チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ガラー・ヌードル Gala Noodle(346)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

ココナッツの器でイェンターフォーを食べてみよう!
シーフード・イェンターフォー 129Bシーフード・イェンターフォー 129B
イェンターフォーは紅腐乳入りの甘酸っぱい味をした麺料理。
日本人は赤いスープの色にまずビックリしてしまうが、
タイ人はちょっと不思議なクセのある味が大好き。
サンティタム地区にその新傾向のメニューを揃えたお店が登場したと聞きつけて、早速、出かけてみた。
ヌムさんとキャティさんヌムさんとキャティさん
この食堂の若きご主人ヌムさんは
6年ほど日本人経営のマッサージ・スクールで働いていたが、
やっぱり自分自身でビジネスを始めたくなって、
ネットでいろいろ調べたところ、この「ガラー・ヌードル」はたった2年間で
タイ全国約88箇所もの支店を出店していることを知った。
「これはいける!」と、今年6月にチェンマイ初のフランチャイズ店をオープンした。
タイ語の正式な店名はクェイティアオ・ガラー・イェンターフォー・ティーランガーと長い。
半熟卵入りトムヤム・マナーオ 50B半熟卵入りトムヤム・マナーオ 50B
ガラーはココナッツの殻のことで、このお椀がトレードマーク。
ティーランガー(宙返りの意味)には
「一度食べたらまた戻ってきたくなる」といったニュアンスが込められているそうだ。
エビとルークチンのイェンターフォー・ソースエビとルークチンのイェンターフォー・ソース

ここのイェンターフォーの特徴は、濃い目の味付けがしてあるので、
卓上の調味料をあれこれ加える必要がないこと。
まず麺(細麺、太麺、バミー、春雨など7種類)と具(シーフード、ルークチン、
空芯菜揚げなど)を選び、写真を参考にお好みのメニューを注文すればよい。
トムヤム・プラー 59B
トムヤム・プラー 59B
紅腐乳の味が苦手な人は、トムヤム味をどうぞ。
日本人受けがいいのは、半熟卵入りのトムヤムだとか。
オーダーに迷ったら、日本語ペラペラのヌムさんに相談してみよう。
辛さの程度も適当に加減してくれるはず。     (B)             

ガラー・ヌードル情報
【営業時間】10:0 0~22:00(無休)
【電話】06-3830-1980, 06-4164-6344
【誌面地図】H-3 https://goo.gl/maps/58StpeTqvfM2






 



このページのトップへ

フアン・ジャーオ・ブアティップ

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

チーク造りの大衆食堂でラーンナー気分を味わう

築約100年の立派な木造建築なのだ。
クェイティアオ・ムー・トゥン 35Bクェイティアオ・ムー・トゥン 35B

チェンマイ門からワット・チェディルアン方向に進んでいくと、
右手に木造の立派な建物が見えてくる。
どんどんモダンに変貌していくチェンマイでは、
こうした昔ながらのラーンナー風木造建築物は「生きている博物館」みたいなものだ。
トムさん&ジアップさん夫妻トムさん&ジアップさん夫妻

この食堂のオーナーであるトムさんはもともと普通の勤め人だったが、
自分自身で店を構えて仕事をしたくなって、
約2年前に総チーク造りの家を利用してこの食堂を始めた。
トムさん(本名はクリット・ナチェンマイ)はチェンマイの有力者の家系ということで、
この建物も築100年以上のもの。
店の中でのんびり食事をするだけで、
自然に穏やかな気分になってくる。

メーニューは気取らずに、大衆的なタイ料理に徹している。
クェイティアオやバミーなどの麺類から各種ご飯もの、
トムヤムクン、トムカーガイなどのスープ類、タイ風マカロニ、スパゲティまで一通り揃っている。
バミー・ヘーン・ムー・トゥン 40Bバミー・ヘーン・ムー・トゥン 40B

どれを食べてもハズレなしだが、
とくにお奨めは豚肉(スペアリブもあり)を漢方スープでじっくり2~3時間煮込んだ
ムートゥンを使った料理だ。
麺類と食べてもよいし、もちろんご飯にもピッタリ合う。
ムートゥンのガパオライスなんてちょっと珍しい! 
ムー・トゥン・パッガパオ 60Bムー・トゥン・パッガパオ 60B

付け合わせ的に湯がいたパッカナー(青菜)も注文してみよう。
パッカナー・ナムマンホーイ 50Bパッカナー・ナムマンホーイ 50B
クェイティアオ・クア・ガイ 50Bクェイティアオ・クア・ガイ 50B

旧市内のツーリスト・エリアにあるレストランは
値段が高めのところ多いが、
その点、このお店は実に良心的。
お寺めぐりの合間、一休みしながらお昼を食べたいときに利用したいお店だ。
裏手に広い駐車場もあり。 (B)  
フアン・ジャーオ・ブアティップ情報
【営業時間】9:00~15:30(日~金)、6:00~21:00(土)
【休み】3週間ごとに2日間休み
【電話】08-1884-2991
【誌面地図】E-4





 



このページのトップへ

Kao Soy Nimman カーオソーイ・ニマーン(333号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

トッピング自由自在のカーオソーイ

チェンマイに来たらカーオソーイ、
といわれるほど名物になっているカーオソーイだが、
カレー味のスープがくせになるのか
タイ人にも外国人にも人気の料理だ。

チェンマイにはカーオソーイの店がたくさんあり、
店によってこってりタイプからあっさりタイプまで味も様々だ。
 
観光客に人気な地域で、アクセスも便利なところにあるのが、
「カーオソーイ・ニマーン」。
(横)カーオソーイ・スーパーボール 129B (1)カーオソーイ・スーパーボール 129B
ここのスープは搾りたてのココナッツミルクがたっぷり入った濃厚タイプで、
辛さは控えめ。
定番の「カーオソーイ・ガイ」(鶏肉)は大きなドラムスティックが入っている。
ボリュームたっぷりのカーオソーイボリュームたっぷりのカーオソーイ
この店の特徴は、具がいろいろと選べること。
一般的には鶏肉、豚肉、牛肉が主流だが、
ここでは「ムーヨー」(ソーセージ)や「カイジヤオ」(卵焼き)、
「ムー・トート」(揚げた豚肉)、
「サイウア」(ハーブソーセージ)、
とろとろに煮込んだ「ヌア」(牛肉)などがある。
牛肉カーオソーイ 85B牛肉カーオソーイ 85B

どれもタイ人が大好きな具ばかりで、若者の心をつかんでいる。
 どのトッピングにするか迷ったら、
「カーオソーイ・スーパーボール」を注文しよう。
エビや鶏肉、豚肉などが豪華に入ってくる。
1皿でお腹も心も満たされるボリュームだ。
(横)カーオソーイ・スーパーボール 129B (1)カーオソーイ・スーパーボール 129B
また、カーオソーイの他にも北部料理も充実しているので、
数人で行くなら何品か注文してはどうだろうか。
野菜ディップやミャンマー風カレ(ゲーン・ハンレー)、
スープ、炒め物など一通り揃っている。
トロトロに煮込んだ牛肉トロトロに煮込んだ牛肉
メニューは英語と写真付きなのでわかりやすいし、
夜8時まで開いているので、
いつでもカーオソーイが食べたくなったらふらりと寄れるのが嬉しい。(O)
Kao Soy Nimman情報
【営業時間】11:00~20:00
【電話】 0-5389-4881
【誌面地図】L-3




 



このページのトップへ

My Seacret Cafe In Town(329)

Filed under カフェ

 

DSC01017.jpg
旧市街の朝も夜もくつろげるカフェ

プラシン寺を出て真っ直ぐ行った右側に有名なアカアマコーヒーがある。
そこが満員だったので、その裏にあるカフェに入ってみたら、
なかなか居心地が良かったので紹介しよう。
ピンク色の壁が目印

オーナーはアートが好きなタイ人女性のチゃーさん。
緑みがかったきれいなブルーの壁に、素敵な絵画や銅板作品が飾られ、
その前にはイギリス人の旦那さんと選んだという
ゆったりサイズのソファーが置かれていて寛げる。
2階にはささやかなギャラリースペースがあり、
絵画や写真、陶器などの作品展が常時開催されている。
2階は小さなギャラリースペース2階は小さなギャラリースペース

アイルランドで料理を学んだというチャーさんのカフェメニューは、
西洋人に人気。お昼に軽く食べたい時には、サンドイッチやワッフルもある。
クウェティオ・ボット 60Bクウェティオ・ボット 60B
また、米粉の麺の入ったサラダ「クウェティオ・ボック」は野菜たっぷりでヘルシー。
甘いチリソースをかける、ちょっとベトナム風の味だ。
ヤギのチーズのコクが◎ Bruschetta 195Bヤギのチーズのコクが◎ Bruschetta 195B
友達とシェアするなら、バゲットにガーリックとオリーブオイルを染み込ませたブラスケッタを。
グリルした赤ピーマンや茄子の甘さと、
フレッシュなハーブやトマトとのバランスが絶妙。
ビールやワインに合いそうだ。
人気のキャロットケーキ90B、ホット・ラテ 65B人気のキャロットケーキ90B、ホット・ラテ 65B
スイーツは、キャロットケーキが人気。
しっとりした生地にまぶされたザラメ糖のカリカリした食感が楽しい。
クッキーケーキやパッションケーキなど、
日によって登場するケーキが違うのでショーケースをチェックして。 
クッキーケーキ
街中のカフェでは珍しく遅くまで空いていて、
ワインやビール、お酒の種類もいろいろ揃う。
夜にも利用できる便利なカフェだ。  (S)
My Seacret Cafe In Town情報
【営業時間】8:00~22:00(無休)
【電話】08-1 499-9911
【誌面地図】E-4





 



このページのトップへ

エンタフォー・シーピン เย็นตาโฟศรีพิงค์(313号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

P4080650.jpgラウィーポンさん

地元民から愛される45年の味

 ステープ通りのチェンマイ歯学部前にあるエンタフォーの有名店。
お昼時は相席でも座れればラッキー、という賑わいぶり。
開業45年という老舗の味を守り続けているのが、ラウィーポンさんご夫妻だ。
 いつもお洒落な奥さんは今もれっきとした「看板娘」として麺をゆで、
旦那さんは店内を切り盛りして奥さんを支え続けている。
クウェティアオ・エンタフォー(メイン)クウェティアオ・エンタフォー 50B
「エンタフォー」というラーメン、スープが鮮やかなピンク色だからという理由で
食べず嫌いをしている人がいたらもったいない!
 ピンク色の素は「紅腐乳」。
紅腐乳特有の深い旨味とほんのり酸味の効いたスープは病み付きになる旨さ。
そして、魚のつみれボール、さつま揚げ、スルメ、血の塊、空芯菜などなど、
クウェティオ麺が見えないほど具がたっぷり。
さらに豚肉入り揚げワンタン「ギヤオトート」が2つものっかって、食べ応え満点。

毎日ご夫婦が仕込む大きな揚げワンタンは、
パリッパリに揚がった歯ごたえが後を引く美味しさで、
これだけを追加注文するファンも多いとか。
ギヤオ・グローブ50Bギヤオ・グローブ50B
 もう一つの人気メニューが、「クウェティアオ・トムヤム」。
クウェティアオ・トムヤムクウェティアオ・トムヤム 50B
エンタフォーよりさっぱり味だが、しっかり味付けされているので、
テーブルの調味料を追加するhttp://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#前に味見をしてみて。
スライスされた豚肉とレバーがトッピングされ、こちらもやはり具沢山。
バミーヘーン汁なしの卵麺「バミーヘーン」や「クウェティアオ・ヘーン」も人気だ。

 ラーメン一杯でこれだけいろんな味を楽しませてくれるとは、
店主のサービス精神の高さを感じる。
混むとは言え、お昼時を少し外せばゆっくり食べられる。
ぜひ一度、老舗の味をお試しあれ。         (S)
P4080700.jpg

エンタフォー・シーピン情報
【営業時間】8:00~14:00(不定休)
【電話】0-5380-9129
【誌面地図】C-3、チャーンプアック通りにお姉さんの1号店あり。








 



このページのトップへ

キアッセン

Filed under 中華料理

 

シンガポールのとっておきの味で満腹になる
DSCN9915_20160325113357d4b.jpg

ナイトバザール裏手のジャルーンプラテート通り、
ピン川近くのダイアモンド・ホテル前に七輪をたくさん並べたこの店を見つけた。
「新加坡美食」と看板を掲げているから、文字通り美味しいシンガポール風中華料理が期待そうな予感…。
ここの主人、スティーブンさんはシンガポールで30年間、
小さな大衆食堂を経営してきた。
10年ちょっと前にバンコクで知り合った
チェンラーイ出身のワニダーさんと結婚、
昨年1月に大好きなチェンマイにやってきてこのお店を開いた。
土鍋焼き鶏ご飯(小) 120B  土鍋焼き鶏ご飯(小) 120B  
このお店でまず注文していただきたいのは、
チェンマイ初登場の土鍋焼きの鶏ご飯。
鶏肉、クンチアン(甘い味の中華風ソーセージ)、
プラーケム(塩漬け魚)、米、白菜、ショウガ、調味料を入れ、
取っ手のついた土鍋で12~13分間蒸し焼きにしたもの。
サイズは大、中、小の3種類あるが、小でも量はたっぷり(2人でシェアしてちょぅどいいぐらい)。
少し固めに炊かれた香ばしいご飯がたまらない。
カリカリのおこげがこれまたウマイ! 
エビ・ラーメン 80Bエビ・ラーメン 80B
大きなエビとスペアリブが入ったラーメンも食べ逃せない。
豚骨と揚げたエビ殻でとったスープがひと味違う。
シンガポール風カーオマンガイシンガポール風カーオマンガイ
シンガポール風チキンライスは、
鶏肉の身がこちらのカーオマンガイよりも柔らかいのが特徴だとか。
タレの味もちょっと違うので、較べてみてほしい。
鶏の手羽入り漢方ハーブ・スープ 70B鶏の手羽入り漢方ハーブ・スープ 70B
点心もどうぞ! 25~30B点心もどうぞ!

鶏の漢方ハーブ・スープなどスープ類は、
あっさり味で飲みやすい。
他に良心的お値段の点心類、各種タイ料理メニューもいろいろ揃っている。      (B)

キアッセン情報
【営業時間】9:00~21:00(15日、月末休み)
【電話】0-5328-2006
【誌面地図】G-5
















  

 



このページのトップへ

ガート・ノムセン กาดหนมเส้น

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

「昔の市場」でカノムジーンを食べてみよう!
カノムジーン・ナムヤー・プーマー 75B
カノムジーン・ナムヤー・プーマー 75B
 サンティタムの5叉路のロータリーから少し入った右手に昔懐かしい店構えの食堂ができた。
北タイ弁で店名のガートは市場、ノムセン(カノムセンを縮めた言い方)は米粉で作った麺カノムジーンのこと。
タム・カイケム 45Bタム・カイケム 45B

 この庶民的な食堂の若き共同オーナーは、
レンタル・バイクやブティック・ホテルのビジネスをしているキーさんとハープさん。
昔の市場のような寛いだ雰囲気でカノムジーンが食べられる場所、
それがこのお店の狙いなのだという。
なるほど木材を多用したり、竹細工の民具を装飾的に置いたりして、
昔懐かしい雰囲気を今風のセンスで上手に演出した店の造りになっている。
キーさん(左)とハープさんキーさん(左)とハープさん
寛いだこの雰囲気が◎なのだ。寛いだこの雰囲気が◎なのだ。

 カノムジーンの麺はキーさんの出身地パヤオから取り寄せたものでコシがあるのが特徴。
厳選材料のゲーン(汁)は、ナムニヤオ、ナムヤー、キヤオワーンの3種類。
ここのナムニヤオは本格的チェンラーイ・スタイルだから、
ドーク・ニウ(ニウの花芯を乾燥させたもの)や酸味の効いた小さなトマトがたくさん入っている。
クェイティアオ・ナムニヤオ 35Bクェイティアオ・ナムニヤオ 35B

カニを載せた豪華版カノムジーン・ナムヤーは逸品。
お馴染みグリーンカレーのキヤオワーンも食べやすい味だ。
それぞれ金属製の器に入れたものを丸い穴の開いた木製の台に載せて運ばれてくる(アイデア賞もの!)。
氷で冷やしてあるキャベツ、モヤシ、キュウリ、卓上のパヤオ産の菜っ葉の漬物(日本の漬物みたいな味)は取り放題。
美味しい各種ソムタム類のメニューも揃っている。

カーオカンジン 20Bカーオカンジン 20B
 ひと味違うカノムジーンを食べながら、ゆったりしたひと時を過ごしてみてはいかがだろうか?     (B)
ガート・ノムセン情報
【営業時間】9:00~21:00(無休)
【電話】06-1265-0002
【誌面地図】F-2




 

 



このページのトップへ

クルア・トゥン

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

プリミアムなクエイティオってどんな味?
タイ語

 チェンマイ駅~バスターミナル「アーケード」方面を結ぶ
トゥンホーテン通り沿いにあるユニークな食堂を発見。
いかにも美味しそうな看板のメニュー写真につられて飛び込んでみた。

チェンマイ出身のご主人エイムさんはニュージーランドに留学、
現地会社のCEOを務めるやり手ビジネスマンだったが、
帰国後に良質な肉を使った新スタイルのクエイティオ屋のアイデアを思いつき、
3年前に店をオープン、昨年になって今の場所に移ってきた。
仲良しカップルのエイム&ベルさん
早速、そのプリミアムなクエイティオを注文してみよう。
牛肉はタイ産(上質な限定部位)、ニュージーランド産、
オーストラリア産の和牛の3種類から選ぶことができる(それぞれ89B・149B・219B)。
どんぶりを覗くと、薄くスライスした生の肉がたっぷり被せられていて
ほとんど麺が見えないほど。
その上から熱々のスープを注いでいくうちに、
ちょうどうまい具合にミディアムの状態になる。
熱々のスープを薄くスライスした牛肉の上に注ぐ。
牛肉が苦手な人のために、豚肉メニューもちゃんと用意してある。
どちらもスープは布で包んだヤーチーン(漢方の各種香料)を
長時間煮込んで旨味を出したもので、MSGは一切使っていない。

その場で煮立てる牛鍋、豚鍋もお奨め。
牛鍋セット 199B(臓物入りは239B)

懐かしのスキヤキを思わせるその味に、
長ネギと生卵を用意したくなってしまうはずだ。
ご飯のおかずには3~4時間じっくり牛肉を煮込んだヌア・トゥン、
バーナーで炙る和牛スライスをどうぞ。
和牛の肉(219B)をバーナーで炙る。
柔らかい豚肉は少し焼いてある。


美男美女ご夫婦のオーナー、エイム&ベルさんのサービス精神があふれた話題のお店だ。  (B)

クルア・トゥン情報
【営業時間】9:00~18:00(無休)
【電話】0-5324-2314
【誌面地図】I-5









 



このページのトップへ

パーカシン ปากะศลป์(283号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 


一流料理人が作るカレー風味の妙

●定番のカーオモック・ガイ(鶏肉) 50B定番のカーオモック・ガイ(鶏肉) 50B
激辛タイカレーもいいけれど、やっぱりインドカレーっぽい味のほうが好きという人が多い。
ジムカーナー・ゴルフ場前にあるこのお店では、
そんな日本人の味覚的嗜好にピッタリのメニューが楽しめる。
 この店のオーナー&料理人のエーさんは、
バンコクのオリエンタルやチェンマイのダラデヴィなど高級ホテルのタイ料理レストランで
約20年間シェフとして腕をふるってきた実力の持ち主。
●エーさんは一流ホテルのシェフを20年間務めてきた。

独立後の昨年7月、まずハーンドンの自宅内に、
さらに12月にこの場所にレストランをオープンした。
DSCN7518.jpg
「料理のアート」を意味する店名からは、一流料理人としてのプライドと意気込みが伝わってくる。
 ここの人気メニューは北タイ名物カーオソーイと炊き込みカレーご飯カーオモック。
どちらも日本人好みのカレー味が決め手となる料理だ。
一般的な鶏肉だけでなく、牛・羊・魚の肉からお好みで注文できる。
カーオモックはまずジャスミン米を鶏の油で炒めてから香辛料を入れて炊き込んであるので風味が違う。
せっかくだから、ここは本格的なスプ・ハーン・ウア(牛のテールスープ)と一緒に注文したい。
●牛のテ-ルスープをどうぞ! 60B牛のテ-ルスープをどうぞ! 60B

カーオソーイの揚げ麺を敢えて別皿に載せる演出効果はちょっとしたアイデア賞もの。
淡白な高級海魚プラーカオとカレー味との相性の良さは意外な発見だった。
●カーオソーイ・ヌア(牛肉) 120Bカーオソーイ・ヌア(牛肉) 120B

 世界的に人気急上昇中のマッサマンやゲーン・カリー・ガイなど
本格的タイカレーのパック売りもしている。
クオリティの高い料理を手頃なお値段で体験できる嬉しいお店だ。   (B)       
カオクルック・カピ 50Bカオクルック・カピ 50B
ムースっぽいサンカヤー・バイトゥーイ 25Bムースっぽいサンカヤー・バイトゥーイ 25B

        
※ハーンドン店(営業7:00~15:30)は、エアポートプラザからロータス・ハーンドンを過ぎてワルン市場手前を左折、1.5㎞進んだ地点を右折してすぐ。


【営業時間】8:00~17:00
【休み】日曜
【電話】08-7912-3627、09-0321-2552
【地図】F-6


 

(“パーカシン ปากะศลป์(283号)”の要約です。)

このページのトップへ

メーチャン・ミーギヤウ(279号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

本場の香港ラーメンの実力を思い知るべし。
これが本場の香港ラーメンなのだ!これが本場の香港ラーメンなのだ!

ティパネート通りに本場の香港ラーメン店ができたという噂を聞き、
スアンプルン門からしばらく歩いていくと「珍婆婆 香港地道美食店」の看板を発見!
この店名のご本人であるチャンさんは約30年前にチェンマイから香港に渡り、
メイドの仕事をしているときにレストランの料理人ライさんと知り合って一緒になった。
以来、働き者同士の夫婦はずっと大都会香港で暮らしていたが、
サバーイなチェンマイに戻って地元の人たちに
香港ラーメンのおいしさを伝えたいと開いたのがこのお店。

まずは本場のお手並み拝見と、ワンタンメンを注文してみよう。
バンコクから仕入れた細麺、エビ入りワンタン、自家製焼き豚、薄味スープ……
ウーン、もうこれだけで幸せ気分なのだ。
スープは豚骨とエビの殻を煮込んだもので、
さっぱりしていながらさり気ないコクがある。
大きめの焼き餃子は、もちもちした皮がしっかりと食べ応え十分。

その場で作る柔らかいクエイティオ・ロート、焼き豚飯のカーオムーデンも香港流。
できたてのクエイティオ・ロートできたてのクエイティオ・ロート
自家製焼き豚が旨い!自家製焼き豚が旨い!

お粥(ジョーク)は2時間じっくり煮込んだもので、刻んだピータン入り。
お粥には刻んだピータンも入っている。お粥には刻んだピータンも入っている。

バミー・ラートソースは、細麺をミートソースに絡めて食べるちょっと不思議な味だ。
バミー・ラートソースは不思議な味かも。バミー・ラートソースは不思議な味かも。

お値段は全品40~50バーツで量もたっぷり。
評判の働き者夫婦は、仕込みのために毎朝深夜3時に起床してから夜は遅くまで、
文字通り寝る暇もないほど頑張っている。
10月にオープンしたばかりだが、既に常連ファンがたくさんいる庶民的なお店だ。(B)

メーチャン・ミーギヤウ情報
【営業時間】6:00~21:00(無休)
【電話】09-3198-1523
【誌面地図】C-4




 



このページのトップへ