チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ナカラ・ジャルダン Nakara Jardin (350)

Filed under ケーキ

 

岸辺の庭で粋なアフターヌーンティーはいかが?

ケーキ類はどれも140Bケーキ類はどれも140B

ピン川沿いのジャルーンプラテート通りソイ9(ドーイピンマンション向かい)を
ちょっと入っていったピンナカラ・ブティックホテルの裏手の庭にある、
岸辺の素敵なカフェ&レストラン。
ここのアフタヌーン・ティーは最高よ!ここのアフタヌーン・ティーは最高よ!
 
ここの若きご主人、ポムさんは
チェンマイ生まれの中華系タイ人。
若きオーナーのポムさん若きオーナーのポムさん
チェンマイ大学工学部を卒業後、
そのままエンジニアにはならずに、
もともと好きだった料理の道を進むことを決心した。
まず有名料理学校ル・コルドン・ブルーのバンコク校で
フランス料理など洋食の基礎を習得、
バンコクのレストランで修行をしてから、
5年前にこのお店をオープンした。
アイスと生クリームたっぷりのブレッド・プディング 200Bアイスと生クリームたっぷりのブレッド・プディング 200B

ここはもともとピンナカラのオーナーである
アーさんの邸宅の敷地で、
甥のポムさんにその有効利用を託したという。
全体にプライベートで落ち着いた雰囲気が漂っているのはそのためだろう。
P_20170829_143955.jpg
Patisserie & Bistroと看板に掲げているように、
ご主人自ら作るここのケーキは極上レベルの本格派。
たぶん、チェンマイでいちばん美味しいのでは? 
見た目もとびきりお洒落で、まさに食べる芸術品なのだ。
P_20170730_115548_001.jpg
注文してから作るデザート類、
スパゲッティやサンドイッチの軽食、
本格的なメインディッシュ、飲み物類など、
どれもハイセンスで美味しいものばかり。
大きなエビ入りスパゲティがウマイ! 320B大きなエビ入りスパゲティがウマイ! 320B

笑顔を絶やさないフレンドリーなスタッフの応対も実に気持ちがいい。
オープンスペースなのでエアコンはないが、
扇風機の風も自然に涼しく感じられるような、
さり気ない配慮が嬉しい。
こんな居心地のよいカフェでアフターヌーンティーを楽しんだら、
ピン川もセーヌの流れに思えてくるかも?   (B)
満後&パッションフルーツ・スムーシー 120Bマンゴー&パッションフルーツ・スムーシー 120B
DSCN9676.jpg
DSCN9673.jpg

ナカラ・ジャルダン情報
【営業時間】9:0 0~21:00(水曜日)
【電話】0-5381-8977,06-1370-6466
【誌面地図】ちゃ~お地図F-6、https://goo.gl/maps/8vGNV2vcgsJ2


   

 



このページのトップへ

アルパカフェ&ビストロ Alpacafé & Bistro(349)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

店内でも外でもどうぞ!店内でも外でもどうぞ!

アルパカとビストロの不思議な関係とは?

 プロムナーダ脇の交差点からサンカンペーン温泉方向に
約900m進んだ右手にガラス張りの小粋なカフェ&レストランがある。
この不思議な店名は……やっぱりちょっと気になるではないか!?
●クラーソーン&エーンさん夫妻クラーソーン&エーンさん夫妻
お店のオーナーであるクライソーンさん(バンコク出身)とエーンさん(プーケット出身)は
大学時代に知り合ってから、
一緒に15年ほどプーケットのリゾートで働いた仲良し夫妻だ。
子供の教育のために環境のいい場所を求めてチェンマイに移り、
約2年前に念願の自分たちのお店をオープンした。
2人はいつも穏やかに微笑んでいるような表情の動物アルパカが大好き。
そんな和やかな雰囲気のカフェにしたいという気持ちから
Alpacaféなるユーモラスな造語を店名にしたとか。
●ゲンソム・クン・チャオーム 150Bゲンソム・クン・チャオーム 150B
主にコーヒーなどのドリンク類は旦那さん、料理関係は奥さんが業務分担。
リゾート・レストラン運営の経験を持つエーンさんは、
各種タイ料理からスパゲティやピザなどの簡単な洋食まで、
どんなメニューでもキチンとツボを押さえた料理に仕上げる腕の持ち主だ。
●ミー・ホッキアン 90Bミー・ホッキアン 90B

●ムーホーン 120Bムーホーン 120B
とくにプーケットに伝わる中華風メニュー、海鮮焼きそばミー・ホッキアン(福建麺)、
三枚肉を柔らかく煮込んだムーホーンは日本人受けすること間違いなし。
ピリ辛スープのゲーン・ソムも技ありの旨みがあって、
どんどんご飯が進んでしまう。
日本のカレーライスも人気メニューだ。
ピザ・フォーシーズンズ 140Bピザ・フォーシーズンズ 140B
●マラワーン・パッカイ 80Bマラワーン・パッカイ 80B
ガラス張りの明るい店内
Keep Calm & Be an Alpacaがここの標語。
このお店に入ったら、アルパカになったつもりで
ニコニコしながらのんびり食事を楽しんでいただきたい。  (B)

アルパカフェ&ビストロ Alpacafé & Bistro情報
【営業時間】9:0 0~21:00(水曜日)
【電話】08-1691-6627
【地図】https://goo.gl/maps/q6E3L13EkhK2





 



このページのトップへ

Anchan Vegetarian Restaurant(248号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

安全で新鮮な野菜を彩鮮やかな盛り付けで

パット・パックルアム80B

 ニマーンヘーミン通りのヒルサイドコンドー2の路地に、小さなベジタリアンレストランができた。
 オープンしてまだ1年経たないが、夜は予約を入れないと席がないほどの人気ぶりだ。
 メニューはタイ料理や洋食、フュージョン料理など種類豊富。
 全て、オーナーのエーさんが毎朝市内のオーガニック市場などで仕入れる有機栽培や無農薬栽培による野菜を使用。野菜本来の甘みや香りを安心して堪能できる。
 炒めた野菜とフジッリ、チーズとが1つのボールにぎゅっと入った「パスタ・パックルアム(ミックスベジタブルパスタ)」は、10種類以上の野菜のおいしさをシンプルな味付けで味わうサラダ感覚の一品。
パスタ・パックルアム 100B 
 ベジタリアンレストランなので、お肉の代わりに豆腐を使ったメニューも多い。「タオフートート・ソースマカーム(揚げ豆腐のタマリンドソースあえ)」は、タマリンドの酸味と唐辛子の辛さが刺激的な一品。辛いのが苦手な人はきのこソースをどうぞ。
揚げ豆腐のタマリンドソース90B
 グリーンカレーなどのタイのカレーペーストはエーさんのお母さんの手作り。作り置きはせず注文ごとに作ってくれるから、ペーストに使われたハーブのフレッシュな香りごと味わえる。
グリーンカレー
 食べられないものがある人、辛いのが苦手な人は伝えれば対応してくれる。
そんな細かな配慮が人気の理由なのだろう。
 どれも色彩が美しいうえ、量も多く、なんと玄米は無料サービス。ベジタリアンじゃない人も大満足、まちがいなし。
 食後のデザートにバリ産オーガニックカカオの手作り生チョコ(甘みはドライフルーツと蜂蜜のみ)をお忘れなく。(S)
生チョコレート4つ80B P7277253.jpg
                       喉に爽やかジンジャーアイスティー(左)、青いアンチャンドリンク



Anchan Vegetarian Restaurant(アンチャン・ベジタリアン・レストラン)情報
【営業時間】11:00~21:00(月曜休み)
【電話】08-3581-1689
【誌面地図】K-4





 



このページのトップへ

Kiree Thara Boutique Resort (201号)

Filed under ゲストハウス

 

プールはヘルシーな塩水なのだ ゆったりしたエグゼクティブ・ルーム
 プーカム・ホテルの交差点からチョンラプラターン運河沿いに700年記念競技場に向かい、現在建設中のコンベンション・センターの手前を左折、その通り(高級コンドーがいくつか建設中で今注目のエリア)を奥まで進むと池に面したこのリゾート&レストランに出る。
キーリーは山、ターラーは川の意味で、ドーイ・ステープ山麓の静かな環境に包まれたプライベート感覚のリゾートとして約1年半前にオープンした。モダンで個性的なデザインの建物と周囲の自然環境が不思議とうまく調和している。部屋はデラックス、エグゼクティブ、ファミリースイートの3タイプで全29部屋(料金は2000~5000B程度)。市内からそれほど離れていない場所で、緑豊かな「チェンマイの休日」をのんびり満喫したい人にオススメだ。フィットネスルームを併設、プールには塩水を使用、自転車も無料で提供……とヘルシーな気配りも十分。宿泊しなくても、施設だけの利用もOKだ(プール+フィットネス+ソフトドリンク=150B、同じ内容で昼食付きは230Bとお得!)。

ムール貝のハーブ&チーズ焼き2 パナコッタをデザートにどうぞ! 85B

 食事場所は、レストラン、屋外、ワインバーとお好み次第。タイ料理から洋食(ステーキはニュージランド産の牛肉)まで、どのメニューもリーズナブルなお値段で本格的なテイストが堪能できる。親しい友人や家族と一緒にくつろぎながらランチやディナーを楽しむにはもってこいのところだ。なお、10月以降のクールシーズンには、池にシベリアから水鳥が飛来するとのことなので、バード・ウォッチャーはお忘れなく。(B)     

キーリー・ターラー・ブティック・リゾート情報
【場所】誌面地図E-1の先
【営業時間】7:00~23:00(レストラン)、11:00~23:00(ワインバー) 無休
【電話番号】0-5301-0692~3、08-1594-6661
【サイト】www.kireethara.com


 

(“Kiree Thara Boutique Resort (201号)”の要約です。)

このページのトップへ

カーオマオ・カーオファーン

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

レストラン

チェンマイの街中の喧騒から逃れて、
たまにはゆったりと優雅な気分で美味しい料理を楽しみたい…。
そんなときにぜひ訪れてみたいのが
国道108号線から花博会場への新道沿いにあるこのガーデン・レストランだ。
ここの本店は約20年前から営業しているメーソートの有名老舗レストラン。
店名はオーナーのクルン先生(農業を教えていた地元でそう呼ばれた)の
2人の娘さんの名前からつけられたものだが、
3年前にその娘さんたち自身がチェンマイに支店を開いた。
お店のコンセプトは「イマジナリー・ジャングル」。
実際に店内に足を踏み入れてみると、そこには別世界が開けている。
大きなドーム状屋根の下の池には魚が泳ぎ、
周囲の庭を眺めれば樹木の間から滝が流れ落ちている。
トイレの中まで自然ムードに溢れている。
街の近くでありながら、言わば深山幽谷の気分に浸ることができる。

ゲーンカリー・ガイ・ローティ プラークアン・トートクロープ・サムンプライ
メニューのほうもユニークなものが揃っている。
とくにお勧めは、メーソートのミャンンマー国境を流れる
ムーイ川で獲れた淡水魚プラー・クアンの料理。
チェンマイでこの珍しい魚が食べられるのはこの店だけ。他にミアン(ハーブの一種)の葉を
使ったミアン・ガイクロープ(中身はカリカリの鶏肉など)、
ミアン・スアンドーイ(サイウアなどの生春巻き)など、ビールの粋なツマミになるはずだ。
ローカルな各種北タイ料理も充実している。
年末年始のパーティ(1セット260B×5人=1300B、料理8品デザート付き・飲み物別)
会場として
利用してみるのもいいだろう。(B)
        
カーオマオ・カーオファーン情報
【営業時間】 11:00~22:
【電話】 0-5383-8444、0-5344-1908(チェンマイ)、0-5553-2483、0-5553-3607(メーソート)
【場所】 誌面地図A-5先

 

 

(“カーオマオ・カーオファーン”の要約です。)

このページのトップへ

| ホーム |