FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Tha homemade ター・ホームメイド(391)

Filed under

 

DSC09178.jpgTシャツは500B~


草木染の青と黒が描く色と模様

ピン川にほど近いターペー通りにある
茶色い壁の商館に入った小さな洋服店を紹介しよう。
DSC09176.jpg

藍と黒檀で染めたコットンや大麻など、
自然素材のナチュラルな洋服が並んでいる。
特に目を引くのがバティックだ。
バティックとは蝋で布に柄を描いて染める技法で、
染残った蝋の部分が模様になる。
DSC09238.jpg
のびのびと描かれた線は、
藍と黒檀で染めてあり、
植物のエネルギーを表現しているかのよう。
DSC09214.jpgかっこいいパンツ700B
着こなし方では、
若い人から年配の方まで幅広い層にかっこよく着てもらえそうだ。
とても手の込んだものなのに、
1着1000B未満という良心的な価格だ。
DSC09202.jpg
女性オーナーのターさんは、
美大で学んでいた頃から、
家業であるバティックの仕事を手伝っていたという。
店に並ぶバティックの衣料品は
全てターさんのご両親の手描きの作品で、
染色はターさんが担っている。
2~5回染重ねる作業は、暑い日はなかなかの重労働なのだとか。
最近はターさんがデザインした絵を
父親が蝋で描くというコラボレーションもしているそうで、
スマイルマークやペイズリーなどのポップな絵柄がちらほら。
DSC09228.jpg

とにかく、店に並ぶ服やカバン、スカーフからは、
仲良しのターさんご家族のあたたかい雰囲気も伝わってくる。
青い小物もいろいろ気になる
DSC09212.jpgターさんの刺繍のコースター220B
 
洋服以外に、帆布の肩掛けカバンも大人気。
砂のように小さな石を繋いだブレスレットもターさんの手作りだ。
また、ターさんが店番をしながら刺している刺繍のコースターは、
柄がとてもユニーク! 
どれも藍や黒檀の色を意識したデザインなので、
トータルでコーディネートが楽しめそうだ。    (S)


Tha home made ター・ホームメイド情報
【営業時間】10:00~16:45(日曜定休、日曜歩行者天国に移動)
【電話】09-3 305-8211
【誌面地図】G-5





 



このページのトップへ

ヤガソー iagazzo (383)

Filed under 雑貨

 

チェンマイのストリートな気分をファッションに
DSC09443.jpg

 個性的なショップが点在するムーンムアン通りソーイ6に
カジュアルな服や雑貨を扱う個性的なショップがオープン。
店yoko

メンズはゆったりしたTシャツやパーカーなどストリート系ファッションがメインで、
曼荼羅のような美しい模様をシルクスクリーンでプリントしてある。
これらをデザインしているのは、ストリート・アーティストでもあるバルセロナ出身のヤーゴーさん。
どこかアジアの雰囲気が漂う彼のデザインは幅広い層に人気がある。
曼荼羅のような模様が綺麗なパーカー

そしてこのブランドのもう1つの柱となるのが、
タイ人デザイナーのオーイさんがプロデュースする女性向けの服や雑貨だ。
手刺繍のブラウス。500B程度~手刺繍のブラウス。500B程度~

ビンテージファッションが好きという彼女の服は、
セカンドハンドのブラウスやスカートに手刺繍をたっぷり差し込んだ手の込んだもの。
図柄はすべて彼女が直接生地に描くため、
完全な1点ものだ。素材はレーヨンやシルクが中心だから、
軽くてさらっとした肌触りで暑い季節にも重宝しそう。
ポップでカラフルな花やユニークなアニマル柄の刺繍は、
楽しさに溢れている。
450B~と驚くほど手頃なお値段も嬉しい。
気に入ったら試着してみよう。
ユニークな雑貨いろいろ
ナチュラル素材のシューズも素敵
ki-horuda-.jpg
その他、手作りのキーホルダーや猫のブックマーク、
小さなオカリナ・ペンダント、ビーズのバッチなど、
キュートなオリジナル雑貨が並ぶ。
また、オーイさんの友人による麻の糸で編んだカバンやポーチ、
スリッポンやシューズ、陶器など、ここだけでしか手に入らない雑貨も多種揃っている。
チェンマイのストリートアート作品も紹介チェンマイのストリートアート作品も紹介
旧市街の路地の中、チェンマイのストリートな気分満載のお店で
お気に入りを見つけてみてはいかが。(S)

ヤガソー iagazzo情報
【営業時間】10:00~19:00(無休)
【電話】06-1231-0186(英語、スペイン語)






 



このページのトップへ

リバース&ローズ Rivers&Roads(375)

Filed under 雑貨

 

環境に優しく心地のよい生活雑貨店
窓の大きな白いお店

 こちらは10月にターペー通りにオープンしたばかりのお洒落なショップ。
大きな窓から光が入る明るい店内には、
シンプルだけどこか趣のあるグラスや文房具など、
オーナーによるセレクト雑貨とハンドメイド雑貨とが美しくレイアウトされている。
他ではなかなか見つけられないグラスなど。100B~。

中でもお奨めは、「jibberish」の藍染の洋服。
「jibberish」はオーナーの1人であるナッターさんのテキスタイルブランド。
肌触りが良くゆったりしたシルエットのワンピースやブラウスは、
纏えば寛いだ気分に。
114115 WatUmong jibberish_others1 (2)1

また、アクセサリーのブランド「NABI」も要チェック。
繊細な彫金や七宝焼きの技法で一点一点制作されていて、
ほのぼのした動物をモチーフにしたブローチや小さな天然石をあしらったリングなど、
思わず手にとってみたくなるキュートなものばかり。
七宝焼きのクジラのブローチ

他に、木の文字盤があたたかみのある「nakariwatch」の腕時計は、
忙しい暮らしの中でも穏やかな時間を刻んでくれそう。

そんなショップが大切にしているコンセプトが「暮らしの中でプラスチックの消費を減らすこと」だとナッターさん。
店の外に設置されたブース「 foolfill corner」では、
シャンプーやリンス、フロアクリーナーなどの液体洗剤や
緑豆やタイハーブのスクラブを量り売りしている。
瓶の重さを差し引いた重さを紙に書く。
量り売りのシャンプーやリンスのコーナー
容器は自分で持っていっても、準備されているリサイクルの瓶を使ってもOK。
セルフサービスだが、最初は日本語の上手なナッターさんに計り方を尋ねてみて。
ちなみにココナッツ入りシャンプーと緑豆スクラブはナッターさんのお勧めだ。
 天気の良い日が続くチェンマイ。
買い物がすんだら、外にある小さな席で、
梅酒や季節の果物のアイスクリームを味わってみたい。
なお、11月30日までは
17人の女性アーティストによる作品展が店内で開催中なのでのぞいてみて。(S)

リバーズ&ローズ情報
【営業時間】12:00~20:00(日曜休み)
【電話】08-9696-1497(英語可)
【誌面地図】G-4





 



このページのトップへ

ムアック Muak(374)

Filed under 未分類

 

チェンマイの街歩きが楽しくなる帽子
096097Nimmanhaemin Muak_

雨季が明け、抜けるような青空が心地よいチェンマイだが、
涼しくても紫外線は想像以上に強く、
帽子はおでかけ時の必須アイテムだ。
そんなチェンマイで自分に似合う帽子を見つけたい人にお勧めなのが、
ニマーンヘーミン通りのソイ1やワンニマーンにある帽子の専門店「ムアック」。
096097Nimmanhaemin Muak_1

店内には女性用と男性用、そして子供用まで、いろんな種類の帽子が並んでいる。
やわらかな質感の帽子が多く、型崩れを気にせずにたたんでバックに入れられるのでとっても便利。
特に、ナチュラルな風合いと上品さ、
紙素材ならでは通気性の良さを兼ね備えた「ペーパーブレード・ハット」と呼ばれる帽子が人気だ。
096097Nimmanhaemin Muak_3

試しにかぶってみていると、
「手でくしゅっと形を崩すとかわいいですよ」と教えてくれたのが、
デザイナー兼オーナーの浅野恵美さん。
ご主人の諭史さんと一緒に、チェンマイに根を下ろし帽子作りに取り組んで7年になるそうだ。
096097Nimmanhaemin Muak_4

 帽子以外にも、リゾート感があってリラックスできそうな洋服や籠バッグも要チェック。
その他、手織りの布のバッグなど、
織物もできる縫製スタッフのスキルを生かしたという独自のもの作りも目が離せない。
096097Nimmanhaemin Muak_6 (2)1
バンコクではすでに伊勢丹やパラゴンを始め、
7店舗を展開中で、高島屋店も11月10日より新たにオープンする。
バンコクのおしゃれっ子にも大人気で、
チェンマイに旅行で訪れた際にも、わざわざ店を訪れるファンも多いのだとか。
お洒落なのはもちろん、心地よく長く使える帽子だから、
チェンマイでも日本でも、場所を選ばず活躍してくれそうだ。(S)


ムアック Muak情報
【営業時間】one nimman店9:00~22:00、Soi1店11:00~19:00(無休)
【電話】08-0851-4521
【誌面地図】L-2




 



このページのトップへ

playworks プレイワークス(362)

Filed under 雑貨

 

便利なパスポートホルダー 100B便利なパスポートホルダー 100B

チェンマイならではのイラストが楽しい雑貨たち
ニマーンヘーミン通りにあるMAYA向かいのシンクパークには、
いろいろな雑貨店が集まっているが、
その中でも個性的なイラストが一際目立つ
楽しい雑貨を販売しているのが「Play Works」だ。
バンでスタートした当時のお店のイラスト
店の外壁にはレトロなワゴン車のイラストが描かれているが、
最初の頃は実際にそのワゴン車で販売をしていたという。
部屋のアクセントに。クッションカバー200Bお部屋のアクセントに。クッションカバー200B

雑貨には山岳少数民族や北部タイならではのものを題材にした
可愛くておしゃれなイラストがプリントされていている。
そんなセンスのあるイラストが若い人や観光客の話題を集め、
3年前に店を構えることに。
今ではチェンマイ5箇所でお店を展開している。
レトロブームでタイ人に人気のイラスト付きバックレトロブームでタイ人に人気のイラスト付きバック

オーナー兼デザイナーのオンさんのイラストは、
やわらかい線と心地よい色の組み合わせが特徴だが、
もう1人のザイナーとたった2人だけでデザインしているとは思えないほど、
様々なタッチのイラストがあり、選ぶのが楽しい。
ユニークなアニマル・クッションユニークなアニマル・クッション

たとえば、ラーンナー時代の壁画に描かれた人物が
今風のボーダーシャツを着ていたり、
アカ族の服を着たリスなど、
組み合わせが面白い。
他にも、北部料理やタイマッサージをモチーフにしたイラストもある。
ぷっくりブローチ 75Bぷっくりブローチ 75B
 
値段はポストカード25B、
コインケース50Bからと安いので
お土産にまとめ買いする人も多いとか。
他にも、パスポートカバーや携帯入れ、
文庫本サイズのブックカバー、ノート、
カバン、Tシャツ、クッションカバーなど、
自分用にしたい雑貨がいっぱい。
最近はブラザー・ミシンによる刺繍で描かれた、
ラーンナー人や山岳ネコの布製バッチも人気だ。 
 (S)

playworks情報
【営業時間】11:00~22:00(無休)
【電話】08-5126-2545
【誌面地図】M-1





 



このページのトップへ

バーン・タックトー Bantaktor 350

Filed under 雑貨

 

どのこもかわいくて迷います

手作りの温もりのある人形を選びたい

3人の王様像広場の近くに、
なんとも可愛らしい人形のお店
「バーン・タックトー(バーンは編む、タックトーは編む)」がある。
PA244870.jpg

日本では編みぐるみという毛糸で編んだ人形が人気だが、
こちらの人形はタイ産のコットンの糸で編まれている。
大きな頭に大きな目の人形は、タックちゃん、トーちゃん、モゾ君の3種類。
小さめに使う

そして、それぞれの人形に服と帽子、鞄、靴を選べるところがとても楽しい。
カラフルな服はフリルいっぱいのドレスあり、ニットとジーンズありと、
いろんな種類があって迷ってしまうほど。
帽子、鞄、服、靴、全部で580B帽子、鞄、服、靴、全部で580B

これらの人形は、パヤオ県のチェンカム郡出身のオーナーのオイさんで、
地元の農村の女性グループに発注をしている。
人形作りに携わる女性は、約50名。
それぞれが農作業の合間に作ったものを買い取るというシステムで、
村人にとって大切な副収入になっているのだそう。
こんなに大きな人形もこんなに大きな人形も
人形以外にも、鍵編みのブックカバーがついたノートやコースター、
がま口のお財布やバック、キーホルダー、帽子など、
つい欲しくなる雑貨もいろいろある。
ブックカバー 180B,250B
編みぐるみのキーホルダーも 180B~

どれも、一目一目、丁寧に編まれていて、
側にあるだけでほっと温もりを感じるデザインだ。
また、ゆったりサイズで着心地の良さそうなコットンの服や、
陶器の急須と湯のみのセットなど、大人向けのハンドメイドの商品もある。
ゆったり着れる服や編んで作ったバックも
小さな娘さんや姪っ子、お孫さんにプレゼントを探している人にも、
自分のためのお気に入りを探している人にもお勧めだ。             (S)

バーン・タックトー情報
【営業時間】9:30~18:00(基本的に無休)
【連絡先】FB BantaktorCiangkum
【誌面地図】H-4





 



このページのトップへ

11 Treasure (イレブン トレジャー) ※閉店しました

Filed under ゲストハウス

 

※閉店しました
マーさん 財布と籠バック

 旅人が行き交うチェンマイ門裏の路地に、木造2階建のゲストハウスがある。オーナーは服飾デザイナーのマーさん。1階部分は、彼女がデザインする服やアクセサリーのショップ兼喫茶店だ。
 ブランドのコンセプトは、「モダン・エスニック」。手仕事の温かみと自然を感じさせる素材が、マーさん独自の色彩感覚で今風にデザインされている。そんな服やアクセサリーは、ポップな色彩とどこか懐かしいテイストが持ち味である。

お茶はどれでも50B 服

 マーさん自身も旅好きで、旅で得たインスピレーションをデザインの中に取り入れているのだとか。タイ国内はもちろん、インドや中国雲南省、ベトナム、ミャンマー、メキシコなどで作られた手織りの布やアンティーク雑貨も一緒に販売されている。国籍も時代もバラバラなものが並んでいても全く違和感を感じないのは、マーさんの研ぎ澄まされた美的センスで選び抜かれたものだからだろう。
 味のあるポットで出されるお茶は全部で4種類。しかし、席は店内ひとつと外にひとつしかないので、座れたらラッキー?! 2階ゲストハウスの内装も、もちろんマーさんによるもの。木造ならではの落ち着いた雰囲気で、トイレ・シャワーは共有だが、まるでマーさんの家に泊まっているような親しみのある空間だ。気に行って長期で滞在する人も多い。
こんなマーさんワールドに浸れば、あなたも素敵な旅に出たくなっちゃうかも!? 

イレブン トレジジャー情報
【営業時間】11:00~21:00(日曜定休)
【電話】08‐1671‐8563
【場所】誌面地図 
【住所】住所 11 Ratchapakinai Rd.T.Prasingha


 

(“11 Treasure (イレブン トレジャー) ※閉店しました”の要約です。)

このページのトップへ

AZTIQUE (220号)

Filed under 雑貨

 

木の葉をイメージしたピアス 小花のブーケのピアスjpg
 真鍮に18金やシルバーがコーティングされたアスティックのアクセサリーは、いつもの装いにキラリと品のよいアクセントをプラスしてくれる。
 デザインは国内のジュエリーデザインコンテストで幾度も受賞しているオラワン・ソーイトーンさんによるもの。彼女のコンセプトは「自然」。シーズンごとに「蝶」や「木」などをテーマに、ネックレスやピアス、ブレスレット、リングなどを展開している。金属質の輝きなのに、優しくフェミニンな印象なのは、自然のディテールをモチーフにしたデザインだからこそ。値段設定も親切なので、気に入ったらトータルで揃えることも可能だ。

花のネックレスは人気商品 ユニークな髪飾り

 西洋人やタイ人に一番人気があるのは、「花」のシリーズ。中でも小花のブーケを幾重にも重ねたようなボリューム感のあるネックレスは、胸のあいたドレスワンピなど、ロマンチックな装いにぴったり。幸せなひと時を引き立ててくれるデザインで、シンプルなウェディングドレスにも似合う。そして、日本人に人気があるのは、「草の花」シリーズ。枝別れした細い線と先の丸い球とが草の花を現わした、シンプルで繊細な動きのあるデザインだ。日本の春や秋頃の装いにもあうし、北タイの伝統的な衣装にもあい、いろんな場面で活躍してくれそうだ。また、蝶の羽根が連なったようなネックレスも、幅広い世代に人気だとか。
 今なら、5000B以上お買い上げのお客様には、10%オフのサービスがある。日本語の話せるスタッフもいるので、安心して選ぼう。(S)

アスティック情報
【営業時間】10:00~20:00 日曜日は12:00~22:00
【電話】08-3637-8311
【場所】誌面地図 F-4(ラーチャダムヌ-ン・ビルディング2階)


 

(“AZTIQUE (220号)”の要約です。)

このページのトップへ

アムリタ・ガーデン (217号)(移転)

Filed under 雑貨

 

店舗 刺繍スリッパ3ケ1000B
 ターペー門のすぐ側に新しいショッピングモール「@rachadamnoen」ができた。古き良きチェンマイを彷彿させるコロニアル風の建物に、小さなカフェや個性的なお店が約20店舗入っていて、ぶらぶら歩きにぴったり。
 中でも女性に一番おススメのショップが「アムリタ」だ。「贈る人も贈られる人もハッピーになるチェンマイ土産」をコンセプトにデザインされた洋服や雑貨は、手作りのあたたかさと細部にまでこだわりのあるデザインで、使い心地は抜群。お土産だけでなく、自分でも欲しくなるものがたくさんで困ってしまうはず。

コットン+リネンの服 350B~ カラフルなchou chou BAG シルクタイプ1300B~
 一番の人気商品はタイシルクの「シュシュ・バック」。たっぷりのドレープがふんわりと空気を含み、まるで風船のように軽いのが魅力。シルクの上品な質感と発色の良いカラーは、お洒落なチェンマイ土産を探している人にぴったりだ。ナチュラル派には、同じシリーズの草木染めコットンタイプをどうぞ。また、花やガネーシャ(象の神様)などアジアンテイストな絵柄が刺繍されたスリッパやポーチもお土産に喜ばれそうだ。
 そして洋服のチェックもお忘れなく! アムリタオリジナルのチュニックは、昨年日本が節電でクーラーが使えなくても涼しく過ごせる服としてデザインされたというだけあって、暑い日を快適に過ごせる心地好いラインナップ。また、麻やコットンのゆったりしたキャミソールやパンツも風通しがよく肌触りも◎。その他、自然の恵みを感じさせるアクセサリーも身に付けていると優しい気分になれそう。まずは、お店をのぞいてみて。(S)
☆「ちゃ~おを見た」と言えばシュシュをプレゼント。

アムリタ・ガーデン情報
※以下に移転しました。(2013.2)
【営業時間】10:30 - 21:30(水~日)
【住所】2/1 soi5 samlan Rd,T prasing
【サイト】http://www.facebook.com/amritagarden


 

(“アムリタ・ガーデン (217号)(移転)”の要約です。)

このページのトップへ

atelier Ren

Filed under 雑貨

 

中国モン族の古布で作ったカバン。手刺繍だ。 店内

 一歩店に入ると「ん? なんかこの店違うぞ」、そんな雰囲気が漂っているお店が「レン」。レンとはタイ語で遊ぶという意味があり、遊び心のある素敵な物を生み出していきたいという気持ちで名付けられた。また、レンコンの断面図が好きなのでその「レン」ともかけていて、レンコンをモチーフにした小物やカバンも多い。
 この店を開いたのは、もともとアート・デザイン関係の仕事をしていた秋元摂子さん。お姉さんと一緒に12年前からチェンマイで衣料品・カバンなどを卸中心で販売しているが、3年前に自分の店をターペーにオープンした。レンでは、大量生産する卸では使えない貴重な布や端切れをアレンジした1点ものばかりが並ぶ。

セラミックと皮のレンコンがアクセントになったブレスレット 遊び心いっぱいのアクセサリー。

 店のコンセプトは「オリエンタル&ナチュラル」で、使用する布は手織り、機械織り、古布、新しいものなどいろいろ。少々汚れていても歴史がつまった布を新しいものと組み合わせて違ったスタイルを生み出し、それをまた誰かに使ってもらう、そんな手助けをしたいと秋元さんは語る。
「このポーチは、カレン族の網を染め直し、そこにリス族の紐とビーズをはめ込んである」「あの帽子は端切れに刺繍したボタンと、ストーンウォッシュした3枚の布に刺子したもの」など、1つ1つ愛情がこもっているものばかりだ。細かいところまでセンスと遊び心が織り込まれていて、使えば使うほど、着れば着るほど新たな発見があり、それを見つける度についにんまりしてしまう喜びがあるのがこの店の魅力だろう。

アトリエ・レン情報
【場所】誌面地図G-4
【営業時間】9:00~17:30(日休み)
【電話番号】0-5325-1686



 

(“atelier Ren”の要約です。)

このページのトップへ