FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Cafe'De Museum カフェ・ド・ミュージアム(378)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

季節のフルーツ・ワッフル (2)季節のフルーツ・ワッフル
旧市街中心の博物館の庭で優雅な時間を

旧市街のほぼ中心に位置する3人の王様像広場前に「ラーンナー郷土博物館」があり、
またさらに奥には木造民家を活用した「チェンマイ・ハウス・オブ・フォトグラフィー」の建物がある。
今回はこの2つの博物館に隣接するレストランをご紹介したい。
落ち着いた雰囲気の店内の高い天井からは、
切り紙細工の十二支が光る伝統的な灯篭が下がり、
チェンマイらしさをさりげなく演出している。
DSC03107.jpg

どのメニューも美味しいが、
辛い料理が好きな人には、チェンマイ名物のカオソーイをスパゲティーで味わう一皿がおすすめ。
カオソーイ・サーモン 190B (2)カオソーイ・サーモン 190B

エビやサーモンなどトッピングはお好みで。
クウェティオ・シェンハイ・パット・ムーサップ 185Bクウェティオ・シェンハイ・パット・ムーサップ 185B
ちょっと変わった麺料理のシャンハイ・ヌードルもぜひお試しあれ。
くるくるっと巻いた米粉の麺は歯ごたえが良く、
豚と炒めてたものもシーフードと和えたものも美味。
サンドイッチやサラダもあるが、
一般的なタイの食堂メニューもあり、
たとえば餡かけ麺(ラートナー)は麺をかりっと揚げ焼きにして香ばしさを出すなど、
ちょっとした心遣いが美味しさの秘訣なのだ。
ラートナー・タレー 135B (2)ラートナー・タレー 135B

カフェメニューも充実していて、
店のカウンターに置かれたショーケースには、
マンゴーチーズケーキやチョコレートムースが並んでいるから要チェック。
焼きたてのワッフルはボリュームたっぷりなので、
2~3人でシェアしてもいいだろう。
ホットコーヒーを注文すると小さなタイの郷土菓子が付いてくるのも嬉しい。
DSC03113.jpg
この季節は庭の噴水を眺める屋外の席も気持ちがいい。
博物館に行ったら立ち寄るのをお忘れなく。(S)


Cafe'De Museum カフェ・ド・ミュージアム情報

【営業時間】9:00~18:00(無休)
【FB】Cafe'De Museum





 



このページのトップへ

L’Opera ロペラ(367)

Filed under カフェ

 

ベーシック・ブレックファースト 80B (2)ベーシック・ブレックファースト 80B

フランスの職人が焼くパンとケーキの店

チェンマイで本格的なパンを食べようと思うと店が限られてしまうが、
フランスのパンを食べたかったらこの店へ行ってみよう。
バターやチョコレートなど、
フランスから輸入した食材と地元の素材をいかしたパンやタルトを味わえる。
右からシェフ、奥さん、アシスタント右からシェフ、奥さん、アシスタント

オーナーはフランス人のクリストファーさんと奥さんのピアンさん。
クリストファーさんは14歳でこの業界に入り、
40年以上パンを焼き続けている。
アメリカやドミニカ、マレーシア、
ベトナム、サムイ島、パタヤなどで働き、
2014年12月にチェンマイに店をオープンした。
キッシュ 60B~キッシュ 60B~

 店は欧米人のお客さんがほとんどで、
「ボンジュール」なんてフランス語が飛び交っている。
ガラスケースやバスケットの中には、
バターをたっぷり使ったクロワッサンやブリオッシュ、
パリッと焼き上げたハード系のパンなどがずらりと並んでいる。
フランスの店にありそうなメレンゲ菓子やボリュームたっぷりのキッシュ、
フルーツタルトなどもあり、見ているだけでワクワクしてくる。
店

店内で食べるなら、好きなケーキやパンを選んでもいいが、
クロワッサン&コーヒーセット、
パンに卵をのせたエッグベネディクト、
パンケーキ、フレンチトーストといったブレックファースト・メニュー(1日中)やサンドイッチがおすすめ。
アップル・クランブル 80Bアップル・クランブル 80B

 家で食べる時は、オーブントースターで軽く温めると、
外はかりっと中はふわっとしてセトレボ~ン。(とてもおいしい)。
いろいろなパンが揃うのが朝の10時頃なので、
その頃目指して行ってみて。(O)
ラスティック・ブレッド 35Bラスティック・ブレッド 35B

L’Opera ロペラ情報
【営業時間】7:00-20:00(タイ正月)
【電話】 08-7455-7645
【地図】  マップ(Picola Romaとぐでんぐでんの間)




 



このページのトップへ

マンチース・カフェ MUNCHiES café(349)

Filed under カフェ

 

森の中の素敵なカフェ

木漏れ日にコーヒーの香りが漂うカフェ&ビラ

チェンマイ大学メーヒア農業学部キャンパスの裏側に、
木々の生い茂る静かなエリアにビラ&カフェがオープン。
小さな門をくぐると、ガラス張りのお洒落なカフェがまず目に入る。
この辺りの道は自転車愛好家のルートになっているため、
朝はサイクリングスーツ姿のお客さん達が立ち寄って
朝のコーヒーを味わっている。

お洒落なカフェスペース
中に入ると大きな窓から、広々とした庭の緑が目に入る。
これからの季節は外の木陰の席も気持ち良さそうだ。
デーツのケーキのキャラメルソースがけは秋の気分デーツのケーキのキャラメルソースがけは秋の気分
アイスラテ、アイスカプチーノ 各70Bアイスラテ、アイスカプチーノ 各70B
コーヒーはドーイサケットとメーホーンソーンで収穫される豆をブレンド。
ラテはたっぷりサイズで、シナモンロールやケーキ、
サンドイッチなど、ホームメイドベーカリーと良く合う。
緑いっぱいの敷地のプライベートな空間
まるで森のような敷地内には、カフェの他に5棟のビラが立っている。
一軒一軒が程よく離れているので、プライベートな空間はしっかり保たれている。
オーナーのテーンさんによれば、
お客さんにゆっくり寛いで欲しいからと、
7日以上の方のみのロングステイ向けになっている(1ヶ月借りると30%オフ)。
広々した間取りで寛げる
どの部屋の窓からも庭の木々を見渡すことができ、
自然の中でのんびりとリラックスできること間違いなし。
市内から少し離れているので、車やバイクなど足がある方が便利だが、
近所には農業キャンパスやドイカム寺、ラーチャプルック国立公園、
ナイトサファリなど、ちょっとそこまでのお散歩コースは選り取り見取りだ。
新築のキッチン付ビラが1日1100~1300B。新築のキッチン付ビラが1日1100~1300B。

すぐ近くのメーヒア市場で食材を買って、
室内のキッチンで料理を楽しむのもいいだろう。
とにかく自然の中でリラックスしたいという人にはぴったりカフェ&ビラだ。 (S)


マンチース・カフェ MUNCHiES café情報
【営業時間】9:00~18:00(日・月休み)
【電話】08-1764-3446、【連絡先】fb Munchies café
【場所】https://goo.gl/maps/8xdwshvhzxk





 



このページのトップへ

グッド・モーニング・チェンマイ・カフェ (226号) Good Morning Chiangmai Cafe

Filed under カフェ

 

山小屋風の建物の前に馬が…。 オーナーのヨーさん

 なかなか洒落た木造の建物の前に大きな作り物の馬が置かれている……もうこれだけで、「ちょっと入ってみようかな?」という気になってしまう。見るからに遊び心に溢れた小粋なカフェをご紹介しよう。
 店名はアメリカ映画『Good Morning Vietnam』をもじったもので、美味しい朝食が食べられるカフェという意味も込められている。ロッククライミングやバイクツアーの・ガイドをしていたオーナーのヨーさんが店を開いたのは約2年前のこと。その頃、発覚した骨の癌の治療を続けながら、とびきりユニークなカフェを作り上げてきた。建物設計から装飾デザインまで自ら手がけたこのお店は、ヨーさんの分身みたいなものだろう。壁には懐かしの映画ポスターが飾られ、あちこちに長年買い集めたレトロなコレクションの数々が置かれている。洋風なのに、どこかタイ的なところが不思議な魅力だ。

スモーク肉を挟んだBBQサンドイッチ 95B スペアリブを煮込んだカーオ・ムーオップ 70B

 メニューはサンドイッチなどの軽い洋食からタイ料理まで一見普通だが、材料選びから調理法まで、かつて料理教室の先生をしていたシェフのタグさんの技が冴える。例えば、BBQサンドイッチは、豚の肩肉を香料と長時間煮込んでスモーク処理し、さらに煙の香りが肉に染み込むようにフリーザーに入れてからソースと和える徹底ぶりだ。コーヒー豆は、ファーン郡にあるオーナー友人の農園から調達した特選品を使用している。
毎週木曜日(11:00~12:00)には、アコースティックなジャズライブ(サックス+ギター+ベース)を開催。フレンドリーなスタッフと一緒に素敵なブランチを!(B)

Good Morning Chiangmai Cafe情報
【営業時間】8:00~17:00(無休)
【電話】0-5327-8607、08-6922-3606
【地図】誌面地図D-4
【住所】29/5 Rachamankha Soi 6 T.Phrasingh


 

(“グッド・モーニング・チェンマイ・カフェ (226号) Good Morning Chiangmai Cafe”の要約です。)

このページのトップへ

ラーン・カイガタ・ルーッロット(206号)

Filed under 多国籍レストラン

 

モーニングセットF 55B カーオトム(ベトナムのお粥)

 チェンマイ門市場の裏側、プラポックラオ通りに手軽でおいしいベトナム・ブレックファーストのお店がある。 こちらの人気メニューは、お店の名前にもなっている「カイガタ」。これは1人前サイズのアルミ製フライパンで出される目玉焼きのことで、お好みで「ムーヨー」や「クンチヤン」というソーセージをトッピングする。さらにフランスパンのサンドイッチや、コンデンスミルクの入った昔ながらのコーヒーなどがセットになったモーニングのメニューは、全5種類。
 フランスパンのサンドイッチは単品で頼めば、中身の具を豆腐ときのこ炒めやソーセージ、コンデンスミルクなどから選べる。小さなサイズなので、2つくらいは軽く食べられる。

オーリエンとサンド オーナーのメイさん(真ん中)

 その他のお勧めメニューは、うどんのようなベトナム麺「クウェチャップ・ベトナム」だ。讃岐うどんほどのコシはないが、むっちり太めの麺は満足感たっぷり。日本人なら誰でもほっとするおいしさだ。あっさりした出汁に卵を割りいれてもらうと、「月見クウェチャップ」になる。オーナーのメイさんいわく、「親戚が経営している鶏卵農場から直接届く卵だから新鮮さは保障します」とのこと。また麺やパン、ソーセージなどは、ベトナム料理がおいしいウドーン県から2日に1度届く食材を使用するこだわりようだ。
 店はカフェスタンドのような作りで、道端にも席がある。昼食にも、ちょっとお茶を飲むのにも便利。手頃な値段と気軽な雰囲気が親しみやすいお店である。(S) 

ラーン・カイガタ・ルーッロット(206号)情報
【営業時間】6:00~15:00
【地図】誌面地図A-2 
【電話】08-4609-6904
【住所】37 Prapokklao Rd


 

(“ラーン・カイガタ・ルーッロット(206号)”の要約です。)

このページのトップへ

Café Compassion(204号) 

Filed under 洋食レストラン

 

Papa's Coriander Pest (110B) マリサさんとポールさん
 チェンマイ市内にはタイ料理のベジタリアン店はたくさんあるが、今年5月にオープンしたばかりのこの店は、サンドイッチやパスタ、サラダなどの洋食がメインのカフェ・レストランだ。ベジタリアン、ビーガン、ローフードのメニューを揃えている。
 オーナーはシンガポール人のポールさんとパートナーのマリサさん。ポールさんはシンガポールでローフードの教室を開いていたという。ヘルシーな料理を作るだけではなく、なるべく環境に優しくありたいと、家具はリサイクルものを使ったり、プラスチックの量を減らしたり、サイクリストには食事をしなくても無料で水を提供したりしている。ただ、エコでも快適に、またノンベジタリアンでも楽しめるようにアルコールを販売したりと、いろいろな人が心地良くいられるスペースになっている。

The bUlbOus Burger (120B) restaurant
 人気メニューの1つ、「Dizzy cheese steak」はパニーニの中にたっぷりのキノコと野菜、チーズが入っている1品。エキストラでポテトフライをつけられる。また、パクチー好きにはパクチーソースをからめた「Papa's coriander pest」がオススメ。ローフードというのは、一切熱を使わない調理法だが、その中でもローフードのラザニアはナスとズッキーニ、トマト、カシューナッツをレイヤーにして作るユニークな料理だ。もちろん、パンやドレッシング、ソースなどはすべてお手製。
 デザートはダークチョコレートをふんだんに使った濃厚なブラウニー&アイスクリームなどもあるので甘党の人はお試しあれ。(O)

カフェ・コンパッション情報
【営業時間】11:30~10:00(火~土)、~15:00(日ブランチのみ)
【電話】0-5322-2379
【地図】誌面地図 D-2


 

(“Café Compassion(204号) ”の要約です。)

このページのトップへ

Sandwitch Bar(サンドイッチ・バー)

Filed under 洋食レストラン

 

各種ラザニアも好評 ちょっと甘めの牛タン・シチュー

店の中に入ったとたんに、なんとも懐かしい気分に浸ることになる。
ボックス席の感じとか、店員のおばさんの服装とか、いつかどこかで見たような……そう、かつての日本にもあったような「昔の洋食屋さん」の雰囲気そのものなのだ。
このお店ができたのは今から約40年も昔のこと。
そのときから店を取り仕切っていたオーナーのナイさんによれば、最初はお堀の反対側にあったが、30年ほど前にこの場所に移ったのだという。
洋食メニューをいろいろ用意したのは、ベトナム戦争帰りのGI向けの食堂だったからだ。
当時のチェンマイでは、ホテルを除けば、スパゲッティなどの洋食が食べられたのはここだけ。
つまり、チェンマイの洋食屋の草分けだったというわけ。
7年前に亡くなったご主人のニットさんは、京都に約10年間留学した大の親日家。
かつて日本領事館(駐在官事務所)は向かい側のラーム病院の近くにあって、その頃は通訳も少なかったから、領事館関係者や工業団地の駐在員が相談がてらこの店に立ち寄ったそうだ。

ベーコンとタイハーブの相性はバッチリ。 店内の雰囲気は昔の洋食屋そのもの

ちなみに、店の日本語メニューはやはり日本に留学し、現在は工業団地に勤めるナイさんの甥が作成したもの。
ナイさん自身、昨年は3回もタイ料理を教えに日本に行ったというから、この店の親日度はかなりのハイレベルだ。
メニューはタイ料理から洋食まで揃っているが、売り物はもちろん昔ながらの洋食の数々。
その気取らない懐かしい味覚との再会に、年配者なら数十年前の我が家の食卓に舞い戻ったような気持ちになるに違いない。(B)        
        
Sandwitch Bar情報
【営業時間】7:00~21:00
【電話】0-5322-1528、08-6180-6438
【場所】E-3

 

 

(“Sandwitch Bar(サンドイッチ・バー)”の要約です。)

このページのトップへ

ランナーカフェ

Filed under カフェ

 

チェンマイ,ランナーカフェ

日本のNGO「わかちあいプロジェクト」とITDP(開発途上国フェアトレード推進団体)の
協力によって、この店がスタートしたのは2001年のこと。
当時のチェンマイでは本格的コーヒーが飲めるところはまだ珍しかった。
言わば焙煎コーヒー・ショップの先駆的存在がこのお店だった。
フエイケーオ通りから引っ越した新しい店の敷地内には、
コーヒーの焙煎工場、ITDPのオフィスもある。
ここで製品化された「Thai Highland Arabica Coffee」は、
欧米諸国、日本、オーストラリアなどに月間1~2トンも輸出されているそうだ。

サンドイッチ

店はモダンでお洒落で、庭に面した木陰のテラスでも、
ゆったりした気分でコーヒーをすすることができる。
評判のサンドウィッチはパン、肉、チーズ、野菜、ドレッシング&ハーブを
お好みで選べるようになっている。
手頃な値段のパスタ類もお勧めだ。
店内では、5種類のアラビカ・コーヒー製品を販売しているので、
日本へのお土産にいかがだろうか? (B)

Lanna cafe情報

【営業時間】 8:00~18:00(月~金)、9:00~19:00(土、日)(無休)
【電話】 0-5326-6349 
【場所】 ちゃ~おの地図J-3の先。リンピン・スーパーがあるミーチョーク・プラザの交差点から内側環状線を県庁方向に約500m行った右側

 

(“ランナーカフェ”の要約です。)

このページのトップへ

| ホーム |