FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

カムルアン・カフェ&レストラン Kham Luang Cafe & Restaurant (379)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

カオソーイから洋食まで誰もが楽しめる店
カオソーイ 59Bカオソーイ 59B

家族や友達で外食をする時にオススメなのがこのお店。
代表的なタイ料理やサンドイッチ、香港や日本の料理などレパートリーが豊富で、
老若男女どのメンバーと行ってもそれぞれが好みのものを食べることができる。
室内

メニューには、オーナーのヤイさんとオースティンさんが好きな料理が並ぶが、
なかでも人気なのがカオソーイ。
ヤイさんのお母さんのレシピで作るスープはぴりりっと辛く、濃厚でクリーミー。
具は牛肉と鶏肉がある。
カツサンド 120Bカオソーイ 59B
カオソーイやカレー、タイサラダ(ヤム)などのタイ料理の他にオススメなのが、
オーナーが大好きだという日本のカツサンド。
大きなカツと千切りのキャベツがパンに入っていてボリューム満点だ。
Baked Cheesy Tomato Rice 120BBaked Cheesy Tomato Rice 120B

また、チェンマイでは珍しい、
香港名物のひとつである「鮮茄火局猪扒飯」(Baked Cheesy Tomato Rice)もぜひ味わいたい。
香港出身のオースティンさんによると、
香港には英国の影響を受けた料理が多く、
これもそのひとつだという。
お米の上に肉(豚肉、鶏肉)、玉ねぎ、卵、チーズがのっていて、一見ドリア。
ベースのトマトソースは新鮮なトマトで毎日作っていて、
濃厚なチーズと肉にトマトの爽やかな酸味が加わって食が進む。
豆腐チーズケーキ 1/4切 40B豆腐チーズケーキ 1/4切 40B

そして、食後のデザートやおやつに食べたいのが、
軽い口当たりの豆腐チーズケーキやメロンパン。
甘さ控えめでヘルシーだ。
飲み物はコーヒーやソーダ、ミルクをベースにしたオリジナルのものが30種類以上あるので、こちらも楽しみたい。
「今日は何を食べよう?」と迷ったら、この店へ行ってみよう。(O)
コーヒーとライム、スプライトのDark Sparkle、フルーツとジャスミンティーのMixed Fruit Tea 各85Bコーヒーとライム、スプライトのDark Sparkle、フルーツとジャスミンティーのMixed Fruit Tea 各85B

カムルアン・カフェ&レストラン Kham Luang Cafe & Restaurant情報

【営業時間】10:00~21:00(土日は9:00~)(無休)
【電話】09-3249-2894
【誌面地図】C-6






 



このページのトップへ

Cafe'De Museum カフェ・ド・ミュージアム(378)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

季節のフルーツ・ワッフル (2)季節のフルーツ・ワッフル
旧市街中心の博物館の庭で優雅な時間を

旧市街のほぼ中心に位置する3人の王様像広場前に「ラーンナー郷土博物館」があり、
またさらに奥には木造民家を活用した「チェンマイ・ハウス・オブ・フォトグラフィー」の建物がある。
今回はこの2つの博物館に隣接するレストランをご紹介したい。
落ち着いた雰囲気の店内の高い天井からは、
切り紙細工の十二支が光る伝統的な灯篭が下がり、
チェンマイらしさをさりげなく演出している。
DSC03107.jpg

どのメニューも美味しいが、
辛い料理が好きな人には、チェンマイ名物のカオソーイをスパゲティーで味わう一皿がおすすめ。
カオソーイ・サーモン 190B (2)カオソーイ・サーモン 190B

エビやサーモンなどトッピングはお好みで。
クウェティオ・シェンハイ・パット・ムーサップ 185Bクウェティオ・シェンハイ・パット・ムーサップ 185B
ちょっと変わった麺料理のシャンハイ・ヌードルもぜひお試しあれ。
くるくるっと巻いた米粉の麺は歯ごたえが良く、
豚と炒めてたものもシーフードと和えたものも美味。
サンドイッチやサラダもあるが、
一般的なタイの食堂メニューもあり、
たとえば餡かけ麺(ラートナー)は麺をかりっと揚げ焼きにして香ばしさを出すなど、
ちょっとした心遣いが美味しさの秘訣なのだ。
ラートナー・タレー 135B (2)ラートナー・タレー 135B

カフェメニューも充実していて、
店のカウンターに置かれたショーケースには、
マンゴーチーズケーキやチョコレートムースが並んでいるから要チェック。
焼きたてのワッフルはボリュームたっぷりなので、
2~3人でシェアしてもいいだろう。
ホットコーヒーを注文すると小さなタイの郷土菓子が付いてくるのも嬉しい。
DSC03113.jpg
この季節は庭の噴水を眺める屋外の席も気持ちがいい。
博物館に行ったら立ち寄るのをお忘れなく。(S)


Cafe'De Museum カフェ・ド・ミュージアム情報

【営業時間】9:00~18:00(無休)
【FB】Cafe'De Museum





 



このページのトップへ

マホガニー・カフェ Mahogany Café(377)

Filed under カフェ

 

ガジュマルの木陰でのんびりティータイム
パンケーキ

 ラーマ9世公園の向かい側、
チョータナー通りに面した場所にモーニングやランチ、
お茶を楽しめる気持ちの良いカフェがオープンした。
1_20181224131523ed9.jpg
DSC02412.jpg

敷地に昔から生えているガジュマルなどの大木をいかしたレイアウトで、
木陰で寛ぐことができる。
今の季節は人工的に作られた滝の側もゆったりした庭の席も人気だ。
DSC02335.jpg

野菜やご飯など、食材はオーガニックにこだわり、
プラスチックのゴミを出さない取り組みもしているとか。
オーナー自ら仕入れるチェンマイ産のおいしいコーヒーにぴったり合うのが、
バナナをサンドしたパンケーキ。
しっとり系で、おしゃべりに夢中になってちょっと冷めてしまっても美味しく食べられる。
チキン・サテ yobi

ランチなら、スパゲティーやハンバーガーもあるし、
タイテイストのフュージョン料理も多種揃っている。
せっかくだからタイ料理を、という人におススメのメインディッシュは、
「ガイサテ・クルン・トア」。
「サテ」は東アジアで広く食べられているカレー味の串焼きの肉料理のことだが
ここのチキン・サテはどーんとハーフサイズ。
カレースパイスに漬け込んだチキンはふっくらとグリルされ、コ
クのあるピーナッツ味の甘辛いソースと
さっぱりとしたディル入りのヨーグルトソースを絡めていただく。
ピクルスもちょうど良いアクセントになっている。
ヤムソムオーyobi2
他にもほぐしたザボンの実とロース・ココナッツファイン、
コブミカンの葉などと合えたサラダ「ヤム・ソムオー」も美味。
ぷりぷりのエビがトッピングされて、
ザボンの瑞々しさと酸味、
タイ料理ならではの辛味を楽しめる。
気軽に食べたい人には、
ハーブのドリンクがついたランチセットならどれでも169B。
かりっと揚げた豆腐のガパオライスなんて美味しそうだ。   (S)
オーガニック・コールドプレス・ジュースアメリカン・オンア・アイス
オーガニック・コールドプレス・ジュース(左)、 アメリカン・オンア・アイス(右)

※期間限定(30日頃まで)のクリスマスセット799B(2人分)あり。
ローストチキン、白ワイン、パン、サラダ、パンナコッタ。要予約。
マホガニー・カフェ Mahogany Café情報
【営業時間】9:00~18:00(無休)
【電話】06-2665-6266【fb】https://www.facebook.com/MahoganyCafe/




 



このページのトップへ

クワン・ラートナー・ヨートパック  กวง ราดหน้ายอดผัก

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 


あっさり味が好きな人にはおすすめ!基本のラートナー・ムー40Byokoあっさり味が好きな人にはおすすめ!基本のラートナー・ムー40B

安くて旨い! 大学側の老舗あんかけ麺(ラートナー)

ステープ通りに面したチェンマイ大学歯学部前には、
いろいろな食堂が軒を連ね、
食事時は病院関係者やチェンマイ大学の職員や学生、
近所の人たちで賑わう。

その中で、日本人留学生にもおいしいと評判なのが、
ラートナーが人気の食堂「クワン・ラートナー・ヨートパック」。
ラートナーとは餡かけ麺のことで、
米粉のもちもちした幅広の麺に、
とろっとした餡をかけたやさしい味の一皿料理だ。
「パリパリ」と「しんなり」との両方の食感が味わえる
揚げ麺「ミーグロープ・ラートナー」もいける。
名物!具沢山のラートナー・ジャンボー70B 名物!具沢山のラートナー・ジャンボー70B

お店の一押しメニュー「ラートナー・ジャンボー」は、
麺の上に半熟の目玉焼き、
海老やイカ、たこさんウインナー、
豚肉、カイラン菜など具沢山の、まさしく「ジャンボ」な一品!
チェンマイ大学生にも人気チェンマイ大学生にも人気

創業29年、チェンマイに長く住んでいる人なら、
コンクリートの床の古びた食堂として覚えているかもしれないが、
2年前にリニューアルし、エアコン完備のレストランになってから、
ますますお客さんが増えている。
入り口に厨房があるため、
部屋に入る前に嗅ぐ醤油やナンプラーの焦げる匂いに食欲がわいてくる。
醤油が香ばしいパット・シーイウ45Bはライムを搾って。yoko醤油が香ばしいパット・シーイウ45Bはライムを搾って。

ラートナー以外にも、タイ料理好きに人気の
「カーオ・パット・ガパオ(バジル炒め)」や
幅広麺を炒めた香ばしいタイの醤油焼きそば「パット・シーイウ」など、
一般的な屋台料理も揃っている(写真付きの英語のメニューあり)。
 
安くて早くて美味しい、しかもエアコン付き! 
チェンマイ大学方面に行く時はよってみて。      (S)
豚のマークが目印豚のマークが目印

クワン・ラートナー・ヨートパック 情報【営業時間】8:30~22:00(月2回不定休)
【電話】08-9855-7490
【誌面地図】C-3 https://goo.gl/maps/rsqsqLvy3yK2





 



このページのトップへ

パオ・エン・ペット  เปา แอนด์ เป็ด(369)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

豚肉を皮で包んだクウェティオ・ロート(40B)豚肉を皮で包んだクウェティオ・ロート(40B)
香ばしいアヒル麺と手作り飲茶

アヒル料理を食べられる屋台や食堂はたくさんあるが、
この店のシェフはなんと高級ホテルで働いていた経歴の持ち主。
ウィラックさんはプーケットやバンコク、チェンマイのシャングリラ、
メリディアン、リージェントなどで中国料理のシェフとして腕をふるっていた。
ウィラックさんと奥さんのノーイさん (2)ウィラックさんと奥さんのノーイさん

8年前に店をテープパンヤーにオープンし、2018年の今年、今の場所に引っ越してきた。
メニューは、店名にもなっているアヒル(ペット)料理と饅頭(パオ)、
そして点心、豚肉料理。
アヒル麺スープなし(50B)アヒル麺スープなし(50B)

まず味わってもらいたいのは、アヒルのラーメン、「バミー・ペットヤーン」。
スープあり(ナーム)となし(ヘーン)があるが、おすすめはスープなしの「ヘーン」だ。
この店はすべて手作りだが、
麺ももちろんお手製。
コシがあり、タレとよくからんであっという間にペロリとたいらげてしまう。
アヒルは脂っぽくなく、皮がパリッと、中がジューシー。
アヒルの調理はコツがいり、
うまく処理しないとアヒル臭さが出てしまうそうだが、
ウィラックさんは秘密の技でそれを取り除き、
香り良く仕上げている。
アヒルご飯(50B)アヒルご飯(50B)

アヒルワンタン(50B)アヒルワンタン(50B)

アヒルは麺の他、ごはんやワンタン(ギヤオ)と食べることができる。
数人で行くなら、点心もぜひ注文したい。
肉まんや黒ゴマ、クリーム入りの饅頭、
シュウマイ、エビ肉、しいたけ、キヌガサタケ、春巻きなど
15種類ほどから選べる。こちらも全部手づくりだ。
具がたっぷり入っていて、ぷりっとした食感がたまらない。
好きなものを選んでアヒル麺と一緒に味わいたい。            (O)
キヌガサタケと豚肉の点心(40B)キヌガサタケと豚肉の点心(40B)
チャーシュー、黒ゴマ饅頭(40B)チャーシュー、黒ゴマ饅頭(40B)

パオ・エン・ペット情報
【営業時間】8:00~14:30(毎月1、16日)
【電話】09-6459-2293
【誌面地図】J-3の先(グーグルマップの Bao En Pedで検索)





 



このページのトップへ

L’Opera ロペラ(367)

Filed under カフェ

 

ベーシック・ブレックファースト 80B (2)ベーシック・ブレックファースト 80B

フランスの職人が焼くパンとケーキの店

チェンマイで本格的なパンを食べようと思うと店が限られてしまうが、
フランスのパンを食べたかったらこの店へ行ってみよう。
バターやチョコレートなど、
フランスから輸入した食材と地元の素材をいかしたパンやタルトを味わえる。
右からシェフ、奥さん、アシスタント右からシェフ、奥さん、アシスタント

オーナーはフランス人のクリストファーさんと奥さんのピアンさん。
クリストファーさんは14歳でこの業界に入り、
40年以上パンを焼き続けている。
アメリカやドミニカ、マレーシア、
ベトナム、サムイ島、パタヤなどで働き、
2014年12月にチェンマイに店をオープンした。
キッシュ 60B~キッシュ 60B~

 店は欧米人のお客さんがほとんどで、
「ボンジュール」なんてフランス語が飛び交っている。
ガラスケースやバスケットの中には、
バターをたっぷり使ったクロワッサンやブリオッシュ、
パリッと焼き上げたハード系のパンなどがずらりと並んでいる。
フランスの店にありそうなメレンゲ菓子やボリュームたっぷりのキッシュ、
フルーツタルトなどもあり、見ているだけでワクワクしてくる。
店

店内で食べるなら、好きなケーキやパンを選んでもいいが、
クロワッサン&コーヒーセット、
パンに卵をのせたエッグベネディクト、
パンケーキ、フレンチトーストといったブレックファースト・メニュー(1日中)やサンドイッチがおすすめ。
アップル・クランブル 80Bアップル・クランブル 80B

 家で食べる時は、オーブントースターで軽く温めると、
外はかりっと中はふわっとしてセトレボ~ン。(とてもおいしい)。
いろいろなパンが揃うのが朝の10時頃なので、
その頃目指して行ってみて。(O)
ラスティック・ブレッド 35Bラスティック・ブレッド 35B

L’Opera ロペラ情報
【営業時間】7:00-20:00(タイ正月)
【電話】 08-7455-7645
【地図】  マップ(Picola Romaとぐでんぐでんの間)




 



このページのトップへ

Ama Vegan Kitchen アマー・ヴィーガン・キッチン

Filed under ベジタリアン

 

ハーブ・サラダ・ライス 95B
粋なヴィーガン料理に女性らしい優しさがある

この頃、チェンマイの街中のあちこちで
ヴィーガンのレストランをよく見かける。
ヴィーガンは完全で厳格なベジタリアン料理。
肉はもちろん、乳製品、卵、ハチミツなど
動物由来の食材は一切使わない。
とくに欧米人の間で熱心な愛好者が急増している。
豆腐炒め野菜添え 80B豆腐炒め野菜添え 80B

スーパーハイウェイ沿いのモダンなコンドミニアム、
Trams Square内にあるこのレストラン(アマーとは年配の女性の意味)は、
意識の高い欧米人の間で静かな評判になっている。
優しさが滲み出るトムおばさん優しさが滲み出るトムおばさん
ここのオーナーで料理人のヌンナパットさん(トムおばさん)は、
バンコクで健康食のケータリング、
さらにランパーンでオーガニック農業などを手がけた後、
チェンマイにやってきて2年ほど前にこのお店を開いた。
長ナスのトマトソース炒め 80B 予備写真長ナスのトマトソース炒め 80B

トムおばさんは瞑想を続けていた30代の中頃に
身体が一切肉を受け付けなくなり、
自然に菜食オンリーになった。
カボチャ・ディップのキュウリ 80Bカボチャ・ディップのキュウリ 80B

以来、ずっと健康そのもので、
まったく医者にかからない体質になったそうだ。
ヘルシーでクオリティの高いヴィーガン料理を
他の人たちにも食べてもらいたい……
そんな気持ちから始めたのがこのお店。
マッサマン・カレー 95B(ご飯は別)マッサマン・カレー 95B(ご飯は別)

ハーブなどの野菜はすべてオーガニック、
調味料や油も素材を吟味、厳選したものだ。
ニンニクや長ネギなどは刺激が強く、
瞑想の集中を妨げるので避ける。
もちろん化学調味料は使わずに、
キノコや大豆の粉で味の旨みを出している。
ハーブ・サラダ・ロールズ 80Bハーブ・サラダ・ロールズ 80B

かつて料理屋をやっていた母親から受け継いだ、
「大人の味」がする本当の家庭料理を提供するように心がけているという。
ていねいに美味しく作られたどの料理からも、
トムおばさんの優しい人柄が自然に伝わってくる。(B)     
ハーブ・サラダ・ライス 95Bハーブ・サラダ・ライス 95B
       


Ama Vegan Kitchen情報
【営業時間】9:00~20:00 基本的に無休(不定休)
【電話】08-1417-8882
【誌面地図】G-1


 


 



このページのトップへ

KHAO カオ(361)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

GOONG MAE NARM YANG2GOONG MAE NARM YANG


料理を通して北部タイの文化を感じる

フォーシーズンズ・リゾートのレストラン「KHAO」では、
タイ北部の郷土料理を中心に、
地元の食材にこだわった料理を提供している。
主食のお米は6種類から自由に選べ(無料)、
アミューズや食後のデザートにも、
お米を使ったタイのスナックのサービスがある。 
YAM PLA FUYAM PLA FU
まず、最初の1品には、
冷たいソースからもくもくと白いけむりが出てインパクト大の「ヤム・プラーフー」を。
焼いた鯰の身をほぐして揚げ、
青いマンゴーなどとあえるタイ中部料理だが、
きれいに折りたたんだ布のように揚がった身を、
少しずつ自分で崩しながら、刻んだ青林檎やフルーティーなソースに絡める
見た目も味もおしゃれな一皿だ。
TOM YAM KHA MOOTOM YAM KHA MOO
「スープ・トムヤム・カームー」は、
辛さ控えめでハーブの香りと豚足の甘みが絶妙なバランス。
AEP PLA TUBTIMAEP PLA TUBTIM

「エップ・プラー」はバナナの葉に魚とハーブ、
調味料とを包んで蒸し焼きにする北部料理。
ここでは軽く揚げたオジギソウにパッションフルーツのソースを自分で合えて食すのだが、
これがエップ・プラー!?と驚く、新鮮な美味しさ。
GAI OKGAI OK

PAD CHAYOTE NEAMPAD CHAYOTE NEAM
他に、鶏肉の旨さを凝縮したハーブの蒸し焼き「ガイ・オック」、
ハヤトウリの蔓と手作りの醗酵ソーセージとを炒めた「パット・サヨテー・ネーム」、
SOM TUM TUB HANSOM TUM TUB HAN

そして、なんとフォアグラの乗った「ソムタム・タップハーン」など、
シェフの想像力が駆使された料理の数々は、
他では経験できない新しい北部料理の味を堪能させてくれる。 
DSC09677.jpg

夕方、山稜に日が落ち、
棚田のあぜ道に揺れる灯を眺めながらのディナーは、
チェンマイでの特別な思い出になるはずだ。    (S)
 
KANOM SAOWAROSKANOM SAOWAROS


KHAO カオ情報
【営業時間】ディナー 18:00~22:00(ランチ 12:00~14:30、アフタヌーン・ティー 13:00~17:00は別メニュー)
【電話】0-5329-8181
【HP】https://www.fourseasons.com/chiangmai/dining/restaurants/khao/
【誌面地図】FOUR SEASONS RESORT CHIANG MAI(地図Hー1先)
https://goo.gl/maps/aLTWRPagL9T2





 



このページのトップへ

イート・パッタイ อี๊ดผัดไทย(358)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

パッタイに自信あり! の小さな食堂
DSC06098.jpg

 チャーンモイ通りに面した小さな食堂のパッタイがおいしいという評判を聞き、行ってみた。
パッタイとは米粉の細麺を炒めたタイの焼きそば。
外国人が最も好むタイの屋台メニューのひとつだ。
店の前には「タイで一番おいしいパッタイ」と書かれた看板が堂々と掲げてある。
夕暮れ時の店 予備

 パッタイ以外のメニューも気になるが、
まずは一押しのパッタイを食べてみなければと、「パッタイ・ホーカイ」を注文。
パッタイを薄焼き卵でくるんだちょっとご馳走感のある一品だ。
おそろいのTシャツにはイートおばさんの顔おそろいのTシャツにはイートおばさんの顔
体格の良い2代目の息子さんが、カンカンとフライパンを鳴らしながら作ってくれる。
卵は均一に火が通っていて、
見た目より(失礼!)几帳面な方のよう。
さて、スプーンでそっと卵焼きを破ってみたら、
中から湯気を立てて麺が出てきた。
やたら甘過ぎたり、麺が油でべとついている店が多い中、
カラリと炒めてあり、タマリンドの甘酸っぱい隠し味もちょうど良い。
DSC06670.jpgカオパット 50B 

この感じだとカオパット(焼き飯)も美味しいはず、と注文してみたら、大正解! 
シンプルなメニューだが、カナー(カイラン菜)など繊維の多い野菜は、
皮をむいて小さく切り揃えるなど、下ごしらえが丁寧にしてあるので食べやすい。
そして、強火で一気に炒めるから、ご飯がパラパラ。
うっすらと香るナンプラーの焦げた風味がたまらない。
ra-dona-.jpg餡かけ麺ラートナー
お店の人によれば、地元の若者には
ケチャップ味のマカロニ・パットやインスタント麺を炒めたママー・キーマオなども人気だという。
でも、いろいろ味わったら、きっとまたパッタイが食べたくなりそうだ。      (S)
【営業時間】9:30~22:00(土日休み)
【地図】G-4  https://goo.gl/maps/4DoTSZKUDgF2

 



このページのトップへ

Lasy Daisy Cafe レイジー・デイジー・カフェ (358)

Filed under カフェ

 

DSC07200.jpg

食事もお茶も買い物も楽しめるフレンドリーなお店
カフェや雑貨好きに人気のPaper Spoonや手縫いの洋服店、
子供服専門店ど、ハンドメイドのお店が集まったCommune Malaiに、
先月から新たにカフェ飯を提供するLasy Daisyが仲間入りした。
タマリンド・ソーダタマリンド・ソーダ
メニューは、Paper Spoonの時から大人気のタマリンド・ソーダやスコーンはそのまま引き継がれ、
エスプレッソマシーンで淹れるチェンマイ産の美味しいコーヒーや
季節の果物を使ったラッシー、抹茶ラテ、
チョコレート・ラバケーキ、トーストなど、さらに充実。
ストロベリー・ラッシー季節のメニュー、ストロベリー・ラッシー
特にお勧めは、トルティーヤを使用した薄いピザだ。
オーダーごとに焼いてくれるので、あつあつ、パリパリ! 
サイズは小さめだから1人で1枚食べられる。
薄くてパリパリ生地のピザ薄くてパリパリ生地のピザ

その他にも、週代わりの食事メニューがあり、
例えば、焼き飯+鮭(照り焼きと塩焼きが選べる)、
野菜たっぷりのシチューとマカロニ、カレン族のオーガニック米を使用したカレー
(トッピングはオムレツ、豆腐のてんぷら、チキンから選べる)、
ホットサンドなど、何があるかはその日のお楽しみ。
鮭の塩焼きとガーリックフライドライス(予備)鮭の塩焼きとガーリックフライドライス
オムレツ&カレー(2)オムレツ&カレー
料理を担当するニューさんは、
元々はフリーのグラッフィックデザイナーをしながら、
プレー県でカフェを経営していたが、
友人の誘いで学生時代を過ごしたチェンマイに戻ってきたという。
DSC07351.jpg笑顔が素敵なニューさん

店内には常に他の店の仲間がいて、常に和気あいあいとした雰囲気。
敷地の奥には同じくオープンしたばかりのギャラリーJitrakornpanich Art shopと、
女性専用のゲストハウスSi-Tang Guest Houseがある。
そして、2階にリニューアルオープンしたPaper Spoonを覗くのもお忘れなく。     (S)
DSC04476.jpg


Lasy Daisy 情報
【営業時間】10:00~17:00(火、水定休日)
【電話】08-1602-6506
【誌面地図】A-3 https://goo.gl/maps/QDSBRbSqjvB2





 



このページのトップへ

| ホーム | 次のページ