェンマイ。
一度くらい自分で布を織ってみたいという人にお勧めのショップができた。
JJマーケット内にあるシンプルな店内には、
織り機や色彩豊かな糸がずらりと並んでいる。
織り機の購入も相談可能
P2142212.jpg
ここで扱っているエリシルクとは
野生種のエリ蚕(野蚕とかワイルドシルクとも)から採れる繭のこと。
光沢はあるものの、一見コットンのようなカジュアルな風合い。
繊維自体にたくさんの穴が開いているため、
軽くて保湿性に富み、
UVカット率がコットンより高いといわれる。
この繭から糸を紡ぎだす
草木染でも非常に良く染まり、
自然の美しいカラーが楽しめる他、
洗濯機でも洗えて日常的に使えるという嬉しい特徴がある。
どの色の糸にするか悩む
北タイでは森の中の野生種しか知られていなかった
エリシルクの養蚕を手掛けたのが、
オーナーのラダさんだ。
オーナーのラダさん
前の職場を退職し、
自ら3年間試行錯誤を重ねてエリシルクの養蚕に成功。
現在はチェンマイやチェンラーイの村で養蚕を発注し、
自らはその魅力を伝えるため、
販売や広報に力を注いでいる。
素敵な模様織りも習える素敵な模様織りも習える

エリシルクの魅力は実際に手に取ってみなければ分からない。
ショップにはすでに織られたショールやエリシルクの生地の服やカバンが販売されている。
静かに集中する時間
機織り体験では自分で好きな色の糸を選び、
首巻やショールを制作することができる。
コースターならわずか1時間。
150㎝の首巻は2時間(900B)程度で織り上がるとのこと。
4歳の子どもからお年寄りまで、
どんなに不器用な人でもできるというのが嬉しい。
希望者には複雑な模様織りも教えてもらえる。
貴重なエリシルクの糸で自分だけの作品を織り上げてみてはいかが。(S)
DSC08142.jpg
Rada Room情報
【営業時間】10:00~18:00(月曜休み)
【電話】08-9802-9346
【誌面地図】H-2






 



このページのトップへ

AS Café アズ・カフェ(329)

Filed under カフェ

 

似顔絵パンケーキ 120B似顔絵パンケーキ 120B

自分の顔をパクリ、似顔絵パンケーキ

チェンマイにはいろいろなスタイルのカフェがあるが、
テクノロジーと食を融合させたカフェがオープンした。
フードプリンターを使って、パンケーキに似顔絵を描いてくれる店だ。
オーナーのギックさんとジョーさんはバンコクで3Dのモデル(人形)を作る会社に勤めていたが、
ギックさんの出身地のチェンマイに戻り、
まだタイでは珍しい似顔絵のパンケーキを作ることにした。
ギックさん(左)とジョーさんギックさん(左)とジョーさん
生地が入ったボトルをプリンターに取り付けると、
データ化した写真をもとにプリンターが線を描いていく。
その後は人の技が必要で、ホットプレートの熱を利用して濃淡をつけるのだ。
影が濃いところから生地をのせていき、
ハイライトは最後というように考えながら手際よく描く。
焼き具合を見ながら生地をのせていく。
焼いている時は仕上がりがわからないが、
生地をひっくり返すと見事、本人そっくりのパンケーキができていて、
周りからわーっと歓声が上がる。
味のほうも薄目の生地だが、ふわふわでおいしいと好評だ。
トッピングはいろいろと選べる。トッピングはいろいろと選べる。

(予備)もしやこの人は…

その場で写真を撮ってもらってもいいが、
自分の顔を食べるのはちょっと……という人は、
季節で変わる店オリジナルの絵をお願いしよう。
パンケーキには好みでマンゴーやイチゴ、
アイスクリームなどトッピングを追加することができる。
水出しコーヒー 130Bと3D人形 3800B~水出しコーヒー 130Bと3D人形 3800B~
(予備)オレンジソーダ 40Bオレンジソーダ 40B

飲み物はすっきり爽やかなオレンジや青リンゴソーダの他、
チェンマイの豆を使った水出しコーヒーなどがある。
コーヒーはボトル入りで、冷蔵庫で3カ月保存できるのでお土産にも最適だとか。
また、キーホルダーや3D人形も注文できるので(1週間)、
何かの記念に作りたい人におススメだ。 (O)
3Dキーホルダー 1500B3Dキーホルダー 1500B
(予備)3D人形 3800B~3D人形 3800B~
AS Café情報
【営業時間】11:00~20:30(土日10:00からオープン)無休
【電話】09-4969-1115 【FB】ascafe.chiangmai
【誌面地図】E-1(MAYA3階)






 



このページのトップへ

All about Coffee オールアバウトコーヒー(327号)

Filed under カフェ

 

パーイの有名カフェがチェンマイにやってきた!
大きな窓の緑の光がきれい

クールシーズンの観光地として有名なパーイで
16年間営業していた人気カフェがチェンマイに移転。
オーナーは、旦那さんのエムさんはアーティスト、奥さんのワットさんは文筆家。
多才なご夫妻が、なんと1年もかけて作り上げたというお店の建物は、
木造で風通しが良い。
PA201060.jpg
忙しいパーイを離れ、チェンマイにはリラックスしに来たというお2人。
奥の座敷の席の窓からはステープ山が見え、小鳥のさえずりが聞こえる。
壁には旦那さんの絵画作品が並び、小さなギャラリーになっている。
部屋に飾りたいエムさんの絵部屋に飾りたいエムさんの絵

パーイ時代からの人気メニュー「バノフィーパイ」は
訪れるほとんどのお客さんが注文するという。
バノフィー 70Bバノフィー 70B
長時間煮つめたコクのある練乳クリームとバナナの香りがなんともいえない美味しさ。
また2人が作るパンのメニューも見逃せない。
チキンピタサンド&サマーサラダ 125Bチキンピタサンド&サマーサラダ 125B
ホールウィートや炭入りのトーストのサンドイッチや、
グリルチキンのピタブレッドにマンゴーのサラダのセットは盛り付けも鮮やか。
スコーンもいろいろな種類がある。
焙じ茶入りのスコーンには小豆と生クリームのジャムがセット。
ほうじ茶のスコーンは小豆クリーム付き 80B~ほうじ茶のスコーンは小豆クリーム付き 80B~
ハムのスコーン(予備)ハムのスコーン
これらのメニューはご夫婦がオーダーごとに1品ずつ作るので
少し時間がかかることもあるが、どれも作り立ての美味しさが味わえる。
手作りのコーヒーフィルター手作りのコーヒーフィルター

 カウンター付近には、ワットさんが作た布製の小物や、
エムさんのイラストがキュートなノートなどのオリジナル雑貨がずらり。
心地よくて美味しくて楽しい、通いたくなるカフェだ。(S)

All about Coffee 情報
【営業時間】8:00~17:00(不定休)
【電話】08-8253-6615
【FB】AiiaboutCaffee Pai



 



このページのトップへ

バイ・ハンド・カフェ By Hand Café(325)

Filed under 洋食レストラン

 

薪の直火で焼いた石窯ピザは香ばしさが違う。
このこんがりした感じがたまりません。このこんがりした感じがたまりません。
ゲストハウスがひしめくソンペット市場裏手のエリア、
ワット・ラームチャーン前にピザ焼きの石窯が目立つ店を発見。
実際にピザを焼いているところを見ていたら、
香ばしい匂いに誘われるままに立ち寄ってみたくなった。
このお店のオーナー、オランダ人のエリックさんは
チェンマイでまずベーカリーを始めてみたものの、
商売的にうまくいかずに撤退、
約3年前にこのピザ専門カフェ(ピツェリア)をオープンした。
リラックスしてピザを楽しめる雰囲気が受けている。リラックスしてピザを楽しめる雰囲気が受けている。
店頭の立派な石窯は、インターネットなどで情報を収集して自ら作ったもの。
焼き時間は6分間ほどで、
一度に4枚のピザを焼くことができるという。
石窯の上に鎮座する1対の狛犬は、ピザの焼き加減を神妙に見守っているかのようだ。
石窯はオーナー自ら作ったとか。石窯はオーナー自ら作ったとか。
ときどき焼き具合を確かめる。ときどき焼き具合を確かめる。

ここのピザの特徴は、ガスや炭ではなく、
薪(ラムヤイの木)の直火で焼き上げている点だ。
そうすることによって、スモーク効果でより香ばしい味わいになる。
その違いを確かめたければ、
いちばんシンプルなピザ、マルガリータ(160バーツ)を注文してみよう。
こんがりと焼けた匂いに思わずニンマリしてしまうはずだ。
おいしさのヒミツはメラメラ燃える薪なのだ。おいしさのヒミツはメラメラ燃える薪なのだ。

人気のサマー・ピザ 275B人気のサマー・ピザ 275B
人気があるのは、いろいろな具を載せて焼いた後に
リコッタ・チーズを加えたサマー・ピザ(275バーツ)。
他にもいろいろな味のバリエーションが楽しめる。
ファーストフードのように肩肘張らずに食べるのが本来のピザの食べ方。
その意味では、この店の飾らない雰囲気はピザにピッタリ。
こりゃウマイぜ!こりゃウマイぜ!

やはりオーナー自作のスピーカーから流れる音楽に包まれ、
手作りピザを頬張ってリラックスしたひとときを過ごしてみよう。    (B)
バイ・ハンド・カフェ情報
【営業時間】17:00~23 :00(無休)
【連絡先】FB:byhandcafe※電話はなし
【誌面地図】F-4




 



このページのトップへ

ベアフット・カフェ Bare Foot café(313号)

Filed under 洋食レストラン

 

カウンターで食べる小さなお店
ピザピザはトッピングを3つ選んで。8インチ200B

カフェや雑貨店が集合する「Penguin Ghetto」の一番奥に小さなレストランがある。
靴を脱いで中に入ると、たった6つだけのカウンター席。
その向こう側でシェフのウーンさんが、ピザ生地を伸ばしたり、パスタを作ったりしている。
パスタも目の前で
パスタを注文すると、フーンさんが目の前で生地を捏ねて麺を作る。
できた麺を茹でながら、ソースを作り、チーズをすりおろしてたっぷり振り掛けたら出来上がり。
打ち立てパスタならではのもっちもちの歯ごたえが味わえる。
カルボナーラ【縦)手打ちフィトチーネのカルボナーラ 120Bサマーパスタサマーパスタ120B


ピザは生地を伸ばすところから始まる。
焼きたてピザのパリパリ香ばしい生地にとろとろのチーズがたっぷり。
潰したニンニクや2種類のトマトで作ったピザソースのフレッシュな香りがたまらない。
トッピングのチーズやソーセージにはチェンマイ産を使うなど、新鮮な素材選びにこだわりがある。
とにかく料理が大好き! という若いシェフの笑顔を眺めつつ、
注文した料理を待つワクワク感は100%。
つい、他の人のメニューも食べたくなってしまうのが困ったところかもしれない。
ウーンさんが目の前で料理してくれますウーンさんが目の前で料理してくれます

他にも8種類あるサンドイッチ、ラザニア、和風出汁で食べる冷パスタなど、
気になるメニューはいろいろ。
コーヒーやビールが飲みたい人は、
Penguin Ghetto内のカフェにオーダーしてくれるシステムなので、
遠慮なく注文して。
スイーツはスパゲティー・アイスクリームやパンナコッタ、ブラウニー、クッキーなどなど。
パンナコッタ・ストロベリーソースパンナコッタ・ストロベリーソース45B

外の席もあるし、2階席も完成したところだが、
やっぱりカウンターが一番人気。
カウンターに座りたい人は予約するのが確実だろう。(s)
人気のカウンター席人気のカウンター席

ベアフット・カフェ情報
【営業時間】月~金10:00~14:00、17:00~20:00 土、日 11:00~20:00
【電話】08‐3564-7101
【誌面地図】E-1





 



このページのトップへ

ドリッパー・レパト Dripper Lapato(305)

Filed under カフェ

 

カレンの森で育つオーガニックコーヒー
chao.jpg


 チェンマイで最も古いドーイカム寺の麓、
ラーチャプルック花博会場の横に小さなカフェがオープンした。
高床式家屋の1階、民族衣装を販売するお店と半分に分けた小さなお店だが、
朝夕サイクリングで汗を流す人たちが立ち寄る格好の休憩所になっている。
もちろん奥には座敷の席もあって、ゆっくり座ることもできる。
PC143983.jpg
寛いだ雰囲気

 ここのコーヒーはカレン族の人たちが護る森で収穫された100%オーガニックの豆を使用。
木陰で育つコーヒーの木は、森林を伐採せずに育てることができる作物だ。
約5年前に「LAPATO(レパト)」というブランドを立ち上げ、
オーガニック市場やイベントなどで販売していたが、ようやくお店を開店させた。
収益の一部は森を守る活動に寄付されるので、ここで飲む一杯がタイの森林を守ることにつながる。

 もちろん味の方も自信あり。
村人の手によって丁寧に精錬され、不良豆を取り除くというひと手間が品質の高さに繋がっている。
また、ドリッパーで丁寧に淹れてくれるので、豆の香りと味とを十分に堪能できる。
アイスでもホットでも美味しいコーヒーだ。
一杯づつ丁寧に淹れてくれますドリップで淹れてくれるホットコーヒー 40B

 栄養満点、飲めば元気が湧いてくる「手作りの梅エキスとカレンの森の蜂蜜ソーダ」や「ライムと森の蜂蜜ソーダ」もお勧め。チェンラーイ産の抹茶にミルクを入れた抹茶ラテもある。
左から抹茶ラテ40B、アイスコーヒー45B 、梅エキス蜂蜜ソーダ55B左から抹茶ラテ40B、アイスコーヒー45B 、梅エキス蜂蜜ソーダ55B

店頭にはオーガニックのパパイヤやグァバなど季節の果物が並ぶ日も。

日本米に似たカレンのお米も販売予定だとか。
コーヒー豆(250g150B)、森の蜂蜜(200g120B)はお土産にも最適だ。   (S)

Untitled-1_20151225104800533.jpg

Dripper Lapato情報
【営業時間】7:00~17:00(無休)
【電話】08-1289-8962






 



このページのトップへ