チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

フアン・ジャーオ・ブアティップ

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

チーク造りの大衆食堂でラーンナー気分を味わう

築約100年の立派な木造建築なのだ。
クェイティアオ・ムー・トゥン 35Bクェイティアオ・ムー・トゥン 35B

チェンマイ門からワット・チェディルアン方向に進んでいくと、
右手に木造の立派な建物が見えてくる。
どんどんモダンに変貌していくチェンマイでは、
こうした昔ながらのラーンナー風木造建築物は「生きている博物館」みたいなものだ。
トムさん&ジアップさん夫妻トムさん&ジアップさん夫妻

この食堂のオーナーであるトムさんはもともと普通の勤め人だったが、
自分自身で店を構えて仕事をしたくなって、
約2年前に総チーク造りの家を利用してこの食堂を始めた。
トムさん(本名はクリット・ナチェンマイ)はチェンマイの有力者の家系ということで、
この建物も築100年以上のもの。
店の中でのんびり食事をするだけで、
自然に穏やかな気分になってくる。

メーニューは気取らずに、大衆的なタイ料理に徹している。
クェイティアオやバミーなどの麺類から各種ご飯もの、
トムヤムクン、トムカーガイなどのスープ類、タイ風マカロニ、スパゲティまで一通り揃っている。
バミー・ヘーン・ムー・トゥン 40Bバミー・ヘーン・ムー・トゥン 40B

どれを食べてもハズレなしだが、
とくにお奨めは豚肉(スペアリブもあり)を漢方スープでじっくり2~3時間煮込んだ
ムートゥンを使った料理だ。
麺類と食べてもよいし、もちろんご飯にもピッタリ合う。
ムートゥンのガパオライスなんてちょっと珍しい! 
ムー・トゥン・パッガパオ 60Bムー・トゥン・パッガパオ 60B

付け合わせ的に湯がいたパッカナー(青菜)も注文してみよう。
パッカナー・ナムマンホーイ 50Bパッカナー・ナムマンホーイ 50B
クェイティアオ・クア・ガイ 50Bクェイティアオ・クア・ガイ 50B

旧市内のツーリスト・エリアにあるレストランは
値段が高めのところ多いが、
その点、このお店は実に良心的。
お寺めぐりの合間、一休みしながらお昼を食べたいときに利用したいお店だ。
裏手に広い駐車場もあり。 (B)  
フアン・ジャーオ・ブアティップ情報
【営業時間】9:00~15:30(日~金)、6:00~21:00(土)
【休み】3週間ごとに2日間休み
【電話】08-1884-2991
【誌面地図】E-4





 



このページのトップへ

クム・カフェ Khum Kafe' (335号)

Filed under カフェ

 

DSC09255.jpg
旧市街の真ん中に流れる時間

 旧市街の中心部、ラーチャダムヌーン通りとプラポックラオ通りの四つ角に、
1890年に建てられた元貴族のお屋敷がある。
現在はチェンマイ大学建築学部のラーンナー建築センターとして
保存されているその建物の傍らに小さなカフェがあり、
ふらりと立ち寄った旅人を迎えるている。
カフェの窓からは、チーク材で建てられた古い建物とパンタオ寺、
そしてチェディールアンの仏塔が見える絶好のロケーション。
サイフォンコーヒー

古き良きラーンナー時代の時間に触れて欲しいからと、
あえてWIFIをひかず、コーヒー豆の持っている味わいを
一番素直に出せるといわれるサイフォンやエスプレッソポットを使って
じっくりと美味しいコーヒーを淹れている。
コーヒーの豆は、チェンマイのジョムトーン群で栽培されたものを、
カレン族の女性たちが土鍋で手焙煎したもの。
機械による焙煎ではないため、どうしてもムラができるが、
それもアーティスティックで魅力のひとつだと語るのはオーナーのノックさん。
オーナーのノックさんオーナーのノックさん
お店の収入の一部はカレン族の文化を守る活動のサポートに回すなど、社会貢献も担っている。
コーヒー豆や  も販売コーヒー豆も販売
コーヒー以外にも、オーガニックの花やハーブを使った色鮮やかなサラダや、
ライムを注げば紺色から紫色に色が変わるバタフライピーとライムのジュースなど、
目を楽しませてくれるメニューもある。
アンチャンマナーオオーガニックフラワーのサラダ 150Bオーガニックフラワーのサラダ 150B
ブラウニーチーズケーキ 120Bブラウニーチーズケーキ 120Bマンゴーチーズケーキマンゴーチーズケーキ
小さなお店だが、大学で美術を学んだというノックさんのセンスが
内装やメニューに活かされている。
暑い季節は朝の時間がお奨めで、
お得なモーニングセットもある。
旧市街の散策の途中にぜひ立ち寄ってみて欲しいカフェだ。   (S)
Khum Kafe'情報
【営業時間】(月~土曜日9:00~18:00日曜日10:00~20:00) 4月12~18日は休み
【電話】08-1706-2305
【誌面地図】E-4





 



このページのトップへ

Jardin d'été Gelato and Dessert Café ジャーディン・デテ・ジェラート・アンド・デザート・カフェ

Filed under ケーキ

 

夏の庭でケーキとジェラートを!
ゆったりとした店内 (2)ゆったりとした店内

この数年、海外で洋菓子を勉強し、
チェンマイでカフェをオープンする人が増えてきた。
「ジャーディン・デテ=夏の庭」という意味を持つこの店もその1軒だ。
パティシエのドーンさんとジェーンさんはロンドンとバンコクのル・コルドン・ブルーで洋菓子を学び、
さらにイタリアのジェラート大学でジェラートを勉強したという。
ジェーンさんとドーンさん (2)ジェーンさんとドーンさん
店内にはケーキが10種類以上、
ジェラートやシャーベットが14種類ほど並ぶ。
道具や素材を厳選し、パッションフルーツやマンゴーなど地元のものをいかしつつ、
チョコレート、ベリー、ナッツなどは輸入のものを使っている。
健康にも気を使い、着色料や保存料などは一切入れていない。
Black Sesame Panacotta Cake 80BBlack Sesame Panacotta Cake 80B
Japanese Sweet Potato Cake 130BJapanese Sweet Potato Cake 130B

ケーキは塩味がきいたキャラメル・ダークチョコレートケーキや日本の紅芋を使ったもの、
ベルベット、キャロットケーキ、パンナコッタなど日替わりで品揃えが変わる。
手前からForest Berries Sorbet, Red Wine Sorbet, Dark Chocolate Gelato 65B~手前からForest Berries Sorbet, Red Wine Sorbet, Dark Chocolate Gelato 65B~

ジェラート&シャーベットは香りが良いヘーゼルナッツ、ブルーベリー・ヨーグルト、マンゴーなど目移りするほど。
濃厚な味が好きな人は、こってり奥深い味のダークチョコレート、
爽やか系がいい人はラズベリー、ブルーベリー、クランベリーなど
様々なベリーを合わせたフォレストベリー・シャーベットがおすすめ。
大人の味を求めている人にはレッドワイン・シャーベットなんてものもある。
アルコールを飛ばさないように作っていて、サングリアを飲んでいるような風味を楽しめる。
 海外にいるような、それでいて友達の家へ来たみたいに寛げる店でスイーツを味わいたい。(O)
Tangmo-Hito 100BTangmo-Hito 100B

ガウディに刺激を受けてデザインした店ガウディに刺激を受けてデザインした店

ジャーディン・デテ・ジェラート・アンド・デザート・カフェ情報
【営業時間】10:00~20:00 (無休)
【電話】09-5860-6262
【誌面地図】A-5 FB  jardin.dete.chiangmai





 



このページのトップへ

Payaka Cake House  パヤカ・ケーキハウス(334)

Filed under ケーキ

 

ノスタルジックで新しいケーキ屋さん
とろける美味しさニューヨークチーズケーキ 125B

旧市街南側に素敵なケーキ屋さんがオープン。
ヘンプ生地の洋服店併設の小さな店内は、
ヨーロッパのアンティーク雑貨や古い家具をインテリアに取り入れたセンスの良い空間。
そこでのんびりとケーキを味わうことができる。
オーナーのポーンさんオーナーのポーンさん
DSC08184.jpg
オーナーのポーンさんは、子供の頃から料理が得意な祖母の手伝いをしていたという。
特に好きだったのがケーキ作りで、
学校を卒業後、3年間お菓子の専門学校で勉強をして、
ついに念願のケーキ屋をオープンさせた。
そんなポーンさんとそのお母さんとか毎日手作りしているケーキは、4~5種類。
イギリスの家庭的なバターケーキとチーズケーキがメインだというので、
ずっしり重量のあるケーキなのかと思いきや、
口に入れるとふんわりとした食感で、バターの良い香りが広がる。
ピーチケーキ 85Bピーチケーキ 85B
まずは旬の果物を使ったケーキをチェック。
この日はピーチケーキで、生クリームとスライスアーモンドが添えられている。
とろける美味しさニューヨークチーズケーキ 125B 2とろける美味しさニューヨークチーズケーキ 125B
ニューヨークチーズケーキは濃厚なチーズが口の中でとろける~。
土台はクッキーではなくオレンジピールを混ぜ込んだスポンジ生地だから口当たりが良く、
クリーミーなチーズとの相性抜群。
チョコレートラズベリータルトチョコレートラズベリータルト 115B

ラズベリーチョコレートタルトはリッチなチョコの香りの後に甘酸っぱいラズベリーの風味がお口に広がる大人っぽい味。
チョコレートの黒にラズベリーの赤い実が映え、見た目もお洒落。
レモンチーズケーキ 125Bレモンチーズケーキ 125B
他にレモンケーキやキャロットケーキも大人気。
どのケーキも素材の味が活かされていて全種類食べてみたくなる。
これから旬を迎えるマンゴーケーキもそろそろ登場する頃。
シーズンごとに訪れたい店だ。  (S)

パヤカ・ケーキハウス情報
【営業時間】10:00~19:00(月・火曜休み)
【電話】08-2612-1325
【誌面地図】D-5




 



このページのトップへ

Kao Soy Nimman カーオソーイ・ニマーン(333号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

トッピング自由自在のカーオソーイ

チェンマイに来たらカーオソーイ、
といわれるほど名物になっているカーオソーイだが、
カレー味のスープがくせになるのか
タイ人にも外国人にも人気の料理だ。

チェンマイにはカーオソーイの店がたくさんあり、
店によってこってりタイプからあっさりタイプまで味も様々だ。
 
観光客に人気な地域で、アクセスも便利なところにあるのが、
「カーオソーイ・ニマーン」。
(横)カーオソーイ・スーパーボール 129B (1)カーオソーイ・スーパーボール 129B
ここのスープは搾りたてのココナッツミルクがたっぷり入った濃厚タイプで、
辛さは控えめ。
定番の「カーオソーイ・ガイ」(鶏肉)は大きなドラムスティックが入っている。
ボリュームたっぷりのカーオソーイボリュームたっぷりのカーオソーイ
この店の特徴は、具がいろいろと選べること。
一般的には鶏肉、豚肉、牛肉が主流だが、
ここでは「ムーヨー」(ソーセージ)や「カイジヤオ」(卵焼き)、
「ムー・トート」(揚げた豚肉)、
「サイウア」(ハーブソーセージ)、
とろとろに煮込んだ「ヌア」(牛肉)などがある。
牛肉カーオソーイ 85B牛肉カーオソーイ 85B

どれもタイ人が大好きな具ばかりで、若者の心をつかんでいる。
 どのトッピングにするか迷ったら、
「カーオソーイ・スーパーボール」を注文しよう。
エビや鶏肉、豚肉などが豪華に入ってくる。
1皿でお腹も心も満たされるボリュームだ。
(横)カーオソーイ・スーパーボール 129B (1)カーオソーイ・スーパーボール 129B
また、カーオソーイの他にも北部料理も充実しているので、
数人で行くなら何品か注文してはどうだろうか。
野菜ディップやミャンマー風カレ(ゲーン・ハンレー)、
スープ、炒め物など一通り揃っている。
トロトロに煮込んだ牛肉トロトロに煮込んだ牛肉
メニューは英語と写真付きなのでわかりやすいし、
夜8時まで開いているので、
いつでもカーオソーイが食べたくなったらふらりと寄れるのが嬉しい。(O)
Kao Soy Nimman情報
【営業時間】11:00~20:00
【電話】 0-5389-4881
【誌面地図】L-3




 



このページのトップへ

Rada Room ラダールーム

Filed under

 

エリシルクで自分だけの機織り体験を!
風合いのよい糸で織り上げる
自然布の魅力に溢れたチェンマイ。
一度くらい自分で布を織ってみたいという人にお勧めのショップができた。
JJマーケット内にあるシンプルな店内には、
織り機や色彩豊かな糸がずらりと並んでいる。
織り機の購入も相談可能
P2142212.jpg
ここで扱っているエリシルクとは
野生種のエリ蚕(野蚕とかワイルドシルクとも)から採れる繭のこと。
光沢はあるものの、一見コットンのようなカジュアルな風合い。
繊維自体にたくさんの穴が開いているため、
軽くて保湿性に富み、
UVカット率がコットンより高いといわれる。
この繭から糸を紡ぎだす
草木染でも非常に良く染まり、
自然の美しいカラーが楽しめる他、
洗濯機でも洗えて日常的に使えるという嬉しい特徴がある。
どの色の糸にするか悩む
北タイでは森の中の野生種しか知られていなかった
エリシルクの養蚕を手掛けたのが、
オーナーのラダさんだ。
オーナーのラダさん
前の職場を退職し、
自ら3年間試行錯誤を重ねてエリシルクの養蚕に成功。
現在はチェンマイやチェンラーイの村で養蚕を発注し、
自らはその魅力を伝えるため、
販売や広報に力を注いでいる。
素敵な模様織りも習える素敵な模様織りも習える

エリシルクの魅力は実際に手に取ってみなければ分からない。
ショップにはすでに織られたショールやエリシルクの生地の服やカバンが販売されている。
静かに集中する時間
機織り体験では自分で好きな色の糸を選び、
首巻やショールを制作することができる。
コースターならわずか1時間。
150㎝の首巻は2時間(900B)程度で織り上がるとのこと。
4歳の子どもからお年寄りまで、
どんなに不器用な人でもできるというのが嬉しい。
希望者には複雑な模様織りも教えてもらえる。
貴重なエリシルクの糸で自分だけの作品を織り上げてみてはいかが。(S)
DSC08142.jpg
Rada Room情報
【営業時間】10:00~18:00(月曜休み)
【電話】08-9802-9346
【誌面地図】H-2






 



このページのトップへ

Melt Away Bakery メルト・アウェイ・ベーカリー(332)

Filed under カフェ

 

とろける笑顔になるケーキ
キャロットケーキ 95Bキャロットケーキ 95B

 ボリュームたっぷりで愛情がつまったケーキを食べたい人は
ぜひメルト・アウェイ・ベーカリーへ行ってみよう。
ウアラーイ通りのはずれにあり、
知らないと通り過ぎてしまう小さな店だが、知る人ぞ知る人気の店だ。
フォンさんフォンさん

作り手のフォンさんは子どもの頃からお母さんの手伝いをしていた料理好き。
洋菓子は作ったことがなかったが、
息子の誕生日に知り合いがケーキを焼いてくれたのを見て、
自分でもできるかもと思い作り始めたら面白くなったという。
趣味でしていたが、友人から店を開けばいいのにといわれ、
3年前にオープンした。
レッドベルベット・ケーキとチョコレート・キャラメル・ケーキ 95Bレッドベルベット・ケーキとチョコレート・キャラメル・ケーキ 95B

 フォンさんが作るケーキはアメリカン、カジュアルヨーロピアンスタイル。
「欧米人だったら3口でペロリだけど、
アジア人だったら2人で1個で十分」というだけあり、ビッグサイズ。
定番人気はクリームチーズがのったキャロット・ケーキと
濃厚なチョコレート・キャラメル・ケーキだ。
一口食べれば、ダークチョコレートやバターなど
良い素材を使っているのがわかる。
スコーン 50Bスコーン 50B

そして嬉しいのが、同じケーキでも、
乳製品や卵を食べないビーガン用にココナッツオイルやナッツを使ったものや、
グルテンフリーのケーキも置いていること。
手作りクッキー手作りクッキー

 定番のケーキの他、スコーンやアップルクランブル、
マンゴーやイチゴなど季節のケーキが常に9~10種類が並んでいて目移りする。
また、オートミールやホワイトチョコが入ったクッキーが6~7種類、
手作りミューズリーやクッキーで作ったスプレッド「クッキー・バター」などもあり、
通いたくなること必至だろう。(O)
アップルクランブル&アイスクリーム 95Bアップルクランブル&アイスクリーム 95B
予備

Melt Away Bakery情報
【営業時間】10:00~18:00(土曜休み)
【電話】08-2029-4117
【誌面地図】D-5 (チェンマイゲートホテルの左斜め前ぐらい。「マリオ」の少し下)





 



このページのトップへ

VBeauty @Japan Village ヴィ・ビューティー・アット・ジャパン・ビレッジ(332)

Filed under スパ・マッサージ

 

チェンマイに居ながら日本のビューティーを体験
外観横

 ニマーンヘーミンに昨年12月にオープンしたジャパンビレッジ。
お洒落なバーやレストラン、日本のプロダクツを紹介するショップもあり充実している。
今回はその2階にあるビューティーサロン「VBeauty」をご紹介したい。
お肌が生まれ変わります

 3つあるサロンの1つ目が、メディカルエステサロンの「Bio Beauty beaute」。
ここでは日本のクリニックの最先端技術を導入したFCRサンゴピーリングが受けられる。
これはミネラルを豊富に含んだコーラルカルシウム(サンゴ抽出物)や
スポンジア(海綿体)の微細な粒子を肌の深層部に浸透させ、
新しい肌の育成を促すというもの。
ニキビ跡など肌の悩みを抱えている人の肌質改善に効果絶大だとか。
たーっぷりの美容液がお肌に浸透中たーっぷりの美容液がお肌に浸透中

 続いて「Aki Hair Studio」は、
美容師暦20年のMasaさん監修の元、安心してお任せすることができるヘアーサロン。
束感、艶、動きを損なわないヘアースタイルを追求しているという通り、
今回、手際よく仕上げてもらったボブは、
躍動感に品を兼ね備えたスタイルで大満足! 
流行のデザインカラーも挑戦してみたくなる。
大人のショートボブ大人のショートボブ

 そして、日本やマレーシアでネイリストの学校も開設している人気ネイルサロン
「Yu Nail+Eyelash Academie et Salon」のネイルとまつエクもお忘れなく! 
日本製のジェルだから手の込んだネイルアートも長持ち。
他にはないお洒落なデザインで指先や目元に自分らしい美しさを演出してくれる。
ネイリストの丁寧な施術にも癒されること間違いなし。
とても丁寧な施術
ネイル予備2マツエク

特別プロモーション中の今、トータルで綺麗になってみてはいかが?

VBeauty @Japan Village情報
【営業時間】11:00~21:00(月曜日休み)
【電話】08-8412-6175(日本語)
【誌面地図】L-5





 



このページのトップへ

ル・ジャルダン・ド・メージョー Le Jardin de Maejo(331)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

北タイの田園でヨーロッパ気分を味わう
ここはヨーロッパかも?
フェイスブックなどの急速な普及によって、
郊外の意外な場所がタイ人の間で隠れた人気スポットになり始めている。
メージョーののどかな田園地帯の中にあるこの個性的洋館もそのひとつだ(本誌3ページ広告地図を参照)。
ガラス張りの部屋はパーティ会場に最適だ。 
ここのオーナーのウタイさんは
オーストラリアの大学で博士号を取得、
農業関係の専門家としてワシントンのタイ大使館に勤務していた経歴の持ち主だ。
かつてドイツを旅した時に暖かい「おもてなし」を受けて
感銘を覚えた家族経営の宿泊施設をモデルに、
昨年11月にオープンしたのがこのプチ・ホテル&レストランだ。
銅製の鍋のコレクションなのだ。銅製の鍋のコレクションなのだ
貴族気分になれそうな雰囲気が漂う。貴族気分になれそうな雰囲気が漂う。

お客さんとも友達として付き合えるような
アットホームな場所を目指しているという。
部屋はたった4部屋しかないが、
メインルームとその上のスペースに分かれたスペースでゆったり寛ぐことができる。
建物内にはヨーロピアン・スタイルの調度品やアンティック・コレクションがたくさんあって、
貴族の館にでも迷い込んだような気分になる。
●プラームック・パッポンカリー 150Bプラームック・パッポンカリー 150B
●ラム・シロップ付きオレンジ・ビスケット 129Bラム・シロップ付きオレンジ・ビスケット

心づくしの手料理(タイ料理・洋食)は奥さんのカルナーさんの担当。
パタヤの親戚から特別ルートで仕入れた新鮮なイカを使った料理がご自慢だ。
ホームメイドのお菓子は、ドライフルーツを浸したラム・シロップ付きオレンジ・ビスケット、
ヘルシーな炭を使ったチャコール・チーズケーキ、
サクサクのパンにアイスを載せたハニー・トーストなど、
スイーツ・マニア垂涎の本格的なもの。
●チャコール・チーズケーキ 95Bチャコール・チーズケーキ 95B
オシャレなドリンクもいろいろ。オシャレなドリンクもいろいろ。
ガラス張りの開放的スペースは誕生日などのパーティー会場にピッタリ。
パタヤ直送の鮮度バツグン食材(要予約)を使ったメニューを注文してみてはいかが?(B)

ル・ジャルダン・ド・メージョー Le Jardin de Maejo情報
【営業時間】9:00~20:00(レストラン)無休
【電話】08-1420-5413 E-mail:uthaicenpukdee@yahoo.com
【誌面地図】J-3の先 
https://www.facebook.com/LeJardindeMaejo/?hc_ref=PAGES_TIMELINE



 



このページのトップへ

Rabbit Union (331)

Filed under カフェ

 

 チェンマイにはここだけ!ウサギカフェ
ウサギが放されている

 チェンマイの猫カフェ人気は未だ衰えていない中、
新たにウサギカフェがオープンした。
場所はナイトサファリの入口手前の路地を入った、すぐ左手。
緑いっぱいの敷地に約30羽のウサギが放されている。
P1131575.jpg

 ここで飼っているウサギは、
ピーターラビットのモデルになったネザーランドドワーフや
耳の垂れたホーランドロップ、
耳の長いミニレッキスの全部で3種類。
うさぎの餌 40Bうさぎの餌 40B
まずは手を洗って、人参やガパオの入ったバスケットを持って柵の中へ。
ウサギたちは餌に気付いてすぐに近寄って来てくれる。
フワフワの毛並のウサギたちが
懸命に口を動かして餌を食べる愛くるしい姿を間近に見られて大感激だ。
オーナーのニッキーさん(左)とイブさんオーナーのニッキーさん(左)とイブさん
オーナーのニッキーさんは獣医さんで、
奥さんのイブさんがラーチャブリー県で始めたウサギカフェが大盛況だったため、
本格的に奥さんのサポートをするようになったのだとか。
地元チェンマイに移転して5か月が経つが、
タイ人や西洋人の家族連れに人気がでている。
親子連れで楽しむ姿が
30匹いるウサギの全てにワクチンを打っているので安全だが、
うさぎを怒らせないように丁寧に扱うことも大切だ。
子供たちに動物を可愛がる気持ちを育んでもらいたいと、
目下ウサギについて学べるカリキュラムを制作中だという。
屋外のカフェコーナーも気持ちが良い
気候の良いこの時期、ウサギを見ながらゆっくりお茶を飲んだり食事をしたりするのもお奨め。
2人で経営しているので少々時間がかかるが値段は良心的だ。
安全野菜のベーコンサラダ 110bタイ風スパゲティーはいろんな味が75B 
安全野菜のベーコンサラダ 110b タイ風スパゲティーはいろんな味が75B
ラテ 35B
ハニートーストは皆で 120B大きなハニートーストは皆で 120B

雨が降るとうさぎを屋外に出せなくなるので、遊びに行くなら今の時期がベスト。
動物好きの人やお子さんがいる方は
ラーチャプルック公園やナイトサファリに行きがてら立ち寄ってみてはいかが?(s)
この看板が目印この看板が目印
Untitled-1_20170125234826b5a.jpg
Rabbit Union情報
【営業時間】9:00~19:00(無休)
【電話】09-0292-6774 Fb The Rabbit Union






 



このページのトップへ