チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Shan Tou Hao Chi Vegetarian Food(338)

Filed under ベジタリアン

 

美味しい、安心、嬉しい、ベジタリアン食堂
毎日作りたてのお惣菜。毎日作りたてのお惣菜がずらり~

MAYAショッピングモール地下のフードコートの一角に、
お客さんが絶えない人気のベジタリアンのお店がある。
ガラスのショーケースの中には、毎日20種類以上のお惣菜がずらり。
DSC03688.jpg

メニューはグリーンカレーやマサマンなどのタイ料理、
ゲーンカヌンやナムプリックオーンなどの北部料理、
そして中華ありと幅広い。
3品のせで50B.3品のせで50B
大盛りの赤米入りタイ米の上に、好きなお惣菜を選んでかけてもらう。
もちろん、肉類は一切使用せず、
きのこや大豆を代用してお肉そっくりの食感を出している。
中でも人気のカー・ヘット(シイタケの芯のお惣菜)は
お持ち帰りにして冷凍保存するというファンもいるほど。
DSC03576.jpg
左から、マイさん、ムイさん、ホームさん、ミンさん
お店が混んでいても、いつも明るく対応してくれるのは、
マイさんと弟のミンさん、ミンさんの奥さんのホームさん。
彼らがかけてくれるちょっとした一言に、お客さんもおもわず笑顔になる。
仕込みにはお母さんのムイさんも加わり、完全な家族経営だ。
苦瓜のスープ 別の器は30B苦瓜のスープ 別盛りは30B
クウェティオ・ロートペロンとした米粉の皮で野菜を包んだクウェティオ・ロートも人気

苦瓜のスープや葉っぱに包んだ中華おこわ、
お茶で煮込んだ茹で卵など、
中国人のお婆さんから受け継いだメニューもあり、お店に通って制覇したくなる。
最近は米を食べずにおかずだけ注文する人もいるので、
味付けは控えめにしているというのも嬉しい。
DSC03674.jpg揚げ物は一品15B 
大根餅やニラ餅などの揚げ物も種類が多く、
注文すると揚げ直してくれる。
そして、「お客さんの体に良い食事を提供したい」からと、
なんと店で使用する油は全てオリーブオイルというこだわり。
それでいて値段は良心的で、思わずお店の利益を心配してしまうほどだ。
MAYAでお買い物の際、立ち寄ってみてはいかが?   (S)
指さしでオーダー(写真予備)指さしでOK!

Shan Tou Hao Chi Vegetarian Food情報
【営業時間】11:00~21:00(不定休)
【電話】0-5208-1555
【誌面地図】K-1




 



このページのトップへ

サパー・カーフェー สภากาแฟ(338)

Filed under 未分類

 

基本のミルクロティー Roti Milk 12B,Hot Milk15B基本のミルクロティー Roti Milk 12B,Hot Milk15B

スパイスの香りで目覚めるモーニング

ムスリムの集落があるチャーンクラーン通りに
おいしいロティーの専門店がある。
ロティーとは小麦粉をこねて薄く伸ばし、
油とバターで揚げ焼きにした、パリパリとした食感の食べ物だ。
夜の屋台のおやつ、というイメージを持つ人が多いかもしれないが、
ここでは朝食としてカレーをロティーに浸して食べる。
いつもお客さんで賑わう(予備)いつもお客さんで賑わう
毎朝、登校前の学生や出勤前の会社員達が立ち寄り、いつも混雑している。

サさん(手前)とご家族。明るい!サさん(手前)とご家族。明るい!
よく通る声でオーダーを確認しながらロティーを焼く女性が、オーナーのサさん。
30年前に両親が始めた店を引き継いだ2代目だ。
両親の味を受け継いだカレーは、チキン、マサラ、豆の3種類。
どれもスープっぽく、ロティーとの相性抜群。
Roti Curry masara 57BRoti Curry masara 57B
チキン、マサラカレーには、とろとろに煮込まれた鶏肉がどーんと入っていて、ボリュームたっぷり。
豆のカレーは小さなお椀に入ったカレー味のスープで、朝は小食という人でもOK。
インドのカレーとも異なる独特の香りのスパイスは、
ミャンマーから輸入しているのだとか。
Roti Curry Beans 22BRoti Curry Beans 22B

基本のロティーはコンデンスミルクがたっぷり。
カロリーが気になる人はコンデンスミルク抜きでオーダーして。
ピクルス付きRoti Mataba 40B,Milk Tea15Bピクルス付きRoti Mataba 40B,Milk Tea15B

その他、極薄パリパリの皮に、
カレー風味のポテトと卵がふんわり閉じ込められた「ロティーマタバ」も激旨! 
人気メニューのジョーク(タイのお粥)やバナナ入りロティーは
9時ごろには売り切れていることが多い。
揚げ焼きトーストと目玉焼きのセットも定番だ。
Ice Milk Tea 20BIce Milk Tea 20B
オーダーは、混雑を解消する為、
11番の机の側に備え付けられた紙にお客さんが書いて(英語OK)渡すシステム。
自分が座る席の番号を書くのもお忘れなく。(S)
サパー・カーフェー情報
【営業時間】5:30~11:00(不定休)
【電話】0-5320-4352
【誌面地図】E-4





この看板を目印に



 



このページのトップへ

バーン・パステル・ブティック・ホテル Baan Pastel Boutique Hotel(337)

Filed under ホテル

 

壁の絵もパステル・カラーなのだ。壁の絵もパステル・カラーなのだ。

パステル・カラーの夢の中で眠りたい!

 「日本語の上手な女性が始めた小さなホテルがある」という噂を聞いて、
スマホの地図(ホテル名を英語入力)を頼りに
ナータシン・カレッジ裏のエリアを進んでいくと、
素敵な2階建ての「パステルの家」が見えてきた。
オーナーのウーさんは日本語が上手。オーナーのウーさんは日本語が上手。
 この可愛らしいホテルのオーナー、ウーさんはパヤオの出身。
チェンマイ大学を卒業してから約30年間バンコクで臨床検査技師や
語学(タイ語・英語・日本語)の先生を務めたり、
不動産関係の仕事をしたりしてきた。
リタイアするつもりでチェンマイに戻ったものの、
やっぱり仕事がしたくなり、
たまたま見つけた土地を購入して
今年1月に開いたのがこのブティック・ホテルだ。
パステル・カラーの明るい雰囲気が素敵だ。パステル・カラーの明るい雰囲気が素敵だ。
その名の通り、インテリアや装飾は基本的に乙女心あふれる
(ウーさんはなんと9人姉妹の7番目!)パステル・カラーで統一。
室内の備品など、いたるところに女性らしい細やかな気配りが窺える。
宿泊客の立場になったサービスを心がけ、
「我が家にいるような」フィーリングを大切にしているという。
どの部屋も清潔感満点だ。どの部屋も清潔感満点だ。
全10室それぞれ違ったデザインで、
各部屋にベランダが付いている。
ファミリー・ルームも好評です。ファミリー・ルームも好評です。
どの部屋も清潔感満点で気持ちがいい。
格安料金のドミトリー(4人・6人)やファミーリー・ルームも好評だ。
ローシーズンはお得なマンスリー料金(月15,000バーツ)で宿泊可能。
格安ドミトリーもキレイで気持ちいい!20170425000948838.jpg
格安ドミトリーもキレイで気持ちいい!
チェンマイの我が家になるかも?チェンマイの我が家になるかも?
かつてバンコクのソーソートーで語学教師をしていたウーさんは日本語が堪能だから、
初めてのチェンマイでも安心して過ごすことができる。
タイ語が上手くなりたい人のためのプライベート・レッスン
(1時間300バーツ、宿泊客は250バーツ)も受け付けている。     (B)         

バーン・パステル・ブティック・ホテル情報

【電話】08-0265-9950(日本語OK)
【誌面地図】D-5

E-mail:yodpompin@yahoo.com
FB:BaanPastel Boutique Hotel










 



このページのトップへ

グリル・オブ・インディア Grill of India(337)

Filed under 多国籍レストラン

 

手前がチキンカレー、奥がオクラのBhindi Masala手前がチキンカレー、奥がオクラのBhindi Masala
インド料理の豊かなスパイスの香りを堪能!
 
旧市街の南側、ジェットリン寺の向かいにある白い木造民家の前を通ると
なんとも美味しそうなカレーの匂いが漂っている。
ここはチェンマイで評判のインド料理専門店で、
シェフはインドのパンジャーブ地方出身のラデュさん。
左がオーナーのラジャさん左がオーナーのラジャさん

インドにいる時からコックをしていたラデュさんは、
チェンマイで15年間シェフを務め、
タイ人女性と結婚し、このお店を開いて3年。
調理場からはいつも陽気なラデュさんの声が聞こえてくる。
チャイチャイ

豊富なメニューはどれも美味しそうで目移りするほど。
フレンドリーな店員さんに聞いた、お店の人気メニューはチキンカレー。
グリルしたチキンにフレッシュなトマトや生姜、
そしてスパイスの香りがする濃厚なカレーだ。
サモサ 50B サモサ 50B

オーダーが入ってから包んで揚げるというサモサは、大きなサイズにびっくり! 
2種類のソースがこれまた美味。
Baigan Bhartha 90BBaigan Bhartha 90B

オクラの甘みが病み付きになるビンディーマサラ、
タイ料理のナンプリックにも似たバイガンバルタ
(焼き茄子とトマトと玉ねぎと生姜のペースト)は、
日本人の口に合う。
Plalk Paneer 90BPlalk Paneer 90B
その他、ほうれん草とモッツァレラチーズのパラックパニール、
豆のカレーやインドの焼き鳥チキンティカも人気。
ポテト入りナンポテト入りナン
どのメニューも焼き立てのナンやチャパティ―と良く合う。
ナンはプレーンやガーリックが人気だが、ポテト入りやリンゴ入りも気になるところ。
1皿の量が結構多いのでシェアするのがお奨め。
もし1人で行くなら、セットメニューがいろいろ味わえて断然お得。
ベジタリアン、ノンベジタリアンと2種類から選べる。
ぜひラデュさんの本場の味をお試しあれ。  (S)
ラッシーラッシー

グリル・オブ・インディア情報
【営業時間】10:00~21:00(毎月1、2日は定休日)
【電話】09-4712-7578
【誌面地図】E-4





 



このページのトップへ

功夫干鍋 Kung Fu Pot(336)

Filed under 中華料理

 

餃子 100B餃子 100B
中華の「おふくろの味」でご飯が進むわけ
 ここ数年の中国人観光客ラッシュの影響で、
チェンマイの街を歩いているとあちこちで中華料理っぽい食堂を見かけるようになった。
オーナーもお客さんも中国人というお店が多い。

ワット・プラシン郵便局そばの信号からお堀(スアンドーク門方向)に向かって
進んだ右手に中華風の看板を出しているお店を見つけて入ってみた。

昨年7月にオープンしたこのお店のオーナーは、
パーイ出身の雲南系中国人ベンさんと雲南省出身のナムワーンさん。
プレー県の小学校で3年間、中国語を教えていた女性ナムワーンさんが
パーイに遊びに行ったことがきっかけで生まれたカップルだ。
店を開くにあたって、彼女の母親がやってきて、
雲南(四川、貴州)の「おふくろの味」をいろいろ伝授してくれたそうだ。
この店では特殊な調味料は中国から取り寄せているという。
お鍋に入れる具はお好みで。お鍋に入れる具はお好みで。
店名からも判るように、ここの売りは肉や野菜など、
お好みの具を選んで注文する鍋料理(汁あり、汁なし)だが、
一般日本人には普通の中華総菜的メニューのほうがとっつきやすいだろう。
雲南ハムとネギの炒め物 250B雲南ハムとネギの炒め物 250B
とくにオススメは本格的な雲南ハムとネギを炒めたものと、
小さく切ったスペアリブを甘辛ソースに絡めたもの。
スペアリブの甘辛ソース 250Bスペアリブの甘辛ソース 250B
これだけでも、ご飯が(ビールも)どんどん進んでしまうこと請け合い。
麻婆豆腐 100B麻婆豆腐 100B
ピリ辛中華の定番である麻婆豆腐や回鍋肉、
食べ応え充分のもちもち厚皮水餃子も人気メニューだ。
どれも量がたっぷりだから何人かでシェアするのがベストだが、
ランチなどで軽く済ませたいときは、
ご飯にそれぞれのおかずをかけたメニュー(50~80バーツ程度)もどうぞ。
野菜とひき肉の炒め物 160B野菜とひき肉の炒め物 160B

功夫干鍋情報
【営業時間】11:00~23:00(無休)
【電話】08-6596-7964、0-5327-0880
【誌面地図】D-4




 



このページのトップへ

ナッタガーン・アハーンパクタイ ณัฐการ อาหารปักษใต้(336)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

DSC04533.jpg
3品のせれば大満足!
激辛南部タイ料理で暑さを吹き飛ばせ!

タイで最も辛いと言われる南タイ料理。
南部ソンクラー県で10年間南タイ料理店を営んでいたプラティンさんが、
チェンマイ移り住み南料理店を開いて早12年。
南部出身者のみならず地元の人々の人気を集めている。
P3062504.jpg
店頭の大きなガラスケースには約30種類のお惣菜が並ぶ。
大盛りご飯にかけてもらうぶっかけスタイルだ。
2種類で40B、3種類で50Bという値段もお得感あり。
ゲーンタイプラー・クリッククリン手前から時計回りに、ゲーンキーレック、クアクリン・ムーサップ、ゲーンタイプラーの激辛3種のせ!
南部料理の代表選手、ゲーンタイプラー、クアクリン・ムーサップは胃袋が驚く辛さ。
ターメリックなど様々なハーブがたっぷり入って香りが良く、
ご飯がすすんで仕方がない。
ご飯にかけてもらう野菜やハーブたっぷりのゲーンルアン
ゲーンルアンは本場よりやや辛さを控えめにしてあるそう。
ココナッツミルクの入ったゲーンキーレックは魚のすり身入りでコクがある。
南部料理に欠かせない調味料や素材はて取り寄せているから、本場の味を味わえるという。
タイのさつま揚げトートマンプラー絶品! タイのさつま揚げトートマンプラー
肉詰め苦瓜のスープ椎茸の出汁が効いた肉詰め苦瓜のスープ
辛い料理ばかりではなく、唐辛子抜きの野菜炒めやスープも多種あるのでご安心を。
肉詰め苦瓜のスープは椎茸の風味が◎。
タイのさつまあげ「トーマンプラー」は大人気メなので、あったらラッキー。
キノコ炒めや蔓炒め(パット・サヨテー)も日本人向けの優しい味。
野菜の揚げ物や独特の香りがする葉っぱ(チャオム)入り卵焼きに付けてくれるナムプリックは、酸味が効いて爽やか。
付け合せの生野菜は食べ放題。
ハーブも野菜も魚もたっぷり獲れる南部料理は栄養満点!
DSC08748.jpg
ムアンマイ市場近くの1号店の他に、
ガートスアンゲーオやセンターンエアポート、MAYA、ルアムチョーク、
サンパーコーイ市場にも支店がある。
大勢で行くなら、最近オープンしたプロムナーダ側のサンカーンペーン店が最も大きく、
南部のお土産やミルクティーも揃っている。
     
Untitled-1_20170410125532907.jpgサンカーンペーン店地図

ナッタガーン・アハーンパクタイ情報
【営業時間】7:00~16:00(無休)
【電話】08-4740-7474
【誌面地図】G-4(1号店)







 



このページのトップへ

フアン・ジャーオ・ブアティップ

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

チーク造りの大衆食堂でラーンナー気分を味わう

築約100年の立派な木造建築なのだ。
クェイティアオ・ムー・トゥン 35Bクェイティアオ・ムー・トゥン 35B

チェンマイ門からワット・チェディルアン方向に進んでいくと、
右手に木造の立派な建物が見えてくる。
どんどんモダンに変貌していくチェンマイでは、
こうした昔ながらのラーンナー風木造建築物は「生きている博物館」みたいなものだ。
トムさん&ジアップさん夫妻トムさん&ジアップさん夫妻

この食堂のオーナーであるトムさんはもともと普通の勤め人だったが、
自分自身で店を構えて仕事をしたくなって、
約2年前に総チーク造りの家を利用してこの食堂を始めた。
トムさん(本名はクリット・ナチェンマイ)はチェンマイの有力者の家系ということで、
この建物も築100年以上のもの。
店の中でのんびり食事をするだけで、
自然に穏やかな気分になってくる。

メーニューは気取らずに、大衆的なタイ料理に徹している。
クェイティアオやバミーなどの麺類から各種ご飯もの、
トムヤムクン、トムカーガイなどのスープ類、タイ風マカロニ、スパゲティまで一通り揃っている。
バミー・ヘーン・ムー・トゥン 40Bバミー・ヘーン・ムー・トゥン 40B

どれを食べてもハズレなしだが、
とくにお奨めは豚肉(スペアリブもあり)を漢方スープでじっくり2~3時間煮込んだ
ムートゥンを使った料理だ。
麺類と食べてもよいし、もちろんご飯にもピッタリ合う。
ムートゥンのガパオライスなんてちょっと珍しい! 
ムー・トゥン・パッガパオ 60Bムー・トゥン・パッガパオ 60B

付け合わせ的に湯がいたパッカナー(青菜)も注文してみよう。
パッカナー・ナムマンホーイ 50Bパッカナー・ナムマンホーイ 50B
クェイティアオ・クア・ガイ 50Bクェイティアオ・クア・ガイ 50B

旧市内のツーリスト・エリアにあるレストランは
値段が高めのところ多いが、
その点、このお店は実に良心的。
お寺めぐりの合間、一休みしながらお昼を食べたいときに利用したいお店だ。
裏手に広い駐車場もあり。 (B)  
フアン・ジャーオ・ブアティップ情報
【営業時間】9:00~15:30(日~金)、6:00~21:00(土)
【休み】3週間ごとに2日間休み
【電話】08-1884-2991
【誌面地図】E-4





 



このページのトップへ

クム・カフェ Khum Kafe' (335号)

Filed under カフェ

 

DSC09255.jpg
旧市街の真ん中に流れる時間

 旧市街の中心部、ラーチャダムヌーン通りとプラポックラオ通りの四つ角に、
1890年に建てられた元貴族のお屋敷がある。
現在はチェンマイ大学建築学部のラーンナー建築センターとして
保存されているその建物の傍らに小さなカフェがあり、
ふらりと立ち寄った旅人を迎えるている。
カフェの窓からは、チーク材で建てられた古い建物とパンタオ寺、
そしてチェディールアンの仏塔が見える絶好のロケーション。
サイフォンコーヒー

古き良きラーンナー時代の時間に触れて欲しいからと、
あえてWIFIをひかず、コーヒー豆の持っている味わいを
一番素直に出せるといわれるサイフォンやエスプレッソポットを使って
じっくりと美味しいコーヒーを淹れている。
コーヒーの豆は、チェンマイのジョムトーン群で栽培されたものを、
カレン族の女性たちが土鍋で手焙煎したもの。
機械による焙煎ではないため、どうしてもムラができるが、
それもアーティスティックで魅力のひとつだと語るのはオーナーのノックさん。
オーナーのノックさんオーナーのノックさん
お店の収入の一部はカレン族の文化を守る活動のサポートに回すなど、社会貢献も担っている。
コーヒー豆や  も販売コーヒー豆も販売
コーヒー以外にも、オーガニックの花やハーブを使った色鮮やかなサラダや、
ライムを注げば紺色から紫色に色が変わるバタフライピーとライムのジュースなど、
目を楽しませてくれるメニューもある。
アンチャンマナーオオーガニックフラワーのサラダ 150Bオーガニックフラワーのサラダ 150B
ブラウニーチーズケーキ 120Bブラウニーチーズケーキ 120Bマンゴーチーズケーキマンゴーチーズケーキ
小さなお店だが、大学で美術を学んだというノックさんのセンスが
内装やメニューに活かされている。
暑い季節は朝の時間がお奨めで、
お得なモーニングセットもある。
旧市街の散策の途中にぜひ立ち寄ってみて欲しいカフェだ。   (S)
Khum Kafe'情報
【営業時間】(月~土曜日9:00~18:00日曜日10:00~20:00) 4月12~18日は休み
【電話】08-1706-2305
【誌面地図】E-4





 



このページのトップへ

Jardin d'été Gelato and Dessert Café ジャーディン・デテ・ジェラート・アンド・デザート・カフェ

Filed under ケーキ

 

夏の庭でケーキとジェラートを!
ゆったりとした店内 (2)ゆったりとした店内

この数年、海外で洋菓子を勉強し、
チェンマイでカフェをオープンする人が増えてきた。
「ジャーディン・デテ=夏の庭」という意味を持つこの店もその1軒だ。
パティシエのドーンさんとジェーンさんはロンドンとバンコクのル・コルドン・ブルーで洋菓子を学び、
さらにイタリアのジェラート大学でジェラートを勉強したという。
ジェーンさんとドーンさん (2)ジェーンさんとドーンさん
店内にはケーキが10種類以上、
ジェラートやシャーベットが14種類ほど並ぶ。
道具や素材を厳選し、パッションフルーツやマンゴーなど地元のものをいかしつつ、
チョコレート、ベリー、ナッツなどは輸入のものを使っている。
健康にも気を使い、着色料や保存料などは一切入れていない。
Black Sesame Panacotta Cake 80BBlack Sesame Panacotta Cake 80B
Japanese Sweet Potato Cake 130BJapanese Sweet Potato Cake 130B

ケーキは塩味がきいたキャラメル・ダークチョコレートケーキや日本の紅芋を使ったもの、
ベルベット、キャロットケーキ、パンナコッタなど日替わりで品揃えが変わる。
手前からForest Berries Sorbet, Red Wine Sorbet, Dark Chocolate Gelato 65B~手前からForest Berries Sorbet, Red Wine Sorbet, Dark Chocolate Gelato 65B~

ジェラート&シャーベットは香りが良いヘーゼルナッツ、ブルーベリー・ヨーグルト、マンゴーなど目移りするほど。
濃厚な味が好きな人は、こってり奥深い味のダークチョコレート、
爽やか系がいい人はラズベリー、ブルーベリー、クランベリーなど
様々なベリーを合わせたフォレストベリー・シャーベットがおすすめ。
大人の味を求めている人にはレッドワイン・シャーベットなんてものもある。
アルコールを飛ばさないように作っていて、サングリアを飲んでいるような風味を楽しめる。
 海外にいるような、それでいて友達の家へ来たみたいに寛げる店でスイーツを味わいたい。(O)
Tangmo-Hito 100BTangmo-Hito 100B

ガウディに刺激を受けてデザインした店ガウディに刺激を受けてデザインした店

ジャーディン・デテ・ジェラート・アンド・デザート・カフェ情報
【営業時間】10:00~20:00 (無休)
【電話】09-5860-6262
【誌面地図】A-5 FB  jardin.dete.chiangmai





 



このページのトップへ

Payaka Cake House  パヤカ・ケーキハウス(334)

Filed under ケーキ

 

ノスタルジックで新しいケーキ屋さん
とろける美味しさニューヨークチーズケーキ 125B

旧市街南側に素敵なケーキ屋さんがオープン。
ヘンプ生地の洋服店併設の小さな店内は、
ヨーロッパのアンティーク雑貨や古い家具をインテリアに取り入れたセンスの良い空間。
そこでのんびりとケーキを味わうことができる。
オーナーのポーンさんオーナーのポーンさん
DSC08184.jpg
オーナーのポーンさんは、子供の頃から料理が得意な祖母の手伝いをしていたという。
特に好きだったのがケーキ作りで、
学校を卒業後、3年間お菓子の専門学校で勉強をして、
ついに念願のケーキ屋をオープンさせた。
そんなポーンさんとそのお母さんとか毎日手作りしているケーキは、4~5種類。
イギリスの家庭的なバターケーキとチーズケーキがメインだというので、
ずっしり重量のあるケーキなのかと思いきや、
口に入れるとふんわりとした食感で、バターの良い香りが広がる。
ピーチケーキ 85Bピーチケーキ 85B
まずは旬の果物を使ったケーキをチェック。
この日はピーチケーキで、生クリームとスライスアーモンドが添えられている。
とろける美味しさニューヨークチーズケーキ 125B 2とろける美味しさニューヨークチーズケーキ 125B
ニューヨークチーズケーキは濃厚なチーズが口の中でとろける~。
土台はクッキーではなくオレンジピールを混ぜ込んだスポンジ生地だから口当たりが良く、
クリーミーなチーズとの相性抜群。
チョコレートラズベリータルトチョコレートラズベリータルト 115B

ラズベリーチョコレートタルトはリッチなチョコの香りの後に甘酸っぱいラズベリーの風味がお口に広がる大人っぽい味。
チョコレートの黒にラズベリーの赤い実が映え、見た目もお洒落。
レモンチーズケーキ 125Bレモンチーズケーキ 125B
他にレモンケーキやキャロットケーキも大人気。
どのケーキも素材の味が活かされていて全種類食べてみたくなる。
これから旬を迎えるマンゴーケーキもそろそろ登場する頃。
シーズンごとに訪れたい店だ。  (S)

パヤカ・ケーキハウス情報
【営業時間】10:00~19:00(月・火曜休み)
【電話】08-2612-1325
【誌面地図】D-5




 



このページのトップへ