FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ネイバーズ・キッチン・チェンマイ Neighbour’s Kitchen Chiang Mai(392)

Filed under 未分類

 

タイヤイ料理はヘルシーで優しい味がする
ヤム・カノムセーン 40B 予備写真ヤム・カノムセーン 40B

ミャンマーの麺料理をめぐる抱腹絶倒映画『一杯のモヒンガー』自主上映会の翌日、
カムティアン植木市場へ向かっていたら、
ゆで卵入りの麺料理の写真の看板を発見。
ひょっとして?とよく見れば、紛れもなくあのモヒンガー! 
まさに運命的シンクロニシティではないか。
ジャーイさんと妻のセンムーイさんジャーイさんと妻のセンムーイさん

店のご主人ジャーイさんはミャンマー国境の町、
ウィアンヘーン郡ピアンルアンの出身。
昨年11月に本格的タイヤイ(シャン)料理を提供する
このユニークな食堂をオープンした。
店名には、「タイの隣国の料理を気軽に楽しめるように」という意味が込められている。
モヒンガー 40Bモヒンガー 40B

何はともあれ、まずはモヒンガーを注文してみよう。
本来、スープにはナマズの肉を刻んで入れるが、
その皮にアレルギーがある人もいるので、
ここではプラーニンを使っている。
ページョというパリパリの豆せんべいのようなものを割って入れ、
こってりした独特のスープを絡めたカノムジーンの麺をすする。
意外とクセがなく、食べやすい。
チェンマイで本格的なモヒンガー(シャン州タウンジー風)が食べられるのはここだけだとか。
タイヤイ料理は辛さも控えめ、
素材を生かした日本人好みの優しい味がする。
ヤム・バイブアボック 80Bヤム・バイブアボック 80B

キクラゲやバイブアボックのゴマ油風味のヤム(和え物)など、
美味しくてヘルシーなメニューがいろいろ。
プラーオーン・ソムポーイ 80Bプラーオーン・ソムポーイ 80B

酸っぱいソムポーイの葉と揚げたプラーニンのスープ、
ゲーンハンレーをソフトな味にしたような三枚肉の煮込み料理ムーイーもお奨め。
ノーマイ・パット・バイグラチアップ 80Bノーマイ・パット・バイグラチアップ 80B

どのメニューも料理担当の奥さんのセンスが光っている。(B)      

ネイバーズ・キッチン・チェンマイ Neighbour’s Kitchen Chiang Mai情報
【営業時間】10:00~19:00
【電話】09-4624-3372【FB】:@NeighboursKitchenCM
【誌面地図】H-3






 



このページのトップへ

TCDC Resource Center Chiangmai(392)

Filed under 未分類

 

アートやデザインの勉強もパソコンの仕事も
DSC_0126_1.jpg

ムアンマイ卸売市場の裏手にあるモダンな建物をご存知だろうか。
タイのデザイン産業の活性化と支援を目的として
政府設立の機関TCDC(Thailand Creative & Design Center)が運営する
ギャラリーや図書館、カフェを併設する複合施設だ。 
アート、デザイン、工芸、建築などの蔵書は数千冊アート、デザイン、工芸、建築などの蔵書は数千冊

ギャラリーではデザイン関係の展示会やアート作品展、
ワークショップ、講演会などのイベントが不定期で開催されている。
公園のような中庭でまったり

一般に開放されたアートやデザイン関係の図書を中心とする
2階の図書館は大人気。
美術を学ぶ学生やデザイナー、
パソコンひとつで世界を旅しながら働く
ノマドワーカーのコワーキングスペースとして、
幅広い層に利用されている。
おしゃべりもできる部屋おしゃべりもできる部屋

タイを中心に各国のアート関係の雑誌も揃い、
アートに関心の高い人は良いアイデアが得られるかも。
大きな窓から光が入るすっきりとしたな空間に、
ざっと70席ほどはある。
また、広々としたテーブルに並ぶデスクトップのMacは
自由に使うことができ、視聴覚室も完備。
声を出してもいい部屋は別室に分かれているなど、
集中できる環境が整っている。
緑を眺めながら一息
1階のカフェでは大きな木の生えた心地よい庭を眺めながら、
美味しいコーヒーが味わえる。
カフェのテーブルに置かれた
食堂やヌードル店を紹介した「周辺マップ」は要チェック。
道路を挟んだすぐ目の前にはケーキ屋があるし、
果物や野菜が安いムアンマイ市場も近い。
作業やアート観賞をしてちょっとお腹が空いたら、
ぶらっと歩いて食べに行こう。        (S)



TCDC Chiang Mai情報
【営業時間】11:30~21:00(月曜休み)
【使用料金】1日利用:100バーツ、年間利用:600バーツ(チェンマイのみ)、1200B(バンコクも利用可能)
【誌面地図】G-4【電話】0-52 08-0500 Ext 1








 



このページのトップへ

Imm Aim Vegetarian And Bike Café イムイェーム・ベジタリアン・アンド・バイク・カフェ(391)

Filed under 多国籍レストラン

 

フレッシュ・ハーブ生春巻き(65B)1フレッシュ・ハーブ生春巻き(65B)

体と環境にやさしいベジタリアン料理

ベジタリアン料理を提供して約10年というこの店は
いつもリピーターのお客さんで賑わっている。
オーナーのウアンさんは皆に良いものを食べてもらいと思い、
なるべくオーガニックの野菜や果物を仕入れ、
一部実家で無農薬栽培したものを使っている。
ウアンさんウアンさん
こうしたものを食べることは健康にいいだけでなく、
農家の人の支援や環境保全にもつながると考えているからだ。

メニューはベジタリアンのタイ料理と洋食、ドリンクで、
好みでハチミツや乳製品、
卵抜きのビーガンにすることもできる。
前菜のおすすめは、
3種類以上の野菜を包んだ生春巻き。
甘酸っぱいカボチャのソースをつけて食べる。
サルサモーレ(95B)サルサモーレ(95B)
朝食に人気あるのが、「サルサモレ」。
新鮮なトマトがたっぷりのっていて、
朝から細胞が元気になりそうな一皿だ。
どちらも火を通していないローフードで、
素材の味を存分に楽しめる。
ケサディーヤ(95B)2ケサディーヤ(95B)
もう少ししっかり食べたい人は、
「ケサディーヤ」が最適。
トルティーヤの中にモッツアレラチーズやキノコ、
トウモロコシ、ズッキーニ、ナスがごろごろ入っている。
酸味のあるソースがアクセントになっている。
旬の野菜や果物を使っているため、
具は季節によって多少変わってくるが、
どれも素材が新鮮でボリュームたっぷりなのが嬉しい。
チョコレート(50g 160B)チョコレート(50g 160B)
バナナチョコレート(50B)バナナチョコレート(50B)
また、店はカカオ農園を支援し、
オーガニックのカカオ豆からビーガンのチョコレートも手作りしている。
板チョコもあるが、チョコレートドリンクは店内で飲めるので、
ぜひこちらも味わいたい。(О) 

Imm Aim Vegetarian And Bike Café イムイェーム・ベジタリアン・アンド・バイク・カフェ情報
【営業時間】10:00~21:00(LO 20:00) タイ正月のソンクラーンは休み
【電話】09-2798-2436,
【FB】mmAim Vegetarian And Bike Cafe'
【誌面地図】G-2





 



このページのトップへ

Tha homemade ター・ホームメイド(391)

Filed under

 

DSC09178.jpgTシャツは500B~


草木染の青と黒が描く色と模様

ピン川にほど近いターペー通りにある
茶色い壁の商館に入った小さな洋服店を紹介しよう。
DSC09176.jpg

藍と黒檀で染めたコットンや大麻など、
自然素材のナチュラルな洋服が並んでいる。
特に目を引くのがバティックだ。
バティックとは蝋で布に柄を描いて染める技法で、
染残った蝋の部分が模様になる。
DSC09238.jpg
のびのびと描かれた線は、
藍と黒檀で染めてあり、
植物のエネルギーを表現しているかのよう。
DSC09214.jpgかっこいいパンツ700B
着こなし方では、
若い人から年配の方まで幅広い層にかっこよく着てもらえそうだ。
とても手の込んだものなのに、
1着1000B未満という良心的な価格だ。
DSC09202.jpg
女性オーナーのターさんは、
美大で学んでいた頃から、
家業であるバティックの仕事を手伝っていたという。
店に並ぶバティックの衣料品は
全てターさんのご両親の手描きの作品で、
染色はターさんが担っている。
2~5回染重ねる作業は、暑い日はなかなかの重労働なのだとか。
最近はターさんがデザインした絵を
父親が蝋で描くというコラボレーションもしているそうで、
スマイルマークやペイズリーなどのポップな絵柄がちらほら。
DSC09228.jpg

とにかく、店に並ぶ服やカバン、スカーフからは、
仲良しのターさんご家族のあたたかい雰囲気も伝わってくる。
青い小物もいろいろ気になる
DSC09212.jpgターさんの刺繍のコースター220B
 
洋服以外に、帆布の肩掛けカバンも大人気。
砂のように小さな石を繋いだブレスレットもターさんの手作りだ。
また、ターさんが店番をしながら刺している刺繍のコースターは、
柄がとてもユニーク! 
どれも藍や黒檀の色を意識したデザインなので、
トータルでコーディネートが楽しめそうだ。    (S)


Tha home made ター・ホームメイド情報
【営業時間】10:00~16:45(日曜定休、日曜歩行者天国に移動)
【電話】09-3 305-8211
【誌面地図】G-5





 



このページのトップへ

The Red Box ザ・レッド・ボックス(390)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

サーモン・カオソーイ(690B)サーモン・カオソーイ(690B)
美しいタイの創作料理

外観


 ニマーンヘーミンのすぐ近くという立地でありながら、
路地を入った静かなところにある隠れ家的なレストラン。
店内に4席、外に3席のみのアットホームな店だが、
家具や食器などが厳選されていて、
ちょっと特別な日にも利用したい内装になっている。
ダンさんとプラーオさんダンさんとプラーオさん

シェフはオーストラリアやブルネイで腕をふるっていたダンさん。
奥さんのプラーオさんと一緒にメニューを考え、
料理を作り、盛りつけをしている。
店では、タイ料理を中心にマレーシアやブルネイ、
シンガポール、ヨーロッパの料理をアレンジした創作料理を食べることができる。
Spiced Lemongrass Prawns (350B)Spiced Lemongrass Prawns (350B)

おすすめの前菜は、「スパイス・レモングラス・プローン」。
レモングラスとエビを甘辛く味付けしてあり、
ピリッと爽やかだ。
Osso Bucco Massaman (890B)オッソ・ブーコ・マッサマン (890B)

メイン料理は、仔牛をスパイスと煮込んだマッサマンカレーや
カオソーイのソースとサーモンをあわせた料理、
トムヤムリゾットなど、
タイの味を洋食と絶妙に組み合わせたメニューが揃っている。
Spiced Lemongrass Prawns (350B)スパイス・レモングラス・プローン(350B)

デザートは、伝統的なタイ菓子を添えた
ココナッツアイスクリームが人気。
Siam Ruby Thai Twisted Dessert (290B)サイアム・ルビー・タイデザート (290B)
タイ菓子を作る時、
甘いロウソクの煙をたいて
香りをつけることがあるが、
それがドライアイスのようにグラスから流れ出てくる。 
また、タイの味をミックスした創作カクテルも注文したい。
Pisco Sour(280B)1リンゴやライム、バラがベースのカクテル、Pisco Sour(280B)

あのマッサマンカレーが、あのカオソーイが、
あのタイスイーツがこんなふうにアレンジできるんだ!と、
視覚的にも味覚的にも楽しむことができる。(О)
予備 オールドタウン伝統的なハーブとマンゴスチンのドリンク、オールドタウン

The Red Box情報
【営業時間】11:30~15:00, 17:30~22:00(火曜休み)
【電話】09-2979-4542【FB】The Redbox Restaurant
【誌面地図】M-2









 



このページのトップへ

トレイラー・コーヒー Trailer Coffee(390)

Filed under カフェ

 

路上で気軽に味わう本格的な味

P1030954.jpgきれいなラテアート 50B

スペシャルなコーヒーで1日をスタートさせたい時は、
朝7時半から開店している「トレイラー」がおすすめだ。
スリウォン・ブックセンター前、運河沿い、ターペー通り(ナイトバザールの交差点)、
日曜日のJJマーケット、スーパーハイウェイなど7箇所に出店している。
DSC06582.jpg
どの店も路上の雰囲気を味わえる屋外のコーヒースタンドで(スーパーハイウェイ店を除く)、
例えば、本店のスリウォン・ブックセンター前店は、
お洒落な黄色いトレイラーにエスプレッソマシンを積んだ可動式のシンプルな店構え。
出勤前の会社員や観光客、
近所の人などいろいろなお客さんがそれぞれに朝の美味しいコーヒーを味わっている。
DSC06603.jpg朝からお客さんで賑わう

オーナーのゲンさんは、
数々のバリスタのコンテストで優勝した本格派だ。
P1030941.jpgオーナーのゲンさん
スタッフの教育にも熱心で
毎年、スタッフとチームを組んでコーヒーのコンテストに出場している。
そんな彼を慕ってコーヒー好きの熱心なスタッフが集まってくるので、
どの店でも遜色なく美味しいコーヒーが飲める。
P1030933.jpg数々のコンテストに入賞

この日、スタッフに勧められた「フラット・ホワイト」は、
ミルク入りだけどコーヒーの味がしっかり味わえて、満足のおいしさ。
コーヒー豆はタイ北部産を中心に、
コロンビアなど海外の豆も使用しているのだとか。
DSC08812.jpgカオチー20Bとアイスコーヒー55B
手軽な朝食メニューも要チェック。
フランスからラオスに伝わったフランスパンが由来の「カオチー」は、
食べる前に炙ってくれるので、アツアツ!
P1030919.jpgカノムジーン・ナムニヤオ 40B

それから、チェンマイっ子の大好物「カノムジーン・ナムニヤオ」は、
ソーメンに似た米粉の麺に
トマトベースの辛い汁をかけた郷土料理。
チェンマイらしい朝が迎えられそうだ。(S)

Trailer Coffee情報
【営業時間】7:30~14:00 (スリウォン店は土曜定休)、スーパーハイウェイ近くのTrailer coffee CBP店は7:00~17:30
【電話】08-4166-1821









 



このページのトップへ

ネーン・ムー・オップ・オーン เหน่งหมูอบโอ่ง(398)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

焦げ目がついたら、向きを変える。
こんがりカリカリ三枚肉焼き豚の秘密


夕方、チェンマイ市民の台所、
ムアンマイ市場前の通りをブラブラしていたら、
4つの大きな甕(カメ)を並べた面白そうな屋台を見つけた。
常連のお客さんがたくさん。

「何を作っているのかな?」と甕の中を覗くと、
豚の三枚肉の塊が何本もぶら下がっている。
絶妙な具合にこんがり焼けて、見るからに旨そうだ。
ヌックさんは父親の仕事を毎日手伝う。ヌックさんは父親の仕事を毎日手伝う。

屋台のご主人、ネーンさんがこの焼き豚を作り始めてからもう十年ほどになる。
以前は空港近く、ハーンドン地区のワルン市場で売っていたが、
1年前からこの場所に移ってきた。
タイ料理メニューに欠かせないムー・クロープ(カリカリ豚肉)は、
普通は茹でてから油で揚げて作るが、
ここでは甕の底に炭火を置き、
蓋を閉めて蒸し焼きにしている。
タンドリー・チキンの豚肉版といったところか。
鶏肉も焼いている。予備写真
甕の縁に針金をかけて下味を付けた生の豚肉を吊るし、
ときどき裏返してじっくり2時間ほどかけて焼いていくと、
表面はカリカリだが、中の脂身は不思議と柔らかくジューシーな焼き豚ができる。
外はカリカリ、中はジューシーなのだ。外はカリカリ、中はジューシーなのだ。

お値段は1本で200バーツ程度。
100g=45バーツで量り売りもしてくれる。
豚肉だけでなく、数は少ないが鶏の丸焼き(1羽120~130バーツ)も作っている。
サクサクと音をたてて切っていく。

常連のお客さんが多く、業務用にまとめて大量に購入する人もいる。
毎日、平均して40kgぐらい売れるというから、その人気の程がわかる。
できるなら、まだ熱々のところをいただきたい。
もう最高のビールのツマミになるはずだ。     (B)   
このコンガリ感がたまりません!

ネーン・ムー・オップ・オーン情報
【営業時間】16:00~20:00
【誌面地図】G-3







 



このページのトップへ

コム・チョコレートハウス Khom Chocolate House(389)

Filed under カフェ

 

タイ産のチョコレート・ドリンクを味わう
Mexican HotSpicy 80B 手作りクッキー 10B

旧市街にあるチョコレート・ドリンクの専門店。
店を1人で切り盛りしているジューンさんは、
建築デザインの仕事をしながら、
大好きなチョコレートについて独学で学び、
1年かけてオリジナルレシピを準備した努力家だ。
オーナーのジューンさんオーナーのジューンさん

せっかくなのでタイ産チョコレートを味わってみよう。
まずは「タイ・シングル・オリジン」をお試しあれ。
自家製のプリン 50B自家製のプリン 50B


通常のチョコレートは様々な産地のチョコレートをブレンドして味を安定させるのだが、
シングル・オリジンは1つの産地のみを使用。
タイでは主に南部で生産され、
最近はチェンマイでも少しづつ収穫できるようになってきている。
ナッツからカカオバターまで。

取材した時には残念ながら
チェンマイ産チョコレートは品切れで、
変わりに南部のプラチュアップキーリーカン産を
ジューンさんお勧めの「Sipping Chocolate」で飲んでみた。
タイ産のチョコレートを味わうなら Sipping Chocolate 75Bタイ産のチョコレートを味わうなら Sipping Chocolate 75Bタイ産のチョコレートを味わうなら Sipping Chocolate 75B
ミルクを加えない濃厚な口当たりで、
トッピングされたカカオニッブスは
カリッと噛むとほんのりフルーティーな香りが口に広がり、
幸せな気分に包まれる。
ちなみにチョコレートに含まれるカカオポリフェノールには
血圧を下げるという嬉しい作用もあるのだとか。
ダーク、ミルク、ホワイトのセット。3SHOTS 90Bダーク、ミルク、ホワイトのセット。3SHOTS 90B

シングルオリジン以外のメニューには
ベルギー産チョコレートを使用している。
ダーク、ミルク、ホワイトの3種類を試せる欲張りな「3Shot」は飲み比べができて楽しい。
肌寒い日ならスパイスを効かせたメキシカンホット&スパイシーが温まる。
また、チョコレートからココアバターを抜いた
ココアベースのドリンクはタイ人女性に人気なのだとか。
テーブル席は3つと小さいので、
ゆっくり味わうなら平日の午前中がおすすめだ。         (S)
バンコクからわざわざ訪れるお客さんも


マイカップを持っていったら5Bオフ。
コム・チョコレートハウス Khom Chocolate House情報

【営業時間】10:30~18:00(水曜定休)
【連絡先】FB Khom Chocolate House - ขม ช็อกโกแลตเฮาส์  08-6924-4131



https://goo.gl/maps/Cc6oH8dGr8ynFJTh8


 



このページのトップへ

Wild Coffee and Bistro ワイルドコーヒー&ビストロ(388)

Filed under 洋食レストラン

 

どれか1枚 (3)

森で出会ったカフェ&ビストロ

ドーイステープ寺院参拝や下院喧騒から離れたい時にオススメなのがこのお店。
ドーイステープの麓、
木がうっそうと生い茂る中に立っている。
ドーイステープ寺院へ行く途中のワット・シーソーダーを過ぎた
右手の細い道や運河沿いから行くことができる。
ティムさんとクッキーさん(娘)1ティムさんとクッキーさん(娘)

店をオープンしたのはティムさんご家族。
自然とカフェが好きでこの場所に自分たちの家とカフェを建てた。
美容師でもあるティムさんの美容院も併設している。
店内は花や植物であふれ、
庭のテーブルからはドイステープの森や小川を楽しむことができる。
テンモー・プラーヘーン(195B)テンモー・プラーヘーン(195B)

メニューはタイ料理、洋食、ドリンク、スイーツが揃っている。
おすすめは、「テンモー・プラーヘーン」。
冷たいスイカに魚のフレークがのった伝統的なタイ料理で、
スイカの甘味に魚のコクが組み合わさった爽やかな一皿だ。
ハスのミヤンカムSavoury Lotus Leaf Wrap(195B)
数人いたら、蓮の花びらを使った前菜を注文したい。
白かピンクの蓮にライムやピーナッツ、生姜、
干しエビなどがのっていて、タレを入れて一口で食べる。
酸味や甘味、辛味が口の中で混ざり合い食が進む。
鶏肉のカオソーイ(165B)鶏肉のカオソーイ(165B)
黒豚ステーキ黒豚ポークチョップ(395B)
また、大きな鶏肉入りの濃厚なカオソーイやパイナップルに入った焼き飯、
有機の黒豚ポークチョップなど、タイ料理と洋食を楽しめる。
スムージーやコーヒーの種類も豊富なので、
ティータイムにも利用したい。
ライムとハチミツ、
ピーチに泡立てたエスプレッソを注いだ「ワイルド・ヘルシー・コーヒー」なんていう
オリジナルドリンクなんていうのもある。
自然のおいしい空気と一緒に楽しみたい。(O)
どれか1枚 (1)

Wild Coffee and Bistro ワイルドコーヒー&ビストロ情報
【営業時間】9:00~19:00 (無休)
【電話】09-5675-1592
【誌面地図】D-1の先 【FB】 Wild Coffee & Bistro








 



このページのトップへ

パンスペース PUNSPACE COWORKING CHIANG MAI(388)

Filed under 未分類

 

緑いっぱいの庭でリフレッシュ(予備)

旧市街の緑の中の快適作業スペース

24時間利用可能なカフェや
コワーキングスペースが市内のあちこちにあるチェンマイは、
旅をしながら働くノマドワーカーに最も人気の都市のひとつ。
外観
今回紹介するコワーキングスペース「PUNSPACE」は
シリマンカラジャーン通りのNIMMAN店、
旧市街ムーンムアン通りのTHA PHAE GATE店、
そして1番新しい旧市街チャーンプアック門近くにあるWIANG KAEW店と
市内に3店舗展開中。
緑いっぱいのカフェコーナー
特にお勧めなのがWIANG KAEW店で、
広々とした庭があり、
小規模ながらカフェやレストランも併設していて便利。
西洋人を中心に世界中のノマドワーカーが集まっているが、
パソコンの仕事をしなくても利用してみたくなる素敵な空間だ。
予備 (1)スタッフのジェスさん

スタッフのジェスさんに中を案内してもらった。
表の入り口は24時間対応の指紋認証式オートロック。
指紋認証型の鍵

初めての人は向かって左奥の入り口から入る。
明るい硝子張りの室内でパソコンに向かう人たちは、
お茶を飲んだり友人と話したり寛いだ雰囲気だ。
自由に使える共有キッチン自由に使える共有キッチン

ラインやスカイプで話をする専用ボックスや、
スクリーンが設置された定員12名の会議ルームも完備。
冷蔵庫や小さなキッチンがあり自由に使用できる。
もちろん水やコーヒーは無料。
世界中から利用客がやってくる
予備 (2)

さらに奥の「おしゃべり禁止」の部屋は席数が多い。
ロッカーやシャワールームもあるから、
朝、お堀の周りをジョギングしてからシャワーを浴びてそのまま仕事、
なんてスケジュールも可能だ。
雨季に入り、新緑の美しい木陰でのんびりとリラックス&リフレッシュできるのが最高。
こんな場所なら仕事がはかどるかも!?     (S)

パンスペース PUNSPACE COWORKING CHIANG MAI情報
【営業時間】24時間(無休)
【電話】06-1027-7885
【料金】(2019年6月現在)
 1日280B、1週間1699B(1日242B)、1ヶ月3899B(1日130B)
【fb】Punspace Wiang Kaew
【誌面地図】G-2





 



このページのトップへ