FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Our Place アワー・プレース(407)

Filed under 洋食レストラン

 

壁のイラストがなかなかオシャレ。

友達の家にいる気分でのんびり洋食を

ビーフ・ラザニア 145Bビーフ・ラザニア 145B

今回ご紹介するのは、ちょっと不思議なカフェ&レストランだ。
自然体の営業スタイルというか、ほとんど商売っ気がないし、
余計なサービス精神も感じられない。
Our Placeという店名が示すように、
ここには通常の店とお客さんの関係のようなハッキリした線引きがない。
友達の家にぶらりと遊びに行き、
そこで出てきた食事をのんびりいただく……なんか、そんな感じなのだ。
ガラス張りの建物が素敵だ。

 一応、シェフの役目をしているのは、
バンコク出身のターさん。
閉店後の時間はレゲエ・バンドのドラマー&DJをやっているだけあって、
見るからに自由人っぽい雰囲気だ。
4年前に店を始めたときは、
恋人のアンナさん(スコットランド人の父親とタイ人の母親のハーフ)が料理を担当していたが、
他の仕事が忙しくなったため、
ターさんにレシピを伝授してバトンタッチしたとか。
エッグ・サンド 85Bエッグ・サンド 85B

ここの料理は、基本的に手作りのホームメイド感覚なのが嬉しい。
サンドイッチやパスタ類には、
タイハーブ(バイ・ホーラパー)の自家製ペストを使っている。人気のラザニア(ビーフ、野菜、ホウレンソウ)、各種サンドイッチ、ドイツ風カツレツのシュニッツェル(マッシュポテト&ザワークラウト付)など、
どのメニューもボリュームたっぷりで良心的なお値段だ。
チキン・シュニッツェル 125Bチキン・シュニッツェル 125B
黒胡椒鶏肉添えペスト・スパゲティ 115B黒胡椒鶏肉添えペスト・スパゲティ 115B

料理が出てくるまでに時間がかかることもあるが、
むしろ、ここではのんびりしたひと時を楽しむ心の余裕を持ちたい。
壁のイラストにも描かれているジャックラッセルテリアのワンちゃんが
自由に店のドアを開けて出入りしている。
それが、いかにもこの店らしくて微笑ましい。   (B)
 
Our Place アワー・プレース情報
【営業時間】11:00~21:00(日曜休み)
【電話】09-4196-8709、08-6565-5186
【誌面地図】Map①E-1 Map②N-1


 
 

 



このページのトップへ

ジェニー・スクープ Janie Scoop(407)

Filed under カフェ

 

夜も会社帰りの女性客が立ち寄る

手作りアイスクリームで涼しいひと時を

冷たいスイーツが恋しくなる季節を迎えたチェンマイ。
アイスクリーム激戦区ニマーンヘーミン通りで、
7年前にオープンして以来、
大勢の在住外国人に愛されているのが
ジェニーさんのアイス店だ。 
ジェニーさんとマキエさんジェニーさんとマキエさん

オーナーのジェニーさんは大のアイスクリーム好き。
お店のアイスクリームは全て彼女による手作りだ。
日本人はラムレーズンやチョコレート系、
韓国人は抹茶やブルーベリー、
西洋人はキャラメルやピーナッツバター、
タイ人は唐辛子入りマンゴーやグミ入りヤクルト味などと、
それぞれ人気の味の系統が異なるので、
たくさんの味を準備しているうちに、
40種類以上になったのだとか。
店頭には、そのうちの20種類が並んでいる。
ずらり20種類どれにするか迷う!

とくに季節の果物を使ったシャーベット系はさっぱりしていて美味。
シーズンごとに味が変わるので、季節感も味わえる。
1スクープは40バーツ、ダブルだと75バーツ。
コーンにするとプラス10バーツと良心的。
ショーケースのケーキもチェック!
 
アイスの隣には、チーズケーキやブラウニーが並ぶ。
こちらもジェニーさんの手作りだ。
ジェニーさんのおすすめは、アイスとホイップクリームがセットになったチョコレート・ラバケーキ。
トッピングのアイスは好きなものから選べるので、
ミルク系と悩みつつ、ライチ&ベリーのシャーベットをチョイス。
ケーキの中からあったかくて濃厚なチョコレートソースがとろ~り流れ出す。
チョコレートラバケーキ&アイス 95B
アイスと絡めて食べると、甘酸っぱさがチョコの香りを引き立ててておいしい。
この他にもアイスを添える焼き立てワッフルも大人気。
冷たくてあまいひと時をどうぞ。(S)
タイティーとラムレーズン 2つで75Bタイティーとラムレーズン 2つで75B

角にあるよ

ジェニー・スクープ Janie Scoop情報
【営業時間】15:00~22:30(無休)
【電話】08-4 043-3338
【誌面地図】L-1


 




 



このページのトップへ

カーオマンガイ・ドゥーバイ ข้าวมันไก่ดูไบ(406)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

3種類盛り合わせ大皿は89B3種類盛り合わせ大皿は89B

3種類盛り合わせ大皿で満腹&満足なのだ!

本来、カーマンガイは茹でた鶏肉を使う料理だが、
この頃は揚げた鶏肉のカーオマンガイ・トートも一般的になってきた。
ピン川脇のパーデート地区にあるこのお店では、
さらに違ったタイプのユニークなカーオマンガイがいろいろ選べる。
デーさんとピアさんデーさんとピアさん

ランプーン出身のご主人デーさんは以前、
ドバイで働いていたことがあり、
そこの鶏肉料理にヒントを得て作ったのが
店名にもなっているカーマンガイ・ドゥーバイだ。
カアオマンガイ・ドゥーバイカーオマンガイ・ドゥーバイ

20種類以上もの香料を混ぜてオーブンで蒸し焼きにして、
その上にカリカリに揚げたホームデーン(赤タマネギ)を振り掛ける。
その名の通り、どこか異国情緒が漂う、
クセになりそうな味付けだ。
臭い肉が苦手の人でもこれならまったく抵抗ないはず。
カーオマンガイ・セープ 35Bカーオマンガイ・セープ 35B

お店を始めて2年ほどになるが、
半年前に格安プロモーションとして、
茹でた鶏肉、揚げた鶏肉、そしてこのドバイ風鶏肉の3種類を盛り合わせた
大皿メニューを導入したら大評判になった。
お昼時はお客さんがいっぱい!(予備写真 タイ語)

いろんな味を楽しめて量がたっぷり
(2~3人でシェアするとちょうどよいぐらい)、
しかも値段は89バーツの激安だから、
お客さんはどんどん増えるばかり。
今はマヒドン通り近くのスペースまで
店を拡張して営業している。
お昼時は混雑するが、
2時頃には売り切れてしまうこともあるので注意したい。
辛い味が好きな人には、
イサーン風味付けのカーオマンガイ・セ-プもお奨め。
揚げた鶏肉を刻んでスパイスに絡めた逸品だ。
奥さんのピアさんをはじめ、
家族一緒に頑張っているフレンドリーなお店だ。     (B)
ガイオック・テーク 40B
ガイオック・テーク 40B 
カーオマンガイ・ドゥーバイ情報
【営業時間】8:30~(売り切れたら閉店)
【電話】08-6181-9988 基本的に無休
【誌面地図】C-7





 



このページのトップへ

和美 Wami(406)

Filed under 雑貨

 

夢があふれる自分だけのオルゴール
DSC06313.jpg
今回は自分だけのオルゴールが作れるお店を紹介したい。
場所はショッピングモール「ワンニマーン」の中、
宮崎駿のアニメに出てきそうな木の屋根が目印だ。
DSC06279.jpg

まずはオルゴールのタイプを選ぼう。
男の子にはロボットや動物の形を組み立てて色を塗るタイプ、
女の子には小箱の上にマスコットや草花を飾るタイプが人気だ。
DSC06333.jpg
上級者向けにモザイクで絵をはめ込むタイプもある。
DSC06356.jpg
子供だけでなく、大人も夢中なっに作り込む人が多いそうで、
最長記録はなんと4時間! 
時間制限はないので、お店の作業台で好きなだけ手作りを楽しむことができる。
4時間は長いが、最低30分は必要。

hosei.jpg
オーナーのレンさん(右)
 
オーナーのレンさんがこのオルゴール店を始めるきっかけとなったのは、
子供の頃に母親からもらったひとつのオルゴールだった。
ある日、中を開けてみると「Sankyo」という
日本屈指のオルゴール会社の名前があり、
奥さんのひろみさんと一緒に日本へオルゴールの勉強に出かけ、
ついにオルゴールを販売する会社を設立したのが12年前。
3年前には子供たちの意見を取り入れた
ワークショップタイプのこのお店を開いたのだそうだ。
DSC06324.jpg
透明なピアノ型やシンプルな木箱、
鉄作家のルカーさんの作品など、
完成品も多種販売されている。
DSC06318.jpg
曲はカノンなどの定番はもちろん、
タイ・ポップスもあり、コレクターもいるのだとか。
ラーマ9世が作曲された曲は年配のタイの方へのプレゼントにしたい。
また、引き出物用の名前入りのオーダーも可能とのこと。
インターネットでどんな音楽でも聴ける時代だからこそ、
心に響くこんなプレゼントが喜ばれそうだ。 (S)

和美 Wami情報
【営業時間】10:00~22:00(年中無休)
【電話】08-1473-8995  FB  Wami-Studio
【誌面地図】M―2






 



このページのトップへ

Heart N Soul Herbal Steam House ハート・エヌ・ソウル・ハーバルスチームハウス(406)

Filed under スパ・マッサージ

 

女性専用のハーブサウナで自分の時間を
DSC05683.jpg

女性専用のハーブサウナがあるよと教えてもらい、早速行ってみた。
予約時間に到着すると、まず、サロンやバスタオルを渡され、
シャワールームに案内してもらう。
シャワーを浴びてサロンを身につけたらサウナ室へ。
入ったとたんに樟脳とハーブの香りの蒸気に包まれる。
DSC05677.jpgマッサージ器具で肩をほぐしながら

室内は木製で清潔感がある。
定員3人ほどとやや狭いが、
3箇所に窓があるのでほどよく明るい。
外の休憩所も、天窓から日が差し込んで開放感あり(風が強いと玄関の門が開くのは要注意)。
初心者は10分ごとに休憩しつつ、3回入るといいらしい。
のぼせないようにと早めに出て水分をとったり、果物を食べたり。
完全予約制だから、ゆっくりくつろげる。
DSC05703.jpgアロマキャンドルや緑豆スクラブなど、心や体をケアするグッズも販売中。

2度目には冷たかったお腹も温もってきた実感が。
ハーブサウナは鼻や喉、皮膚からもハーブのエキスが浸透し、
冷えを取り除き、ホルモンバランスの調整やデトックス効果があるのだそう。
ピンク色のヒマラヤ塩にオイルや薔薇の花びらを調合した
スクラブクリームのサービスがうれしい。
シャワーを浴びると、お肌がすべすべに。
マッサージ用の服に着替え、ドライヤーで髪を乾かす。
DSC05687.jpg

サウナで温まった後は至福のマッサージタイム。
タイ古式、オイルマッサージ、フットマッサージ、
ヘッドマッサージ、治療マッサージ、ホット・バンブーマッサージから選べる。
スクラブやラップもある。
マッサージ師ももちろん女性で、
上手な人が揃っているから、ぜひ受けて。
DSC05696.jpg

オーナーのパニダさんは、
病院で代替医療の通訳をしていた時に、
忙しくストレスの多い現代の女性たちに共通する問題があることを知り、
自分と向き合い癒される場所を作りたいと、
この店をオープンさせたのだそう。
毎週日曜日は呼吸法や瞑想のワークショップを開催。
忙しい時ほど、くつろいで自分の時間を持つべきだと教えてくれる場所だ。(S)
DSC05694.jpgハーブティーと果物のサービスがある。

DSC05715.jpg

บ้านอบสมุนไพรเพื่อผู้หญิง เชียงใหม่
【営業時間】10:00~20:00(無休)
【予約】06-4959-5596(英語可)、FB  https://www.facebook.com/heartnsoulhouse/
【地図】C―3
【値段】 1回300バーツ、3回チケットを買うと1回250バーツ。




 



このページのトップへ

Teresa Teng Restaurant& Billy Cafe テレサ・テン・レストラン&ビリー・カフェ(405)

Filed under カフェ

 

あの歌姫に会えるカフェ
歌手と一緒に歌うこともできる。歌手と一緒に歌うこともできる。

台湾出身の歌姫、テレサ・テンはタイが大好きで、
1995年にチェンマイで亡くなるまでは、
長期滞在でチェンマイによく来ていたという。

常宿はナイトバザールのインペリアル・メーピンホテル。
そして、その時テレサ・テンのお世話をしていた
ホテルのビリーさんとテレサ・テンのお兄さんが
去年12月、メーヒア地区にこの店をオープンした。
マネージャーのスカイさんとビリーさんマネージャーのスカイさんとビリーさん

ファンクラブは北京と雲南、台湾、チェンマイにあるが、
このようなお店をかまえているのはここだけだという。
店内はテレサ・テンの思い出がいっぱい!店内はテレサ・テンの思い出がいっぱい!

店内には、テレサ・テンの写真や最後のサインなどが飾られている。
1日に5回ツアー&ショーがあり(完全予約制)、
申し込むと、まず写真を見ながら店内を回るツアーが40分ほどある。
テレサ・テンの写真が飾られている。テレサ・テンの写真が飾られている。

十代でバンコクに来た時の写真やチェンマイのものなどを見ることができる。
その後、ビリーさんが舞台でテレサ・テンの思い出話をしてくれる。
マンゴーやドリアンが好きだったなど、どれも貴重な話だ。
ビリーさんは日本語が上手なので、日本語で話を聞けるのもうれしい。
テレサ・テンの銅像テレサ・テンの銅像

そして、タイ人歌手がテレサ・テンの歌を4曲ほど熱唱。
その後、一緒に歌を歌うこともできる。
このツアーには、フルーツとタイ菓子、
中国茶のアフタヌーンティーセットがついてくるが、
どれもテレサ・テンが好きだったものだ。
テレサ・テンが好きだったタイの果物とお菓子 要トリミングテレサ・テンが好きだったタイの果物とお菓子

お茶は、テレサ・テンの財団があるチェンライ県メーサロン産で、
この収益金の一部は財団の運営費として使われるとか。
チェンマイで歌姫に会いたくなったらぜひ。(O)
この看板が目印 予備


Teresa Teng Restaurant& Billy Cafe情報
【ショータイム】10:30,13:00,15:00,17:00,19:00無休
【電話】0-5200-5560【入場料】900B(要予約)
【誌面地図】A-3先








 



このページのトップへ

リネン・スペース Linen space(404)

Filed under 雑貨

 

お洒落な刺繍の入ったデニムパンツ 1500B刺繍の入ったデニムパンツ 1500B

手刺繍が生きるシンプルなのに個性的な服

「Linen space」は旧市街の東側、ムーンムアン通りソーイ9に新しくできた服屋さん。
たっぷりとしたシルエットのシャツや肩の大きく開いたワンピース、サルエルパンツなど、
リラックスしながらもきちんと大人っぽい雰囲気を保ったデザイン。
素材はリネンやコットンで着心地バツグンだ。
DSC04579.jpg
オーナーのオーイさんオーナーのオーイさん

これらの洋服をデザインするのはオーイさん。
古着好きでもある彼女が選ぶジャケットやブラウスも、とてもスタイリッシュ。
リネンの古着のジャケット
ドレッシーで着心地の良いワンピース

「刺繍をしているときは幸せ」というオーイさんが
古着のシャツやパンツに手刺繍を施したシリーズも大人気だ。
DSC04622.jpg

刺繍の図案には、ストリートアーティストであるパートナーが描く
曼荼羅模様や幾何学模様の柄が取り入れられているので、
どこかストリートな気分を残しつつも、
ハードになり過ぎず、
手刺繍の温かみのある特別な1着に。

オーイさん自らが刺繍しているから、
ひとつとして同じ服に出会えないので、
気に入ったら即決がおすすめだ。
ヨーロッパのアンティーク

こだわりの雑貨も要チェック。
ガラスのショーケースにはヨーロッパのアンティークがさりげなく並んでいる。
オーイさんの友人が作るリネンの糸で編んだバックや皮靴は
Linen spaceの服に馴染むナチュラルなテイストだ。

店内は決して広くはないが、もともと自宅にしようと借りた古民家を改装しているので、
どことなく落ち着ける雰囲気。
ライム&ジンジャーでリフレッシュ 40Bライム&ジンジャーでリフレッシュ 40B

ライム&ジンジャーやパイナップル&ココナッツミルクスムージー、
アボガドスムージーなど、
体も喜ぶおいしいドリンクがたったの40B。
ショッピングにも街歩きの一休みにもぴったりのお店だ。(S)

リネン・スペース Linen space情報
【営業時間】10:00~19:00(無休)
【電話】06-4963-6587
【誌面地図】F-3 





 



このページのトップへ

キティパニット KitiPanit กิติพานิช(404)  

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

歴史の中で味わうラーンナー料理
ゲーン・ハンレー(290B_)ゲーン・ハンレー(290B_)
DSC_6398.jpg

古い建物が残るターペー通りに、
築130年以上の家を改修したラーンナー料理の店がオープンした。
この家に眠っていた家具や雑貨、写真などを
センス良くインテリアに取り入れてある。
DSC_6279.jpg

建物はデパート、美容院/床屋、クリニックとして利用されていたため、
当時の看板や医療器具なども飾られていて、
チェンマイの歴史を知るうえでも興味深い。
タオさん1タオさん

店を経営するのは、
家主の孫にあたるタオさんとビジネスパートナーのフレッドさん。
それぞれバンコクでミシュラン1つ星のレストランを経営しているため、味はお墨付き。
メニューのラーンナー料理は、
どれも伝統的な味を残しながら、洗礼された料理に仕上げている。
チキン・カオソーイ(290B_) (2)チキン・カオソーイ(290B_)
おすすめは、大きな鶏もも肉が入ったカレーラーメン、「カオソーイ」。
通常のものと違い、シチューのように濃厚で、スパイスの香りがたっている。
そのまま麺にからめて食べてもおいしいが、
ココナッツミルクとチキンストックを合わせたスープを好みで調整しながら入れてもいい。

また、「ゲーン・ハンレー」は一般的に三枚肉を使うが、
この店では脂身の少ない首周りの肉を使用。
ことことと長時間煮込んであるので味がしっかりしみ込んでいるうえ、とろとろ。
ご飯が進む一品だ。
ヤム・パクチー・ガイヤーン(210B_) (2)ヤム・パクチー・ガイヤーン(210B_)

その他、熟す前のジャックフルーツをペースト状にしたタム・カヌンや、
たっぷりのパクチーをガイヤーン(焼き鳥)にのせたヤム・パクチー・ガイヤーン、
タイフュージョンデザートなどもぜひ!(O)
DSC_6328.jpg

チーズケーキ(220B_)チーズケーキ(220B_)


キティパニット情報
【営業時間】11:30~23:00 (無休)
【電話】08-8949-7996 www.kitipanit.com
【誌面地図】G-4








 



このページのトップへ

チェンマイ・ホスピタルのタイ伝統治療 Chiang Mai Hospital Holistic(403)

Filed under スパ・マッサージ

 

病院で安全にタイ伝統治療を体験する

ワンツーマンで教えてもらえるワンツーマンで教えてもらえる

チェンマイ・ホスピタルでは病院内にタイの伝統医療や鍼、
腸内デトックスなどが受けられる専門科が置かれ、
病院内で安全にタイマッサージが学べる。

透明なリフトに乗って3階フロアまで行こう。
DSC03911.jpgサワット・ワンシー先生

教えるのはタイ伝統治療師として20年の経験をもつサワット・ワンシー先生。
英語で習えると西洋人に人気が広がり、
昨年末頃からは、マッサージ・サロンを開業している
日本人のプロのマッサージ師の間でも評判になり、
初心者はもちろん、
細かい上級テクニックの習得を目的とした人たちにも納得の内容なのだとか。
トークセンの道具も買えるトークセンの道具も買える

見学した日は福島県でタイマッサージ・サロンを経営しているご夫婦が
サワット先生のトークセンのレッスンを受講中だった。
足の裏のツボのマークの数が多く、
指の付け根や指先のツボはいかにも効き目が高そうだ。
実際に使える技術を伝授したいと
サワット先生が付きっ切りで教えてくれ、なんとも心強い。
悪い部分が赤くなる悪い部分が赤くなるかっさ

体調を整えてくれる治療もおすすめだ。
まずは問診と脈をチェック。
タイ伝統医療の基本である、
風、水、火のエレメントのバランスに滞りがある場合は、
刮痧(かっさ)を受けよう。
かっさとは専用の板を使って皮膚の経絡や反射区を擦って
毛細血管を刺激し、血液の毒を表面に押し出すという
中国式のデトックス治療。
北部タイにも「チェットヘーク」という名称で伝わっている。
悪い箇所が赤くなるので見た目はやや怖いが、
それ程痛くはない。
そして必要に応じ、トークセンやタイマッサージを併用。
もちろん希望の治療法も選べる。

それから、本格的な装置を使った腸内洗浄は、
女性には女性の、男性には男性の看護師がついてくれる。
今ならタイ伝統治療と鍼と腸内洗浄がセットで
2000B(1000B以上割引)のプロモーション中。
受けない手はない!? (S)
腸内デトックスにはハチミツなど天然素材を使用腸内デトックスにはハチミツなど天然素材を使用

明るい待合室

チェンマイ・ホスピタルのタイ伝統治療情報
【営業時間】8:00~16:00(無休)
【電話・予約】 06-2310-2582
【誌面地図】G-2


【プロモーション内容】
① タイ伝統治療(タイ古式マッサージ、カッサ、トークセンなど。約1時間)700B相当
② 鍼(15分~20分)400B相当
③ 腸デトックス(約40分)2000B相当
① ②③合計3100B→2000B
※要予約。予約時にプロモーション希望の旨を伝えること。




 



このページのトップへ

エーカティップ・チョークディー  เอกทิพย์โชคดี(403)

Filed under 中華料理

 

日本人好みの中華料理は、安くて量もたっぷり!
ルアミット・タレー・グラタ・ローン 120Bルアミット・タレー・グラタ・ローン 120B

辛いタイ料理は苦手でも、中華料理ならOKという人は多い。
数あるチェンマイの中華料理店のなかで、
庶民的な雰囲気と料金でいろいろなメニューが楽しめることで、
昔から人気が高いのがこのお店。
コストパフォーマンス重視の在住日本人常連客も多いと聞く。
ティップさんと創業者のお母さんティップさんと創業者のお母さん

MAYAのあるリンカム交差点からスーパーハイウェイを通って
ターリン・ホテルの角を左折、
道なりにしばらく進んでいくと、
左手に立派な構えの中華風の建物が見えてくる。
入り口近くにオープンエアのテラス席、
その奥にエアコン・ルームがあり、
TPOに応じて選べる。
店名はオーナー姉妹のエークさんとティップさんの名前を合わせてつけられたもの。
もともと、この店は、2人のお母さんのムイヒアンさんが半世紀ほど前の
1973年にナイトバザール近辺で始め、
以後、アヌサーン市場~ワローロット市場~チェンマイ大学前~三人の王様像裏など
何度も場所を移転、
最終的に現在地を購入して店を建ててから、
ようやく落ち着いたという。
プラー・チョーン・クア・プリック・クルア 100Bプラー・チョーン・クア・プリック・クルア 100B

ここのメニューは本格的中華料理からタイ料理まで揃っているが、
どれを注文してもハズレがない。
シーフードなどの食材は新鮮、
味付けも日本人好みで食べやすい。
油を使った料理でも、ベタつかず、しつこくない。
パット・ミー・ホンコン・ヘットホーム・プー 60Bパット・ミー・ホンコン・ヘットホーム・プー 60B
パット・ゴークウェイ・タクラー・プアック 150Bパット・ゴークウェイ・タクラー・プアック 150B

中華料理は小皿でも量がたっぷり、
しかもお値段は安いから、
なんとも得した気分になる。
サーラーイ・ホー・クントート・ナムデーン 100Bサーラーイ・ホー・クントート・ナムデーン 100B
クン・オップ・ウンセーン 100Bクン・オップ・ウンセーン 100B

飲み物にしても、ビアチャーンやビアリオはたった65バーツと激安なので
ビール党はもう嬉しくなってしまう。
最小限の予算で気楽に中華料理を食べたいときにはうってつけのお店だ。(B)

エーカティップ・チョークディー情報
【営業時間】10:00~14:00、16:00~22:00(無休、日曜は夜間のみ営業)
【電話】08-1671-6785、0-5340-1112
【誌面地図】①G-2 ②N-5


      


 



このページのトップへ