チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ナカラ・ジャルダン Nakara Jardin (350)

Filed under ケーキ

 

岸辺の庭で粋なアフターヌーンティーはいかが?

ケーキ類はどれも140Bケーキ類はどれも140B

ピン川沿いのジャルーンプラテート通りソイ9(ドーイピンマンション向かい)を
ちょっと入っていったピンナカラ・ブティックホテルの裏手の庭にある、
岸辺の素敵なカフェ&レストラン。
ここのアフタヌーン・ティーは最高よ!ここのアフタヌーン・ティーは最高よ!
 
ここの若きご主人、ポムさんは
チェンマイ生まれの中華系タイ人。
若きオーナーのポムさん若きオーナーのポムさん
チェンマイ大学工学部を卒業後、
そのままエンジニアにはならずに、
もともと好きだった料理の道を進むことを決心した。
まず有名料理学校ル・コルドン・ブルーのバンコク校で
フランス料理など洋食の基礎を習得、
バンコクのレストランで修行をしてから、
5年前にこのお店をオープンした。
アイスと生クリームたっぷりのブレッド・プディング 200Bアイスと生クリームたっぷりのブレッド・プディング 200B

ここはもともとピンナカラのオーナーである
アーさんの邸宅の敷地で、
甥のポムさんにその有効利用を託したという。
全体にプライベートで落ち着いた雰囲気が漂っているのはそのためだろう。
P_20170829_143955.jpg
Patisserie & Bistroと看板に掲げているように、
ご主人自ら作るここのケーキは極上レベルの本格派。
たぶん、チェンマイでいちばん美味しいのでは? 
見た目もとびきりお洒落で、まさに食べる芸術品なのだ。
P_20170730_115548_001.jpg
注文してから作るデザート類、
スパゲッティやサンドイッチの軽食、
本格的なメインディッシュ、飲み物類など、
どれもハイセンスで美味しいものばかり。
大きなエビ入りスパゲティがウマイ! 320B大きなエビ入りスパゲティがウマイ! 320B

笑顔を絶やさないフレンドリーなスタッフの応対も実に気持ちがいい。
オープンスペースなのでエアコンはないが、
扇風機の風も自然に涼しく感じられるような、
さり気ない配慮が嬉しい。
こんな居心地のよいカフェでアフターヌーンティーを楽しんだら、
ピン川もセーヌの流れに思えてくるかも?   (B)
満後&パッションフルーツ・スムーシー 120Bマンゴー&パッションフルーツ・スムーシー 120B
DSCN9676.jpg
DSCN9673.jpg

ナカラ・ジャルダン情報
【営業時間】9:0 0~21:00(水曜日)
【電話】0-5381-8977,06-1370-6466
【誌面地図】ちゃ~お地図F-6、https://goo.gl/maps/8vGNV2vcgsJ2


   

 



このページのトップへ

グレイス grace(252号)

Filed under カフェ

 

リヤンさんの焼き立てパンとケーキの店
カルアの香りが大人のチョコケーキ2大人のチョコケーキ

 チェンマイーサムーン通り沿いのちょっと郊外にある焼き立てパンとケーキのお店。
甘さ控えめで最高においいしいケーキが食べられると評判で、
遠くてもわざわざ車で買いに行くファンが多い。
 パティシエ兼パン職人の蘭(リヤン)さんは、台湾出身の女性。
チェンマイ出身の夫と店を開いて2年になる。
 元はグラッフィックデザイナーだったのだが、
大のベーカリー好きが高じて移住を機に転職してしまったのだそうだ。
 特にチョコレートに目がない彼女が作るチョコレートケーキは、
フランスの高級チョコレート「VALRHONA」を使用していて、
まるで生チョコのような濃厚な口どけ。
スポンジにはカルーアが浸みこませてあり、
チョコと共にじゅわーと香りが口に広がる大人の味だ。
 
バナナチョコロールケーキバナナチョコロールケーキ
 他にも、日によって種類が変わるケーキには、
クリームチーズと季節の果物のチョコレートロールケーキ、
口の中でほろっと崩れるスフレチーズケーキ、
ジューシーなオレンジケーキなどがあり、バースデー・ケーキも予約可能だ。
 ジャパニーズ・スフレ2ジャパニーズ・スフレ
バースデーケーキの予約もできますバースデーケーキの予約もできます
 パンは毎朝10:30頃に焼き上がり、店内は焼き立てパンの香ばしい香りにつつまれる。
 焼きたてのパン焼きたてのパン
ベーコンサンドベーコンサンド
ボリュームたっぷりのモーニングセットボリュームたっぷりのモーニングセット

 そんなパンが味わえるモーニングセットやサンドイッチは、
味も量も満足度100%。オーガニックのコーヒーもある。
 なお、グレイスでは人工添加物を一切使わず、
質の良い食材を吟味して使っているので、安心して食べることができる。
 とにかく、エネルギッシュなリエンさんの声を聞くだけで、
ケーキ1個食べたくらいの元気がもらえる。
 彼女に会えるのも、このベーカリーの大きな魅力だろう。(S)
リヤンさんと旦那さんリヤンさんと旦那さんP9309895.jpg


グレイス Grace情報
【営業時間】7:00~18:00(月~金)
土・日曜定休(第一土曜のみ7:00~14:00営業)【電話】08-5106-6032(英語・タイ語)
【誌面地図】A-5先



地図小



 



このページのトップへ

Lur Coffe(ラー・カフェ) (201号)

Filed under カフェ

 

右からゴーさん、グーさん スタンダードなジャズレストラン  
 ニマーンヘーミンのソーイ9にあるラー・カフェは、長屋スタイルの建物(ホーンテオ)の1階と駐車スペースを利用した小さなカフェ。このお店がニマーンヘーミンに数あるカフェと異なるのは、なんといっても素敵な音楽の生演奏を楽しめるところだろう。
 店主のゴーさん(女性)とグンさん(男性)カップルは2人ともミュージシャンだ。グンさんは観光地パーイの有名ジャズ・レストランの元オーナーで、ギターの名手。ゴーさんもまた、チェンマイの有名バンドでドラムを担当していた腕の持ち主だ。しかし、飲食店で深夜まで演奏をする生活に疲れたという2人。お客さんも自分たちも、美味しいコーヒーを飲みながら、のんびりと音楽を楽しめる場所が欲しいという願いから、このカフェが生まれた。センスのいい2人が自ら手がけた内装は、落ち着いて音楽を楽しむのにぴったりのムード。もちろんコーヒーもケーキも2人の手作りだ。
チョコケーキ(45B) 2階はアットホームなスパ
 コーヒーを注文して、アンティークのソファーに座ると、お店の人たちの演奏が始まった。ボサノバやゆったりとしたジャズが耳に心地いい。といっても日中は練習で、本番は金・土曜日の21:00から。音楽を聞きに、20:00頃からタイ人や西洋人の常連客が集まってくる。
 なお、建物2階には気軽に通えるスパ「Alisa Beauty House」がある。今なら「ちゃ~おを見た」といえば、20%オフの料金で受けられ、とってもお得! そして、3階はゴーさんが教える子供日曜アート教室だ。カフェを中心にあれこれ楽しめる心地よい場所なのである。(S)

ラー・カフェ情報
【営業時間】11:00~18:00(火~木、日)金、土(11:00~22:30頃)月曜定休


 

(“Lur Coffe(ラー・カフェ) (201号)”の要約です。)

このページのトップへ

Pinku Pinku

Filed under 未分類

 

icecream shop

 モンフォート小学校前にある「Pinku Pinku」は、手作りアイスクリームやかき氷などが安くておいしい「おやつ」カフェだ。場所柄、一番のお客さんはモンフォートやレジナの生徒達で、放課後の3時半から5時頃まで、食べざかりの子供達で賑わう。
「子供達によいものをしっかり食べてもらいたい」というオーナーさんの希望もあり、素材にはフレッシュで栄養のあるものを使用。手作りアイスクリームは季節の果物やブルーベリーヨーグルト、クッキークリームなど種類豊富。一番人気があるのはマンゴーアイスだが、今の旬の果物はなんといっても苺。さっぱりしたフルーツシャーベットはもう一個食べたくなるおいしさだ。またこれからの時期、冷たくておいしいかき氷にもトロピカルフルーツをたっぷりトッピングしてもらえる。

kanom pan icecream
 小腹が減った人には、「カノムパン・ピン(トースト)」がぴったり。タイの屋台カフェでは定番メニューだが、ここのトーストは厚さにこだわりあり! しっかり分厚いトーストは食べ応え満点、それなのに値段はたったの7バーツからと安い。コンデンスミルク味のトーストは、どこか懐かしい味だ。タイ風トーストならナンプリックパオ(唐辛子のペースト)とふわふわのガイヨーン(鶏のでんぶ)のトッピングがお勧め。普通はムーヨーン(豚のでんぶ)が使われるが、ムスリムの人達が多いエリアなので鶏を選んだとか。豚よりもあっさりしていて、おやつに食べるにはもってこいだ。その他、チェンマイでは珍しい南タイのお菓子などもつまんでみよう。 (S)

Pinku Pinku情報
【営業時間】12:00~19:00(無休)
【場所】本誌地図 E-6


 

(“Pinku Pinku”の要約です。)

このページのトップへ

Green days

Filed under カフェ

 

玄米サラダ(90B) チキンカレー(100B) 
 チェンマイにはマッサージや瞑想、ヨガをしに来る人が多いが、今回紹介する敦子さんもその1人。マッサージや瞑想三昧するはずが、縁があってお店を持つことになった。もともと料理を作ることが大好きで、料理によって人をヒーリングできたらと思いオープンした。
 サンドイッチのパンなど作る料理は全部手作り。化学調味料や防腐剤なども一切使わない体に良いものばかりで、ベジタリアン、ノンベジタリアンのメニューを豊富に揃えている。
 たくさんあるオススメの1つは、15種類以上のスパイスを組み合わせて煮込んだインドカレー。奥深い味で、チキン、カッテージチーズ、野菜、ミンチポークから選べる。ごはんは玄米かカシューナッツとレーズン入りのターメリックライスがある。サラダはアボカド、ビーンズ、ツナ、玄米の4種類あり、どれも色彩豊かでボリュームたっぷりだ。

ナスベーコン・キノコのトマトソースグラタン(100B) 小豆ミルク(50B)

 その他にも、グラタン、カリフォルニアロール、スパゲッティー、サンドイッチ、おにぎりなど選ぶのに迷うほど。朝食セットやおやつのプリン、酒のつまみになるおかずもあり、朝、昼、おやつ、夜といろいろなバリエーションを楽しめるのが嬉しい。
 そして、ぜひ飲んでもらいたいのがスムージー。ピーナッツ&ゴマ、黒糖生姜、小豆ミルク、抹茶ミルク、ドリアン(!)などのスムージーは500mlとたっぷりあるうえ、粉雪のように溶けていく口当たりがたまらない。また、注文のみだが、新鮮な生クリームを使ったロールケーキもふわふわとしていてぜひ味わいたいスイーツだ。
 食べれば食べるほどにまた食べたくなるそんな不思議な店だ。200B以上からはデリバリーもしてくれるのでお家に幸せを届けてもらおう。(O)

グリーン・デイズ情報
【営業時間】11:00~21:00(日休み)
【場所】本誌地図 F-5
【電話番号】0-5344-9522


 

(“Green days”の要約です。)

このページのトップへ

Mont Blanc(モンブラン) 

Filed under カフェ

 

マンゴー・レアチーズケーキ カシスのムース

「モンブラン」はチェンマイ在住の日本人にもすっかりお馴染みのケーキ屋さんだが、先月、その支店がニマーンヘーミン通りのソーイ2にオープン。
ニマーンヘーミンとは思えない、広くて贅沢な空間が魅力のカフェでだ。
 オーナーのウムさんは日本で3年間お菓子作りを学び、その合間にあちこちのカフェを研究。
その経験を活かしたカフェ作りのコンセプトは、「レトロ・ジャパン」。
60~70年代の日本で流行ったような、ポップなデザインのテーブルセットやべスパ、赤い郵便配達自転車などが店内に配置され、新しさと懐かしさの両方をうまく演出している。
「ゆっくりくつろいでほしい」という希望通り、友達とケーキを食べながら勉強する女子学生の姿は、まるで友達の部屋にいるかのようにリラックスしている。

ウムさん 店内

ショーケースにずらりと並ぶケーキや焼き菓子は40種類以上。
季節限定メニューを入れれば60~70種類にもなる。その中で人気のケーキは、バナナのムースやカシスのムースなどのムース系。
そして、ウムさんのお勧めのマンゴー・レアチーズケーキ。
一口食べればマンゴーの香りが口の中いっぱいに広がる。
ちょっと和風テイストで気になるのが、黒蜜ゼリーと抹茶の生クリームがトッピングされた豆乳のババロア。
また、ソーイ2店限定販売の抹茶アイスは、抹茶の風味が濃く、やさしい甘さとお茶の爽やかな香りが病み付きになるおいしさだ。
その他、ケーキ作り教室も開いているそうなので、興味がある人は気軽に尋ねてみよう。(S)
モンブラン情報
【営業時間】8:30~22:00(無休)
【場所】本誌地図 K-2
【電話番号】08-1952-2093


 

(“Mont Blanc(モンブラン) ”の要約です。)

このページのトップへ

Wanlamun(ワーンラムン)(タイ・フュージョン・仏料理)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

レストラン

チェンマイにタイ料理のお店はたくさんあるが、優雅で雰囲気が良く、
おいしいレストランとなると探すのが難しい。
でもそれを満たしているのが、今年7月にオープンした「ワーンラムン」だ。
フランスにいるような空間で洗練されたタイ料理を味わえるレストランだ。
「ワーンラムン」といえば、3人の王様像広場の横にある、
繊細でおいしいタイ菓子・料理を売るお店として定評がある(本誌50号参照)。
ティムさんが10年ほど前から開いているが、そこは販売のみで食事ができるスペースがない。
おいしく、美しい料理の本当の良さは、お皿に盛りつけて、作りたてを味わってもらうのが一番。
そんな店を設けたいと思ってチャーンモーイ通りにレストランをオープンした。

ケーキ Grilled Tuna with Kalamanta Olive Salsa(215B)
インテリアはフランス・スタイルで、料理はタイ料理、フュージョン、フランス料理。
エビに甘酸っぱいマンゴーがたっぷりのった料理、柔らかい鶏肉にパネンソースがかかったもの、
ザボンのサラダなど、どれも盛りつけが美しく、味は洗練されていて、目と舌、
心で2度3度と幸せが満たされていく料理ばかりだ。
また、フランスへ留学していたティムさんの子ども、ムーさんが作るデザートも忘れることなかれ。
ファッションマネージメントを勉強していたが、フランス菓子に惚れ込み、
フランス菓子の老舗ラデュレやピエール・エルメなどのレシピを独学で学んだ
ケーキのレパートリーはなんと20種類ほど。デザートだけではなく、
ティーブレイクにもぜひ利用したい店だ。(O)

ワーンラムン情報
【営業時間】 11:30~14:30(ランチ)、18:30~22:00(夜)、11:30~22:00(ケーキ)
【電話】 0-5323-2328
【場所】 誌面地図F-4
【値段】 Soi 2 Changmoi Road (TMB銀行の路地を入った左側)

 

 

(“Wanlamun(ワーンラムン)(タイ・フュージョン・仏料理)”の要約です。)

このページのトップへ

| ホーム |