FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ヤー&ダー Tea corner

Filed under カフェ

 

マタバ30B ローティー15B
  チャーンプアック門側に古いモスクがある。昔からムスリムの人たちが住んでいるエリアだが、そこにある築60年の小さな木造の家屋で、ムスリムの喫茶店を営んでいる人がいる。店内は懐かしい雰囲気のする木製の家具に包まれ、まるでタイムスリップしたような気分。
 小麦の皮がぱりっと香ばしいサモサは、スパイシーなカレー風味のポテトが入っている。マタバも具は基本的に同じだが、卵が使用されている分ソフトな味。どちらも揚げたて熱々を食べよう。一緒に添えられるきゅうりとシャロットの酢の物が、さっぱりとした口直しになっていい。

スーイー20B チキンカレー30B
 カレーはチキン、牛、海老の3種類で、一番人気は牛。ご飯かローティーと一緒に注文しよう。パリッパリのローティーは、そのまま食べても十分おいしいが、ジャムや練乳がけ、ソーセージのせなどトッピングが選べる。お好み焼きのように好きなトッピングを選べば、まさに、ムスリム系ジャンクフードを体験できる。もし、ローティーやマタバが気に入ったら、冷凍パックも販売しているので、家庭でもダーさんの味を味わうことができる。
 そして、チェンマイではここでしか食べられないお菓子「スーイー」も気になるメニューだ。トウモロコシの粉をベースに、バター、砂糖、ミルク、ココナッツミルク、干しブドウが入った素朴な味。もっちりした食感にココナッツミルクの風味が効いている。オーナーによるとイスラム教徒は結婚式などに皆で作って食べて祝うのだとか。お目出度いお菓子で、ハッピーな時間をどうぞ。(S)

ヤー&ダー Tea corner情報
【営業時間】7:00~16:30(日曜休み)
【電話】0-5321-8357
【場所】誌面地図 E-3


 

(“ヤー&ダー Tea corner”の要約です。)

このページのトップへ

ビスミンラー

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

カーオモック・サーム・カサット 110B 娘さんのドゥアンジャイさん

チェンマイランド近くのチャーンクラーン地区は、チーンホー(イスラム系中国人)の居住エリアのひとつ。この辺りの食堂をいくつか覗いてみれば、きっとユニークなメニューがあれこれ見つかるはず。
というわけで、ぶらりと入ってみたのがこのお店。女主人ピンプレーオさんは、5年前にメーサーイから移ってきてこの食堂を開いた。店名のビスミンラーはアラビア語で、宗教的な意味がこめられている。
ここの売り物は表の看板にもあるように、ナーン(15B)とカレーの組み合わせ。カレーは鶏(20B)、牛(20B)、山羊(60B)などからお好みで選べる。焼きたてアツアツ、フワフワ(当然、薄い部分はカリカリです)のナーンをじっくり煮込んだカレーにつければ、2~3枚ぐらいはすぐ食べられそう。ガーリック入りナーンはニンニク味が少々きつめだが、香ばしくて美味しい。

ヒヨコ豆のカレーとナーンのセット 45B 山羊のカレー・セット 110B

カーオモック・ガイ(鶏のドライカレー 35B)は普通だとただ黄色いカレー味のご飯だが、ここはインド風にヒヨコ豆、ニンジン、レーズンが入っている。鶏に加えて牛・山羊の3種の肉がついたカーオモック・サーム・カサットは人気の看板メニューだ。これらはぜひトマトの酸味が効いたスプ・ウア・ハーン(牛のテイル・スープ)と一緒に食べたい。
ワンパラーンのタイ料理に飽き飽きしたら、この店で味覚探検してみてはいかがだろうか。インド系料理だけでなく、雲南風中華メニューもあり。 (B)

ビスミンラー情報
【営業時間】8:30~20:30(無休)
【電話番号】0-5327-4542、08-9755-7844、08-9755-3566
【場所】本誌地図 D-6


 

(“ビスミンラー”の要約です。)

このページのトップへ

| ホーム |