チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

バーン・タックトー Bantaktor 350

Filed under 雑貨

 

どのこもかわいくて迷います

手作りの温もりのある人形を選びたい

3人の王様像広場の近くに、
なんとも可愛らしい人形のお店
「バーン・タックトー(バーンは編む、タックトーは編む)」がある。
PA244870.jpg

日本では編みぐるみという毛糸で編んだ人形が人気だが、
こちらの人形はタイ産のコットンの糸で編まれている。
大きな頭に大きな目の人形は、タックちゃん、トーちゃん、モゾ君の3種類。
小さめに使う

そして、それぞれの人形に服と帽子、鞄、靴を選べるところがとても楽しい。
カラフルな服はフリルいっぱいのドレスあり、ニットとジーンズありと、
いろんな種類があって迷ってしまうほど。
帽子、鞄、服、靴、全部で580B帽子、鞄、服、靴、全部で580B

これらの人形は、パヤオ県のチェンカム郡出身のオーナーのオイさんで、
地元の農村の女性グループに発注をしている。
人形作りに携わる女性は、約50名。
それぞれが農作業の合間に作ったものを買い取るというシステムで、
村人にとって大切な副収入になっているのだそう。
こんなに大きな人形もこんなに大きな人形も
人形以外にも、鍵編みのブックカバーがついたノートやコースター、
がま口のお財布やバック、キーホルダー、帽子など、
つい欲しくなる雑貨もいろいろある。
ブックカバー 180B,250B
編みぐるみのキーホルダーも 180B~

どれも、一目一目、丁寧に編まれていて、
側にあるだけでほっと温もりを感じるデザインだ。
また、ゆったりサイズで着心地の良さそうなコットンの服や、
陶器の急須と湯のみのセットなど、大人向けのハンドメイドの商品もある。
ゆったり着れる服や編んで作ったバックも
小さな娘さんや姪っ子、お孫さんにプレゼントを探している人にも、
自分のためのお気に入りを探している人にもお勧めだ。             (S)

バーン・タックトー情報
【営業時間】9:30~18:00(基本的に無休)
【連絡先】FB BantaktorCiangkum
【誌面地図】H-4





 



このページのトップへ

11 Treasure (イレブン トレジャー) ※閉店しました

Filed under ゲストハウス

 

※閉店しました
マーさん 財布と籠バック

 旅人が行き交うチェンマイ門裏の路地に、木造2階建のゲストハウスがある。オーナーは服飾デザイナーのマーさん。1階部分は、彼女がデザインする服やアクセサリーのショップ兼喫茶店だ。
 ブランドのコンセプトは、「モダン・エスニック」。手仕事の温かみと自然を感じさせる素材が、マーさん独自の色彩感覚で今風にデザインされている。そんな服やアクセサリーは、ポップな色彩とどこか懐かしいテイストが持ち味である。

お茶はどれでも50B 服

 マーさん自身も旅好きで、旅で得たインスピレーションをデザインの中に取り入れているのだとか。タイ国内はもちろん、インドや中国雲南省、ベトナム、ミャンマー、メキシコなどで作られた手織りの布やアンティーク雑貨も一緒に販売されている。国籍も時代もバラバラなものが並んでいても全く違和感を感じないのは、マーさんの研ぎ澄まされた美的センスで選び抜かれたものだからだろう。
 味のあるポットで出されるお茶は全部で4種類。しかし、席は店内ひとつと外にひとつしかないので、座れたらラッキー?! 2階ゲストハウスの内装も、もちろんマーさんによるもの。木造ならではの落ち着いた雰囲気で、トイレ・シャワーは共有だが、まるでマーさんの家に泊まっているような親しみのある空間だ。気に行って長期で滞在する人も多い。
こんなマーさんワールドに浸れば、あなたも素敵な旅に出たくなっちゃうかも!? 

イレブン トレジジャー情報
【営業時間】11:00~21:00(日曜定休)
【電話】08‐1671‐8563
【場所】誌面地図 
【住所】住所 11 Ratchapakinai Rd.T.Prasingha


 

(“11 Treasure (イレブン トレジャー) ※閉店しました”の要約です。)

このページのトップへ

AZTIQUE (220号)

Filed under 雑貨

 

木の葉をイメージしたピアス 小花のブーケのピアスjpg
 真鍮に18金やシルバーがコーティングされたアスティックのアクセサリーは、いつもの装いにキラリと品のよいアクセントをプラスしてくれる。
 デザインは国内のジュエリーデザインコンテストで幾度も受賞しているオラワン・ソーイトーンさんによるもの。彼女のコンセプトは「自然」。シーズンごとに「蝶」や「木」などをテーマに、ネックレスやピアス、ブレスレット、リングなどを展開している。金属質の輝きなのに、優しくフェミニンな印象なのは、自然のディテールをモチーフにしたデザインだからこそ。値段設定も親切なので、気に入ったらトータルで揃えることも可能だ。

花のネックレスは人気商品 ユニークな髪飾り

 西洋人やタイ人に一番人気があるのは、「花」のシリーズ。中でも小花のブーケを幾重にも重ねたようなボリューム感のあるネックレスは、胸のあいたドレスワンピなど、ロマンチックな装いにぴったり。幸せなひと時を引き立ててくれるデザインで、シンプルなウェディングドレスにも似合う。そして、日本人に人気があるのは、「草の花」シリーズ。枝別れした細い線と先の丸い球とが草の花を現わした、シンプルで繊細な動きのあるデザインだ。日本の春や秋頃の装いにもあうし、北タイの伝統的な衣装にもあい、いろんな場面で活躍してくれそうだ。また、蝶の羽根が連なったようなネックレスも、幅広い世代に人気だとか。
 今なら、5000B以上お買い上げのお客様には、10%オフのサービスがある。日本語の話せるスタッフもいるので、安心して選ぼう。(S)

アスティック情報
【営業時間】10:00~20:00 日曜日は12:00~22:00
【電話】08-3637-8311
【場所】誌面地図 F-4(ラーチャダムヌ-ン・ビルディング2階)


 

(“AZTIQUE (220号)”の要約です。)

このページのトップへ

アムリタ・ガーデン (217号)(移転)

Filed under 雑貨

 

店舗 刺繍スリッパ3ケ1000B
 ターペー門のすぐ側に新しいショッピングモール「@rachadamnoen」ができた。古き良きチェンマイを彷彿させるコロニアル風の建物に、小さなカフェや個性的なお店が約20店舗入っていて、ぶらぶら歩きにぴったり。
 中でも女性に一番おススメのショップが「アムリタ」だ。「贈る人も贈られる人もハッピーになるチェンマイ土産」をコンセプトにデザインされた洋服や雑貨は、手作りのあたたかさと細部にまでこだわりのあるデザインで、使い心地は抜群。お土産だけでなく、自分でも欲しくなるものがたくさんで困ってしまうはず。

コットン+リネンの服 350B~ カラフルなchou chou BAG シルクタイプ1300B~
 一番の人気商品はタイシルクの「シュシュ・バック」。たっぷりのドレープがふんわりと空気を含み、まるで風船のように軽いのが魅力。シルクの上品な質感と発色の良いカラーは、お洒落なチェンマイ土産を探している人にぴったりだ。ナチュラル派には、同じシリーズの草木染めコットンタイプをどうぞ。また、花やガネーシャ(象の神様)などアジアンテイストな絵柄が刺繍されたスリッパやポーチもお土産に喜ばれそうだ。
 そして洋服のチェックもお忘れなく! アムリタオリジナルのチュニックは、昨年日本が節電でクーラーが使えなくても涼しく過ごせる服としてデザインされたというだけあって、暑い日を快適に過ごせる心地好いラインナップ。また、麻やコットンのゆったりしたキャミソールやパンツも風通しがよく肌触りも◎。その他、自然の恵みを感じさせるアクセサリーも身に付けていると優しい気分になれそう。まずは、お店をのぞいてみて。(S)
☆「ちゃ~おを見た」と言えばシュシュをプレゼント。

アムリタ・ガーデン情報
※以下に移転しました。(2013.2)
【営業時間】10:30 - 21:30(水~日)
【住所】2/1 soi5 samlan Rd,T prasing
【サイト】http://www.facebook.com/amritagarden


 

(“アムリタ・ガーデン (217号)(移転)”の要約です。)

このページのトップへ

atelier Ren

Filed under 雑貨

 

中国モン族の古布で作ったカバン。手刺繍だ。 店内

 一歩店に入ると「ん? なんかこの店違うぞ」、そんな雰囲気が漂っているお店が「レン」。レンとはタイ語で遊ぶという意味があり、遊び心のある素敵な物を生み出していきたいという気持ちで名付けられた。また、レンコンの断面図が好きなのでその「レン」ともかけていて、レンコンをモチーフにした小物やカバンも多い。
 この店を開いたのは、もともとアート・デザイン関係の仕事をしていた秋元摂子さん。お姉さんと一緒に12年前からチェンマイで衣料品・カバンなどを卸中心で販売しているが、3年前に自分の店をターペーにオープンした。レンでは、大量生産する卸では使えない貴重な布や端切れをアレンジした1点ものばかりが並ぶ。

セラミックと皮のレンコンがアクセントになったブレスレット 遊び心いっぱいのアクセサリー。

 店のコンセプトは「オリエンタル&ナチュラル」で、使用する布は手織り、機械織り、古布、新しいものなどいろいろ。少々汚れていても歴史がつまった布を新しいものと組み合わせて違ったスタイルを生み出し、それをまた誰かに使ってもらう、そんな手助けをしたいと秋元さんは語る。
「このポーチは、カレン族の網を染め直し、そこにリス族の紐とビーズをはめ込んである」「あの帽子は端切れに刺繍したボタンと、ストーンウォッシュした3枚の布に刺子したもの」など、1つ1つ愛情がこもっているものばかりだ。細かいところまでセンスと遊び心が織り込まれていて、使えば使うほど、着れば着るほど新たな発見があり、それを見つける度についにんまりしてしまう喜びがあるのがこの店の魅力だろう。

アトリエ・レン情報
【場所】誌面地図G-4
【営業時間】9:00~17:30(日休み)
【電話番号】0-5325-1686



 

(“atelier Ren”の要約です。)

このページのトップへ

A-KAO、Let Me!

Filed under 雑貨

 

A-KAO、Let Me! A-KAO、Let Me

ニマーンヘーミン・プロムナードの一角にある女性服のお店「A-KAO」には、
女性心をくすぐるロマンチックなブラウスやスカートがずらり。
ここでは「ボヘミアン・スタイル」と呼ばれる、ボ
ヘミア地方の民族衣装やジプシーの奔放な雰囲気を取り入れたファッションをテーマにしていて、
手作りの温かみあふれるものばかりだ。
小鳥や花をモチーフにした刺繍やレースがふんだんに施され手が込んでいるが、
お値段は比較的控えめなのがうれしいところ。
ブラウスは裾にふわりとボリュームのあるデザインが多いので、
腰周りが気になる人も安心して着られる。
「A-KAO」のロマンチックな服に、レギンスやジーンズ、ブーツなどを合わせて、
カジュアルに着崩すのがお勧めだ。

A-KAO、Let Me! A-KAO、Let Me

目下、日本語勉強中の笑顔が素敵なオーナーのジャーさんが経営する姉妹店「Let Me!」も、
同じニマーンヘーミン通りにある。
「A-KAO」はコットン素材の柔らかな印象だが、こちらはシフォン素材をベースにしていて、
より女性らしいイメージだ。
軽くてかさ張らず、しわになりにくいので、旅行にもぴったり。
花柄のティアードブラウスは、エレガントな印象で幅広い年齢層に人気がある。
また、細かいプリーツの入ったイブニングドレスは、特別な日のお洒落にぴったりだ。
どちらの店も華やかな色彩の洋服が多いので、
身につけるとぱっと明るい気分にしてくれること間違いなし。
Tシャツとタイパンツもいいけれど、たまにはこんな服を着て、
お洒落をしてみてはいかがだろう。(S)

A-KAO、Let Me!情報
【営業時間】9:00~21:00(無休)
【電話】0-5383-8444、0-5344-1908(チェンマイ)、0-5553-2483、0-5553-3607(メーソート)
【場所】誌面地図A-5先

 

 

(“A-KAO、Let Me!”の要約です。)

このページのトップへ

ゲーオゴー・ナ・チェンマイ

Filed under 雑貨

 

159

ニマーンヘーミン通りのキュートな雑貨店「ゲーオゴー・ナ・チェンマイ」が、
ヒルサイドコンドー2の1階にリニューアル・オープン。
店内には、人形やアクセサリー、ノート、かばん、服など、色鮮やかで
ハッピーな気分にしてくれる雑貨があふれ、
雑貨好きなら時の経つのを忘れて見入ってしまう品揃えだ。
「日本人のお客さんは皆さん『かわいいー』と喜んでくれます」とは、店長のゲーオゴーさん。
お店の名前は彼女の本名だ。
学生時代はアートを学び、本人も物作りが大好き。

mise
オリジナルのTシャツやかばんの他、独特のセンスで選ばれたカラフルな雑貨は、
タイや中国、ミャンマーなど、アジアの雰囲気を漂わせている。
また個性的な友人アーティストらの作品が並び、作品を売る場所を持たない
アーティスト達の貴重なギャラリーともなっている。
女性用ブラウスやスカーフはもちろん、男性用のオシャレな服もあるので、
カップルでもショッピングを楽しめる。
山岳民族の刺繍の布をあしらったポーチやアクセサリーなどは、チェンマイ土産に最適。
首長パンダの人形は、外国人に大人気だとか。
そして、ゲーオゴーさんのお祖母さん手作りのジンジャークッキーも美味。
イベントのニマーンヘーミン・アート&デザイン・プロムナードに合わせて、
9日まで20~50%のセールも開催中。この時期に行かない手はないだろう。(S)

ゲーオゴー・ナ・チェンマイ情報
【営業時間】 10:00~22:00(無休)
【電話】 0-5340-6449、08-1885-1329、08-9951-4554
【場所】 ( 誌面地図D-2)
【値段】 スカーフ450B~、ブーケ85B、クマのぬいぐるみ280B~

 

 

(“ゲーオゴー・ナ・チェンマイ”の要約です。)

このページのトップへ

| ホーム |