FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ネーン・ムー・オップ・オーン เหน่งหมูอบโอ่ง(398)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

焦げ目がついたら、向きを変える。
こんがりカリカリ三枚肉焼き豚の秘密


夕方、チェンマイ市民の台所、
ムアンマイ市場前の通りをブラブラしていたら、
4つの大きな甕(カメ)を並べた面白そうな屋台を見つけた。
常連のお客さんがたくさん。

「何を作っているのかな?」と甕の中を覗くと、
豚の三枚肉の塊が何本もぶら下がっている。
絶妙な具合にこんがり焼けて、見るからに旨そうだ。
ヌックさんは父親の仕事を毎日手伝う。ヌックさんは父親の仕事を毎日手伝う。

屋台のご主人、ネーンさんがこの焼き豚を作り始めてからもう十年ほどになる。
以前は空港近く、ハーンドン地区のワルン市場で売っていたが、
1年前からこの場所に移ってきた。
タイ料理メニューに欠かせないムー・クロープ(カリカリ豚肉)は、
普通は茹でてから油で揚げて作るが、
ここでは甕の底に炭火を置き、
蓋を閉めて蒸し焼きにしている。
タンドリー・チキンの豚肉版といったところか。
鶏肉も焼いている。予備写真
甕の縁に針金をかけて下味を付けた生の豚肉を吊るし、
ときどき裏返してじっくり2時間ほどかけて焼いていくと、
表面はカリカリだが、中の脂身は不思議と柔らかくジューシーな焼き豚ができる。
外はカリカリ、中はジューシーなのだ。外はカリカリ、中はジューシーなのだ。

お値段は1本で200バーツ程度。
100g=45バーツで量り売りもしてくれる。
豚肉だけでなく、数は少ないが鶏の丸焼き(1羽120~130バーツ)も作っている。
サクサクと音をたてて切っていく。

常連のお客さんが多く、業務用にまとめて大量に購入する人もいる。
毎日、平均して40kgぐらい売れるというから、その人気の程がわかる。
できるなら、まだ熱々のところをいただきたい。
もう最高のビールのツマミになるはずだ。     (B)   
このコンガリ感がたまりません!

ネーン・ムー・オップ・オーン情報
【営業時間】16:00~20:00
【誌面地図】G-3







 



このページのトップへ

コム・チョコレートハウス Khom Chocolate House(389)

Filed under カフェ

 

タイ産のチョコレート・ドリンクを味わう
Mexican HotSpicy 80B 手作りクッキー 10B

旧市街にあるチョコレート・ドリンクの専門店。
店を1人で切り盛りしているジューンさんは、
建築デザインの仕事をしながら、
大好きなチョコレートについて独学で学び、
1年かけてオリジナルレシピを準備した努力家だ。
オーナーのジューンさんオーナーのジューンさん

せっかくなのでタイ産チョコレートを味わってみよう。
まずは「タイ・シングル・オリジン」をお試しあれ。
自家製のプリン 50B自家製のプリン 50B


通常のチョコレートは様々な産地のチョコレートをブレンドして味を安定させるのだが、
シングル・オリジンは1つの産地のみを使用。
タイでは主に南部で生産され、
最近はチェンマイでも少しづつ収穫できるようになってきている。
ナッツからカカオバターまで。

取材した時には残念ながら
チェンマイ産チョコレートは品切れで、
変わりに南部のプラチュアップキーリーカン産を
ジューンさんお勧めの「Sipping Chocolate」で飲んでみた。
タイ産のチョコレートを味わうなら Sipping Chocolate 75Bタイ産のチョコレートを味わうなら Sipping Chocolate 75Bタイ産のチョコレートを味わうなら Sipping Chocolate 75B
ミルクを加えない濃厚な口当たりで、
トッピングされたカカオニッブスは
カリッと噛むとほんのりフルーティーな香りが口に広がり、
幸せな気分に包まれる。
ちなみにチョコレートに含まれるカカオポリフェノールには
血圧を下げるという嬉しい作用もあるのだとか。
ダーク、ミルク、ホワイトのセット。3SHOTS 90Bダーク、ミルク、ホワイトのセット。3SHOTS 90B

シングルオリジン以外のメニューには
ベルギー産チョコレートを使用している。
ダーク、ミルク、ホワイトの3種類を試せる欲張りな「3Shot」は飲み比べができて楽しい。
肌寒い日ならスパイスを効かせたメキシカンホット&スパイシーが温まる。
また、チョコレートからココアバターを抜いた
ココアベースのドリンクはタイ人女性に人気なのだとか。
テーブル席は3つと小さいので、
ゆっくり味わうなら平日の午前中がおすすめだ。         (S)
バンコクからわざわざ訪れるお客さんも


マイカップを持っていったら5Bオフ。
コム・チョコレートハウス Khom Chocolate House情報

【営業時間】10:30~18:00(水曜定休)
【連絡先】FB Khom Chocolate House - ขม ช็อกโกแลตเฮาส์  08-6924-4131



https://goo.gl/maps/Cc6oH8dGr8ynFJTh8


 



このページのトップへ

Wild Coffee and Bistro ワイルドコーヒー&ビストロ(388)

Filed under 洋食レストラン

 

どれか1枚 (3)

森で出会ったカフェ&ビストロ

ドーイステープ寺院参拝や下院喧騒から離れたい時にオススメなのがこのお店。
ドーイステープの麓、
木がうっそうと生い茂る中に立っている。
ドーイステープ寺院へ行く途中のワット・シーソーダーを過ぎた
右手の細い道や運河沿いから行くことができる。
ティムさんとクッキーさん(娘)1ティムさんとクッキーさん(娘)

店をオープンしたのはティムさんご家族。
自然とカフェが好きでこの場所に自分たちの家とカフェを建てた。
美容師でもあるティムさんの美容院も併設している。
店内は花や植物であふれ、
庭のテーブルからはドイステープの森や小川を楽しむことができる。
テンモー・プラーヘーン(195B)テンモー・プラーヘーン(195B)

メニューはタイ料理、洋食、ドリンク、スイーツが揃っている。
おすすめは、「テンモー・プラーヘーン」。
冷たいスイカに魚のフレークがのった伝統的なタイ料理で、
スイカの甘味に魚のコクが組み合わさった爽やかな一皿だ。
ハスのミヤンカムSavoury Lotus Leaf Wrap(195B)
数人いたら、蓮の花びらを使った前菜を注文したい。
白かピンクの蓮にライムやピーナッツ、生姜、
干しエビなどがのっていて、タレを入れて一口で食べる。
酸味や甘味、辛味が口の中で混ざり合い食が進む。
鶏肉のカオソーイ(165B)鶏肉のカオソーイ(165B)
黒豚ステーキ黒豚ポークチョップ(395B)
また、大きな鶏肉入りの濃厚なカオソーイやパイナップルに入った焼き飯、
有機の黒豚ポークチョップなど、タイ料理と洋食を楽しめる。
スムージーやコーヒーの種類も豊富なので、
ティータイムにも利用したい。
ライムとハチミツ、
ピーチに泡立てたエスプレッソを注いだ「ワイルド・ヘルシー・コーヒー」なんていう
オリジナルドリンクなんていうのもある。
自然のおいしい空気と一緒に楽しみたい。(O)
どれか1枚 (1)

Wild Coffee and Bistro ワイルドコーヒー&ビストロ情報
【営業時間】9:00~19:00 (無休)
【電話】09-5675-1592
【誌面地図】D-1の先 【FB】 Wild Coffee & Bistro








 



このページのトップへ

パンスペース PUNSPACE COWORKING CHIANG MAI(388)

Filed under 未分類

 

緑いっぱいの庭でリフレッシュ(予備)

旧市街の緑の中の快適作業スペース

24時間利用可能なカフェや
コワーキングスペースが市内のあちこちにあるチェンマイは、
旅をしながら働くノマドワーカーに最も人気の都市のひとつ。
外観
今回紹介するコワーキングスペース「PUNSPACE」は
シリマンカラジャーン通りのNIMMAN店、
旧市街ムーンムアン通りのTHA PHAE GATE店、
そして1番新しい旧市街チャーンプアック門近くにあるWIANG KAEW店と
市内に3店舗展開中。
緑いっぱいのカフェコーナー
特にお勧めなのがWIANG KAEW店で、
広々とした庭があり、
小規模ながらカフェやレストランも併設していて便利。
西洋人を中心に世界中のノマドワーカーが集まっているが、
パソコンの仕事をしなくても利用してみたくなる素敵な空間だ。
予備 (1)スタッフのジェスさん

スタッフのジェスさんに中を案内してもらった。
表の入り口は24時間対応の指紋認証式オートロック。
指紋認証型の鍵

初めての人は向かって左奥の入り口から入る。
明るい硝子張りの室内でパソコンに向かう人たちは、
お茶を飲んだり友人と話したり寛いだ雰囲気だ。
自由に使える共有キッチン自由に使える共有キッチン

ラインやスカイプで話をする専用ボックスや、
スクリーンが設置された定員12名の会議ルームも完備。
冷蔵庫や小さなキッチンがあり自由に使用できる。
もちろん水やコーヒーは無料。
世界中から利用客がやってくる
予備 (2)

さらに奥の「おしゃべり禁止」の部屋は席数が多い。
ロッカーやシャワールームもあるから、
朝、お堀の周りをジョギングしてからシャワーを浴びてそのまま仕事、
なんてスケジュールも可能だ。
雨季に入り、新緑の美しい木陰でのんびりとリラックス&リフレッシュできるのが最高。
こんな場所なら仕事がはかどるかも!?     (S)

パンスペース PUNSPACE COWORKING CHIANG MAI情報
【営業時間】24時間(無休)
【電話】06-1027-7885
【料金】(2019年6月現在)
 1日280B、1週間1699B(1日242B)、1ヶ月3899B(1日130B)
【fb】Punspace Wiang Kaew
【誌面地図】G-2





 



このページのトップへ

アンチャン・ヌードル ก๋วยเตี๋ยวอัญชัน (387)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

店

鮮やかブルーのラーメンはいかが?

アンチャン(バタフライピー)という花で
色付けしたラーメンを食べたかったら、
この店へ行ってみよう。
ペッさん(左)とミウさんペッさん(左)とミウさん

大のラーメン好きのペッさんとミウさんが
十年前にオープンした店で、
ミウさんの本名、オーンアンチャンのアンチャンを
コンセプトにしたメニューが揃っている。
クウェティオ・アンチャン(40B)クウェティオ・アンチャン(40B)

看板商品は、「クイティアオ・アンチャン」。
味付けした柔らかい豚肉と麺、スープ、
ピリ辛のタレがセットになっている。
麺には下味がついているので、
そのままでもいいし、スープと一緒に食べてもおいしい。

豚肉はルークチン(ミートボール)やひき肉、
カリカリ豚などから選ぶことができる(具によっては+5~10B)。
クイティアオ・トムヤム・ナームコン(50B)クイティアオ・トムヤム・ナームコン(50B)

辛いのが好きな人にオススメなのは、
唐辛子を煎って香りを出した「クイティアオ・プリッククア」や、
クリーミーなスープにピーナッツの甘味や唐辛子の辛さが加わった「クイティアオ・トムヤム・ナームコン」。
あっさりしたスープがついてくるので、
辛かったら交互に飲もう。
カーオ・ムーグローブ(50B)カーオ・ムーグローブ(50B)

また、カリっと揚げた特製豚肉(ムーグローブ)や
燻した豚肉(ムーヤーン)も人気。
単品でもいいし、
青いご飯と黄色いターメリックご飯がセットになった
「カーオ・ムーグローブ(ムーヤーン)」もある。
アンチャン・ラテ、アンチャン・タイ紅茶(各65B) (2)アンチャン・ラテ、アンチャン・タイ紅茶(各65B)

ドリンクは、アンチャンとパンダンリーフ、ライムがミックスされたアンチャン・マナオや、
アンチャンとミルク、コーヒー(紅茶)が3層になったドリンクがおすすめ。

ラーメン、ごはん、ドリンクとアンチャン三昧を楽しんではいかがだろうか(O)。
予備 ナーム・アンチャン・マナーオ。ライムを絞ると青色が紫色に!(20B)ナーム・アンチャン・マナーオ。ライムを絞ると青色が紫色に!(20B)

アンチャン・ヌードル ก๋วยเตี๋ยวอัญชัน 情報
【営業時間】8:00~16:00(月末の木曜日休み)
【電話】08-4949-2828
【誌面地図】K-3





 



このページのトップへ

NN Camera Chiang Mai エヌエヌ・カメラ・チェンマイ(387)

Filed under 未分類

 

DSC05546.jpg

納得の中古カメラと出会える店
タイもフィルムカメラのブームが訪れている。
中古カメラ屋が軒を並べるサンティタム・エリアの中で
とっておきの1軒をご紹介しよう。
20190506_NNcamera_(7_of_7).jpg

二眼レフカメラがデザインされた個性的な扉が目印。
外観の不思議な雰囲気に、
入るのにやや気後れするかもしれないが、
勇気を出して扉を開けると、
オーナーのオーさんやスタッフのティーさん、ルッさんたちが
にこやかな笑顔で迎えてくれる。
20190506_NNcamera_(7_of_1).jpgオーナーのオーさん(中央)、ティーさん、ルッさん気さくなスタッフです

カウンターの後ろには中古や新品、
デジタルやフィルムなど、
様々な種類の中古カメラやレンズが
ずらっと並んでいる。
DSC05534.jpg

デジタルカメラはニコン、キャノンはもちろん、
ソニー、オリンパス、フジ、ライカなどが揃う。
取材中にもバンコクからというお客さんが
ライカの高級デジタルカメラ「Leica Q」をお買い上げ。
28㎜のレンズが付いて8万6千バーツ、
日本の中古品よりも割安だ。
DSC05553.jpg28㎜レンズ付き「Leica Q」、お買い上げ!
店内は、ビンテージの腕時計やバック、
人形などが何気なく配置されていて
バンコクで靴のデザインをしていたというオーさんのセンスが光る。
DSC05531.jpg
もし気になるカメラがあれば、
その場で試し撮りをさせてくれるので声をかけてみよう。
日本人の常連客もいるそうで、
即決せずとも、何度か通って
お店の人と相談しながら決めると安心だ。 
ちなみに3ヶ月の保障付き。
20190506_NNcamera_(3_of_7).jpg懐かしいカメラがあるかも!?

委託販売の請け負いサービスもあり、
売って欲しいカメラやレンズがあれば相談可能。
ネット販売で、タイのみならず世界中のお客さんに発信してくれ、
販売できたら連絡をくれるというシステムだ(委託料が必要)。  (S)


NN Camera Chiang Mai エヌエヌ・カメラ・チェンマイ情報
【営業時間】9:00~19:00(日曜定休)
【電話】084-789945、fb NN Camera Chiang Mai




 



このページのトップへ

カオソーイ・メーマニー ข้าวซอยแม่มณี(386)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

カオソーイ・ガイ(鶏肉)40Bカオソーイ・ガイ(鶏肉)40B

チェンマイで一番!といわれたカオソーイ

 チェンマイの人にオススメのカオソーイの店を尋ねると、
よく名前があがるのがこの店。
チェンマイで一番おいしいカオソーイに選ばれた経歴を持つ。
ナーイさん(左)とノーイさん (右)ナーイさん(左)とノーイさん (右)

店を始めたのは、店名にもなっているマニー母さん。
1984年にオープンし、
最初はラーメンやカノムジーンなどを売っていたが、
お客さんのリクエストに応えてカオソーイを作りだしたという。
現在は娘のノーイさんとナーイさんが受け継いでいる。
辛さ控えめのカオソーイ・スペアリブ(40B)辛さ控えめのカオソーイ・スペアリブ(40B)

人気の理由は、ずばりスープが濃いこと。
他の店と違い、カレー粉は少なめで、
唐辛子やハーブ、
スパイスで作ったペーストの香りをしっかりたたせている。
コクがあり、辛く、はっきりした味なのが特徴だ。
具は鶏肉、豚肉、牛肉、変わり種だと、
魚や豚の耳、腸、カニ棒、ソーセージなんていうものも。
肉はそれぞれ別に煮ているので、
具を変えるだけで味が変わってくる。
麺は定番の卵麺の他、春雨、米麺、
そして学生に大人気のインスタントヌードル(!)から選べる。
IMG_9443.jpg

カオソーイは通常、ライムと高菜漬け、
シャロットを混ぜて食べるが、
辛かったらシャロットを、
こってりしていたら高菜漬けを皿から取って
口に入れるほうが一つひとつの味が際立っておいしいそうだ。
お試しあれ。
辛いのが苦手な人は、
辛さ控えめにもできる。
カオソーイ・デック(40B)カオソーイ・デック(40B)

辛いのがまったく食べられない子どもには、
「カオソーイ・デック」というのもある。
こちらはレモングラスのスープに
ココナッツミルクを入れた優しい味だ(具は鶏肉かミートボールのみ)。
英語のメニューあり。 (O)

カオソーイ・メーマニー 情報
【営業時間】9:00~15:30(仏の日5月11,18,28日など)
【電話】08-1806-7127(英語)、0-5321-8519
【誌面地図】H-1先





 



このページのトップへ

ルンガルン Run Ga Run(386)

Filed under

 

優しい気分になれる天然素材の服はいかが
1_20190510174920746.jpg
今回紹介するお店は
旧市街の南側、ウアラーイ通りの中ほど
ムーンサーン寺の牛の祠の向かい側にある、
草木染の優しい風合いの服屋さんだ。
きれいな色のバック
藍染めや北部タイで育つ
様々な植物で染められた生地は
コットンや大麻、リネンなどナチュラルな素材ばかり。
特に、商品の半分以上を占めるのが、
手つむぎのコットンの糸を使った手織りの布。
これらの布で仕立てた洋服には、
花や植物などの刺繍が施してあり、
1ヶ月にわずか10着しか出来ない手の込んだものだ。
花の帽子。モデルはオーナーのルンさん花の帽子。モデルはオーナーのルンさん
このブランドを立ち上げたのはルンさんという30代の女性。
バンコクでデザインを学び、
卒業後は10年以上バンコクで働いた後、
故郷であるチェンマイのメーアイ郡に伝わる草木染や
手織りの布を活かしたもの作りをすることを決心したという。
今では、北部タイの5つのグループ総勢50人と一緒に生産をしている。
農薬を使わない農業やハーブに囲まれた食をはじめ、
衣食住すべて自然にあるもので賄える村の環境は
なによりも価値があるのだとルンさんは語る。
子供たちが作る小物もかわいいアクセントに
ナチュラルな雰囲気のディスプレイ
お子さん用の帽子


花の刺繍で埋め尽くされたキュートな帽子は意外と年配の方に人気があり、
若い人にはシンプルな無地のシャツが人気だとか。
幅広い層が着られるので、親子での買い物も楽しいだろう。
ハーブティー横
森で採れるハチミツは藍染めの袋付き森で採れるハチミツは藍染めの袋付き

小さなカフェコーナーもあり、
種類豊富なハーブティーなどを飲んで、
じっくり選ぶのもいいかもしれない。
しかし、シャツはほとんどが1点ものだし、
帽子も1デザインにつき3つまでしか作らないので、
気に入ったらお早めに。          (S)     

ルンガルン Run Ga Run情報
【営業時間】9:00~18:00(日曜休)、バーン・カーンワット10:00~18:00(月曜休)
【電話】08-1422-2139, https://www.facebook.com/rungarunstore/
【誌面地図】D-5






 



このページのトップへ

チェンマイ・ホリスティック Chiangmai Holistic(385)

Filed under 未分類

 

心も身体も整えて

のんびり身体を動かして心と体を整える

煙害や暑さでしばらく屋外での運動を控えている人が多いのではないだろうか。
室内でできる運動のひとつにヨガがある。
チェンマイには沢山のヨガスタジオがあるが、
チェンマイ・ホリスティックはヨガに留まらず、
気功(タイチー)やレイキヒーリングなど、
いろいろな手段で身心共に健やかに整えようという場所だ。
ミックスジュースやハーブティーのスタンドも (2)
白いタウンハウスの一階にスタジオ併設のカフェスタンドがあり、
その横の階段を上るとレセプションとショップ、
自由に使える座敷スタイルの喫茶ルームがあり、
セッションの前後に参加者は誰でものんびりと寛ぐことができる。
床に座って寛げる
おしゃれなショップ。パワーストーンも
一言でヨガといってもいろいろな種類がある。
初心者にはハタ・ヨガや陰ヨガがおすすめだと教えてくれたのは、
スタジオのオーナーである二ム先生。
彼女自身、ベテランのヨガの先生だ。
自分に合うスタイルを見つけて
身体が硬い人には枕を使ったピローヨガなんていうものもあるし、
ゆっくり動く気功は運動が苦手な人でも気軽に取り組める。
気功のクラスもある
レッスンは全て英語。
ヨガマットはスタジオで無料で貸してくれる。
チベットボールやクリスタルボールのセッションあり
クリスタルボールでエネルギーを整えるというサウンドヒーリングのセッション(90B,要予約)は大人気だ。
まずは、スタジオで配布される月ごとのスケジュール表(英語・タイ語)を見て、
気になるクラスをチェック。
1回目は150Bで参加可能。
2回目からは1コマ(約1時間半)250Bだが、
5回チケットなら1000B。
また、1ヶ月間何クラスでも受け放題のチケットは、
初回は1250Bだから、
いろいろと受けてみて自分と合うレッスンや先生を探すのもいいだろう。   (S)
清潔感のあるスタジオ
ミックスジュースやハーブティーのスタンドも (1)

チェンマイ・ホリスティック Chiangmai Holistic(386)情報
【営業時間】8:00~20:30、カフェ
【連絡先】08-3248-1250、chiangmaiholistic.com、FB Chiang Mai Holistic





 



このページのトップへ

ラムン・ラマイ ละมุนละไม(385)

Filed under カフェ

 

ホーム・カフェへようこそ!
ホームカフェでソムタムとケーキが出会った!?

この頃は、チェンマイ郊外にもお洒落なカフェが増えてきた。
メージョー大学からサンサーイ方面へと進む道沿いにあるこのお店も、
抜群にセンスが良いと評判だ。
入り口の池には錦鯉が泳ぐ。予備

 ここはもともとオーナーのバンクさんの祖父
(各国大使を歴任した外交官)の家だったところ。
この場所をバンコクから訪ねた奥さんのミさんはひと目で気に入って、
チェンマイに移り住むことを決心。
バンクさんが建築設計、ミさんがインテリアをそれぞれ担当して、
昨年1月に店をオープンした。
ホーム・カフェというコンセプトには、
「家にいるようなリラックスした気分を楽しんでほしい」
というオーナー夫妻の思いが込められている。
ミさんは日本が大好き!ミさんは日本が大好き!
ラープ・イーサーン・ムー 69B ラープ・イサーン・ムー 69B

お洒落な店の雰囲気からするとちょっと意外なことに、
食事メニューはイーサーン料理が中心。
ドーイサケットのオーガニック・ファームからの
新鮮な素材を使って、
コラート出身のシェフが作る本場のソムタムやラープはひと味違う。
タム・ラムン(タム・プーマー・ソット)169Bタム・ラムン(タム・プーマー・ソット)169B

オススメは鮮度保証の生のカニを使ったタム・ラムン。
手で身を押し出しながら、
そのまま吸うようにすると、
甘酸っぱい絶妙な味が口に広がる。
これは一度食べたら病み付きになりそう。
ニューヨーク・チーズ・ケーキ 120B 
デザートのケーキ類は、チーズケーキ、ローズケーキ、ティラミスなど、
どれもバンコクの料理学校ル・コルドン・ブルー仕込みの本格的なもの。
ドーイサケット産の豆を使ったコーヒーや
フレッシュなスムージーとの相性はピッタリ!
調度品も気が利いている。 予備
オシャレな雰囲気が漂う。


一流ホテル勤務経験もあり英語が上手なミさんは、
ホスピタリティ満点で日本が大好き。
郊外観光やゴルフの帰り(ビールもあり!)にぜひ立ち寄ってみては? (B)

【営業時間】8:30~17:00
【休み】水曜
【地図】J-3の先
Tel: 0-5349-8695
FB:LamunLamaiHomeCafe


 



このページのトップへ