チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Monsoon Tea  モンスーンティー

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

タイ産のお茶を召し上がれ
店内2店内1

 ピン川の近くにタイのお茶専門店がある。
オーナーはヨーロッパで世界中の茶葉を扱う仕事をしていたスウェーデン人のケニスさん。
DSC_0109.jpg

チェンマイに来てからは、タイ独自の味を生み出そうとタイ産のお茶に力を注いでいる。
昔から北タイはミヤンという発酵させた茶葉を食べる文化があるので、
その茶葉を飲用として生産することにしたのだ。
Jungle tea oolongとDahra WhiteJungle tea oolongとDahra White
環境にやさしく、生態系を壊さない持続可能な栽培を方針としているため、
元々お茶の木が生えている森の中で茶摘みをしている。
周りの草を刈ったり、お茶の木を低く剪定したりするが、
森林を伐採して茶畑を作るというようなことは一切しない。
原種、もしくはほぼ原種に近いため虫がつきにくく、
土壌は肥沃で肥料はいらないので、意図していないが、
自然にオーガニックになるそうだ。
茶葉は量り売りしている。茶葉は量り売りしている。
チェンマイ近郊で採れたお茶をミラノの品評会に出品したところ、
6つが賞をとったという。
 扱っているお茶は、タイの特徴を出したフレーバーティーが多く、
中でも「サイアム・ブレンド」はトムヤムスープに使うハーブと同じレモングラスやコブミカンの葉、
ガランガルなどをブレンドしている。
サイアム・ブレンドのアイスティー (1)サイアム・ブレンドのアイスティー

ミラノで賞を受賞した琥珀色のDahra Whiteや
自生する茶葉の赤い葉のみを使ったJungle tea oolongなども味わえる。
どれもアイスティーとホットで楽しめる。
また、タイルー族の北部料理と、
新鮮な茶葉・発酵茶を使ったサラダやシュウマイ風の料理などもあるので、
ランチにもぜひどうぞ。(O)
Thai Dumpling 150BThai Dumpling 150B
Lafu Fresh Tea Leaf Salad 150BLafu Fresh Tea Leaf Salad 150B

Monsoon Tea情報
【営業時間】10:00~18:00 (日曜休み)
【電話】09-7918-9892、0-5200-7758
【誌面地図】 H-4








 



このページのトップへ

PAKERYAW パーカヨー

Filed under 雑貨

 

移転して魅力アップ、老舗民芸品店
広々とした店内

去る6月下旬に、北部タイの民芸品を扱う老舗有名店が、
ナイトバザールからサンカンペーン地区に移転したので、取材をしてきた。
場所は、サンカンペーンへ行くCharoen Muang通りを東へ、
Ring Road 1を越えてしばらく進み、
セラドン焼きの店がある手前の道を左折、
左側のソイ4に入って約50m、
右側に一目でそれと分かる木造の建物だ。
ソイ4の看板はタイ文字しかないので、写真の小さな木製の看板を目印にして。
目印の看板目印の看板

元々、倉庫用に建てたという店内は、
以前のお店よりも広々としており、
天井も高く、その中に竹かごや色鮮やかなテキスタイルが所狭しと置いてある。
オーナーのリンさんオーナーのリンさん
オーナーのBunrinさん(愛称リンさん)は、
南部タイのご出身。
バンコクのNGOで働いていたが、
北部の山岳民族への法律面のサポートの為にチェンマイに派遣される。
当初は民芸品に知識も興味もなかったが、
カレン族の村に通う内に、
生活の中で使われる竹製のカゴや布、銀製品に魅了された。
藍染の刺子のカバンと中国とトン族の服藍染の刺子のカバンと中国とトン族の服

数年間、村に通う生活の後、結婚して子供もできて退職されたが、
生活費を稼がなきゃとカレン族の民芸品をナイトバザールで売ってみたのが始まりで、
それから33年が経過した。
山積みのカゴ山積みのカゴ
棚の中にもぎっしり棚の中にもぎっしり
色々な民族の銀製品色々な民族の銀製品

実は、リンさんは本誌293号と265号で紹介したCha Chaa とMee Naaのオーナー姉妹のお母さん。
人気のレストランMee Naa はソイ4を出て左折した先のソイ11にある。
さらに同じソイ11には息子さんが支店を出したばかりなので是非立ち寄ってみては。
パーカヨー情報
【営業時間】9:00~17:00 (日曜休み)
【電話】053-338-512,089-432-0272 E-Mail pakeryaw@hotmail.com
【誌面地図】I – 7の先







 



このページのトップへ

WAKO BAKE ワコ・ベイク(220)

Filed under ケーキ

 

シュークリームを食べるならここ
1 キュービック・シュークリーム 85B予備 中にはたっぷりのクリームが入っている。キュービック・シュークリーム 85B
 四角いかわいらしいシュークリームのお店が今年5月にオープンした。
植物が生い茂る中庭植物が生い茂る中庭
オーナーのサンさんは日本を旅行した時に、
いろいろなスイーツを食べた中でも特にシュークリームが気に入ったという。
オーナーのサンさん(左)オーナーのサンさん(左)

その味を再現したいと思い、チェンマイに戻ってから試行錯誤を繰り返し、
現在の四角いシュークリームを完成させた。
味はチョコレートとバニラ、抹茶があり、注文すると、
その場でクリームをぎゅっとつめてくれる。
抹茶は日本から取り寄せているものを贅沢に使っていて風味が良い。
クリームがたっぷり入っているので、1個で十分満足いくだろう。
ミニシュークリーム(4個)55Bミニシュークリーム(4個)55B
ミニ・シュークリームはタイ紅茶とチョコレートの2種類の味があり、4個がセットになっている。
せっかくだからミックスにしてもらい、両方の味を楽しもう。
チョコレートはこってり濃厚だが、
ここのシュークリームはどれも甘さ控えめな上品な味になっている。
パフ・シナモンスティック 65Bパフ・シナモンスティック 65B
シュークリームの他には、サクサク感を楽しめるパフ・シナモン・スティックと
クランベリースコーンがある。
前者はチョコレートソースとイチゴジャム付き。
シナモンの香りが良く、食べだしたら止まらない。
スコーンにはクリームチーズとイチゴジャムがついてくる。
飲み物はコーヒー各種、スムージーなどがあり、
冷たいものだとオススメはフルーツパンチ。
ライチやパイナップル、オレンジなどをミックスした爽やかな一杯だ。
フルーツパンチ 70Bフルーツパンチ 70B
今後もスイーツの種類を少しずつ増やしていくというが、
まずはこの店自慢のキュービック・シュークリームを召し上がれ。(O)
チリ・ビレッジ情報
【営業時間】9:00-19:00(無休)
【電話】094-624-9524 サイト www.facebook.com/wakobake
【誌面地図】D-1



ゆったりした店内

 



このページのトップへ

Kinlum Kindee กิ๋นลำกิ๋นดี(220)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

サイウアだってネットで買える!
サイウアは1㎏(真空パック2袋で350B。1パック180B。サイウアは1㎏(真空パック2袋で350B。1パック180B。
人の家にお呼ばれした時、
他県の友達へ贈り物を探している時などに
ぴったりなチェンマイ土産がある。
チェンマイ名物のソーセージ、「サイウア」だ。
ハーブがたっぷり入ったサイウアは香りが良く、
ぴりっと辛くてもち米やビールのおつまみにぴったりだ。
サーイさん(左)とお母さんサーイさん(左)とお母さん

そのサイウアをどこででも食べられるように真空パックにして売り出したのがサーイさんだ。
さらにパッケージをかわいくデザインし、ネットで全国販売を始めた。
 もともとお母さんが市場で25年間、北部料理を売っていて、
小さい頃から料理を手伝っていたというサーイさん。
大学で広告とマーケティングを勉強し、
卒業後はバンコクで大好きなファッション業界で研修を受けるものの、
自分のしたかったことと違うことに気付く。
ナムプリック・カー(ショウガ科のハーブふりかけ風。野菜や肉のアクセントに)60Bナムプリック・カー(ショウガ科のハーブふりかけ風。野菜や肉のアクセントに)60B

チェンマイに戻って母を手伝うことにするが、
サイウアやナムプリック(野菜ディップ)などを違った形で売り出せないかと考え、
パッケージや通販を思いついた。
真空パックの製品は、サイウア、発酵豚肉、三枚肉揚げなどがあり、
冷凍で1カ月保存可能。食べる時は封を開け、
袋ごと電子レンジで温めればいい優れものだ。
予備:自分用ならサイウアの量り売りを。自分用ならサイウアの量り売りを。

 ここのサイウアの特徴は脂身も辛さも控えめで、
ハーブがとても爽やか。
材料のコブミカンの葉やレモングラス、ターメリックは自分たちで栽培したものだ。
ネットで申し込みすれば各地に郵送してくれるし、
チェンマイ市内とサンサーイ地域だったら無料配達あり(800B以上)。
また、市場では量り売りもあるので、自分用にはそれを買ってもいいだろう。(O)
予備:市場にはお母さん特製の野菜ディップが並ぶ。市場にはお母さん特製の野菜ディップが並ぶ。
予備:自分用ならサイウアの量り売りを。自分用ならサイウアの量り売りを。
チリ・ビレッジ情報
【営業時間】8:00~19:00 (水曜休み)
【電話】08-5867-8993(タイ語・英語) サイト http://kinlumkindee.com*基本的にネット販売だが、市場でも購入可(要予約)。
【誌面地図】地図:J-4の先 サームイェーク市場の店หนานหล้า(ナーラー)内





 



このページのトップへ

KWANKEAW THAI MASSAGE クワンゲーオ・タイマッサージ(319)

Filed under スパ・マッサージ

 

キクーッ!おすすめ強もみマッサージ
施術時間は症状に合わせて調整施術時間は症状に合わせて調整
数年来の知合いがタイマッサージ店を構えたと聞いていたが、
訪ねる機会を逃していた。
ちょうど軽いギックリ腰になったこともあり、彼の店を訪ねてみた。
ピンク色の看板と外観が目印 ピンク色の看板と外観が目印 
場所は、サンカンペーンへ行くCharoen Muang通り沿いにある。
ダラデヴィ・チェンマイホテルに入るソイを少し越えた左側にある。
車は店の前か裏側の駐車場に停められる。
オーナーのヨー氏オーナーのヨー氏
オーナーのTrin 氏(愛称ヨー)は、
若い頃よりチェンマイで数人の先生の下で古式マッサージを修行し、
ノンタブリー県の保健省の学校で、
1500時間以上のコースを修了。
その後、チェンマイに戻り、
ホテルのマッサージ・スパ部門で約10年間の勤務後に、
独立して2014年10月よりこの店を開いた。
長いホテル勤務で英語も達者長いホテル勤務で英語も達者
早速、問題のある部分を伝えマッサージしてもらう。
主に親指を使い筋肉をほぐしていくスタイルだが、
その親指が硬く、ツボを押されている実感がある。
ラーンナー武術の達人でもあるヨーさんは、体も大きく力も強い。
確かに痛みもあるが、この痛みを越えれば確実に体が楽になると思わせるので耐えられる。
親指で強く押すスタイル親指で強く押すスタイル施術中の表情は真剣施術中の表情は真剣
後日、按摩や指圧、鍼灸の治療院を日本で数十年間開業されている方を連れ、
施術を受けてもらったところ、
ヨーさんの腕はかなりのものとのこと。
1時間400バーツと巷のマッサージ店より値段は張るが、
額に見合ったマッサージを受けられることは間違いない。
個人店なので1日4人限定にしている為、事前に予約することをお勧めする。
強めのマッサージ好きにはたまらない?強めのマッサージ好きにはたまらない?
KWANKEAW THAI MASSAGE クワンゲーオ・タイマッサージ情報
【営業時間】10:00~20:00 (不定休)
【電話】093-265-9632
【誌面地図】I – 7の先




 



このページのトップへ

AGGIE HUT アッギー・ハット(319)

Filed under 健康食材

 

安全でおいしい食品と健康グッズがいっぱい!
P7126790.jpg
 チェンマイ大学農学部の門(トンパヨーム市場の交差点のすぐ側)を入ってすぐ左側に、
まるで農家の小屋のような素朴な雰囲気の建物がある。
入口には手作り豆腐やマスクメロン、
素材にこだわったお弁当やベーカリーなど、
おいしそうな商品が所狭しと並び、
奥のカフェスペースには、お茶を楽しむ人たちが集っている。
旬のマスクメロンは緑、オレンジ旬のマスクメロンは緑色、オレンジ色
 このお店は、オーガニックの野菜を育てたり、
安全で健康によい食品を製造する
チェンマイ大学農学部の卒業生たちの販売の場を提供することを目的に
半年前にオープン。
オーガニックの認証マークがついた商品だけに無農薬のPOPを書くなど、
消費者への誠実な態度を貫く他、
農学部の先生が直接品質をチェックしているので
安心して利用することができる。
P7126750.jpg
オーガニックの玄米オーガニックの玄米
 現在、お店の1番人気の商品は
タイで一番売れているダイアモンド・グレインのグラノーラ。
2位は栄養たっぷりのアーモンド・ミルク。
今売れてますアーモンドミルク65B今売れてますアーモンドミルク65B
3位はビーガンのベーカリー。
その他、お勧めは紫芋を使ったタイのお饅頭。
砂糖は一切使用していないそうだが、
ほんのり甘く、紫色がなんとも鮮やか。
ステビア入りヨーグルト20Bステビア入りヨーグルト20B
器もかわいいお惣菜器もかわいいお惣菜
他に化学調味料は不使用の粉末の出汁(しいたけ、豚)、
ステビア50%のカロリーオフの砂糖、ココナッツオイル、タイハーブの石鹸、
有機肥料、蚊やトッケー避けのハーブスプレーなどなど、
気になる商品がいっぱい。
ヤモリ、蚊、ダニ、ネズミ駆除ハーブスプレーヤモリ、蚊、ダニ、ネズミ駆除ハーブスプレー
特にオーガニックの卵はすぐに売り切れになるので、
出会ったらラッキー。
なお、店の裏の広場にて、
毎週水曜日の朝に安全野菜市が開催されるので、
そちらと合わせて買い物を楽しむのもお勧めだ。    
ハーブの蚊取り線香ハーブの蚊取り線香
つくだにつくだに
アッギー・ハット情報
【営業時間】月~金8:00~18:00、土、日9:00~18:00
【電話】08-9700-6042
【誌面地図】地図B-2




 



このページのトップへ

CHU HOTEL Chiangmai チュー・ホテル・チェンマイ

Filed under ホテル

 

昔っぽいけどj実はモダンなのだ。
クラシックなホテルで自分の時を楽しむ。
ピン川沿いのワットゲート地区は、
古くから中華系タイ人が居住して
米の売買・運搬などの商売を営んできたところだ。
昔っぽいチェンマイが残っているエリアとしてツーリスト人気が高い。
その裏通りの奥まった場所にどこか秘密っぽい素敵な滞在施設を見つけた。
中庭の大木を囲むように建っている。中庭の大木を囲むように建っている。
ここのオーナー夫妻のジョームさんとノーンさんも中華系タイ人だ。
ランパーン出身のジョームさんは建築エンジニアとして、
各地一流ホテルやリゾートの立ち上げに携わってきた。
そろそろ退職して奥さんの実家の土地(昔はクエイティアオの製麺工場)に
自分好みの滞在施設を作ろうと、
昨年10月にオープンしたのがこのホテル。
CHUはオーナーの父親の名前からとったそうだが、
Classic Hotel for U(you)の頭文字でもある。
ところが、この5月、残念なことに、
バンコクで仕事をしていたジョームさんは自動車事故で亡くなってしまったという。
全体的デザインはこの地区の特色を生かした
「昔の中国風家屋」のイメージでシックにまとめたもの。
木材を上手に生かしたデザインだ。木材を上手に生かしたデザインだ。
あちこちにオーナーの個人的趣味(古い紙幣やコインのコレクションが飾ってある)や粋なセンスが偲ばれる。
大木のある中庭を囲むように宿泊棟、ロビー棟、食堂が建っていて、
この場所独特の落ち着いた雰囲気が漂う。
旧クエイティアオ工場の設備もアンティック? 予備写真旧クエイティアオ工場の設備もアンティック?
全18室のこぢんまりした施設だから、
プライベート感覚で滞在したい方にピッタリ。
デラックス・ルームはキッチン付き。デラックス・ルームはキッチン付き。
デラックス・ルーム以上は簡易キッチン、バスタブ付き(お得なウィークリー&マンスリー料金あり)。
のんびり自分なりのチェンマイを楽しむ「我が家」として利用したい。    (B)
ロビーの向こうは中庭です。ロビーの向こうは中庭です。 
チュー・ホテル・チェンマイ情報

【電話】0-5324-4495、www.chuhotelchiangmai.com
【誌面地図】G-5





 



このページのトップへ

OMNiA cafe オムニア

Filed under カフェ

 

1_20160710163204708.jpgドリップコーヒー(タイ産豆120B、外国産豆150B)

コーヒー好きよ集まれ。タイ産豆にこだわった自家焙煎の店。

衰えを見せないカフェブームだが、
コーヒー好きが集まる店があると聞いたので訪ねてみることにした。
Promt Business Home内にある店は昨年8月にオープンしたばかり。
オーナーのラリダーさんは、旅行業に携わっていたが、
一念発起してコーヒーと真剣に取り組むようになった。
5.jpgオーナーのラリダーさん

その取り組み方が半端ではない。
ノルウェー人の先生とパナマやニカラグアのコーヒー農園や生産現場を訪ね、
チェンラーイに自分のコーヒー農園を経営し、
タイ産のコーヒー豆に最適な精製工程を研究。
現在では、上海で開かれたバリスタの国際的な大会に審査員として参加するなど、
気さくで柔らかな物腰からは想像できない本格派だ。
9.jpg焙煎機。これで毎週、少量ずつ焙煎している。

2階はコーヒーの学校があり、
アメリカとヨーロッパスペシャリティコーヒー協会の規定に沿った各種のコースを学ぶことが出来る。
店で使用する豆の90%はタイ産で、
毎週店内にある小型焙煎機で焙煎して新鮮さを保つ。
時には営業時間内に焙煎するので、運が良いと見学できるかも。
4.jpgCold Brew120B
人気のCold Brew という水出しコーヒーは、
特別な工程を経た豆を12時間以上かけて抽出し、
自家栽培したローズマリーを添えて飲むと、
苦味や酸味、コクに香りが渾然一体となった複雑だがスッキリとした味わいだ。
3.jpg泡がきめ細かいFLAT WHITE75B
8.jpg
「オープンな店なのでスタッフとも気軽にお話し下さい。
長い机を置いたのも隣り合った人が会話できるように。
情報交換の場になればうれしいです」気になった人は、
おいしいコーヒーを飲みながらコーヒー談義に花を咲かせてみては。
7.jpg
オムニア情報
【営業時間】8:00~18:00 (無休)
【電話】089-999-4440、◆Facebook : Omnia café chiangmai  ◆Instagram: Omniacafe
【誌面地図】F – 1






 



このページのトップへ

Godam 古淡

Filed under 韓国料理

 

ハズレなしの韓国の味で満腹になる。
エビのチリソース(S) 330Bエビのチリソース(S) 330B
チャーンクラーン通りからピン川に沿ってハーンドン方面へと向かい、
マヒドン通りの下をくぐってしばらく行った右手にあるのがこの韓国料理店。
以前にも本欄でとり上げたことがあるが、
場所も店の雰囲気も変わり、メニューもさらに充実したので改めてご紹介したい。
揚げ魚の甘酢あんかけ(S) 290B揚げ魚の甘酢あんかけ(S) 290B

オーナーのジャンさんは、
約十年前、ランプーンの工業団地企業勤務のために来タイ。
5年ほど前、奥さんのキムさん(笑顔が素敵!)に任せるかたちで
チャーンクラーン通り沿いに最初の店を開いたが、
一昨年末に店も駐車場ももっと広いこの場所に移ってきた。
Godamという店名は韓国の「伝統的な味」という意味。
まだあまり知られていない
韓国の「ほんとうの味」を世界に広めたいという
オーナー夫妻の気持ちが込められている。
海鮮チヂミ 220B海鮮チヂミ 220B

韓国料理というとすぐ焼肉を連想してしまうが、
韓国には他にも美味しい家庭料理がたくさんある。
この店では、中国から伝わって韓国の家庭料理となったメニューが評判だ。
小ぶりの薄皮餃子 120B 小ぶりの薄皮餃子 120B 
小ぶりの薄皮水餃子は普通の餃子より日本人好みかも? 
イカやエビが入って、タマネギをたっぷり載せた
海鮮チャジャンミョン(韓国風ジャージャー麺)は韓国の国民食。
海鮮チャジャンミョン(S) 160B 海鮮チャジャンミョン(S) 160B
一度食べたら、癖になりそうな美味しさだ。
冷麺 200B冷麺 200B
さっぱり冷麺、エビチリ、海鮮チヂミ、甘酢あんかけ……とどれを注文してもハズレがない。
MSGを使ってないので、毎日食べても飽きないヘルシーな味だ。
清潔な店内は常連の韓国人やタイ人でいつも賑わう。
35名収容のパーティ会場、7名用個室もあり。
韓国人がチェンマイでいちばん美味しいというお店だ。   (B)

古淡情報
【営業時間】11:00~15:30、17:00~22:00(無休)
【電話】0-5328-2016、08-7189-1272
【誌面地図】B-7、www.facebook.com/TheGodam




 



このページのトップへ

クーアロイ ร้านคู่อร่อย(317)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

愛情たっぷり、蒸し麺と生春巻きの食堂

赤いトラックが目印
プラシン寺の側に赤いトラックが目印のクウェティアオロート麺と生春巻きの食堂がある。
店名の「クー」はカップル、「アロイ」は美味しいという意味だが、
「クーはもちろん私たちのことです」と説明するのは、
店主のヌイさん、トイさん。ラブラブのご夫婦だ。
ヌイさん、トイさん
 トラックの奥に続く、年季の入った建物の両壁には、
小学生の息子さんが描いた絵が貼ってあり、仲良しの家族ぶりを伝えている。
細麺と太麺を選べるクウェティアオロート・ソンクルアン 40B、50B細麺と太麺を選べるクウェティアオロート・ソンクルアン 40B、50B
チェンマイではあまり売られていないクウェティアオロート。
中国人のお爺さんがチェンマイで売りはじめ、ご夫婦は3代目になる。
小さな竹ザルに米粉の細麺(センミー)と太麺(センヤイ)を入れて蒸し器で蒸した料理。
米粉の麺は蒸したて米粉の麺は蒸したて

スルメの出汁が効いたほんのり甘みのある味付けは、
日本人にはほっとする味。
出汁の滲みたうずらの卵や豆腐が格別だ。
ポーピアソット・プータレー 40B,60B ポーピアソット・プータレー 40B,60B 
中国スタイルの生春巻き「ポーピアソット」は、
米粉の皮できゅうりと茹でもやし、卵焼き、グンチヤン(甘いソーセージ)、
ムータン(豚の耳肉のソーセージ)が巻いてある。
奥が豚の耳肉のソーセージ、ムータン奥が豚の耳肉のソーセージ、ムータン
珍しいムータン入りポーピアソットを出しているのはチェンマイではここだけだとか。
秘伝の甘タレの上にはカニ肉が散らしてある。
ちょっと小腹がすいた時にもぴったりの一皿だ。
ムーデーンとムートートのミックス 50B (1)ムーデーンとムートートのミックス 50B

そして、昨年から売り始めた新メニューの
カーオムーデーン(チャーシューご飯)とカーオムーグロープ(カリカリ揚げ豚ご飯)もお勧め。
柔らかさにびっくりのムーデーンとカリッと香ばしいムーグロープ、
両方味わいたい人はミックスにしよう。
ピーナッツ入りのコクのある特製タレに、大満足間違いなしだ。 (S)

クーアロイ情報
【営業時間】8:30~16:00(日曜日定休)
【電話】08‐9758‐6360
【誌面地図】D-3





 



このページのトップへ