FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Wild Coffee and Bistro ワイルドコーヒー&ビストロ(388)

Filed under 洋食レストラン

 

どれか1枚 (3)

森で出会ったカフェ&ビストロ

ドーイステープ寺院参拝や下院喧騒から離れたい時にオススメなのがこのお店。
ドーイステープの麓、
木がうっそうと生い茂る中に立っている。
ドーイステープ寺院へ行く途中のワット・シーソーダーを過ぎた
右手の細い道や運河沿いから行くことができる。
ティムさんとクッキーさん(娘)1ティムさんとクッキーさん(娘)

店をオープンしたのはティムさんご家族。
自然とカフェが好きでこの場所に自分たちの家とカフェを建てた。
美容師でもあるティムさんの美容院も併設している。
店内は花や植物であふれ、
庭のテーブルからはドイステープの森や小川を楽しむことができる。
テンモー・プラーヘーン(195B)テンモー・プラーヘーン(195B)

メニューはタイ料理、洋食、ドリンク、スイーツが揃っている。
おすすめは、「テンモー・プラーヘーン」。
冷たいスイカに魚のフレークがのった伝統的なタイ料理で、
スイカの甘味に魚のコクが組み合わさった爽やかな一皿だ。
ハスのミヤンカムSavoury Lotus Leaf Wrap(195B)
数人いたら、蓮の花びらを使った前菜を注文したい。
白かピンクの蓮にライムやピーナッツ、生姜、
干しエビなどがのっていて、タレを入れて一口で食べる。
酸味や甘味、辛味が口の中で混ざり合い食が進む。
鶏肉のカオソーイ(165B)鶏肉のカオソーイ(165B)
黒豚ステーキ黒豚ポークチョップ(395B)
また、大きな鶏肉入りの濃厚なカオソーイやパイナップルに入った焼き飯、
有機の黒豚ポークチョップなど、タイ料理と洋食を楽しめる。
スムージーやコーヒーの種類も豊富なので、
ティータイムにも利用したい。
ライムとハチミツ、
ピーチに泡立てたエスプレッソを注いだ「ワイルド・ヘルシー・コーヒー」なんていう
オリジナルドリンクなんていうのもある。
自然のおいしい空気と一緒に楽しみたい。(O)
どれか1枚 (1)

Wild Coffee and Bistro ワイルドコーヒー&ビストロ情報
【営業時間】9:00~19:00 (無休)
【電話】09-5675-1592
【誌面地図】D-1の先 【FB】 Wild Coffee & Bistro








 



このページのトップへ

カオソーイ・メーマニー ข้าวซอยแม่มณี(386)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

カオソーイ・ガイ(鶏肉)40Bカオソーイ・ガイ(鶏肉)40B

チェンマイで一番!といわれたカオソーイ

 チェンマイの人にオススメのカオソーイの店を尋ねると、
よく名前があがるのがこの店。
チェンマイで一番おいしいカオソーイに選ばれた経歴を持つ。
ナーイさん(左)とノーイさん (右)ナーイさん(左)とノーイさん (右)

店を始めたのは、店名にもなっているマニー母さん。
1984年にオープンし、
最初はラーメンやカノムジーンなどを売っていたが、
お客さんのリクエストに応えてカオソーイを作りだしたという。
現在は娘のノーイさんとナーイさんが受け継いでいる。
辛さ控えめのカオソーイ・スペアリブ(40B)辛さ控えめのカオソーイ・スペアリブ(40B)

人気の理由は、ずばりスープが濃いこと。
他の店と違い、カレー粉は少なめで、
唐辛子やハーブ、
スパイスで作ったペーストの香りをしっかりたたせている。
コクがあり、辛く、はっきりした味なのが特徴だ。
具は鶏肉、豚肉、牛肉、変わり種だと、
魚や豚の耳、腸、カニ棒、ソーセージなんていうものも。
肉はそれぞれ別に煮ているので、
具を変えるだけで味が変わってくる。
麺は定番の卵麺の他、春雨、米麺、
そして学生に大人気のインスタントヌードル(!)から選べる。
IMG_9443.jpg

カオソーイは通常、ライムと高菜漬け、
シャロットを混ぜて食べるが、
辛かったらシャロットを、
こってりしていたら高菜漬けを皿から取って
口に入れるほうが一つひとつの味が際立っておいしいそうだ。
お試しあれ。
辛いのが苦手な人は、
辛さ控えめにもできる。
カオソーイ・デック(40B)カオソーイ・デック(40B)

辛いのがまったく食べられない子どもには、
「カオソーイ・デック」というのもある。
こちらはレモングラスのスープに
ココナッツミルクを入れた優しい味だ(具は鶏肉かミートボールのみ)。
英語のメニューあり。 (O)

カオソーイ・メーマニー 情報
【営業時間】9:00~15:30(仏の日5月11,18,28日など)
【電話】08-1806-7127(英語)、0-5321-8519
【誌面地図】H-1先





 



このページのトップへ

クワン・ラートナー・ヨートパック  กวง ราดหน้ายอดผัก

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 


あっさり味が好きな人にはおすすめ!基本のラートナー・ムー40Byokoあっさり味が好きな人にはおすすめ!基本のラートナー・ムー40B

安くて旨い! 大学側の老舗あんかけ麺(ラートナー)

ステープ通りに面したチェンマイ大学歯学部前には、
いろいろな食堂が軒を連ね、
食事時は病院関係者やチェンマイ大学の職員や学生、
近所の人たちで賑わう。

その中で、日本人留学生にもおいしいと評判なのが、
ラートナーが人気の食堂「クワン・ラートナー・ヨートパック」。
ラートナーとは餡かけ麺のことで、
米粉のもちもちした幅広の麺に、
とろっとした餡をかけたやさしい味の一皿料理だ。
「パリパリ」と「しんなり」との両方の食感が味わえる
揚げ麺「ミーグロープ・ラートナー」もいける。
名物!具沢山のラートナー・ジャンボー70B 名物!具沢山のラートナー・ジャンボー70B

お店の一押しメニュー「ラートナー・ジャンボー」は、
麺の上に半熟の目玉焼き、
海老やイカ、たこさんウインナー、
豚肉、カイラン菜など具沢山の、まさしく「ジャンボ」な一品!
チェンマイ大学生にも人気チェンマイ大学生にも人気

創業29年、チェンマイに長く住んでいる人なら、
コンクリートの床の古びた食堂として覚えているかもしれないが、
2年前にリニューアルし、エアコン完備のレストランになってから、
ますますお客さんが増えている。
入り口に厨房があるため、
部屋に入る前に嗅ぐ醤油やナンプラーの焦げる匂いに食欲がわいてくる。
醤油が香ばしいパット・シーイウ45Bはライムを搾って。yoko醤油が香ばしいパット・シーイウ45Bはライムを搾って。

ラートナー以外にも、タイ料理好きに人気の
「カーオ・パット・ガパオ(バジル炒め)」や
幅広麺を炒めた香ばしいタイの醤油焼きそば「パット・シーイウ」など、
一般的な屋台料理も揃っている(写真付きの英語のメニューあり)。
 
安くて早くて美味しい、しかもエアコン付き! 
チェンマイ大学方面に行く時はよってみて。      (S)
豚のマークが目印豚のマークが目印

クワン・ラートナー・ヨートパック 情報【営業時間】8:30~22:00(月2回不定休)
【電話】08-9855-7490
【誌面地図】C-3 https://goo.gl/maps/rsqsqLvy3yK2





 



このページのトップへ

パオ・エン・ペット  เปา แอนด์ เป็ด(369)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

豚肉を皮で包んだクウェティオ・ロート(40B)豚肉を皮で包んだクウェティオ・ロート(40B)
香ばしいアヒル麺と手作り飲茶

アヒル料理を食べられる屋台や食堂はたくさんあるが、
この店のシェフはなんと高級ホテルで働いていた経歴の持ち主。
ウィラックさんはプーケットやバンコク、チェンマイのシャングリラ、
メリディアン、リージェントなどで中国料理のシェフとして腕をふるっていた。
ウィラックさんと奥さんのノーイさん (2)ウィラックさんと奥さんのノーイさん

8年前に店をテープパンヤーにオープンし、2018年の今年、今の場所に引っ越してきた。
メニューは、店名にもなっているアヒル(ペット)料理と饅頭(パオ)、
そして点心、豚肉料理。
アヒル麺スープなし(50B)アヒル麺スープなし(50B)

まず味わってもらいたいのは、アヒルのラーメン、「バミー・ペットヤーン」。
スープあり(ナーム)となし(ヘーン)があるが、おすすめはスープなしの「ヘーン」だ。
この店はすべて手作りだが、
麺ももちろんお手製。
コシがあり、タレとよくからんであっという間にペロリとたいらげてしまう。
アヒルは脂っぽくなく、皮がパリッと、中がジューシー。
アヒルの調理はコツがいり、
うまく処理しないとアヒル臭さが出てしまうそうだが、
ウィラックさんは秘密の技でそれを取り除き、
香り良く仕上げている。
アヒルご飯(50B)アヒルご飯(50B)

アヒルワンタン(50B)アヒルワンタン(50B)

アヒルは麺の他、ごはんやワンタン(ギヤオ)と食べることができる。
数人で行くなら、点心もぜひ注文したい。
肉まんや黒ゴマ、クリーム入りの饅頭、
シュウマイ、エビ肉、しいたけ、キヌガサタケ、春巻きなど
15種類ほどから選べる。こちらも全部手づくりだ。
具がたっぷり入っていて、ぷりっとした食感がたまらない。
好きなものを選んでアヒル麺と一緒に味わいたい。            (O)
キヌガサタケと豚肉の点心(40B)キヌガサタケと豚肉の点心(40B)
チャーシュー、黒ゴマ饅頭(40B)チャーシュー、黒ゴマ饅頭(40B)

パオ・エン・ペット情報
【営業時間】8:00~14:30(毎月1、16日)
【電話】09-6459-2293
【誌面地図】J-3の先(グーグルマップの Bao En Pedで検索)





 



このページのトップへ

イート・パッタイ อี๊ดผัดไทย(358)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

パッタイに自信あり! の小さな食堂
DSC06098.jpg

 チャーンモイ通りに面した小さな食堂のパッタイがおいしいという評判を聞き、行ってみた。
パッタイとは米粉の細麺を炒めたタイの焼きそば。
外国人が最も好むタイの屋台メニューのひとつだ。
店の前には「タイで一番おいしいパッタイ」と書かれた看板が堂々と掲げてある。
夕暮れ時の店 予備

 パッタイ以外のメニューも気になるが、
まずは一押しのパッタイを食べてみなければと、「パッタイ・ホーカイ」を注文。
パッタイを薄焼き卵でくるんだちょっとご馳走感のある一品だ。
おそろいのTシャツにはイートおばさんの顔おそろいのTシャツにはイートおばさんの顔
体格の良い2代目の息子さんが、カンカンとフライパンを鳴らしながら作ってくれる。
卵は均一に火が通っていて、
見た目より(失礼!)几帳面な方のよう。
さて、スプーンでそっと卵焼きを破ってみたら、
中から湯気を立てて麺が出てきた。
やたら甘過ぎたり、麺が油でべとついている店が多い中、
カラリと炒めてあり、タマリンドの甘酸っぱい隠し味もちょうど良い。
DSC06670.jpgカオパット 50B 

この感じだとカオパット(焼き飯)も美味しいはず、と注文してみたら、大正解! 
シンプルなメニューだが、カナー(カイラン菜)など繊維の多い野菜は、
皮をむいて小さく切り揃えるなど、下ごしらえが丁寧にしてあるので食べやすい。
そして、強火で一気に炒めるから、ご飯がパラパラ。
うっすらと香るナンプラーの焦げた風味がたまらない。
ra-dona-.jpg餡かけ麺ラートナー
お店の人によれば、地元の若者には
ケチャップ味のマカロニ・パットやインスタント麺を炒めたママー・キーマオなども人気だという。
でも、いろいろ味わったら、きっとまたパッタイが食べたくなりそうだ。      (S)
【営業時間】9:30~22:00(土日休み)
【地図】G-4  https://goo.gl/maps/4DoTSZKUDgF2

 



このページのトップへ

เมิงระมิงค์  Mueng Raming(357) 

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

内観(予備)1
家族経営のこぢんまりしたタイ料理店
 
ワット・ゲート地区にある、こぢんまりとしたレストラン&カフェ。
チェンマイ出身の家族が経営していて、
もともと違う地域でレストランを8年間オープンしていたが、
2016年に今の場所に移転した。

左からガイトーンさん、ポンさん、ナームプンさん左からガイトーンさん、ポンさん、ナームプンさん

料理は主にタイ料理で、他に北部料理とフュージョン料理が少し、
手作りクッキーやプリン、ココナッツケーキ、コーヒーなどがある。
バミー・ハンレー 90B (1)バミー・ハンレー 90B
おすすめメニューは、ミャンマー風カレー「ゲーン・ハンレー」や
スパイスがきいた「マッサマン・カレー」、「パッタイ」など。
豚肉を長時間煮込んだゲーン・ハンレーは
酸味と甘味があり、辛さはマイルド。
ゲーン・ハンレーを一皿で味わいたい人は、
卵麺(バミー)と組み合わせた一皿料理、
「バミー・ハンレー」がいい。
麺との相性が抜群で、カレーのたれがからみあって食が進む。
あんかけ麺 ラートナー 60B (1)あんかけ麺 ラートナー 60B
とろっとした「あん」に溶き卵が入ったあんかけ麺「ラートナー」は
もちもちした太麺がマッチする一品。
具は豚肉、鶏肉、イカ、エビから、
麺は太麺かカリカリに揚げた麺から選べる。
Mueng Raming Rib 180B (2)Mueng Raming Rib 180B

数人いたら、スペアリブを3時間ほど煮込んでオーブンで焼いた「シークロン・ムーンラミン」や
空心菜をパリッと揚げたサラダ「ヤム・パックブン・グローブ」がおすすめ。
前者はしっかり味がしみていて、外はかりっと、
中はジューシーに仕上がっている。
後者は甘辛酸のたれをかけて食べるが、
空心菜のパリパリした食感にとりこになるだろう。
キャラメル・カスタード 35B (2)キャラメル・カスタード 35B

スープや炒め物、カレー、揚げもの、サラダなど、
1人で気軽に食べられる一皿料理から数人でシェアできる料理まで
種類豊富に揃えているので、
人数に応じてメニューを選びたい。(O)
Mueng Raming情報
【営業時間】9:00~21:00(水曜休み)
【電話】0-5324-5371
【誌面地図】H-4 https://goo.gl/maps/tZUBXVjP6bw







 



このページのトップへ

ジャパン・ビレッジ Japan Village(352)

Filed under 和食

 

カツ丼がウマイ! 飲み物付 ●●B カツ丼がウマイ! 飲み物付
オシャレな「日本」を食べて飲んで、お得な気分!
 ニマーンヘーミン通りのソーイ15を入っていくと
右手に洒落た門構えのモダンな建物が見えてくる。
昨年の暮れにオープンしたこのユニークなスペースは、
普通のお店とはちょっと様子が違っている。
夜はとびきりオシャレな雰囲気に。夜はとびきりオシャレな雰囲気に。
ここは、これからタイに進出しようという日本企業のサポートをする
テストマーケティングのためのスポット。
一般的に、いきなりタイで商品を販売したり、
店舗をオープンするのはリスクが高い。
そこで、まずはこの場所で実際に試して顧客の反応を見てから、
その後の事業展開を決めるという画期的なアイデアだ。
受付スタッフの応対も日本的です。受付スタッフの応対も日本的です。
具体的には、日本商材のアンテナショップのV-BOX(アンケートに答えると70%割引)、
飲食関係のV-BISTRO 、美容関係のV-BEAUTY(332号で紹介)、
社交場のV-VAR(話題のミクソロジーバー)の4つのカテゴリーがある。
その中で在住日本人が注目したいのは、やっぱりV-BISTROだろう。
牛サーロインたたきセット(2人用) 799B牛サーロインたたきセット(2人用) 799B
和風醤油つけ麺  和風醤油つけ麺
つけ麺の「はな」、丼ものの「器」、
抹茶菓子の「利休」、大福の「大福屋」の4店が入っている。
どのメニューも日本人がしっかりチェックした日本レベルの味覚が楽しめる。
とくにランチタイム(11:00~14:00)はつけ麺、丼もの、大福セット、
抹茶ティラミスなどが99Bと大サービス! 
抹茶ティラミス 抹茶ティラミス 
イチゴ大福もあるよ。イチゴ大福もあるよ。
また、期間限定メニューとして、
3種類のソースで野菜を巻いて食べる牛サーロインたたきセット(799B)、
黒豚しゃぶセット(699B)もプロモーション中だ。
なお、本誌10ページのチケットを提示すれば20%割引だから、ちょっとお得すぎるかも? (B)  
アンケートに答えれば1箱15B!アンケートに答えれば1箱15B!
ジャパン・ビレッジ情報
【営業時間】】V-BISTRO11:00~24:00
V-BOX   11:00~21:00(月曜休み)
【誌面地図】ニマーン地図L-5 https://goo.gl/maps/eC88ccXaL212
FB: japanvillage2015


      



 



このページのトップへ

ガラー・ヌードル Gala Noodle(346)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

ココナッツの器でイェンターフォーを食べてみよう!
シーフード・イェンターフォー 129Bシーフード・イェンターフォー 129B
イェンターフォーは紅腐乳入りの甘酸っぱい味をした麺料理。
日本人は赤いスープの色にまずビックリしてしまうが、
タイ人はちょっと不思議なクセのある味が大好き。
サンティタム地区にその新傾向のメニューを揃えたお店が登場したと聞きつけて、早速、出かけてみた。
ヌムさんとキャティさんヌムさんとキャティさん
この食堂の若きご主人ヌムさんは
6年ほど日本人経営のマッサージ・スクールで働いていたが、
やっぱり自分自身でビジネスを始めたくなって、
ネットでいろいろ調べたところ、この「ガラー・ヌードル」はたった2年間で
タイ全国約88箇所もの支店を出店していることを知った。
「これはいける!」と、今年6月にチェンマイ初のフランチャイズ店をオープンした。
タイ語の正式な店名はクェイティアオ・ガラー・イェンターフォー・ティーランガーと長い。
半熟卵入りトムヤム・マナーオ 50B半熟卵入りトムヤム・マナーオ 50B
ガラーはココナッツの殻のことで、このお椀がトレードマーク。
ティーランガー(宙返りの意味)には
「一度食べたらまた戻ってきたくなる」といったニュアンスが込められているそうだ。
エビとルークチンのイェンターフォー・ソースエビとルークチンのイェンターフォー・ソース

ここのイェンターフォーの特徴は、濃い目の味付けがしてあるので、
卓上の調味料をあれこれ加える必要がないこと。
まず麺(細麺、太麺、バミー、春雨など7種類)と具(シーフード、ルークチン、
空芯菜揚げなど)を選び、写真を参考にお好みのメニューを注文すればよい。
トムヤム・プラー 59B
トムヤム・プラー 59B
紅腐乳の味が苦手な人は、トムヤム味をどうぞ。
日本人受けがいいのは、半熟卵入りのトムヤムだとか。
オーダーに迷ったら、日本語ペラペラのヌムさんに相談してみよう。
辛さの程度も適当に加減してくれるはず。     (B)             

ガラー・ヌードル情報
【営業時間】10:0 0~22:00(無休)
【電話】06-3830-1980, 06-4164-6344
【誌面地図】H-3 https://goo.gl/maps/58StpeTqvfM2






 



このページのトップへ

フアン・ジャーオ・ブアティップ

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

チーク造りの大衆食堂でラーンナー気分を味わう

築約100年の立派な木造建築なのだ。
クェイティアオ・ムー・トゥン 35Bクェイティアオ・ムー・トゥン 35B

チェンマイ門からワット・チェディルアン方向に進んでいくと、
右手に木造の立派な建物が見えてくる。
どんどんモダンに変貌していくチェンマイでは、
こうした昔ながらのラーンナー風木造建築物は「生きている博物館」みたいなものだ。
トムさん&ジアップさん夫妻トムさん&ジアップさん夫妻

この食堂のオーナーであるトムさんはもともと普通の勤め人だったが、
自分自身で店を構えて仕事をしたくなって、
約2年前に総チーク造りの家を利用してこの食堂を始めた。
トムさん(本名はクリット・ナチェンマイ)はチェンマイの有力者の家系ということで、
この建物も築100年以上のもの。
店の中でのんびり食事をするだけで、
自然に穏やかな気分になってくる。

メーニューは気取らずに、大衆的なタイ料理に徹している。
クェイティアオやバミーなどの麺類から各種ご飯もの、
トムヤムクン、トムカーガイなどのスープ類、タイ風マカロニ、スパゲティまで一通り揃っている。
バミー・ヘーン・ムー・トゥン 40Bバミー・ヘーン・ムー・トゥン 40B

どれを食べてもハズレなしだが、
とくにお奨めは豚肉(スペアリブもあり)を漢方スープでじっくり2~3時間煮込んだ
ムートゥンを使った料理だ。
麺類と食べてもよいし、もちろんご飯にもピッタリ合う。
ムートゥンのガパオライスなんてちょっと珍しい! 
ムー・トゥン・パッガパオ 60Bムー・トゥン・パッガパオ 60B

付け合わせ的に湯がいたパッカナー(青菜)も注文してみよう。
パッカナー・ナムマンホーイ 50Bパッカナー・ナムマンホーイ 50B
クェイティアオ・クア・ガイ 50Bクェイティアオ・クア・ガイ 50B

旧市内のツーリスト・エリアにあるレストランは
値段が高めのところ多いが、
その点、このお店は実に良心的。
お寺めぐりの合間、一休みしながらお昼を食べたいときに利用したいお店だ。
裏手に広い駐車場もあり。 (B)  
フアン・ジャーオ・ブアティップ情報
【営業時間】9:00~15:30(日~金)、6:00~21:00(土)
【休み】3週間ごとに2日間休み
【電話】08-1884-2991
【誌面地図】E-4





 



このページのトップへ

Kao Soy Nimman カーオソーイ・ニマーン(333号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

トッピング自由自在のカーオソーイ

チェンマイに来たらカーオソーイ、
といわれるほど名物になっているカーオソーイだが、
カレー味のスープがくせになるのか
タイ人にも外国人にも人気の料理だ。

チェンマイにはカーオソーイの店がたくさんあり、
店によってこってりタイプからあっさりタイプまで味も様々だ。
 
観光客に人気な地域で、アクセスも便利なところにあるのが、
「カーオソーイ・ニマーン」。
(横)カーオソーイ・スーパーボール 129B (1)カーオソーイ・スーパーボール 129B
ここのスープは搾りたてのココナッツミルクがたっぷり入った濃厚タイプで、
辛さは控えめ。
定番の「カーオソーイ・ガイ」(鶏肉)は大きなドラムスティックが入っている。
ボリュームたっぷりのカーオソーイボリュームたっぷりのカーオソーイ
この店の特徴は、具がいろいろと選べること。
一般的には鶏肉、豚肉、牛肉が主流だが、
ここでは「ムーヨー」(ソーセージ)や「カイジヤオ」(卵焼き)、
「ムー・トート」(揚げた豚肉)、
「サイウア」(ハーブソーセージ)、
とろとろに煮込んだ「ヌア」(牛肉)などがある。
牛肉カーオソーイ 85B牛肉カーオソーイ 85B

どれもタイ人が大好きな具ばかりで、若者の心をつかんでいる。
 どのトッピングにするか迷ったら、
「カーオソーイ・スーパーボール」を注文しよう。
エビや鶏肉、豚肉などが豪華に入ってくる。
1皿でお腹も心も満たされるボリュームだ。
(横)カーオソーイ・スーパーボール 129B (1)カーオソーイ・スーパーボール 129B
また、カーオソーイの他にも北部料理も充実しているので、
数人で行くなら何品か注文してはどうだろうか。
野菜ディップやミャンマー風カレ(ゲーン・ハンレー)、
スープ、炒め物など一通り揃っている。
トロトロに煮込んだ牛肉トロトロに煮込んだ牛肉
メニューは英語と写真付きなのでわかりやすいし、
夜8時まで開いているので、
いつでもカーオソーイが食べたくなったらふらりと寄れるのが嬉しい。(O)
Kao Soy Nimman情報
【営業時間】11:00~20:00
【電話】 0-5389-4881
【誌面地図】L-3




 



このページのトップへ

| ホーム | 次のページ