チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Rada Room ラダールーム

Filed under

 

エリシルクで自分だけの機織り体験を!
風合いのよい糸で織り上げる
自然布の魅力に溢れたチェンマイ。
一度くらい自分で布を織ってみたいという人にお勧めのショップができた。
JJマーケット内にあるシンプルな店内には、
織り機や色彩豊かな糸がずらりと並んでいる。
織り機の購入も相談可能
P2142212.jpg
ここで扱っているエリシルクとは
野生種のエリ蚕(野蚕とかワイルドシルクとも)から採れる繭のこと。
光沢はあるものの、一見コットンのようなカジュアルな風合い。
繊維自体にたくさんの穴が開いているため、
軽くて保湿性に富み、
UVカット率がコットンより高いといわれる。
この繭から糸を紡ぎだす
草木染でも非常に良く染まり、
自然の美しいカラーが楽しめる他、
洗濯機でも洗えて日常的に使えるという嬉しい特徴がある。
どの色の糸にするか悩む
北タイでは森の中の野生種しか知られていなかった
エリシルクの養蚕を手掛けたのが、
オーナーのラダさんだ。
オーナーのラダさん
前の職場を退職し、
自ら3年間試行錯誤を重ねてエリシルクの養蚕に成功。
現在はチェンマイやチェンラーイの村で養蚕を発注し、
自らはその魅力を伝えるため、
販売や広報に力を注いでいる。
素敵な模様織りも習える素敵な模様織りも習える

エリシルクの魅力は実際に手に取ってみなければ分からない。
ショップにはすでに織られたショールやエリシルクの生地の服やカバンが販売されている。
静かに集中する時間
機織り体験では自分で好きな色の糸を選び、
首巻やショールを制作することができる。
コースターならわずか1時間。
150㎝の首巻は2時間(900B)程度で織り上がるとのこと。
4歳の子どもからお年寄りまで、
どんなに不器用な人でもできるというのが嬉しい。
希望者には複雑な模様織りも教えてもらえる。
貴重なエリシルクの糸で自分だけの作品を織り上げてみてはいかが。(S)
DSC08142.jpg
Rada Room情報
【営業時間】10:00~18:00(月曜休み)
【電話】08-9802-9346
【誌面地図】H-2






 



このページのトップへ

Melt Away Bakery メルト・アウェイ・ベーカリー(332)

Filed under カフェ

 

とろける笑顔になるケーキ
キャロットケーキ 95Bキャロットケーキ 95B

 ボリュームたっぷりで愛情がつまったケーキを食べたい人は
ぜひメルト・アウェイ・ベーカリーへ行ってみよう。
ウアラーイ通りのはずれにあり、
知らないと通り過ぎてしまう小さな店だが、知る人ぞ知る人気の店だ。
フォンさんフォンさん

作り手のフォンさんは子どもの頃からお母さんの手伝いをしていた料理好き。
洋菓子は作ったことがなかったが、
息子の誕生日に知り合いがケーキを焼いてくれたのを見て、
自分でもできるかもと思い作り始めたら面白くなったという。
趣味でしていたが、友人から店を開けばいいのにといわれ、
3年前にオープンした。
レッドベルベット・ケーキとチョコレート・キャラメル・ケーキ 95Bレッドベルベット・ケーキとチョコレート・キャラメル・ケーキ 95B

 フォンさんが作るケーキはアメリカン、カジュアルヨーロピアンスタイル。
「欧米人だったら3口でペロリだけど、
アジア人だったら2人で1個で十分」というだけあり、ビッグサイズ。
定番人気はクリームチーズがのったキャロット・ケーキと
濃厚なチョコレート・キャラメル・ケーキだ。
一口食べれば、ダークチョコレートやバターなど
良い素材を使っているのがわかる。
スコーン 50Bスコーン 50B

そして嬉しいのが、同じケーキでも、
乳製品や卵を食べないビーガン用にココナッツオイルやナッツを使ったものや、
グルテンフリーのケーキも置いていること。
手作りクッキー手作りクッキー

 定番のケーキの他、スコーンやアップルクランブル、
マンゴーやイチゴなど季節のケーキが常に9~10種類が並んでいて目移りする。
また、オートミールやホワイトチョコが入ったクッキーが6~7種類、
手作りミューズリーやクッキーで作ったスプレッド「クッキー・バター」などもあり、
通いたくなること必至だろう。(O)
アップルクランブル&アイスクリーム 95Bアップルクランブル&アイスクリーム 95B
予備

Melt Away Bakery情報
【営業時間】10:00~18:00(土曜休み)
【電話】08-2029-4117
【誌面地図】D-5 (チェンマイゲートホテルの左斜め前ぐらい。「マリオ」の少し下)





 



このページのトップへ

ル・ジャルダン・ド・メージョー Le Jardin de Maejo(331)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

北タイの田園でヨーロッパ気分を味わう
ここはヨーロッパかも?
フェイスブックなどの急速な普及によって、
郊外の意外な場所がタイ人の間で隠れた人気スポットになり始めている。
メージョーののどかな田園地帯の中にあるこの個性的洋館もそのひとつだ(本誌3ページ広告地図を参照)。
ガラス張りの部屋はパーティ会場に最適だ。 
ここのオーナーのウタイさんは
オーストラリアの大学で博士号を取得、
農業関係の専門家としてワシントンのタイ大使館に勤務していた経歴の持ち主だ。
かつてドイツを旅した時に暖かい「おもてなし」を受けて
感銘を覚えた家族経営の宿泊施設をモデルに、
昨年11月にオープンしたのがこのプチ・ホテル&レストランだ。
銅製の鍋のコレクションなのだ。銅製の鍋のコレクションなのだ
貴族気分になれそうな雰囲気が漂う。貴族気分になれそうな雰囲気が漂う。

お客さんとも友達として付き合えるような
アットホームな場所を目指しているという。
部屋はたった4部屋しかないが、
メインルームとその上のスペースに分かれたスペースでゆったり寛ぐことができる。
建物内にはヨーロピアン・スタイルの調度品やアンティック・コレクションがたくさんあって、
貴族の館にでも迷い込んだような気分になる。
●プラームック・パッポンカリー 150Bプラームック・パッポンカリー 150B
●ラム・シロップ付きオレンジ・ビスケット 129Bラム・シロップ付きオレンジ・ビスケット

心づくしの手料理(タイ料理・洋食)は奥さんのカルナーさんの担当。
パタヤの親戚から特別ルートで仕入れた新鮮なイカを使った料理がご自慢だ。
ホームメイドのお菓子は、ドライフルーツを浸したラム・シロップ付きオレンジ・ビスケット、
ヘルシーな炭を使ったチャコール・チーズケーキ、
サクサクのパンにアイスを載せたハニー・トーストなど、
スイーツ・マニア垂涎の本格的なもの。
●チャコール・チーズケーキ 95Bチャコール・チーズケーキ 95B
オシャレなドリンクもいろいろ。オシャレなドリンクもいろいろ。
ガラス張りの開放的スペースは誕生日などのパーティー会場にピッタリ。
パタヤ直送の鮮度バツグン食材(要予約)を使ったメニューを注文してみてはいかが?(B)

ル・ジャルダン・ド・メージョー Le Jardin de Maejo情報
【営業時間】9:00~20:00(レストラン)無休
【電話】08-1420-5413 E-mail:uthaicenpukdee@yahoo.com
【誌面地図】J-3の先 
https://www.facebook.com/LeJardindeMaejo/?hc_ref=PAGES_TIMELINE



 



このページのトップへ

Rabbit Union (331)

Filed under カフェ

 

 チェンマイにはここだけ!ウサギカフェ
ウサギが放されている

 チェンマイの猫カフェ人気は未だ衰えていない中、
新たにウサギカフェがオープンした。
場所はナイトサファリの入口手前の路地を入った、すぐ左手。
緑いっぱいの敷地に約30羽のウサギが放されている。
P1131575.jpg

 ここで飼っているウサギは、
ピーターラビットのモデルになったネザーランドドワーフや
耳の垂れたホーランドロップ、
耳の長いミニレッキスの全部で3種類。
うさぎの餌 40Bうさぎの餌 40B
まずは手を洗って、人参やガパオの入ったバスケットを持って柵の中へ。
ウサギたちは餌に気付いてすぐに近寄って来てくれる。
フワフワの毛並のウサギたちが
懸命に口を動かして餌を食べる愛くるしい姿を間近に見られて大感激だ。
オーナーのニッキーさん(左)とイブさんオーナーのニッキーさん(左)とイブさん
オーナーのニッキーさんは獣医さんで、
奥さんのイブさんがラーチャブリー県で始めたウサギカフェが大盛況だったため、
本格的に奥さんのサポートをするようになったのだとか。
地元チェンマイに移転して5か月が経つが、
タイ人や西洋人の家族連れに人気がでている。
親子連れで楽しむ姿が
30匹いるウサギの全てにワクチンを打っているので安全だが、
うさぎを怒らせないように丁寧に扱うことも大切だ。
子供たちに動物を可愛がる気持ちを育んでもらいたいと、
目下ウサギについて学べるカリキュラムを制作中だという。
屋外のカフェコーナーも気持ちが良い
気候の良いこの時期、ウサギを見ながらゆっくりお茶を飲んだり食事をしたりするのもお奨め。
2人で経営しているので少々時間がかかるが値段は良心的だ。
安全野菜のベーコンサラダ 110bタイ風スパゲティーはいろんな味が75B 
安全野菜のベーコンサラダ 110b タイ風スパゲティーはいろんな味が75B
ラテ 35B
ハニートーストは皆で 120B大きなハニートーストは皆で 120B

雨が降るとうさぎを屋外に出せなくなるので、遊びに行くなら今の時期がベスト。
動物好きの人やお子さんがいる方は
ラーチャプルック公園やナイトサファリに行きがてら立ち寄ってみてはいかが?(s)
この看板が目印この看板が目印
Untitled-1_20170125234826b5a.jpg
Rabbit Union情報
【営業時間】9:00~19:00(無休)
【電話】09-0292-6774 Fb The Rabbit Union






 



このページのトップへ

AS Café アズ・カフェ(329)

Filed under カフェ

 

似顔絵パンケーキ 120B似顔絵パンケーキ 120B

自分の顔をパクリ、似顔絵パンケーキ

チェンマイにはいろいろなスタイルのカフェがあるが、
テクノロジーと食を融合させたカフェがオープンした。
フードプリンターを使って、パンケーキに似顔絵を描いてくれる店だ。
オーナーのギックさんとジョーさんはバンコクで3Dのモデル(人形)を作る会社に勤めていたが、
ギックさんの出身地のチェンマイに戻り、
まだタイでは珍しい似顔絵のパンケーキを作ることにした。
ギックさん(左)とジョーさんギックさん(左)とジョーさん
生地が入ったボトルをプリンターに取り付けると、
データ化した写真をもとにプリンターが線を描いていく。
その後は人の技が必要で、ホットプレートの熱を利用して濃淡をつけるのだ。
影が濃いところから生地をのせていき、
ハイライトは最後というように考えながら手際よく描く。
焼き具合を見ながら生地をのせていく。
焼いている時は仕上がりがわからないが、
生地をひっくり返すと見事、本人そっくりのパンケーキができていて、
周りからわーっと歓声が上がる。
味のほうも薄目の生地だが、ふわふわでおいしいと好評だ。
トッピングはいろいろと選べる。トッピングはいろいろと選べる。

(予備)もしやこの人は…

その場で写真を撮ってもらってもいいが、
自分の顔を食べるのはちょっと……という人は、
季節で変わる店オリジナルの絵をお願いしよう。
パンケーキには好みでマンゴーやイチゴ、
アイスクリームなどトッピングを追加することができる。
水出しコーヒー 130Bと3D人形 3800B~水出しコーヒー 130Bと3D人形 3800B~
(予備)オレンジソーダ 40Bオレンジソーダ 40B

飲み物はすっきり爽やかなオレンジや青リンゴソーダの他、
チェンマイの豆を使った水出しコーヒーなどがある。
コーヒーはボトル入りで、冷蔵庫で3カ月保存できるのでお土産にも最適だとか。
また、キーホルダーや3D人形も注文できるので(1週間)、
何かの記念に作りたい人におススメだ。 (O)
3Dキーホルダー 1500B3Dキーホルダー 1500B
(予備)3D人形 3800B~3D人形 3800B~
AS Café情報
【営業時間】11:00~20:30(土日10:00からオープン)無休
【電話】09-4969-1115 【FB】ascafe.chiangmai
【誌面地図】E-1(MAYA3階)






 



このページのトップへ

My Seacret Cafe In Town(329)

Filed under カフェ

 

DSC01017.jpg
旧市街の朝も夜もくつろげるカフェ

プラシン寺を出て真っ直ぐ行った右側に有名なアカアマコーヒーがある。
そこが満員だったので、その裏にあるカフェに入ってみたら、
なかなか居心地が良かったので紹介しよう。
ピンク色の壁が目印

オーナーはアートが好きなタイ人女性のチゃーさん。
緑みがかったきれいなブルーの壁に、素敵な絵画や銅板作品が飾られ、
その前にはイギリス人の旦那さんと選んだという
ゆったりサイズのソファーが置かれていて寛げる。
2階にはささやかなギャラリースペースがあり、
絵画や写真、陶器などの作品展が常時開催されている。
2階は小さなギャラリースペース2階は小さなギャラリースペース

アイルランドで料理を学んだというチャーさんのカフェメニューは、
西洋人に人気。お昼に軽く食べたい時には、サンドイッチやワッフルもある。
クウェティオ・ボット 60Bクウェティオ・ボット 60B
また、米粉の麺の入ったサラダ「クウェティオ・ボック」は野菜たっぷりでヘルシー。
甘いチリソースをかける、ちょっとベトナム風の味だ。
ヤギのチーズのコクが◎ Bruschetta 195Bヤギのチーズのコクが◎ Bruschetta 195B
友達とシェアするなら、バゲットにガーリックとオリーブオイルを染み込ませたブラスケッタを。
グリルした赤ピーマンや茄子の甘さと、
フレッシュなハーブやトマトとのバランスが絶妙。
ビールやワインに合いそうだ。
人気のキャロットケーキ90B、ホット・ラテ 65B人気のキャロットケーキ90B、ホット・ラテ 65B
スイーツは、キャロットケーキが人気。
しっとりした生地にまぶされたザラメ糖のカリカリした食感が楽しい。
クッキーケーキやパッションケーキなど、
日によって登場するケーキが違うのでショーケースをチェックして。 
クッキーケーキ
街中のカフェでは珍しく遅くまで空いていて、
ワインやビール、お酒の種類もいろいろ揃う。
夜にも利用できる便利なカフェだ。  (S)
My Seacret Cafe In Town情報
【営業時間】8:00~22:00(無休)
【電話】08-1 499-9911
【誌面地図】E-4





 



このページのトップへ

No Gravity Indoor Climbing Gym ノー・グラヴィティ・インドア・クライミング・ジム (328)

Filed under 未分類

 

室内ロック・クライミングで無重力に酔う?
高所恐怖症の人は無理かも?
旧市街からJJマーケット方面に向かう途中、
右手に「NO GRAVITY」の看板を掲げた倉庫のような赤っぽい建物が見える。
「ひょっとして無重力体験ができるかも?」と早合点しそうになったが、
中を覗いてみてなるほどと納得した次第。
DSCN1699.jpg
実は、ここはチェンマイで唯一の室内ロック・クライミングを体験できる場所なのだ。
この道16年のパイラットさんこの道16年のパイラットさん
小さい時から木登りが大好きだった
マネージャー兼インストラクターのパイラットさんは、
ある映画を観てロック・クライミングに開眼。
当時ナイトバザール裏にあった専門ジムで訓練してテクニックを磨き、
20歳頃からスイス、日本、中国などでの競技会に挑戦してきた。
いろいろなインストラクターの資格も取得、
ちゃんと英語も勉強して、3年半前にこの施設をオープンした。
難易度に応じてA、B、Cのランクあり。難易度に応じてA、B、Cのランクあり
垂直よりもキツイ勾配なのだ。垂直よりもキツイ勾配なのだ
建物内の壁にはあちこちにカラフルな突起物がついていて、
それを注意深く掴みながら天井まで登っていく。
もちろん腰にロープを結んでいるので、失敗してもマイペンライだ。
何本ものロープが下がっている。何本ものロープが下がっている。
もちろん用具は貸してくれる。もちろん用具は貸してくれる。
この道16年の経験を持つパイラットさんをはじめ4人のインストラクターが在籍、
初心者に対しても親切に指導してくれる。
小学生でも女性でも60~70代の高齢者でも大歓迎だとか。
2階は器具を使わずに登るボルダリングの練習場(マット敷きだから安全)になっている。
1時間大人280バーツ、子供200バーツ(指導料100バーツ)、
1日4時間コース1000バーツ(指導料込み)、メンバー(1ヶ月~1年)はさらにお得な料金だ。
頑張ればスパイダーマンも夢ではないぞ!?       (B)
No Gravity Indoor Climbing Gym 情報
【営業時間】13:00~22:00(土日は21:00まで)
【休み】年末年始、ソンクラーン【電話】06-1337-7214 FB:ClimbNoGravity
【誌面地図】H-3






 



このページのトップへ

Forest Bake フォレストベイク (328)

Filed under カフェ

 

緑いっぱいのお洒落なパン屋さん
緑の中のお店
ピン川の東側、フローラルコンドーの隣にある
カレーのレストラン「Hinlay Curry」の敷地に新しくパン屋さんがオープン。
緑いっぱいの庭が素敵な、ケーキやパンを味わうのにぴったりの雰囲気だ。
きのことホウレン草のキッシュ 95Bきのことホウレン草のキッシュ 95B
オーナーのナリンさんカップル
瑞々しい感性でお店作りをするのはナリンさんカップル。
そしてパン作りの担当はお母様のプラニートさん。
タイとイギリスのハーフであるプラニートさんは、もともとパン作りが好きだったが、
娘さんがイギリス留学中に訪れた現地でさらにパン作りを勉強。
しかし、気候の違うタイでは温度調節が難しく、
オープンするまでの1年半は納得できるパンが焼けるまで
日々パンを焼き続け、ようやく9月にオープンさせた。
小麦は国産とドイツ産を使用。
サワードールは半分のサイズでも購入可 1つ120Bサワードールは半分のサイズでも購入可 1つ120B
酸味が後をひく人気のサワードウは毎週水曜日のみの販売だが、
2日前までなら注文可。
バゲットや食パンはレジ奥の籠をチェックバゲットや食パンはレジ奥の籠をチェック
外はパリッパリ、中はもっちりのフランスパンは、
おいしくて気が付いたら一本ぺろりと食べていた、という事にならないようにご注意を。
毎週登場する季節のパンも見逃せない。
ブルーベリーとシナモンのロール 85Bブルーベリーとシナモンのロール 85B
素朴なテイストのケーキはナリンさんの叔母さんが担当。
砂糖未使用のかぼちゃのケーキや、ダブルチョコブラウニー、
旬の果物を使ったフルーツケーキが定番。和風チーズケーキも味わってみたい。
食感が楽しいフランスのお菓子カヌレ 12B、25B食感が楽しいフランスのお菓子カヌレ 12B、25B
季節の果物をたっぷり使ったケーキが人気季節の果物をたっぷり使ったケーキが人気
週末はカメラを持ったお洒落な若者たちでいっぱい。
木漏れ日が心地よい外の席やレストラン内でも、
焼き立てのパンを味わうことができる。
今月末まではナリンさんによる絵画展も開催中。
食欲と芸術の両方を満たしに訪れて見てはいかが?  (s)

Forest Bake情報
【営業時間】10:30~17:00(月・火定休)
【電話】09-1753-3073
【誌面地図】D-3




 



このページのトップへ

GMC在宅介護ホームケア GMC Zaitakukaigo (Homecare)(327)

Filed under 未分類

 

ここならスグレモノの介護用品が見つかる。
明るくモダンな雰囲気の店舗だ。
総領事館の情報によれば、在外公館がある都市の中で
チェンマイは在留邦人の65歳以上の高齢者比率が世界でいちばん高いところだという。
このところ、ロングステイヤーの間で介護問題についての話題が多くなっているのも当然だろう。
一方、今後タイ社会の高齢化も日本を凌ぐ勢いで急速に進むことが予想されている。

エアポート・プラザの交差点からハーンドン方面に約1.5km進んだ左手(テスコ・ロータスの少し先)にある
チェンマイ大学医学部付属老人医療センターGMC(Gerontology Medical Center)は、
そうした状況の中で先進的高齢者医療を扱う専門病院として各方面から注目を集めている。

まるで高級ホテルのようにピカピカのGMC病院ロビー1階左手の薬剤部隣に
在宅介護用品専門ショップGMC Zaitakukaigo (Homecare)がオープン、
11月8日にタイ日両国の関係者などを招いて開所式が執り行われた。
11月8日に開所式が行われた。11月8日に開所式が行われた。

日本で在宅介護関連事業を手がける
株式会社フレンドの当地子会社Best Asian Friendが運営するこのお店では、
これまでチェンマイでは入手が難しかったハイレベルな日本製介護用品を購入することができる。
機能的な車椅子、高齢者用歩行器、介護用ベッド、
最新式のベッドも展示してある。最新式のベッドも展示してある。
ハンドル付きトイレから杖、靴、食器類まで、
杖にもいろんなタイプがある。杖にもいろんなタイプがある。
安全、安心は足元から。安全、安心は足元から。
やっぱりトイレは重要だ。  やっぱりトイレは重要だ。
バリアフリーはこれでOK!バリアフリーはこれでOK!
こんな車椅子ならラクチンだろう。こんな車椅子ならラクチンだろう。
いろいろな製品を展示販売している。
家を改造しなくてもバリアフリーにできる補助板、
歩き疲れたときに椅子として使える杖など、
アイデア商品も大いに利用価値がありそうだ。
GMCの医師のアドバイスを受ければ、
さらに適切な介護用品を見つけることができるに違いない。            (B)   

       
GMC Zaitakukaigo情報
【営業時間】10:00~17:00(無休)
【電話】09-7149-9751、08-3861-3540(ジャンシー村上)
【誌面地図】A-5の先





 



このページのトップへ

ミックス・カフェ mix kaffee(327)

Filed under カフェ

 

小さなお店なので見落とさないように

モカポットで淹れるコクのあるコーヒー

旧市街のスアンドーク門に近いお堀の内側に、小さなカフェがある。
モカポットの看板が目印だ。
まだまだ衰えを見せないチェンマイのカフェブームの中で、
個性が際立つコーヒーを提供していると、チェンマイはもちろん海外からのコーヒー好きも訪れている。
手焙煎の豆はここをチェック!1日4杯のみ!手焙煎の豆はここをチェック!1日4杯のみ!

 コーヒー豆は自家焙煎もあるが1日わずか4杯のみ。
これを飲むには運が必要!? 
その他、「本日のお奨めコーヒー」は店の壁にメニューが書いてあり、
また、2週間置きに入れ替わるという日本の有名コーヒー店の豆を選ぶこともできる。
基本のメニューはここをチェック!「本日のお奨めコーヒー」はここをチェック!

ここのコーヒーは直火式モカポットで淹れるエスプレッソが基本。
オーダーしたら、オーナーのトンさんが豆を挽き、
モカポットで淹れてくれる。
お客さんが5、6人も入れば満員の店内にコーヒーの香りが充満する瞬間だ。
真剣に楽しく、一杯ごとに心を込めて (予備)真剣に楽しく、一杯ごとに心を込めて
お客さんとのコーヒー談議に花が咲きます。お客さんとのコーヒー談議に花が咲きます。

 カウンターの下の棚には歴代のモカポットが展示されている。
そもそもトンさんがモカポットを使い始めたのは、
日本人の奥さんの現在95歳になるお母さんからモカポットの魅力を教えてもらったことがきっかけだとか。
本場イタリアのものに比べると、もう少しソフトで豆自体の味を味わえるのが特徴。
この味にはイタリア人のお客さんもびっくりするそうだ。
フレンドリーだがコーヒーには熱いトンさんフレンドリー。コーヒーには熱いトンさん

コーヒーへの想いが熱いトンさんは、
一口目にはコーヒー豆の個性が立ち、
最後には調和のとれた味と香りが口の中に残る、
そんなコーヒーを目指してさらに淹れ方を研究中だ。
ホット・エスプレッソ 55B この日はコロンビア産ホット・エスプレッソ 55B この日はコロンビア産
アイス・エスプレッソ ミルク入り アイス・エスプレッソ ミルク入り
ホット・エスプレッソ 55B この日はコロンビア産
 レコードのジャズやボサノバ音楽を聴きながら、味わい深いエスプレッソを楽しんでみてはいかが?  (S)
レコードのジャズやボサノバが流れる。レコードのジャズやボサノバが流れる。

ミックス・カフェ情報
【営業時間】10:00~15:00(日曜定休)
【電話】08-1568-7203【fb】mixcaffee
【誌面地図】D-3





 



このページのトップへ