チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Mejai ミージャイ(344)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

DSC09063.jpg

一品一品に心を込めて

ソーイ・ワットウモーンから運河沿いの道へ出る道に、
木造家屋と庭の木陰とを活かした居心地の良い食堂がある。
「ミージャイ」とは、直訳すれば「心がある」という意味で、
全てが心地よく、オーナーの心が込められているのを感じる。
 オーナーご夫婦は、元はバンコクでウェブサイトのデザイナーやライターをしていたが、
チェンマイに来て偶然この家を見た際、
一目で気に入り移住したという。
DSC09090.jpgロップさん(右)、ニンさん
食堂では、タイハーブのジュースや、
バタフライピーで青く色付けしたご飯に
タイ料理のオカズを添えた一皿メニューを出している。
グン・パット・ポンカリー 85Bグン・パット・ポンカリー 85B
料理には冷凍食材や味の素は一切使わず、
食材の質にこだわっている。
人気メニューのグン・パッポンカリー(エビのカレー炒め)は、
カレーのスパイスで炒めたプリプリのエビと、
クンチャイの香りが効いたふんわり卵とが後を引く味。
green.jpg

グリーンカレーは、魚のつみれと
シャキシャキしたココナッツの若芽の食感が楽しめる一皿。
どのメニューもオーダーが入ってから作り始めるので、
少しだけ時間がかかるが、
調理中に漂うスパイスやハーブの香りがたまらなく食欲をそそる。
ホットサンド(横)

料理を待っている間、
ぜひ向かって左側の小さな雑貨スペースをのぞいてみて。
DSC09012.jpg
ニンさん手作りのシンプルで着心地の良さそうな
コットンの洋服が並んでいる。
とても良心的な値段で、かつ一点ものがほとんどなので、気に入ったらどうぞお早めに。
さりげなくロップさんの絵画作品も飾られている。
DSC09105.jpgアンチャン・マナーオソーダー。
飲み物は手作りのタイハーブ・ジュースがメインだが、
どうしてもコーヒーが飲みたい人は、
お隣のカフェで注文することもできるのが、タイらしくていいところ。 
DSC09084.jpgタイのお菓子フォーイトーンをトッピングしたカップケーキ
週末には手作りスイーツも登場。
時間によって混み合う事もあるが、
平日はチェンマイらしい雰囲気の中で
のんびり気軽にタイ料理を味わうことができてお勧めだ。 (S)

Mejai ミージャイ情報
【営業時間】9:00~18:00(月曜定休)
【電話】08-9116-0885
【誌面地図】A-3先(https://binged.it/2voDrub)





 



このページのトップへ

トゥン・ジェンマイถึงเจียงใหม่ (344)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

オードブルのセット 200B (1)オードブルのセット 200B
メニューの多さがピカイチ

チェンマイ大学の裏、ワット・ウモーンへ行く道に
三角の形をした建物が2軒ある。
店

手前がカフェで奥は北部料理屋になっている。
この店を2009年にオープンしたのはナームプンさん。
大学の裏門界隈には北部料理を食べさせるレストランがほとんどないから
自分で開いてみるか、と始めたところ大ヒット。
ナームプンさんナームプンさん
大学が近いため若者を中心に人気があり、
週末は家族連れや他県から来た人たちでにぎわっている。
パックワーン菜と赤蟻の卵のスープ 90B (1)パックワーン菜と赤蟻の卵のスープ 90B

開店当初は12種類のメニューでスタートしたが、
今ではなんと200種類以上あるという。
メニューを見ると、スープや野菜ディップ(ナムプリック)、炒め物、
肉料理などとにかく種類が多いのに驚く。
選ぶのに迷ったら、まずは北部料理のセット「シュット・オードブル」を注文しよう。
ハーブソーセージやミャンマー風カレー、野菜ディップなどが盛られてくる。
クア・ヘットトープ 90B (2)クア・ヘットトープ 90B

 北部ならではの料理もたくさんある。
ツチグリ(ヘット・トープ)の炒め物やスープ、
発酵豚肉を揚げたもの(ネーム・トート)、赤蟻の卵焼きやスープ、
シエンダー菜の卵炒め、揚げコオロギ・イモムシなどなど、
珍しい料理もあるので試してみてはいかがだろうか。
お母さんに教わったというレシピは、
今風にアレンジしたり、他県の人が食べやすいように味を変えたりせず、
昔ながらの北部の味を守っている。だから辛いものはドカーンとくる。
でもしばらくすると不思議とまた食べたくなるのは、北部本来の味だからだろう。
値段は50バーツ前後と手頃で、
毎日通っても半年は違うメニューを食べられるなんて嬉しいではないか(O)

トゥン・ジェンマイ情報
【営業時間】9:00~21:00 (注文は20:30まで)毎月1日休み
【電話】09-1076-6100, 09-5710-7438
【誌面地図】B-2



 



このページのトップへ

セーンカム・テラス Saenkham Terrace แสนคำเทอร์เรส(343)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

予備(レストランからの眺め)AAA_5524
アートと料理が融合されたレストラン

チェンマイにおいしい店はたくさんあるが、
味が良くて雰囲気もセンスも素敵なタイ料理レストランとなるとぐっと数が減る。
その中でも、日本から来た友人などを連れて行くのにおすすめなのが、
バーン・ナイ・ファンという住宅地にある「セーンカム・テラス」だ。
ソムジェットさん (1)ソムジェットさん
共同オーナーのソムジェットさんとワンペンさんが20年以上前にオープンした店は、
今も地元の人に愛され続けている。
店内の絵や家具、装飾品などのインテリアも見事だが、
外には青々とした美しい田園が広がっている。
実はこの田んぼ、レストランがオーガニック栽培しているもので、
採れた玄米は店で味わうことができる。
また、一部販売しているお米の売り上金は、郊外の学校建設費用にあてている。
鶏肉のカシューナッツ炒め。器まで食べられる。(180B_) (3)鶏肉のカシューナッツ炒め。器まで食べられる。(180B_)
メニューはタイ料理と北部料理があり、おなじみ鶏肉とカシューナッツの炒め物「ガイ・パット・メットマムアン」や
トムヤムクン、春巻き「ポーピヤ・サーラーイ・クン」、
エビと海苔の春巻き(180B_) (1)エビと海苔の春巻き(180B_)
天日干しシイタケの揚げ物(170B_) (1)天日干しシイタケの揚げ物(170B_)
天日干ししたシイタケに衣をつけて揚げた「ヘットホーム・デートディアオ」など
種類豊富に揃えている。
トムヤムクン(時価) (1)トムヤムクン(時価)
トムヤムには大きな手長エビやココナッツの実が入っていたり、
鶏肉のカシューナッツ炒めを盛り付ける容器がタロイモを揚げたものでできていたりと、
見た目も味もこのレストランならではだ。
金曜日と土曜日の夜はピアノの生演奏(19:00~)も楽しめるので、
家族や友人、恋人を連れて行ってあげたら喜ばれるに違いない。
日本語メニューもある。(O)
セーンカム・テラス情報
【営業時間】11:00~22:00(無休)
【電話】0-5383-8990、08-9850-3763
【地図】https://goo.gl/maps/Bk3hjmJP7oD2【サイト】www.saenkhamterrace.com 





 



このページのトップへ

ラープ・ガイ・ニマーン(341)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

北タイ郷土料理はコロニアルな雰囲気で
パット・パックチアンダー・サイ・カイ 70B パット・パックチアンダー・サイ・カイ 70B

読者の方から
「ニマーンヘーミンにあまり知られていない美味しい北タイ料理の店がある」
という情報をいただいき、
早速、探しに出かけた。
北タイ料理店というよりは…。北タイ料理店というよりは…。

北タイ料理というから、ラーンナー風の素朴な店構えで、
いかにもそれっぽいゆったりした音楽でも流れているかと思いながら覗いてみたら……
壁にはワインボトルが並び、
どこかコロニアルな雰囲気の店内からは
軽快なレゲエが聞こえてきた。
タム・カヌーン 60Bタム・カヌーン 60B

ここの女性オーナー、ガイさんはチェンマイ郊外サンパートーン郡の出身、
以前は工芸品関係のビジネスをしていたが、
もともと料理好きだったこともあって
約3年前にこのレストランを開いた。
フランス人の旦那さんの洒落たセンスも店のあちこちに見え隠れしている。
タイ語

チェンマイには北タイ料理の看板を掲げたところはたくさんあるが、
ホンモノの北タイ家庭料理が食べられるお店は意外と少ない。
その点、ここのメニューはなかなか本格的だ。
たとえば、各種ゲーン(唐辛子スープ)類など、
北タイの食卓ではお馴染みの「おふくろの味」がいろいろ載っている。
しかも、ほとんどのメニューが100バーツ以下とお値段も安いから嬉しくなる。
●¥ラープ・ガイラープ・ガイ

店名になっている(オーナーの名前にもかけてある)ラープ・ガイは
癖がなく食べやすい味で、野菜との相性は二重丸。
北タイ風和え物サーは日本人好みの一品だが、
普通の店では食べられない。
●サー・テンクワー ?B サー・テンクワー
ここではさっぱりキュウリとケープムー(豚の皮揚げ)の絶妙の組み合わせでどうぞ。
●カーオソーイ・ガイ 89B カーオソーイ・ガイ 89B

今の時季なら、野生のまん丸キノコ、
ヘット・トープの珍味も堪能できるので、ぜひトライしてみては?   (B)
●ゲーン・ヘットトープ・サイ・ノーマイソム 110Bゲーン・ヘットトープ・サイ・ノーマイソム 110B

ラープ・ガイ・ニマーン情報
【営業時間】10:00~22:000(無休)
【電話】09-8545-5863 FB: Labkai Nimman
【誌面地図】D-2、ニマーン地図M-5







 



このページのトップへ

ボー・クン・ベンジャワン บ่อกุ้ง เบญจวรรณ

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

活きたエビやカニをその場で焼いてくれる!
DSCN8448.jpg

市内から国道118号線を進んで内側環状線を渡り、
サームイェーク市場を過ぎてすぐ左手に
殻付きのエビを焼いている店を見つけた。
店内を覗くと、いくつかのタイル張りの水槽があり、そこにエビが泳いでいた…。
3日に1回、活きたエビを運んでくる。3日に1回、活きたエビを運んでくる。

網ですくうとピチピチ跳ねる。網ですくうとピチピチ跳ねる。

 ここはクン・ペン、つまり活きた淡水エビを専門に扱っているお店。
華人の血をひくチェンマイ育ちのご主人ヨートさんは
保険関係の仕事をしていたが、約2年前にこの店を開いた。
「エビが大好き。安くておいしいエビが食べたかったから」
という実に単純明快な動機が微笑ましい。
店名のベンジャワンは母親の名前からつけたもの。
オーナーのヨートさんは大のエビ好き!オーナーのヨートさんは大のエビ好き!

 活きたエビは3日に1回、
中部スパンブリー県の友人の業者から仕入れ、店の水槽に放す。
毎日、平均して30~50kgほど販売。
買いに来るのは業者やレストランなど常連の顧客がほとんど。
値段のほうはM・L・XL・XXL・ジャンボとサイズによって異なり、
1kgあたりそれぞれ449・599・699・799・899バーツ(5月現在)となっている。
炭火で焼くエビは香ばしい。炭火で焼くエビは香ばしい。
5匹でも10匹でもその場で焼いてもらうこともOKだ(焼き代無料)。
カニは蒸すか焼くかお好みで。カニは蒸すか焼くかお好みで。
DSCN8461.jpg

塩水の水槽には南タイ産の活きたカニが入れてあり、
こちらもお好みで焼いたり蒸したりしてくれる。
お値段は699バーツ(3匹で1kg)、750バーツ(2匹で1kg)とレストラン価格よりずっと安い。
南タイ産のカキは特大サイズだ。南タイ産のカキは特大サイズだ。

 ほかにスラータニー産のカキ、
プーケット産のイカなどのシーフードは2日に1回空輸で仕入れている。
「店頭販売のパック入り焼きエビは安いけど、
氷漬けで鮮度は劣るからお奨めしない」と正直に教えてくれたヨートさん。
その商売に対する良心的な姿勢が嬉しい。    (B)      

13419185_994661363981262_2932867285336379692_n.jpg
ボー・クン・ベンジャワン情報
【営業時間】9:00~20:00(無休)
【電話】08-6916-6665、08-7787-2324
【誌面地図】J-4の先








 



このページのトップへ

ケーキクラブ Cake Club(339)

Filed under カフェ

 

穏やかな時間の流れるケーキ屋さん
DSC04830.jpg
チョンラパターン運河を南へ行き、
サムーンの交差点からサムーン方面に2キロほど入った左手に、
ウティラート寺の大きな白い仏像が見える。
その向かいに、西洋風とラーンナー風がミックスした
なんとも可愛らしい建物あり、それが今回紹介するケーキ屋さんだ。
P9019182.jpgカフェラテ 40B、ブラウニー 50B

日替わりで毎日約4種類のケーキを焼いているのがエイムさん。
ちょっとビターなコーヒーなど、ケーキに合うドリンクを担当するのがご主人のテッドさん。
息の合ったご夫婦が経営する愛情たっぷりの小さな店内には、
ナチュラルな木のテーブルがゆったりと配置。
生まれたばかりの赤ちゃんもいて、とてもアットホームな雰囲気だ。
P7287632.jpgブルーベリー・チーズケーキ 60B
まずは作り立てのケーキが並ぶショーケースを覗いてみよう。
西洋人のお客さんに人気なのが、
ブルーベリーのソースをたっぷりとかけてくれるクリームチーズケーキ。
ボストン・チーズケーキ 60Bボストン・チーズケーキ 60B
チョコレートの風味豊かなブラウニーやボストンチーズケーキも定番だ。
P6166054.jpgレッドベルベット 60B
P5073769.jpg小豆入り抹茶チーズケーキ 60B  
その他、カップに入ったレッドベルベットや抹茶チーズケーキなど、
お土産にも喜ばれるキュートなケーキ、
そして、しっとり柔らかいチョコレートケーキや、
口の中で優しく溶けるティラミスもぜひ味わいたい。
P8118196.jpgゆったり座れます。

街中のケーキに比べると、甘さはやや控えめ。
生クリームやバターは品質の良い輸入品を使用するなど、
素材にこだわりながら、価格は良心的。
お客さんとの語らいを大切にしているエイムさんのお店には、
毎日通う常連のお客さんもいる。
市内からやや離れているものの、
美味しいケーキをゆっくり味わいたい人はきっと満足できるはず。
ぜひ一度訪れてみて欲しい。  (S)

Cake Club情報
【営業時間】8:30~18:00(無休)
【電話】09-9465-5161
【誌面地図】A-3先



misechizu.jpg



 



このページのトップへ

Shan Tou Hao Chi Vegetarian Food(338)

Filed under ベジタリアン

 

美味しい、安心、嬉しい、ベジタリアン食堂
毎日作りたてのお惣菜。毎日作りたてのお惣菜がずらり~

MAYAショッピングモール地下のフードコートの一角に、
お客さんが絶えない人気のベジタリアンのお店がある。
ガラスのショーケースの中には、毎日20種類以上のお惣菜がずらり。
DSC03688.jpg

メニューはグリーンカレーやマサマンなどのタイ料理、
ゲーンカヌンやナムプリックオーンなどの北部料理、
そして中華ありと幅広い。
3品のせで50B.3品のせで50B
大盛りの赤米入りタイ米の上に、好きなお惣菜を選んでかけてもらう。
もちろん、肉類は一切使用せず、
きのこや大豆を代用してお肉そっくりの食感を出している。
中でも人気のカー・ヘット(シイタケの芯のお惣菜)は
お持ち帰りにして冷凍保存するというファンもいるほど。
DSC03576.jpg
左から、マイさん、ムイさん、ホームさん、ミンさん
お店が混んでいても、いつも明るく対応してくれるのは、
マイさんと弟のミンさん、ミンさんの奥さんのホームさん。
彼らがかけてくれるちょっとした一言に、お客さんもおもわず笑顔になる。
仕込みにはお母さんのムイさんも加わり、完全な家族経営だ。
苦瓜のスープ 別の器は30B苦瓜のスープ 別盛りは30B
クウェティオ・ロートペロンとした米粉の皮で野菜を包んだクウェティオ・ロートも人気

苦瓜のスープや葉っぱに包んだ中華おこわ、
お茶で煮込んだ茹で卵など、
中国人のお婆さんから受け継いだメニューもあり、お店に通って制覇したくなる。
最近は米を食べずにおかずだけ注文する人もいるので、
味付けは控えめにしているというのも嬉しい。
DSC03674.jpg揚げ物は一品15B 
大根餅やニラ餅などの揚げ物も種類が多く、
注文すると揚げ直してくれる。
そして、「お客さんの体に良い食事を提供したい」からと、
なんと店で使用する油は全てオリーブオイルというこだわり。
それでいて値段は良心的で、思わずお店の利益を心配してしまうほどだ。
MAYAでお買い物の際、立ち寄ってみてはいかが?   (S)
指さしでオーダー(写真予備)指さしでOK!

Shan Tou Hao Chi Vegetarian Food情報
【営業時間】11:00~21:00(不定休)
【電話】0-5208-1555
【誌面地図】K-1




 



このページのトップへ

サパー・カーフェー สภากาแฟ(338)

Filed under 未分類

 

基本のミルクロティー Roti Milk 12B,Hot Milk15B基本のミルクロティー Roti Milk 12B,Hot Milk15B

スパイスの香りで目覚めるモーニング

ムスリムの集落があるチャーンクラーン通りに
おいしいロティーの専門店がある。
ロティーとは小麦粉をこねて薄く伸ばし、
油とバターで揚げ焼きにした、パリパリとした食感の食べ物だ。
夜の屋台のおやつ、というイメージを持つ人が多いかもしれないが、
ここでは朝食としてカレーをロティーに浸して食べる。
いつもお客さんで賑わう(予備)いつもお客さんで賑わう
毎朝、登校前の学生や出勤前の会社員達が立ち寄り、いつも混雑している。

サさん(手前)とご家族。明るい!サさん(手前)とご家族。明るい!
よく通る声でオーダーを確認しながらロティーを焼く女性が、オーナーのサさん。
30年前に両親が始めた店を引き継いだ2代目だ。
両親の味を受け継いだカレーは、チキン、マサラ、豆の3種類。
どれもスープっぽく、ロティーとの相性抜群。
Roti Curry masara 57BRoti Curry masara 57B
チキン、マサラカレーには、とろとろに煮込まれた鶏肉がどーんと入っていて、ボリュームたっぷり。
豆のカレーは小さなお椀に入ったカレー味のスープで、朝は小食という人でもOK。
インドのカレーとも異なる独特の香りのスパイスは、
ミャンマーから輸入しているのだとか。
Roti Curry Beans 22BRoti Curry Beans 22B

基本のロティーはコンデンスミルクがたっぷり。
カロリーが気になる人はコンデンスミルク抜きでオーダーして。
ピクルス付きRoti Mataba 40B,Milk Tea15Bピクルス付きRoti Mataba 40B,Milk Tea15B

その他、極薄パリパリの皮に、
カレー風味のポテトと卵がふんわり閉じ込められた「ロティーマタバ」も激旨! 
人気メニューのジョーク(タイのお粥)やバナナ入りロティーは
9時ごろには売り切れていることが多い。
揚げ焼きトーストと目玉焼きのセットも定番だ。
Ice Milk Tea 20BIce Milk Tea 20B
オーダーは、混雑を解消する為、
11番の机の側に備え付けられた紙にお客さんが書いて(英語OK)渡すシステム。
自分が座る席の番号を書くのもお忘れなく。(S)
サパー・カーフェー情報
【営業時間】5:30~11:00(不定休)
【電話】0-5320-4352
【誌面地図】E-4





この看板を目印に



 



このページのトップへ

功夫干鍋 Kung Fu Pot(336)

Filed under 中華料理

 

餃子 100B餃子 100B
中華の「おふくろの味」でご飯が進むわけ
 ここ数年の中国人観光客ラッシュの影響で、
チェンマイの街を歩いているとあちこちで中華料理っぽい食堂を見かけるようになった。
オーナーもお客さんも中国人というお店が多い。

ワット・プラシン郵便局そばの信号からお堀(スアンドーク門方向)に向かって
進んだ右手に中華風の看板を出しているお店を見つけて入ってみた。

昨年7月にオープンしたこのお店のオーナーは、
パーイ出身の雲南系中国人ベンさんと雲南省出身のナムワーンさん。
プレー県の小学校で3年間、中国語を教えていた女性ナムワーンさんが
パーイに遊びに行ったことがきっかけで生まれたカップルだ。
店を開くにあたって、彼女の母親がやってきて、
雲南(四川、貴州)の「おふくろの味」をいろいろ伝授してくれたそうだ。
この店では特殊な調味料は中国から取り寄せているという。
お鍋に入れる具はお好みで。お鍋に入れる具はお好みで。
店名からも判るように、ここの売りは肉や野菜など、
お好みの具を選んで注文する鍋料理(汁あり、汁なし)だが、
一般日本人には普通の中華総菜的メニューのほうがとっつきやすいだろう。
雲南ハムとネギの炒め物 250B雲南ハムとネギの炒め物 250B
とくにオススメは本格的な雲南ハムとネギを炒めたものと、
小さく切ったスペアリブを甘辛ソースに絡めたもの。
スペアリブの甘辛ソース 250Bスペアリブの甘辛ソース 250B
これだけでも、ご飯が(ビールも)どんどん進んでしまうこと請け合い。
麻婆豆腐 100B麻婆豆腐 100B
ピリ辛中華の定番である麻婆豆腐や回鍋肉、
食べ応え充分のもちもち厚皮水餃子も人気メニューだ。
どれも量がたっぷりだから何人かでシェアするのがベストだが、
ランチなどで軽く済ませたいときは、
ご飯にそれぞれのおかずをかけたメニュー(50~80バーツ程度)もどうぞ。
野菜とひき肉の炒め物 160B野菜とひき肉の炒め物 160B

功夫干鍋情報
【営業時間】11:00~23:00(無休)
【電話】08-6596-7964、0-5327-0880
【誌面地図】D-4




 



このページのトップへ

ナッタガーン・アハーンパクタイ ณัฐการ อาหารปักษใต้(336)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

DSC04533.jpg
3品のせれば大満足!
激辛南部タイ料理で暑さを吹き飛ばせ!

タイで最も辛いと言われる南タイ料理。
南部ソンクラー県で10年間南タイ料理店を営んでいたプラティンさんが、
チェンマイ移り住み南料理店を開いて早12年。
南部出身者のみならず地元の人々の人気を集めている。
P3062504.jpg
店頭の大きなガラスケースには約30種類のお惣菜が並ぶ。
大盛りご飯にかけてもらうぶっかけスタイルだ。
2種類で40B、3種類で50Bという値段もお得感あり。
ゲーンタイプラー・クリッククリン手前から時計回りに、ゲーンキーレック、クアクリン・ムーサップ、ゲーンタイプラーの激辛3種のせ!
南部料理の代表選手、ゲーンタイプラー、クアクリン・ムーサップは胃袋が驚く辛さ。
ターメリックなど様々なハーブがたっぷり入って香りが良く、
ご飯がすすんで仕方がない。
ご飯にかけてもらう野菜やハーブたっぷりのゲーンルアン
ゲーンルアンは本場よりやや辛さを控えめにしてあるそう。
ココナッツミルクの入ったゲーンキーレックは魚のすり身入りでコクがある。
南部料理に欠かせない調味料や素材はて取り寄せているから、本場の味を味わえるという。
タイのさつま揚げトートマンプラー絶品! タイのさつま揚げトートマンプラー
肉詰め苦瓜のスープ椎茸の出汁が効いた肉詰め苦瓜のスープ
辛い料理ばかりではなく、唐辛子抜きの野菜炒めやスープも多種あるのでご安心を。
肉詰め苦瓜のスープは椎茸の風味が◎。
タイのさつまあげ「トーマンプラー」は大人気メなので、あったらラッキー。
キノコ炒めや蔓炒め(パット・サヨテー)も日本人向けの優しい味。
野菜の揚げ物や独特の香りがする葉っぱ(チャオム)入り卵焼きに付けてくれるナムプリックは、酸味が効いて爽やか。
付け合せの生野菜は食べ放題。
ハーブも野菜も魚もたっぷり獲れる南部料理は栄養満点!
DSC08748.jpg
ムアンマイ市場近くの1号店の他に、
ガートスアンゲーオやセンターンエアポート、MAYA、ルアムチョーク、
サンパーコーイ市場にも支店がある。
大勢で行くなら、最近オープンしたプロムナーダ側のサンカーンペーン店が最も大きく、
南部のお土産やミルクティーも揃っている。
     
Untitled-1_20170410125532907.jpgサンカーンペーン店地図

ナッタガーン・アハーンパクタイ情報
【営業時間】7:00~16:00(無休)
【電話】08-4740-7474
【誌面地図】G-4(1号店)







 



このページのトップへ