チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ハリネズミ カフェ Harinezumi cafe(361)

Filed under カフェ

 

harinezumi 1人懐っこいカイトゥンくん

人に慣れたハリネズミの針は柔らかい

チェンマイにはゾウからトラ、ヘビ、ウサギまで
動物と触れ合える様々なスポットあるが、
今回ご紹介するのはハリネズミと触れ合える、
その名も「ハリネズミカフェ」だ。
harinezumi 3
harinezumi 5ハリネズミグッズも充実

このお店はシードンチャイ通りに面するカフェ激戦区にあり、
通りからはガラスケースの中でハリネズミ達が
のんびり遊んだり眠ったりしている姿が見える。
harinezumi 4目の前にハリネズミのショーケースが。


オーナーは日本の方で、
バンコクで飼育されたハリネズミを名古屋とチェンマイで取り扱っているそうだ。
 
店内にはハリネズミとハムスターがいて、
彼らと遊ぶも良し、ただ愛でるも良し、
買って連れ帰っても良しだという。
harinezumi 7ふわふわワッフル(129B)

遊びたい場合は飲み物付きで1人149バーツから。
(人数が増えるほどお得になる)
注文を済ませると、
分厚い手袋と一緒にハリネズミくんがお店の奥からお出ましだ。
そう、外から眺められるショーケースのハリネズミくんと、
一緒に遊べるハリネズミくんは分けられていて、
遊べるのは人に慣れるよう育てられた人懐っこい子たちなのだ。
harinezumi い1時間に1度餌やりのチャンス!
一緒に出てくる手袋は
ハリネズミに触れるのがちょっと怖いという人向けに用意されたもの。
というのも、人に慣れたハリネズミの針はなんと柔らかいのだ。
触れると手に沿ってやんわりと針がしなる。
harinezumi 6
店長のユーさん曰く、
「ハリネズミは大事に育ててあげると、
身を守る必要が無いと学び、
針が柔かくなってきます。
ただ、寂しがり屋なので毎日可愛がってあげないといけません」とのこと。
harinezumi 2

現在、販売用のハリネズミは飼育中で、
販売再開までしばらくかかるそう。
それまではお店でお世話の練習をしてみるのも良いかも。(Y)
harinezumi あ

ハリネズミ カフェ情報
【営業時間】9:00〜21:00(無休)
【電話】084-174-4898 
【誌面地図】E-5 https://goo.gl/maps/Z2MKtsTuK7R2
【FB】Harinezumi cafe






 



このページのトップへ

KHAO カオ(361)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

GOONG MAE NARM YANG2GOONG MAE NARM YANG


料理を通して北部タイの文化を感じる

フォーシーズンズ・リゾートのレストラン「KHAO」では、
タイ北部の郷土料理を中心に、
地元の食材にこだわった料理を提供している。
主食のお米は6種類から自由に選べ(無料)、
アミューズや食後のデザートにも、
お米を使ったタイのスナックのサービスがある。 
YAM PLA FUYAM PLA FU
まず、最初の1品には、
冷たいソースからもくもくと白いけむりが出てインパクト大の「ヤム・プラーフー」を。
焼いた鯰の身をほぐして揚げ、
青いマンゴーなどとあえるタイ中部料理だが、
きれいに折りたたんだ布のように揚がった身を、
少しずつ自分で崩しながら、刻んだ青林檎やフルーティーなソースに絡める
見た目も味もおしゃれな一皿だ。
TOM YAM KHA MOOTOM YAM KHA MOO
「スープ・トムヤム・カームー」は、
辛さ控えめでハーブの香りと豚足の甘みが絶妙なバランス。
AEP PLA TUBTIMAEP PLA TUBTIM

「エップ・プラー」はバナナの葉に魚とハーブ、
調味料とを包んで蒸し焼きにする北部料理。
ここでは軽く揚げたオジギソウにパッションフルーツのソースを自分で合えて食すのだが、
これがエップ・プラー!?と驚く、新鮮な美味しさ。
GAI OKGAI OK

PAD CHAYOTE NEAMPAD CHAYOTE NEAM
他に、鶏肉の旨さを凝縮したハーブの蒸し焼き「ガイ・オック」、
ハヤトウリの蔓と手作りの醗酵ソーセージとを炒めた「パット・サヨテー・ネーム」、
SOM TUM TUB HANSOM TUM TUB HAN

そして、なんとフォアグラの乗った「ソムタム・タップハーン」など、
シェフの想像力が駆使された料理の数々は、
他では経験できない新しい北部料理の味を堪能させてくれる。 
DSC09677.jpg

夕方、山稜に日が落ち、
棚田のあぜ道に揺れる灯を眺めながらのディナーは、
チェンマイでの特別な思い出になるはずだ。    (S)
 
KANOM SAOWAROSKANOM SAOWAROS


KHAO カオ情報
【営業時間】ディナー 18:00~22:00(ランチ 12:00~14:30、アフタヌーン・ティー 13:00~17:00は別メニュー)
【電話】0-5329-8181
【HP】https://www.fourseasons.com/chiangmai/dining/restaurants/khao/
【誌面地図】FOUR SEASONS RESORT CHIANG MAI(地図Hー1先)
https://goo.gl/maps/aLTWRPagL9T2





 



このページのトップへ

フレッシュ&マイルド flesh&mild (360)

Filed under カフェ

 

DSC04426.jpg

おいしいミルクから生まれたアイスクリーム

冷たいデザートが恋しくなる季節。
チェンマイで生産される質の良いミルクをふんだんに使用した
アイスクリームの専門店が、
スアンドーク病院の敷地内にオープン(チェンマイ大学理学部に支店あり)。
場所がら、医学部の学生さんや看護婦さんなどが集まっている。
DSC00172.jpg

ワンスクープ29バーツと良心的な価格が嬉しいジェラートは、
定番のミルクやバニラの他、ダークチョコレートやナッツ、さっぱりとした果物など、
10種類以上が日替わりで味わえる。
DSC04400.jpg
迷ったら気軽に味見をさせてもらおう。
果物のジェラートは季節に応じて種類が変わり、これからはマンゴーが登場。
そして、ミルクの風味たっぷりのソフトクリームも大人気。
バニラと抹茶、ミックスから選べる。
DSC00157.jpgマイルドトースト89B
その他、人気のスイーツメニューもいろいろ。
バターをたっぷり染込ませた厚切りトーストに
ミルクアイスとバニラアイスをトッピングした「ソフト・トースト」、
DSC06031.jpg
ミルクジェラートとフレッシュなイチゴ、
チーズケーキやクッキーのカリカリした食感が一緒に味わえるサンデー
「ストロベリー・ニューヨーク・チーズケーキ」、
hosei2.jpgストロベリー・ニューヨーク・チーズケーキ 79Bストロベリー・ニューヨーク・チーズケーキ 79B
エスプレッソコーヒーの苦味と一緒に味わう「アフォガート」など。
どれもミルクの風味を存分に味わえる。
DSC04409.jpgアフォガード 65B
スイーツ以外では、お店の一押しのあったかいドリンクメニューで、
ミルクのおいしさをストレートに味わえる「マイルド・ミルク」。
また、瓶入りのミルク(25B)はお持ち帰りもできる。
そのミルクで作ったヨーグルトも、クリーミーでお勧めだ。           (S)
  

フレッシュ&マイルド flesh&mild情報

【営業時間】7:00〜18:00(無休)
【電話】09-3251-5887 FB freshandmild
【誌面地図】①E-3②K-4 チェンマイ大学理学部にも支店あり。 https://goo.gl/maps/9ZE8FgAANRy









 



このページのトップへ

グン・ヌワット・ペーンボーラーン กุลนวดแพนโบราณ (360)

Filed under スパ・マッサージ

 

腕の良いマッサージ師揃いです!腕の良いマッサージ師揃いです!

絶叫足ツボマッサージで肩も頭もスッキリ!

こちらは、超絶痛いけれどよく効く! と評判のフットマッサージ店。
店の扉を開ければ、フットマッサージ用のソファーがずらりと並んでいる。
シンプルな内装

この店のマネージャーであり、腕利きのマッサージ師でもあるリーさんに、
早速フットマッサージをお願いした。
まず最初に、チェンマイでは珍しく熱めのお湯で足を洗ってくれる。
リーさん。マッサージの後、軽くなりますリーさん。マッサージの後、軽くなります

痛いとは聞いていたが、土踏まずや足の指にあるツボは本当に痛い。
特に親指はどこを押されても痛くて、
聞けば頭と関係していしているという。
足の痛い部分で体のどこが悪いのかが分かるのだとか。
どこを押されても痛くてギャーギャー騒いでいたら、少しくらい痛いのは普通です、とリーさん。
脂汗が出るほど痛いような場合は、どこが悪いのか聞いてみよう。
足ツボの図

タイ式フットマッサージでは木の棒を使ってツボを押すが、
こちらは中華系シンガポール人の先生によって伝えられた
治療用のつぼ押しの技術を大切に受け継いでおり、
道具は一切使わない。
スタッフから先生と呼ばれているスタッフから先生と呼ばれているパットさん

代わりにマッサージ師の指には大きなたこが! 
このたこがあるおかげで指が痛くならないのだとか。
6~7人の専属マッサージ師は、
全員チェンラーイ県のアカ族の村の出身。
リーさんによれば、力の必要なこのマッサージは、山の力持ちでなければ勤まらないのだそう。
 
肩が凝っている人はフットマッサージ1時間+肩とヘッド30分のコースがお勧め。
特にヘッドマッサージは心地よく、眼の疲れがとれてサバーイマーク(心地よい)!。
マッサージが終わった後は肩や頭が軽くなり、視野がはっきりしたような気が! 
定期的に通いたいお店だ。  (S)
マッサージの後のお茶がほっとします。マッサージの後のお茶は地元の山で収穫されたとか。ほっとします。

グン・ヌワット・ペーンボーラーン กุลนวดแพนโบราณ情報
【営業時間】10:00~11:00(不定休)
【電話】0-5382-1078
【誌面地図】F-5 https://goo.gl/maps/SBhrXBBaq4M2
【値段】フット・マッサージ1時間200B、30分120B,フット・マッサージ1時間+ヘッド&ショルダー30分300B、タイ・マッサージ1時間200B、オイル・マッサージ1時間300B





 



このページのトップへ

Tea Leaf Lab ティーリーフ・ラブ(359)

Filed under カフェ

 

香り良いティーとパティスリーの店
パリ・プレスト(75B)パリ・プレスト(75B)

お茶派の人に嬉しい店がチェンマイラム病院ヘルスセンター(CMR Complex)にオープンした。
オーナーはドイツ人のローマンさんとタイ人のゲートさん。
シェフのローマンさんとゲートさん

ローマンさんはミシュラン・ホテルを含むイギリスの様々なホテルで働いた経験のあるシェフで、
ホテルマネジメントを勉強しに渡英していたゲートさんと知り合って結婚。
つい最近、ゲートさんの故郷チェンマイに戻ってきて、この店を開いた。
もっちりチーズ&オリーブチャバタ(70B)もっちりチーズ&オリーブチャバタ(70B)
ドイツのアプフェルクーヘン( 95B)とリンゴゼリー入りスコーン(55B)ドイツのアプフェルクーヘン( 95B)とリンゴゼリー入りスコーン(55B)

郊外の果樹園では有機栽培も始めていて、
いずれは自家栽培したものを店に出していきたいという。
ガラス越しにシェルの作業を見られる。ガラス越しにシェルの作業を見られる

店内にはシェフの厨房があり、
ローマンさんが生地を型に流し込んだり、
クリームを作ったりする様子を見ることができる。
素材にこだわっていて、マーガリンや香料、
着色料などは一切使わず、
パティスリーにはバター100%を使用し、
ひとつひとつ丁寧に作っている。
それはひとくち食べれば明確で、
濃厚な味と香りが口にふわっと広がる。
焼き立てのものがどんどん並ぶ。 (2)焼き立てのものがどんどん並ぶ
香り良いイチゴのムースが主体のストロベリー・ラバー(75B)と抹茶シュー(50B) (1)香り良いイチゴのムースが主体のストロベリー・ラバー(75B)と抹茶シュー(50B)

そんな風味豊かなケーキと味わってほしいのがオーガニックティーだ。
タイで栽培されているウーロン茶、緑茶、紅茶のほか、
まだ開花する前の新芽を使った貴重なホワイトティーを飲むことができる。
銀賞を受賞したオーガニック・アッサム・グリーンティー(105B) (3)

また、フランスやイギリス、日本などのエルダーフラワー、
オリーブの花、レモンバーベナといったハーブティーも種類豊富だ。
ポットにたっぷりハーブを入れるので、香りもコクもしっかりしている。
お茶はホットでもアイスでも飲むことができる。
ゆっくりと淹れた水出しのグリーンティーとブラックティーもぜひ。(O)

【営業時間】8:00~18:00(月曜定休)
【電話】06-4349-0845
【誌面地図】E-3 https://goo.gl/maps/oBVxMfcLPQG2
【連絡先】FB Tealeaflabchiangmai

 



このページのトップへ

イート・パッタイ อี๊ดผัดไทย(358)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

パッタイに自信あり! の小さな食堂
DSC06098.jpg

 チャーンモイ通りに面した小さな食堂のパッタイがおいしいという評判を聞き、行ってみた。
パッタイとは米粉の細麺を炒めたタイの焼きそば。
外国人が最も好むタイの屋台メニューのひとつだ。
店の前には「タイで一番おいしいパッタイ」と書かれた看板が堂々と掲げてある。
夕暮れ時の店 予備

 パッタイ以外のメニューも気になるが、
まずは一押しのパッタイを食べてみなければと、「パッタイ・ホーカイ」を注文。
パッタイを薄焼き卵でくるんだちょっとご馳走感のある一品だ。
おそろいのTシャツにはイートおばさんの顔おそろいのTシャツにはイートおばさんの顔
体格の良い2代目の息子さんが、カンカンとフライパンを鳴らしながら作ってくれる。
卵は均一に火が通っていて、
見た目より(失礼!)几帳面な方のよう。
さて、スプーンでそっと卵焼きを破ってみたら、
中から湯気を立てて麺が出てきた。
やたら甘過ぎたり、麺が油でべとついている店が多い中、
カラリと炒めてあり、タマリンドの甘酸っぱい隠し味もちょうど良い。
DSC06670.jpgカオパット 50B 

この感じだとカオパット(焼き飯)も美味しいはず、と注文してみたら、大正解! 
シンプルなメニューだが、カナー(カイラン菜)など繊維の多い野菜は、
皮をむいて小さく切り揃えるなど、下ごしらえが丁寧にしてあるので食べやすい。
そして、強火で一気に炒めるから、ご飯がパラパラ。
うっすらと香るナンプラーの焦げた風味がたまらない。
ra-dona-.jpg餡かけ麺ラートナー
お店の人によれば、地元の若者には
ケチャップ味のマカロニ・パットやインスタント麺を炒めたママー・キーマオなども人気だという。
でも、いろいろ味わったら、きっとまたパッタイが食べたくなりそうだ。      (S)
【営業時間】9:30~22:00(土日休み)
【地図】G-4  https://goo.gl/maps/4DoTSZKUDgF2

 



このページのトップへ

カーオ・ケーン・オーサカ(358)

Filed under 和食

 

手作り総菜がいろいろ      

「大阪のおかん」が手作りする日本のお惣菜

 日本料理店がどんどん増えているチェンマイ。
どこも似たり寄ったりのメニューだが、
ふと無性に食べたくなるのが懐かしい「おふくろの味」の家庭料理。
タイ人の若者も噂を聞いてやってくる。

ラーチャパット大学前のターニン市場近くで
和食惣菜を売っているお店が評判!との噂を聞いて、早速でかけてみた。
 「大阪のおかん」を自称するここのご主人、
上坂さんは日本でグラフィック・デザイナーの仕事をやっていたが、
5年ほど前に娘さんと一緒にチェンマイに移り住んだ。
タイ語を猛勉強しながらチェンマイ暮らしをするうちに、
「市場ではどこでもタイの惣菜を売っているのに、
なぜお持ち帰り用の日本料理はないのか?」と素朴な疑問が湧いてきた。
そこで、昨年10月に知り合いのタイ人と協力して
念願の「和食総菜の店」をオープンした次第。
上坂さん(右)とスタッフです。上坂さん(右)とスタッフです。
手作り総菜がいろいろ
店頭のガラスケースの中のトレイには、
煮物、焼き物、揚げ物、和え物など、
いろいろな惣菜が並べてある。
どれも25~30B程度だから、タイ料理と大差ない良心的お値段だ。
太巻き寿司1本30B
手作り総菜がいろいろ 

巻寿司、炊き込みご飯、筑前煮、さば味噌煮などの「日替わりお楽しみメニュー」もある。
基本はすべて手作り。
高野豆腐、がんもどき、白和えから、
ソースなどの調味料(MSGなし)までほとんど自家製だという。
やっぱりコロッケは大人気!やっぱりコロッケは大人気!
もちろん、お気に入りの惣菜を注文して、お店で食べてもよい。
カレー粉と小麦粉だけで作ったカレーライス(35B)、
その場で焼いてくれる餃子(35B)、
各種どんぶりもの(59B)なども人気。
餃子はその場で焼いてくれる。
「安くて美味しい!」から、
節約派の日本人ロングステイヤーだけでなく、
タイ人の若者の常連ファンも増え続けているとか。     (B)    

カーオ・ケーン・オーサカ情報
【営業時間】11:00~20:00(無休)
【電話】Tel: 09-3328-8774
FB: khawkaengOsaka
【誌面地図】MAP①G-2 MAP②N-5 https://goo.gl/maps/gLZUP5CaTap




 

 



このページのトップへ

Lasy Daisy Cafe レイジー・デイジー・カフェ (358)

Filed under カフェ

 

DSC07200.jpg

食事もお茶も買い物も楽しめるフレンドリーなお店
カフェや雑貨好きに人気のPaper Spoonや手縫いの洋服店、
子供服専門店ど、ハンドメイドのお店が集まったCommune Malaiに、
先月から新たにカフェ飯を提供するLasy Daisyが仲間入りした。
タマリンド・ソーダタマリンド・ソーダ
メニューは、Paper Spoonの時から大人気のタマリンド・ソーダやスコーンはそのまま引き継がれ、
エスプレッソマシーンで淹れるチェンマイ産の美味しいコーヒーや
季節の果物を使ったラッシー、抹茶ラテ、
チョコレート・ラバケーキ、トーストなど、さらに充実。
ストロベリー・ラッシー季節のメニュー、ストロベリー・ラッシー
特にお勧めは、トルティーヤを使用した薄いピザだ。
オーダーごとに焼いてくれるので、あつあつ、パリパリ! 
サイズは小さめだから1人で1枚食べられる。
薄くてパリパリ生地のピザ薄くてパリパリ生地のピザ

その他にも、週代わりの食事メニューがあり、
例えば、焼き飯+鮭(照り焼きと塩焼きが選べる)、
野菜たっぷりのシチューとマカロニ、カレン族のオーガニック米を使用したカレー
(トッピングはオムレツ、豆腐のてんぷら、チキンから選べる)、
ホットサンドなど、何があるかはその日のお楽しみ。
鮭の塩焼きとガーリックフライドライス(予備)鮭の塩焼きとガーリックフライドライス
オムレツ&カレー(2)オムレツ&カレー
料理を担当するニューさんは、
元々はフリーのグラッフィックデザイナーをしながら、
プレー県でカフェを経営していたが、
友人の誘いで学生時代を過ごしたチェンマイに戻ってきたという。
DSC07351.jpg笑顔が素敵なニューさん

店内には常に他の店の仲間がいて、常に和気あいあいとした雰囲気。
敷地の奥には同じくオープンしたばかりのギャラリーJitrakornpanich Art shopと、
女性専用のゲストハウスSi-Tang Guest Houseがある。
そして、2階にリニューアルオープンしたPaper Spoonを覗くのもお忘れなく。     (S)
DSC04476.jpg


Lasy Daisy 情報
【営業時間】10:00~17:00(火、水定休日)
【電話】08-1602-6506
【誌面地図】A-3 https://goo.gl/maps/QDSBRbSqjvB2





 



このページのトップへ

เมิงระมิงค์  Mueng Raming(357) 

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

内観(予備)1
家族経営のこぢんまりしたタイ料理店
 
ワット・ゲート地区にある、こぢんまりとしたレストラン&カフェ。
チェンマイ出身の家族が経営していて、
もともと違う地域でレストランを8年間オープンしていたが、
2016年に今の場所に移転した。

左からガイトーンさん、ポンさん、ナームプンさん左からガイトーンさん、ポンさん、ナームプンさん

料理は主にタイ料理で、他に北部料理とフュージョン料理が少し、
手作りクッキーやプリン、ココナッツケーキ、コーヒーなどがある。
バミー・ハンレー 90B (1)バミー・ハンレー 90B
おすすめメニューは、ミャンマー風カレー「ゲーン・ハンレー」や
スパイスがきいた「マッサマン・カレー」、「パッタイ」など。
豚肉を長時間煮込んだゲーン・ハンレーは
酸味と甘味があり、辛さはマイルド。
ゲーン・ハンレーを一皿で味わいたい人は、
卵麺(バミー)と組み合わせた一皿料理、
「バミー・ハンレー」がいい。
麺との相性が抜群で、カレーのたれがからみあって食が進む。
あんかけ麺 ラートナー 60B (1)あんかけ麺 ラートナー 60B
とろっとした「あん」に溶き卵が入ったあんかけ麺「ラートナー」は
もちもちした太麺がマッチする一品。
具は豚肉、鶏肉、イカ、エビから、
麺は太麺かカリカリに揚げた麺から選べる。
Mueng Raming Rib 180B (2)Mueng Raming Rib 180B

数人いたら、スペアリブを3時間ほど煮込んでオーブンで焼いた「シークロン・ムーンラミン」や
空心菜をパリッと揚げたサラダ「ヤム・パックブン・グローブ」がおすすめ。
前者はしっかり味がしみていて、外はかりっと、
中はジューシーに仕上がっている。
後者は甘辛酸のたれをかけて食べるが、
空心菜のパリパリした食感にとりこになるだろう。
キャラメル・カスタード 35B (2)キャラメル・カスタード 35B

スープや炒め物、カレー、揚げもの、サラダなど、
1人で気軽に食べられる一皿料理から数人でシェアできる料理まで
種類豊富に揃えているので、
人数に応じてメニューを選びたい。(O)
Mueng Raming情報
【営業時間】9:00~21:00(水曜休み)
【電話】0-5324-5371
【誌面地図】H-4 https://goo.gl/maps/tZUBXVjP6bw







 



このページのトップへ

standbehindtheyyellowline(SBTYL)(357)

Filed under

 

古着屋や雑貨が所狭しに並ぶ

古商店の建物で懐かしい宝物を探す

 チャーンモイ通りのカー川を渡ったすぐ左側、
築80年の元商店の建物で、
バンコクから来た若い夫婦が古着屋を始めたという。
入ってみると、狭いスペースに
古着、アクセサリー、メガネ、帽子、バック、
古本、ガラスカップ、マグカップ、靴、額、人形などなど、
どこから見たらいいか迷うほど、いろいろなものが並んでいる。
DSC06482.jpg

商品の年代は、古いものだと50年代からあるそうだが、
80~90年代のものが主流のよう。
ペコちゃんの湯のみセットグラスもいろいろ
木の戸棚に並んだガラスのコップは、
日本のアニメを見て育ったというオーナーがコレクションしてきたもので、
サザエさんやムーミン、ペコちゃんなど、
昭和世代には思わず子供の頃を思い出させる懐かしいキャラクターばかり。
まるで実家の戸棚の奥を覗いたような気分に浸れる。
オーナーのオーイさんオーナーのオーイさん
オーナーのエックスさんとオーイさんご夫婦は、
バンコクで古着屋を営んでいたが、
結婚を機にエックスさんの故郷のチェンマイへ移住。
かつて賑わった商店街の面影の残るチャーンモイ通りに見つけた
古い貸家に一目ぼれしたのだという。
右側の階段から2階へ右側の階段から2階へ
お店は奥へ奥へと細長く続き、
途中に飲み物を注文するカウンター、
そして一番突き当たりには小さな中庭がある。
2階席で通りを見下ろしながら。レモン&ストロベリーソーダ2階席で通りを見下ろしながら。レモン&ストロベリーソーダ40B

さらに、2階にはテーブルがあり、
チャーンモイ通りの喧騒をBGMに
冷たい飲み物を味わうことができる。
まだまだ準備中のような雑然とした空間が、かえって落ち着くから不思議だ。
懐かしのスタートランプ

商品は常にバンコクから入荷しているとのこと。
高価なお宝があるかどうかはさておき、
自分にとってのかつてのお宝が見つかるかもしれない。       (S)

standbehindtheyyellowline情報
【営業時間】14:00~19:00(日曜定休)
【電話】08-3680-5593
【誌面地図】G−4 https://www.google.co.th/maps/@18.7897674,98.9966449,21z
【連絡先】line:ooeeeee、IG:SBTYL





 



このページのトップへ