FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

MIX Restaurant & Bar ミックス (396)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

トムヤムクン(エビ1尾265B/2尾490B~)"トムヤムクン(エビ1尾265B/2尾490B~)
驚きがいっぱいのタイ料理
店の入れ替わりが激しいニマーンヘーミンで
10年以上人気を保っているのがこのお店。
素材や盛りつけ、味付けに一工夫してあるタイ料理を楽しめる。
例えば、定番のトムヤムクンは大きな川エビを使った、
エビミソの濃厚なスープに仕上げている。
ぷりっぷりのエビにココナッツミルクの甘味、
唐辛子の辛み、ライムの酸味、
ハーブの香りが加わり、満足のいく一品だ。
エビは好きな数を選べる。
バイチャクラームのシーフードサラダ(375B)バイチャクラームのシーフードサラダ(375B)

また、海辺に生えるチャクラームという歯応えのある葉を使ったサラダは、
ピーナッツやタマリンドの甘辛いタレがよく合う料理になっている。
ローズマリースモークの和牛串焼き(375B)ローズマリースモークの和牛串焼き(375B)
肉好きには、オーストラリア和牛を
ローズマリーで燻した料理がおすすめ。
200グラムほどとボリュームがあり、
フェンネルやコショウなどのスパイスがきいていて、ビールが進む。

焼きナスとサーモンのサラダ(350B)焼きナスとサーモンのサラダ(350B)

オーナーのジャムさんは日本料理店で働いた経験があるのと、
日本好きということもあり、
和食とのフュージョン料理も提供している。
鰹のタタキのようにサーモンを藁で燻し、
削った本枯節を上にのせた焼きナスのピリ辛サラダなんていうものも。
アイスクリームはその場で作ってくれる。(595B)オーナーのジャムさんアイスクリームはその場で作ってくれる。(595B)オーナーのジャムさん
アイスクリームはその場で作ってくれる。(595B) (1)

手がこったデザートもあるのでお腹をあけておこう。
中でもその場で作るアイスクリームが人気。
パルメザンやトリュフ、ヘーゼルナッツ、
ハチミツ、金箔などが入っていて、
一口で複雑な味を楽しめる。
カリカリっとした珍しいアイスクリームの食感で、
ホワイトチョコレートで作った器ごと食べよう。

また、100種類以上のワインやカクテル、
ビールなども豊富に揃えているので、
バーとしても利用したい。(О)

チリ・ビレッジ情報
【営業時間】11:00~14:00, 17:00~20:00(無休)
【電話】0-5321-6878, 08-9757-7778 【FB】: Mixcnx
【誌面地図】L-2









 



このページのトップへ

トーイ・ロット・セープ ต้อยรสแซบ(395)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

食べやすいように3つに切ってある。食べやすいように3つに切ってある。

ガイヤーンは、手羽が安くてウマイ!

ナイトバザール近辺で気軽にランチを食べたい、
できれば不謹慎にも真昼間からビールで乾杯したい!
……そんなときにお奨めしたいのがこのイサーン料理店。
ローイクロ通りとカンペンディン通りの交差点
すぐ近くの道端で、
鳥の手羽を焼いているお店だ。
基本的に料理はすべてトーイさんが作る。
ご主人のトーイさんは東北タイの中心都市、
コラートの出身でバンコクで育ち。
26年前にチェンマイに移り、
23年前からこの庶民的な食堂で腕を振るっている。
店名は、「トーイのウマイ味」といった意味。
手羽先1本20バーツです。(予備写真)手羽先1本20バーツです。

ガイヤーンにもいろんなスタイルがあるが、
ここのガイヤーンは敢えて手羽だけに限定。
余計な脂肪分が少なく、
身がしまっていてウマイし、
お値段のほうも1本20バーツと安い。
お店では、手羽を関節のところできちんと3等分してくれるから、
実に食べやすい。
焼き具合も、味付けもちょうどいい感じ。
ソムタム 30Bソムタム 30B

これとソムタム、カーオニャオ、
それにビールがあれば、もう言うこと無し。
ラープムー 50Bラープムー 50B

もちろん、豚肉を使ったイサーン料理も各種注文できる。
ラープムー(スパイシー豚肉サラダ)
ナムトックムー(豚肉ハーブ和え)、
トムセープムー(イサーン流豚肉スープ)、
コームーヤーン(豚の喉肉焼き)など…。
ヤム・コームーヤーン 50Bヤム・コームーヤーン 50B
スップノーマイ 40Bスップノーマイ 40B
クラン・ムーヤーン ●Bカーン・ムーヤーン 50B

雨季の今なら、ケーン・ノーマイ、スップノーマイなど
タケノコ料理も旬の味覚だ。
トムセープ・ムー 50B(予備写真)トムセープ・ムー 50B

それぞれ分量は控えめだから、
何品か頼んでシェアするのもよい。
以前、西洋人のライターによって、
「10カ国の美味しい店」の1つに選ばれたというだけあって、
気さくな料理人トーイさんの味付けのセンスが冴えている。(B)
       
トーイ・ロット・セープ情報
【営業時間】11:00~17:00
【電話】 0-5320-6455、06-1307-5979




 



このページのトップへ

TARA Coffee タラ・コーヒー(サムーン店) 393号

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

ソムタム・コーラートソムタム・コーラート80B

せせらぎの中で味わうイサーン料理とスイーツ

チェンマイでいち早くカフェを始めた「タラコーヒー」は、
市内に3店舗展開し、
今回紹介するこのお店は最も新しい4号店になる。
場所はサムーンの交差点から西へ800メートルほど行った右手。
オーナーのギップさんオーナーのギップさん
ケーキ職人であるオーナーのギップさんが
自らデザインした大きな水車が目印だ。
水車からの水が店内を流れ、リラックス度満点。
涼しい季節は裏を流れる水路を見下ろす屋外の席も気持ち良さそう。
予備 (1)

古民家を活かした室内の装飾も
木や竹など自然のものをメインに使用し、
ナチュラルな雰囲気で統一されている。
キャロットケーキ、ココナッツパイ、アップルパイ各50Bキャロットケーキ、ココナッツパイ、アップルパイ各50B

コーヒーはドーイ・チャーンやチャンキアン産のアラビカ種を使用。
ピーベリーがたくさん入った質の良い豆を自家焙煎している。
古くからのファンが多いというケーキは
どれでも1つ50バーツととても良心的。
一押しはココナッツパイ。
カスタードクリームの中にプリプリのココナッツの実がたっぷり。
爽やかな酸味が美味の青りんごのアップルパイや、
大量の人参を使用したヘルシーなキャロットチーズケーキも外せない。
ソムタム・ポンラマーイソムタム・ポンラマーイ

他店舗と異なるのは、
ソムタムを中心としたイサーン料理が味わえるところ。
まずはソムタム・コラートを注文したい。
調味料として外せない「パラー」は、
魚を発酵させたものだが、
コラート産を使用。
4時間も煮詰めて使うので、
コクが出てお腹にもやさしい。
それから付け合せにたっぷりの野菜と一緒に細麺が出されるのもコラートスタイル。
こちらももちろんコラートから取り寄せている。
トウモロコシや果物のソムタムは女性やお子さんに大人気。
ハーブたっぷりのスープともち米と一緒に味わいたい。   (S)
DSC00593.jpg
DSC00589.jpg鶏のナンプラー揚げ80B
※2019年9月末までのプロモーション 
「ちゃ~お」を見たと言えば、10%オフ!!
TARA Coffee タラ・コーヒー情報
【営業時間】7:30~18:00(年中無休)
【電話】08-06537-1996






 



このページのトップへ

Imm Aim Vegetarian And Bike Café イムイェーム・ベジタリアン・アンド・バイク・カフェ(391)

Filed under 多国籍レストラン

 

フレッシュ・ハーブ生春巻き(65B)1フレッシュ・ハーブ生春巻き(65B)

体と環境にやさしいベジタリアン料理

ベジタリアン料理を提供して約10年というこの店は
いつもリピーターのお客さんで賑わっている。
オーナーのウアンさんは皆に良いものを食べてもらいと思い、
なるべくオーガニックの野菜や果物を仕入れ、
一部実家で無農薬栽培したものを使っている。
ウアンさんウアンさん
こうしたものを食べることは健康にいいだけでなく、
農家の人の支援や環境保全にもつながると考えているからだ。

メニューはベジタリアンのタイ料理と洋食、ドリンクで、
好みでハチミツや乳製品、
卵抜きのビーガンにすることもできる。
前菜のおすすめは、
3種類以上の野菜を包んだ生春巻き。
甘酸っぱいカボチャのソースをつけて食べる。
サルサモーレ(95B)サルサモーレ(95B)
朝食に人気あるのが、「サルサモレ」。
新鮮なトマトがたっぷりのっていて、
朝から細胞が元気になりそうな一皿だ。
どちらも火を通していないローフードで、
素材の味を存分に楽しめる。
ケサディーヤ(95B)2ケサディーヤ(95B)
もう少ししっかり食べたい人は、
「ケサディーヤ」が最適。
トルティーヤの中にモッツアレラチーズやキノコ、
トウモロコシ、ズッキーニ、ナスがごろごろ入っている。
酸味のあるソースがアクセントになっている。
旬の野菜や果物を使っているため、
具は季節によって多少変わってくるが、
どれも素材が新鮮でボリュームたっぷりなのが嬉しい。
チョコレート(50g 160B)チョコレート(50g 160B)
バナナチョコレート(50B)バナナチョコレート(50B)
また、店はカカオ農園を支援し、
オーガニックのカカオ豆からビーガンのチョコレートも手作りしている。
板チョコもあるが、チョコレートドリンクは店内で飲めるので、
ぜひこちらも味わいたい。(О) 

Imm Aim Vegetarian And Bike Café イムイェーム・ベジタリアン・アンド・バイク・カフェ情報
【営業時間】10:00~21:00(LO 20:00) タイ正月のソンクラーンは休み
【電話】09-2798-2436,
【FB】mmAim Vegetarian And Bike Cafe'
【誌面地図】G-2





 



このページのトップへ

The Red Box ザ・レッド・ボックス(390)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

サーモン・カオソーイ(690B)サーモン・カオソーイ(690B)
美しいタイの創作料理

外観


 ニマーンヘーミンのすぐ近くという立地でありながら、
路地を入った静かなところにある隠れ家的なレストラン。
店内に4席、外に3席のみのアットホームな店だが、
家具や食器などが厳選されていて、
ちょっと特別な日にも利用したい内装になっている。
ダンさんとプラーオさんダンさんとプラーオさん

シェフはオーストラリアやブルネイで腕をふるっていたダンさん。
奥さんのプラーオさんと一緒にメニューを考え、
料理を作り、盛りつけをしている。
店では、タイ料理を中心にマレーシアやブルネイ、
シンガポール、ヨーロッパの料理をアレンジした創作料理を食べることができる。
Spiced Lemongrass Prawns (350B)Spiced Lemongrass Prawns (350B)

おすすめの前菜は、「スパイス・レモングラス・プローン」。
レモングラスとエビを甘辛く味付けしてあり、
ピリッと爽やかだ。
Osso Bucco Massaman (890B)オッソ・ブーコ・マッサマン (890B)

メイン料理は、仔牛をスパイスと煮込んだマッサマンカレーや
カオソーイのソースとサーモンをあわせた料理、
トムヤムリゾットなど、
タイの味を洋食と絶妙に組み合わせたメニューが揃っている。
Spiced Lemongrass Prawns (350B)スパイス・レモングラス・プローン(350B)

デザートは、伝統的なタイ菓子を添えた
ココナッツアイスクリームが人気。
Siam Ruby Thai Twisted Dessert (290B)サイアム・ルビー・タイデザート (290B)
タイ菓子を作る時、
甘いロウソクの煙をたいて
香りをつけることがあるが、
それがドライアイスのようにグラスから流れ出てくる。 
また、タイの味をミックスした創作カクテルも注文したい。
Pisco Sour(280B)1リンゴやライム、バラがベースのカクテル、Pisco Sour(280B)

あのマッサマンカレーが、あのカオソーイが、
あのタイスイーツがこんなふうにアレンジできるんだ!と、
視覚的にも味覚的にも楽しむことができる。(О)
予備 オールドタウン伝統的なハーブとマンゴスチンのドリンク、オールドタウン

The Red Box情報
【営業時間】11:30~15:00, 17:30~22:00(火曜休み)
【電話】09-2979-4542【FB】The Redbox Restaurant
【誌面地図】M-2









 



このページのトップへ

ネーン・ムー・オップ・オーン เหน่งหมูอบโอ่ง(398)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

焦げ目がついたら、向きを変える。
こんがりカリカリ三枚肉焼き豚の秘密


夕方、チェンマイ市民の台所、
ムアンマイ市場前の通りをブラブラしていたら、
4つの大きな甕(カメ)を並べた面白そうな屋台を見つけた。
常連のお客さんがたくさん。

「何を作っているのかな?」と甕の中を覗くと、
豚の三枚肉の塊が何本もぶら下がっている。
絶妙な具合にこんがり焼けて、見るからに旨そうだ。
ヌックさんは父親の仕事を毎日手伝う。ヌックさんは父親の仕事を毎日手伝う。

屋台のご主人、ネーンさんがこの焼き豚を作り始めてからもう十年ほどになる。
以前は空港近く、ハーンドン地区のワルン市場で売っていたが、
1年前からこの場所に移ってきた。
タイ料理メニューに欠かせないムー・クロープ(カリカリ豚肉)は、
普通は茹でてから油で揚げて作るが、
ここでは甕の底に炭火を置き、
蓋を閉めて蒸し焼きにしている。
タンドリー・チキンの豚肉版といったところか。
鶏肉も焼いている。予備写真
甕の縁に針金をかけて下味を付けた生の豚肉を吊るし、
ときどき裏返してじっくり2時間ほどかけて焼いていくと、
表面はカリカリだが、中の脂身は不思議と柔らかくジューシーな焼き豚ができる。
外はカリカリ、中はジューシーなのだ。外はカリカリ、中はジューシーなのだ。

お値段は1本で200バーツ程度。
100g=45バーツで量り売りもしてくれる。
豚肉だけでなく、数は少ないが鶏の丸焼き(1羽120~130バーツ)も作っている。
サクサクと音をたてて切っていく。

常連のお客さんが多く、業務用にまとめて大量に購入する人もいる。
毎日、平均して40kgぐらい売れるというから、その人気の程がわかる。
できるなら、まだ熱々のところをいただきたい。
もう最高のビールのツマミになるはずだ。     (B)   
このコンガリ感がたまりません!

ネーン・ムー・オップ・オーン情報
【営業時間】16:00~20:00
【誌面地図】G-3







 



このページのトップへ

Wild Coffee and Bistro ワイルドコーヒー&ビストロ(388)

Filed under 洋食レストラン

 

どれか1枚 (3)

森で出会ったカフェ&ビストロ

ドーイステープ寺院参拝や下院喧騒から離れたい時にオススメなのがこのお店。
ドーイステープの麓、
木がうっそうと生い茂る中に立っている。
ドーイステープ寺院へ行く途中のワット・シーソーダーを過ぎた
右手の細い道や運河沿いから行くことができる。
ティムさんとクッキーさん(娘)1ティムさんとクッキーさん(娘)

店をオープンしたのはティムさんご家族。
自然とカフェが好きでこの場所に自分たちの家とカフェを建てた。
美容師でもあるティムさんの美容院も併設している。
店内は花や植物であふれ、
庭のテーブルからはドイステープの森や小川を楽しむことができる。
テンモー・プラーヘーン(195B)テンモー・プラーヘーン(195B)

メニューはタイ料理、洋食、ドリンク、スイーツが揃っている。
おすすめは、「テンモー・プラーヘーン」。
冷たいスイカに魚のフレークがのった伝統的なタイ料理で、
スイカの甘味に魚のコクが組み合わさった爽やかな一皿だ。
ハスのミヤンカムSavoury Lotus Leaf Wrap(195B)
数人いたら、蓮の花びらを使った前菜を注文したい。
白かピンクの蓮にライムやピーナッツ、生姜、
干しエビなどがのっていて、タレを入れて一口で食べる。
酸味や甘味、辛味が口の中で混ざり合い食が進む。
鶏肉のカオソーイ(165B)鶏肉のカオソーイ(165B)
黒豚ステーキ黒豚ポークチョップ(395B)
また、大きな鶏肉入りの濃厚なカオソーイやパイナップルに入った焼き飯、
有機の黒豚ポークチョップなど、タイ料理と洋食を楽しめる。
スムージーやコーヒーの種類も豊富なので、
ティータイムにも利用したい。
ライムとハチミツ、
ピーチに泡立てたエスプレッソを注いだ「ワイルド・ヘルシー・コーヒー」なんていう
オリジナルドリンクなんていうのもある。
自然のおいしい空気と一緒に楽しみたい。(O)
どれか1枚 (1)

Wild Coffee and Bistro ワイルドコーヒー&ビストロ情報
【営業時間】9:00~19:00 (無休)
【電話】09-5675-1592
【誌面地図】D-1の先 【FB】 Wild Coffee & Bistro








 



このページのトップへ

ラムン・ラマイ ละมุนละไม(385)

Filed under カフェ

 

ホーム・カフェへようこそ!
ホームカフェでソムタムとケーキが出会った!?

この頃は、チェンマイ郊外にもお洒落なカフェが増えてきた。
メージョー大学からサンサーイ方面へと進む道沿いにあるこのお店も、
抜群にセンスが良いと評判だ。
入り口の池には錦鯉が泳ぐ。予備

 ここはもともとオーナーのバンクさんの祖父
(各国大使を歴任した外交官)の家だったところ。
この場所をバンコクから訪ねた奥さんのミさんはひと目で気に入って、
チェンマイに移り住むことを決心。
バンクさんが建築設計、ミさんがインテリアをそれぞれ担当して、
昨年1月に店をオープンした。
ホーム・カフェというコンセプトには、
「家にいるようなリラックスした気分を楽しんでほしい」
というオーナー夫妻の思いが込められている。
ミさんは日本が大好き!ミさんは日本が大好き!
ラープ・イーサーン・ムー 69B ラープ・イサーン・ムー 69B

お洒落な店の雰囲気からするとちょっと意外なことに、
食事メニューはイーサーン料理が中心。
ドーイサケットのオーガニック・ファームからの
新鮮な素材を使って、
コラート出身のシェフが作る本場のソムタムやラープはひと味違う。
タム・ラムン(タム・プーマー・ソット)169Bタム・ラムン(タム・プーマー・ソット)169B

オススメは鮮度保証の生のカニを使ったタム・ラムン。
手で身を押し出しながら、
そのまま吸うようにすると、
甘酸っぱい絶妙な味が口に広がる。
これは一度食べたら病み付きになりそう。
ニューヨーク・チーズ・ケーキ 120B 
デザートのケーキ類は、チーズケーキ、ローズケーキ、ティラミスなど、
どれもバンコクの料理学校ル・コルドン・ブルー仕込みの本格的なもの。
ドーイサケット産の豆を使ったコーヒーや
フレッシュなスムージーとの相性はピッタリ!
調度品も気が利いている。 予備
オシャレな雰囲気が漂う。


一流ホテル勤務経験もあり英語が上手なミさんは、
ホスピタリティ満点で日本が大好き。
郊外観光やゴルフの帰り(ビールもあり!)にぜひ立ち寄ってみては? (B)

【営業時間】8:30~17:00
【休み】水曜
【地図】J-3の先
Tel: 0-5349-8695
FB:LamunLamaiHomeCafe


 



このページのトップへ

Cat Nap Homestay & Café キャットナップ・ホームステイ&カフェ(384)

Filed under ゲストハウス

 

日本語で相談できる緑いっぱいのゲストハウス
緑いっぱいの敷地

ステープ地区役所からチョンラパータン運河を渡り、
正面の道を100mほど入ったところに
木造2階建ての古民家を改造したゲストハウスがある。
どれ1つ同じ部屋がないユニークな内装で
全ての部屋を見学したくなってしまうほど。
小さな池の噴水を眺めるお部屋小さな池の噴水を眺めるお部屋
DSC02277.jpg1部屋(2人宿泊可能)1泊1000B程度。

共通して手作り感溢れる温かみがある。
特に、オーナーの名が付けられた「プロイ」という部屋は、
打ちっ放しの床や壁にウッディーな家具がさり気なく配置されている。
ロフトっぽいコーナーにもベッドがあり、4人で宿泊できる広さだ。
DSC02296.jpg

更にロフト脇のにじり口のような小さな入口から
裏庭を見下ろす「屋根裏座敷?」とでもいうべき個性的なスペースがあって楽しい! 
プロイさん(左)とサックさんプロイさん(左)とサックさん

オーナーは日本語が流暢なプロイさんとご主人のサックさんご夫婦。
チェンマイの情報やツアーへの参加など
旅の相談を日本語で気軽にできるから心強い。
また、入り口にあるカフェでは、
プーケットの五つ星ホテルでバーテンダーを10年以上務めたご主人のサックさんが
オリジナルカクテルやドリンクを作ってくれる。
予備 カフェのカウンター明るい雰囲気のカウンター席
お勧めモクテルのバージン・モヒート70Bお酒がダメな人にはモクテルを。バージン・モヒート70B


チェンマイでは珍しいバミー・ホッキアン55Bチェンマイでは珍しいバミー・ホッキアン55B

食事をするならプーケットのオリジナル太麺で作った
本格的なプーケット名物「バミー・ホッキアン」という麺料理がおすすめ。
鶏とカシューナッツ炒め 80B鶏とカシューナッツ炒め 80B
その他、タイ料理やフュージョン料理も、
美味しくかつ手頃な価格で味わえる。

敷地内の 開放感溢れる共有スペースは、
旅人同士が交流しやすいリラックスした雰囲気。
雑貨好きに人気のあるソーイ・ワットウモーン方面へ
自転車(貸し出しサービスあり)や徒歩で行けるロケーションも
若い人に人気の理由のひとつ。
郊外でアットホームな雰囲気のゲストハウスを探している人にはおすすめ。
もうすぐオープン予定のレストランも楽しみだ。
DSC02522.jpg日本語ぺらぺらのプロイさんが迎えてくれる



Cat Nap Homestay & Café キャットナップ・ホームステイ&カフェ情報
【営業時間】カフェ8:00~24:00、ゲストハウス チェックイン14:00~、チェックアウト12:00
【電話】09-0319-9789
【連絡先】https://www.facebook.com/catnaphomestay/






 



このページのトップへ

シウィ・カフェ SheweCafe (383)

Filed under カフェ

 

IMG_8401.jpg
似顔絵コーヒーと手作りサンドイッチ

 ナワラット橋から駅へ行く途中に白いコロニアルのホテル、
シウィワナーリゾートがあるが、その横に併設されているのがこのカフェ。
レンガと木を基調とした心地良い店だ。
予備  オープンサンド(スクランブルエッグ、ベーコン、トマト、パルメザンチーズ 95B)オープンサンド(スクランブルエッグ、ベーコン、トマト、パルメザンチーズ 95B)
クラブサンドイッチ(120B)オープンサンド(スクランブルエッグ、ベーコン、トマト、パルメザンチーズ 95B)

 おすすめメニューは、手作りの全粒粉パンを使ったサンドイッチやオープンサンド。
サンドイッチはチキンやポークなどあり、
なかでもクラブサンドイッチはベーコン、トマト、レタス、目玉焼き、オニオンが入っていて食べ応えあり。
一口では口に入らない大きさなうえ、2人で食べられるボリュームだ。
サラダもついて120バーツ、ドリンクセットにすればホットドリンクで139バーツ、
アイスで149バーツとお得。
ベーコンやチーズサンドイッチ、アボカドや卵などのオープンサンドだと
95バーツで、ドリンクセットは119バーツから。
パッタイ・トムヤム(150B)パッタイ・トムヤム(150B)
タイ料理の人気メニューは、トムヤム味のパッタイ。
ほどよい甘味、酸味、辛味が麺にからみあい、後を引く。
また、豪華にパイナップルの中に炒飯が入ったカオパット・サパロットもタイらしい一品だ。
パイナップルの酸味とカレー風味のごはんがからみあってエキゾチック。
無料のドリンクがついてくる(12:00~15:00)。
タイ・アイスティー(65B)タイ・アイスティー(65B)
IMG_8509.jpg>

 ドリンクメニューは、コーヒーやイタリアンソーダ、スムージーなど。
ホットのカプチーノやカフェラテ、モカ、チョコを注文すると、
バリスタのミヤオさんがミルクの上に似顔絵を描いてくれる(混んでいる時間以外)。
猫や花なんていう要望にも応じてくれるのでリクエストしてみよう。
きっと笑顔になれるはず。(O)
ミヤオさんが絵を描いてくれる。ミヤオさんが絵を描いてくれる。


シウィ・カフェ情報
【営業時間】7:00~17:00 (無休)
【電話】0-5324-0020


※200B以上でオートミールクッキーのプレゼント。





 



このページのトップへ