チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

GMC在宅介護ホームケア GMC Zaitakukaigo (Homecare)(327)

Filed under 未分類

 

ここならスグレモノの介護用品が見つかる。
明るくモダンな雰囲気の店舗だ。
総領事館の情報によれば、在外公館がある都市の中で
チェンマイは在留邦人の65歳以上の高齢者比率が世界でいちばん高いところだという。
このところ、ロングステイヤーの間で介護問題についての話題が多くなっているのも当然だろう。
一方、今後タイ社会の高齢化も日本を凌ぐ勢いで急速に進むことが予想されている。

エアポート・プラザの交差点からハーンドン方面に約1.5km進んだ左手(テスコ・ロータスの少し先)にある
チェンマイ大学医学部付属老人医療センターGMC(Gerontology Medical Center)は、
そうした状況の中で先進的高齢者医療を扱う専門病院として各方面から注目を集めている。

まるで高級ホテルのようにピカピカのGMC病院ロビー1階左手の薬剤部隣に
在宅介護用品専門ショップGMC Zaitakukaigo (Homecare)がオープン、
11月8日にタイ日両国の関係者などを招いて開所式が執り行われた。
11月8日に開所式が行われた。11月8日に開所式が行われた。

日本で在宅介護関連事業を手がける
株式会社フレンドの当地子会社Best Asian Friendが運営するこのお店では、
これまでチェンマイでは入手が難しかったハイレベルな日本製介護用品を購入することができる。
機能的な車椅子、高齢者用歩行器、介護用ベッド、
最新式のベッドも展示してある。最新式のベッドも展示してある。
ハンドル付きトイレから杖、靴、食器類まで、
杖にもいろんなタイプがある。杖にもいろんなタイプがある。
安全、安心は足元から。安全、安心は足元から。
やっぱりトイレは重要だ。  やっぱりトイレは重要だ。
バリアフリーはこれでOK!バリアフリーはこれでOK!
こんな車椅子ならラクチンだろう。こんな車椅子ならラクチンだろう。
いろいろな製品を展示販売している。
家を改造しなくてもバリアフリーにできる補助板、
歩き疲れたときに椅子として使える杖など、
アイデア商品も大いに利用価値がありそうだ。
GMCの医師のアドバイスを受ければ、
さらに適切な介護用品を見つけることができるに違いない。            (B)   

       
GMC Zaitakukaigo情報
【営業時間】10:00~17:00(無休)
【電話】09-7149-9751、08-3861-3540(ジャンシー村上)
【誌面地図】A-5の先





 



このページのトップへ

ミックス・カフェ mix kaffee(327)

Filed under カフェ

 

小さなお店なので見落とさないように

モカポットで淹れるコクのあるコーヒー

旧市街のスアンドーク門に近いお堀の内側に、小さなカフェがある。
モカポットの看板が目印だ。
まだまだ衰えを見せないチェンマイのカフェブームの中で、
個性が際立つコーヒーを提供していると、チェンマイはもちろん海外からのコーヒー好きも訪れている。
手焙煎の豆はここをチェック!1日4杯のみ!手焙煎の豆はここをチェック!1日4杯のみ!

 コーヒー豆は自家焙煎もあるが1日わずか4杯のみ。
これを飲むには運が必要!? 
その他、「本日のお奨めコーヒー」は店の壁にメニューが書いてあり、
また、2週間置きに入れ替わるという日本の有名コーヒー店の豆を選ぶこともできる。
基本のメニューはここをチェック!「本日のお奨めコーヒー」はここをチェック!

ここのコーヒーは直火式モカポットで淹れるエスプレッソが基本。
オーダーしたら、オーナーのトンさんが豆を挽き、
モカポットで淹れてくれる。
お客さんが5、6人も入れば満員の店内にコーヒーの香りが充満する瞬間だ。
真剣に楽しく、一杯ごとに心を込めて (予備)真剣に楽しく、一杯ごとに心を込めて
お客さんとのコーヒー談議に花が咲きます。お客さんとのコーヒー談議に花が咲きます。

 カウンターの下の棚には歴代のモカポットが展示されている。
そもそもトンさんがモカポットを使い始めたのは、
日本人の奥さんの現在95歳になるお母さんからモカポットの魅力を教えてもらったことがきっかけだとか。
本場イタリアのものに比べると、もう少しソフトで豆自体の味を味わえるのが特徴。
この味にはイタリア人のお客さんもびっくりするそうだ。
フレンドリーだがコーヒーには熱いトンさんフレンドリー。コーヒーには熱いトンさん

コーヒーへの想いが熱いトンさんは、
一口目にはコーヒー豆の個性が立ち、
最後には調和のとれた味と香りが口の中に残る、
そんなコーヒーを目指してさらに淹れ方を研究中だ。
ホット・エスプレッソ 55B この日はコロンビア産ホット・エスプレッソ 55B この日はコロンビア産
アイス・エスプレッソ ミルク入り アイス・エスプレッソ ミルク入り
ホット・エスプレッソ 55B この日はコロンビア産
 レコードのジャズやボサノバ音楽を聴きながら、味わい深いエスプレッソを楽しんでみてはいかが?  (S)
レコードのジャズやボサノバが流れる。レコードのジャズやボサノバが流れる。

ミックス・カフェ情報
【営業時間】10:00~15:00(日曜定休)
【電話】08-1568-7203【fb】mixcaffee
【誌面地図】D-3





 



このページのトップへ

ร้านสุกี้ทาโร่ スキータロー(327号)

Filed under 未分類

 

庶民的なお店で食べるお得なシーフード
クン・パッポンカリー 180Bクン・パッポンカリー 180B

 今回は読者の方からメールでオススメいただいたお店をご紹介しよう。
スーパーハイウェイのサーンデック交差点からセントラル・フェスティバルを左に見て
ドーイサケット方面に向かって約700m進んだ地点(ペット用品店手前)を左折、
少し入っていた閑静な住宅地の中にある。
「エッ? こんなところでやってるの?」と思わず言いたくなるような、まさに「隠れ家的食堂」である。
オーナー兼シェフのタローさんオーナー兼シェフのタローさん

 オーナー兼シェフのタローさんは、チェンラーイ県ドーイ・ワーウィーのラフ族の村の出身。
チェンマイに出てきてから、有名タイスキ・レストランのコカで働くようになり、
皿洗いから始めてシェフにまでなった苦労人だ。
コカで13年間修行してから独立、
旧市営競技場の近くでこの店を営業して繁盛していたが(日本人の常連もたくさんいたとか)、
2年前に自宅を兼ねたこの場所に移ってきた。
クン・トート・クルアクン・トート・クルア
 ここの売り物はタイスキではなく、エビ、カニ、イカ、魚などの海鮮タイ料理。
人気のメニューはカニやエビのパッポンカリー(カレー粉炒め)。
大きな淡水エビを焼いたクン・パオ(エビ焼き)もウマイが、
カラリと塩味で揚げた香ばしいクン・トート・クルアもぜひお試しを。
ホーモック・タレー 130B ホーモック・タレー 130B
ヘークン 90Bヘークン 90B
パット・プラームック・サイ・カイケム 130Bパット・プラームック・サイ・カイケム 130B

_DSCN1239.jpg

どの料理も味付けが上手で、ご飯がどんどん進んでしまう。
エビ、カニ、魚を使った料理はキロあたりいくらで換算するが、
普通のシーフード専門店より2割ほど安いのでかなりお得感がある。
中華料理っぽいメニューもいろいろある。
ビールのツマミにはエビのすり身を揚げたヘークンをどうぞ!  
家の庭先で食堂をやっているような普段着感覚の飾らないお店だ。  (B)
スキータロー情報
【営業時間】11:00~14:00 16:00~21:00 無休
【電話】0-5301-4348、08-9997-4263
【誌面地図】J-4の先


地図

    

 



このページのトップへ

All about Coffee オールアバウトコーヒー(327号)

Filed under カフェ

 

パーイの有名カフェがチェンマイにやってきた!
大きな窓の緑の光がきれい

クールシーズンの観光地として有名なパーイで
16年間営業していた人気カフェがチェンマイに移転。
オーナーは、旦那さんのエムさんはアーティスト、奥さんのワットさんは文筆家。
多才なご夫妻が、なんと1年もかけて作り上げたというお店の建物は、
木造で風通しが良い。
PA201060.jpg
忙しいパーイを離れ、チェンマイにはリラックスしに来たというお2人。
奥の座敷の席の窓からはステープ山が見え、小鳥のさえずりが聞こえる。
壁には旦那さんの絵画作品が並び、小さなギャラリーになっている。
部屋に飾りたいエムさんの絵部屋に飾りたいエムさんの絵

パーイ時代からの人気メニュー「バノフィーパイ」は
訪れるほとんどのお客さんが注文するという。
バノフィー 70Bバノフィー 70B
長時間煮つめたコクのある練乳クリームとバナナの香りがなんともいえない美味しさ。
また2人が作るパンのメニューも見逃せない。
チキンピタサンド&サマーサラダ 125Bチキンピタサンド&サマーサラダ 125B
ホールウィートや炭入りのトーストのサンドイッチや、
グリルチキンのピタブレッドにマンゴーのサラダのセットは盛り付けも鮮やか。
スコーンもいろいろな種類がある。
焙じ茶入りのスコーンには小豆と生クリームのジャムがセット。
ほうじ茶のスコーンは小豆クリーム付き 80B~ほうじ茶のスコーンは小豆クリーム付き 80B~
ハムのスコーン(予備)ハムのスコーン
これらのメニューはご夫婦がオーダーごとに1品ずつ作るので
少し時間がかかることもあるが、どれも作り立ての美味しさが味わえる。
手作りのコーヒーフィルター手作りのコーヒーフィルター

 カウンター付近には、ワットさんが作た布製の小物や、
エムさんのイラストがキュートなノートなどのオリジナル雑貨がずらり。
心地よくて美味しくて楽しい、通いたくなるカフェだ。(S)

All about Coffee 情報
【営業時間】8:00~17:00(不定休)
【電話】08-8253-6615
【FB】AiiaboutCaffee Pai



 



このページのトップへ

バイ・ハンド・カフェ By Hand Café(325)

Filed under 洋食レストラン

 

薪の直火で焼いた石窯ピザは香ばしさが違う。
このこんがりした感じがたまりません。このこんがりした感じがたまりません。
ゲストハウスがひしめくソンペット市場裏手のエリア、
ワット・ラームチャーン前にピザ焼きの石窯が目立つ店を発見。
実際にピザを焼いているところを見ていたら、
香ばしい匂いに誘われるままに立ち寄ってみたくなった。
このお店のオーナー、オランダ人のエリックさんは
チェンマイでまずベーカリーを始めてみたものの、
商売的にうまくいかずに撤退、
約3年前にこのピザ専門カフェ(ピツェリア)をオープンした。
リラックスしてピザを楽しめる雰囲気が受けている。リラックスしてピザを楽しめる雰囲気が受けている。
店頭の立派な石窯は、インターネットなどで情報を収集して自ら作ったもの。
焼き時間は6分間ほどで、
一度に4枚のピザを焼くことができるという。
石窯の上に鎮座する1対の狛犬は、ピザの焼き加減を神妙に見守っているかのようだ。
石窯はオーナー自ら作ったとか。石窯はオーナー自ら作ったとか。
ときどき焼き具合を確かめる。ときどき焼き具合を確かめる。

ここのピザの特徴は、ガスや炭ではなく、
薪(ラムヤイの木)の直火で焼き上げている点だ。
そうすることによって、スモーク効果でより香ばしい味わいになる。
その違いを確かめたければ、
いちばんシンプルなピザ、マルガリータ(160バーツ)を注文してみよう。
こんがりと焼けた匂いに思わずニンマリしてしまうはずだ。
おいしさのヒミツはメラメラ燃える薪なのだ。おいしさのヒミツはメラメラ燃える薪なのだ。

人気のサマー・ピザ 275B人気のサマー・ピザ 275B
人気があるのは、いろいろな具を載せて焼いた後に
リコッタ・チーズを加えたサマー・ピザ(275バーツ)。
他にもいろいろな味のバリエーションが楽しめる。
ファーストフードのように肩肘張らずに食べるのが本来のピザの食べ方。
その意味では、この店の飾らない雰囲気はピザにピッタリ。
こりゃウマイぜ!こりゃウマイぜ!

やはりオーナー自作のスピーカーから流れる音楽に包まれ、
手作りピザを頬張ってリラックスしたひとときを過ごしてみよう。    (B)
バイ・ハンド・カフェ情報
【営業時間】17:00~23 :00(無休)
【連絡先】FB:byhandcafe※電話はなし
【誌面地図】F-4




 



このページのトップへ

ジャイブン ใจบุณ(326)

Filed under カフェ

 

本格的なニューヨークチーズケーキはいかが?
チョコレートチーズケーキチョコレートNYチーズケーキ

 チェンマイからサンカンペーン通りに向い、
内側環状線を越えたすぐ右手、
クアン川の畔にカフェ「ジャイブン」がある。
このカフェの看板メニューは、本格的なニューヨークチーズケーキだ。
値段は一切れ215バーツとやや高いが、
2~3人でシェアができるボリューム。
ケーキに使用しているチーズは、わざわざニューヨークから輸入しているとか。
小麦粉を使用せず、チーズの香りが良く、濃厚。
チーズもレシピも、そしてその大きなサイズも、
本物のニューヨークチーズケーキへのこだわりなのだそう。
ホット・ラテホット・ラテ
PA080575.jpgアイスコーヒー
コーヒーは、チーズケーキに合うものをと、
チェンラーイ産の豆をわざわざバンコクで深めに焙煎したものを使用している。
PA080623.jpgNYCCre’am
それから、新メニューの「NYCCre’am」はクリームチーズの入ったシェイクの上に、
キューブ型のチーズ・アイスクリームとホイップクリームがたっぷりの、
まるでパフェのような飲み物。
下のクリーミーなシェイクは、
オリジナル味と抹茶味とストロベリー味の3種類から選べる。
でもまずはスプーンでチーズのアイスキューブを味わってみて。
抹茶アフォガート抹茶アフォガート
また、抹茶アイスクリームに熱い抹茶をかけて食べる「抹茶アフォガード」は、
日本産の抹茶の香りにほっと落ち着く。
PA080606.jpgオーナーのメーさん
PA080628.jpg
「カフェが大好き」というオーナーのメーさんが、
自宅の広い敷地の一角に作ったカフェルームは、
廃材を活かしたロッジ風の建物で、木の風合いが温かい。
これからの季節は、大きなネムの木が生えた庭の席で、
美味しいコーヒーやケーキを味うのもよさそう。    (S)
ジャイブン情報
【営業時間】9:30~18:00(無休)
【電話】08-6336-3463 fb jaiboonchiangmai




 



このページのトップへ

クルア・パーオーイ (324号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

パッポンカリー・タレー 40Bパッポンカリー・タレー 40B
「おばさんの食堂」なのに、どこかホテルの味がする?

このコラムの取材で長年培った嗅覚がはたらくのか、
一見どこにでもあるようなごく普通の食堂でも、
「ちょっと入ってみようか」と思うことがある。
学生のアパートだらけの庶民的なサンティタム地区にある
この小さな店を通りかかったときもそうだった。
タイ語

まずは看板の写真を見て食指が動いた
パッポンカリー・タレー(シーフードのカレー粉炒め)を注文してみる。
ひと口食べてみて、ふんわり柔らかな卵の食感と洗練した味付けに感心
(これでたった40バーツなんて信じられない!)。
ふと壁を見やるとそこにはウェスティン・ホテルの表彰状が飾ってあった…。
オーイさんとチャリオさんオーイさんとチャリオさん

アユタヤー出身のここの調理人オーイおばさんは、
バンコクのホテルに約20年、
チェンマイのウェスティン(今のホリデイイン)ホテルの
コーヒーショップに約10年ほど勤務した後、
シンガポールなど外国のホテルのタイ料理担当として働いてきた大ベテラン。
それから独立して自分の店を持ち、2年ほど前にここに移ってきた。
どのメニューにも経験豊富なおばさんの確かなワザが見え隠れしている。
パッタイ 40Bパッタイ 40B

アユタヤ流パッタイはタマリンドの実を溶いたソースを使用、
甘いだけでなくほどよく酸味が利いている。
スパゲティはタイ洋折衷の庶民的で懐かしい味に仕上がっている。
スパゲティ・タレー 45Bスパゲティ・タレー 45B
素材のエビが上等なのは、市場に親しい知り合いがいるからだとか。
トムヤム・クン 60Bトムヤム・クン 60B
カイシン 60Bカイシン 60B
タイ風卵焼きの上に炒めた挽肉と塩漬け卵を載せたカイシンは、
ここのオリジナル・メニュー。
どれもとにかく安くて旨いから、
近所の学生さんたちが日参するのも当然だろう。(B) 

チリ・ビレッジ情報
【営業時間】10:00~20 :00(月曜休み)
【電話】08-1716-0938 facebook:auntaoykitchen
【誌面地図】F-2





 



このページのトップへ

Watcharaa ワチャラ―(324号)

Filed under

 

P9229845.jpg

ナチュラル&リラックスを提案する服屋さん

ウアラーイ通り、土曜歩行者天国の南側の入口の三叉路にある服屋さん。
以前は古着の専門店で、
オーナー夫婦が18年間ヴィンテージを販売してきたが、
今年の1月より奥さんのワチャラ―さんがデザイン&制作したナチュラルな服を並べたところ、
外国人観光客に大人気。
郊外に工房も作り、今ではお店の3分の2を奥さんのブランドが占めるまでに拡大し、
すっかり雰囲気が変わっている。
P9229837.jpg

彼女の作る服はコットンやリネンなど
自然の風合いを活かしたゆったりとしたシルエットの、
シンプルなものがメイン。
「自分でも着心地が良いと思える服、
リラックスできる服を作っています」とワチャラーさん。
P9229825.jpg

特に涼しくなるこれからの季節は、
軽くて暖かいダブルガーゼのシャツやパンツがお奨めだとか。
また、襟元に刺繍を施したボヘミアン風のシャツやワンピースは、
並べるとすぐに売りきれてしまう。
P9229818.jpg
色は、白やクリーム、カーキ、ブルーなど、
何にでも合わせやすいナチュラルカラー。
値段は控えめなので、いろいろと揃えたくなる。
P9229842.jpg
ナチュラルな雰囲気の服にぴったりの手作りバックや、
自然素材のカゴバックや帽子など、
ワチャラーさんが選んだグッズも種類豊富。
スペースは小さくなったものの、
旦那さんが担当するビンテージコーナーはクオリティーが高く、
カップルで楽しめる服屋さんだ。
P9229849.jpg

土曜日は必ずオープンしているが、平日はまちまち。
水木金の夕方はMAYAの入口のマーケットに出店しているとのこと。
そちらも覗いてみて。 (S)

Watcharaa ワチャラ―情報
【営業時間】土曜日12:00~24:00 平日は不定休。MAYA入口にて水木金の夕方出店。
【電話】09-7023-9564
【誌面地図】C-5




 



このページのトップへ

サンティタム・ブレックファースト Santitham Breakfast(323)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

さっぱり朝食は秘伝のジョークで決まり!
ティファニーじゃなくてサンティタムで朝食を。ティファニーじゃなくてサンティタムで朝食を。
魚・エビ・半熟卵入りジョーク 55B魚・エビ・半熟卵入りジョーク 55B
日本に長年暮らしていたイギリス人の読者の方から、
「サンティタムの五叉路の近くに、
おいしいお粥の店がありますよ」と電話があり、早速のぞいてみた。
入り口には、日本語も書かれた看板が出ている。
コンさん&ピンさん夫妻コンさん&ピンさん夫妻
この店のご主人、コンさんはイサーンのカラシン県の出身。
チェンマイ大学の工学部で勉強しているときに、
寮の食堂で働いていたパヤオ県出身のピンさん(今の奥さん)と出会う。
卒業後、地元カラシンでドリンキングウォーターの製造販売ビジネスを手がけたが、
景気悪化のため撤退。
8年ほど前に慣れ親しんだチェンマイに再び戻り、この庶民的な食堂を始めた。
豚・半熟卵入りジョーク豚・半熟卵入りジョーク
なんと言ってもここでのオススメは、
どろどろ&ねっとりしたお粥のジョーク。
日本人好みのさっぱりした味付けが嬉しい。
これはカラシンで評判の店から教わった「秘伝の味」なのだ。
豚肉、鶏肉、魚肉、エビ(小さくてもプリプリしてウマイ!)などのお好みの具を選び、
半熟卵を入れて食べたい。
油っぽいタイ料理にウンザリしたときにはピッタリの身体にやさしい朝食だ。
トム・ルアット・ムー 40Bトム・ルアット・ムー 40B
 いろいろ豚の内臓が入ったスープ、トム・ルアット・ムーはタイ人に大人気。
意外と癖のないすっきりした味で、ご飯と一緒にいただくと経済的で栄養満点の食事になる。
内臓が苦手な人でも注文時に伝えれば、ちゃんと取り除いてくれる。
大きめのカノムチープはひとつ5Bです。大きめのカノムチープはひとつ5Bです。
好評の自家製カノムジープ(タイ式シュウマイ)は普通よりかなり大きめ、
ニンジンなど中身がみっちり詰まっていて食べ応え充分。
お持ち帰りもどうぞ!    (B)
サンティタム・ブレックファースト情報
【営業時間】6:00~14:30無休(不定休)
【電話】08-0493-5157、facebook:santithambreakfast
【誌面地図】F-2





 



このページのトップへ

TOAST-IT トースト・イット(323)

Filed under カフェ

 

ちょっと懐かしいタイのトーストを
P9089413.jpg


サンパーコーイ市場を過ぎて駅に向かう道の左側、
工具屋などの昔ながらの商店が集まる界隈に、
トースト型の看板が目印のカフェがオープン。
木をベースにした落ち着いた内装で、
テーブルは5つだけの小さな店内には、
焼きたてのパンやコーヒーの香りが充満している。
銀杏入りの炭アンパン銀杏入りの炭アンパン
手前はココア、ラテ、カプチーノなど手前はココア、ラテ、カプチーノなど

まずは入ってすぐのカウンターに並んだ真っ黒のパンに目がいくはず。
一見、黒焦げになったパンかとびっくりするが、
これは食品用の炭を加えたもの。
黒いアンパンや黒いデニッシュなど、
食べてみると普通のパンの味と変わらず、おいしい。
店の人によれば、炭入りのパンは、デトックス効果があって体に良いのだとか。
サンカヤートーストやかき氷トーストサンカヤートーストやかき氷トースト

看板メニューのトーストは、
白い食パンと黒い食パンのどちらかを選び、トッピングを決める。
トッピングの種類はなんと60種。
タイには昔から愛されてきた夜のスイーツに「カノムパン・ピン・サンカヤー」がある。
それはトーストにサンカヤー(タイのカスタード)を塗ったおやつだが、
そのサンカヤーだけでも、日本カボチャ味や抹茶味、
青い色のアンチャン(バタフライピー)味、タイ紅茶味など数類あり、悩んでしまう。
アイスやかき氷のせもあるし、
おなかが減っている人にはピザ・トーストや卵チーズ、
スパゲッティ―のせ(!)なんていかがだろう。
ピザトーストよこピザトースト
これらのパンやスイーツの担当がチャーさん、
そして、その他を仕切っているのがオーナーのゲームさん。
オーナーの  さん(左)と  さん (2)オーナーのゲームさん(左)とチゃーさん
気さくな店員さん
他にもコーヒー担当のバリスタや、
お手伝いをするお父さんお母さんらがいて、小さなお店は賑やか。
そんなアットホームな雰囲気も魅力のひとつだ。      (S)

トースト・イット情報
【営業時間】10:00~22:00(月曜定休)
【電話】08‐3156-2078
【誌面地図】H-5





 



このページのトップへ